レインボウ The Rainbow (1989) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1915年に発表された、D・H・ローレンスの小説”The Rainbow ”を基に製作された作品。
*1920年発表の、”Women in Love”の前章となる物語。
閉鎖的で厳格を重んじる時代、イングランドの田舎町で育った快活な少女が、大人の女性に成長していく過程を描く、製作、監督、脚本ケン・ラッセル、主演サミ・デイヴィスポール・マクガンアマンダ・ドノホーデヴィッド・ヘミングスグレンダ・ジャクソン共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ケン・ラッセル
製作総指揮
ウィリアム・J・クィグレー

ダン・アイルランド
製作:ケン・ラッセル
原作:デーヴィッド・ハーバート・ローレンスThe Rainbow
脚本
ケン・ラッセル

ヴィヴィアン・ラッセル
撮影:ビリー・ウィリアムス
編集:ピーター・デイヴィス
音楽:カール・デイヴィス

出演
アーシュラ・ブラングウェン:サミ・デイヴィス

アントン・スクレベンスキー:ポール・マクガン
ウィニフレッド・インガー:アマンダ・ドノホー
ヘンリー:デヴィッド・ヘミングス

ウィル・ブラングウェン:クリストファー・ゲイブル
アンナ・ブラングウェン:グレンダ・ジャクソン

ハーヴィー:ジム・カーター
ミス・ハーヴィー:ジュディス・パリス
ブラント:ケネス・コーリー
マカリスター:ダドリー・サットン

イギリス 映画
配給 Vestron Pictures

1989年製作 111分
公開
イギリス:1989年11月3日
北米:1989年5月5日
日本:1989年9月2日
北米興行収入 $444,055


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ヴィクトリア朝時代、イングランド
田舎町で、平凡に育ったアーシュラ・ブラングウェン(サミ・デイヴィス)は、木工職人の父ウィル(クリストファー・ゲイブル)と母アンナ(グレンダ・ジャクソン)や妹、弟達と満ち足りた毎日を送っていた。

年頃に成長したアーシュラは、叔父ヘンリー(デヴィッド・ヘミングス)と、ボーア戦争に従軍する将校アントン・スクレベンスキー(ポール・マクガン)が家に訪れたことを知り歓迎する。

教師になることを考えてもいる奔放なアーシュラは、アントンとの親交を深め、教会でキスをして家に戻る。

学校も最終学期が近づく頃、アーシュラは、体育教師ウィニフレッド・インガー(アマンダ・ドノホー)に気に入られて、その週末、別荘に誘われる。

土曜日、ウィニフレッドの別荘を訪れたアーシュラは、彼女に迫られて、それを受け入れてしまう。

翌週、ウィニフレッドとハイキングに行ったアーシュラは、小高い山の上で絵を描く、画家のマカリスター(ダドリー・サットン)に出会う。

ウィニフレッドの友人のマカリスターは、アーシュラをモデルにする約束をする。

次の土曜日、裸体のモデルとなったアーシュラだったが、マカリスターが、いかがわしい行為を求めていることに気づき、彼を侮辱したためにその場から追い払われる。

ウィニフレッドは、マカリスターのことをアーシュラに謝罪し、それも、大人になるための経験と準備だと彼女に伝える。

気分を害しているアーシュラと、次に会う約束をしようとしたウィニフレッドは、ヘンリーの屋敷を訪れるので、同行してみてはどうかと彼女に提案される。

炭鉱主でもあるヘンリーの屋敷を、アーシュラと訪れたウィニフレッドは、彼に歓迎される。

アーシュラは、炭鉱の仕事で人々が亡くなっていることなどを話に出し、ヘンリーを批判して席を外してしまう。

しかし、ヘンリーと意気投合したウィニフレッドは、彼に誘われるがままに愛し合う。

翌日もアーシュラの機嫌は直らず、ウィニフレッドは、彼女が自分を愛していることは確認して、親交を深めたヘンリーと暫く暮すことを伝える。

自宅に戻ったアーシュラは、教員の資格試験に通り、教師になり自立したいことを父ウィルに伝える。

アーシュラは、ロンドンの外れの学校を校長に推められていたのだが、ウィルはそれに反対し、地元で働くように言い聞かせ、彼女は、仕方なくそれに従うことになる。

地元の学校の教師となり、校長ハーヴィー(ジム・カーター)や、教師のミス・ハーヴィー(ジュディス・パリス)、ブラント(ケネス・コーリー)らに迎えられたアーシュラは、いきなり生徒にからかわれてしまう。

ブラントは、最初から生徒に厳しく接することが必要だとアーシュラに助言する。

初日からきつい体験をしたアーシュラは、帰宅した後、ヘンリーとウィニフレッドが結婚することを父ウィルから知らされる。

二人の結婚式は盛大に行われ、アントンと再会したアーシュラは、彼に身を捧げる。

ある日アーシュラは、教室でペンがなくなったことがきっかけで、イタズラをする生徒に憤慨し、ハーヴィーらも驚くほどの体罰を生徒に与えてしまう。

その後は、生徒をはじめ、教師達もアーシュラに一目置くようになる。

教師を辞めて大学に通うようになったアーシュラは、アントンが帰国したことを喜び、彼との結婚も考え始める。

しかしアーシュラは、アントンには、自分の求めるものが不足していることを感じてもいた。

赴任するインドに、結婚して同行を求めるアントンだったが、それを受け入れられないアーシュラは、彼を突き放してしまったりする。

その後、アントンの子を身篭ったというアーシュラは、そのことを理由に彼と結婚することを考える。

しかし、アーシュラが、それに確信がないまま行動しようとすることを、ウィニフレッドは心配する。

自宅に向う途中、幻覚を見てしまったアーシュラは、何とか家にたどり着くものの、アントンが結婚したことを知り、ショックで寝込んでしまう。

そんな時、優しく声をかけてくれたのが、最愛の父ウィルだった。

そして、幼い頃、手に入れようとして叶わなかった虹を見たアーシュラは、荷物をまとめ、それに向って旅立つ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ヴィクトリア朝時代、イングランド
田舎町で育ち、何事にも積極的に取り組む、快活な少女アーシュラ・ブラングウェンは、両親と妹や弟と共に、満ち足りた日々を送っていた。
ある日アーシュラは、炭鉱主の叔父ヘンリーと共に訪れた軍将校アントンとの親交を深め、初めてのキスを体験する。
その後アーシュラは、体育教師ウィニフレッドに誘われ、同姓ではあったが愛を知る。
二人は、ヘンリーの屋敷に招待され、彼と意気投合したウィニフレッドは、そのまま滞在することになり、やがて二人は結婚する。
その後、教師の資格試験に通ったアーシュラは、家を離れ独立することを考えるのだが、父ウィルに反対されて、仕方なく地元の学校の教師になる。
希望に燃えるアーシュラだったが、世の中で起きる現実が、自分の思い通りにならないことを初めて実感する・・・。
__________

60歳を過ぎたケン・ラッセルの、製作、脚本を兼ねた意欲作ではあるが、エキセントリックな言動などで知られる彼は、それを封印し、少女から大人へと成長する、多感な女性の感情を、細やかな演出や映像美で表現した、見応えのある作品に仕上がっている。

”過激”とも言える行動を見せる主人公とは対照的に、映像全体の雰囲気は実に穏やかで、カール・デイヴィスの美しい音楽も印象に残る。

健康的な笑顔も爽やかな、正に役柄に相応しいキャラクターである、サミ・デイヴィスの好演が光る。

結局は、情緒不安定気味になる主人公との愛を完結できない軍人ポール・マクガン、主人公に大人の世界を教える教師アマンダ・ドノホー、叔父デヴィッド・ヘミングス、両親のクリストファー・ゲイブルグレンダ・ジャクソン、学校長ジム・カーター、教師ジュディス・パリス、ケネス・コーリー、画家ダドリー・サットンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター