スタンピード The Rare Breed (1966) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イギリス人女性が連れてきた”ヘレフォード種”の牛を過酷な条件で育てようと決心したカウボーイの信念を描く、監督アンドリュー・V・マクラグレン、主演ジェームズ・スチュワートモーリン・オハラブライアン・キース他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:アンドリュー・V・マクラグレン
製作:ウィリアム・アランド
脚本:リック・ハードマン
撮影:ウィリアム・H・クローシア
編集:ラッセル・F・スコーンガース
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
サム・バーネット:ジェームズ・スチュワート

マーサ・プライス:モーリン・オハラ
アレキサンダー・ボーエン:ブライアン・キース
ヒラリー・プライス:ジュリエット・ミルズ
ディーク・サイモンズ:ジャック・イーラム
ジェイミー・ボーエン:ドン・ギャロウェイ
チャールズ・エルスワース:デヴィッド・ブライアン
ジェフ・ハーター:ベン・ジョンソン
ガート:バーバラ・ワール
ジョン・テイラー:アラン・ケイルー
エド・メイブリー:ハリー・ケリーJr.
ホアン:ペリー・ロペス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1966年製作 97分
公開
北米:1966年2月2日
日本:1966年4月2日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1884年、セントルイス、全国牧畜博覧会。
カウボーイのサム・バーネット(ジェームズ・スチュワート)の”角倒し”を見ていた、イギリス人女性のマーサ・プライス(モーリン・オハラ)と娘ヒラリー(ジュリエット・ミルズ)は、買付人のチャールズ・エルスワース(デヴィッド・ブライアン)に声をかけられ、牛を運んできたことを伝える。

エルスワースは、イギリス出身の牧場主ジョン・テイラー(アラン・ケイルー)をマーサに紹介しようとする。

バーネットは、テイラーの牧童だったジェフ・ハーター(ベン・ジョンソン)とガート(バーバラ・ワール)に出くわす。

牛の角に突かれたジェフだったが、テイラーからの援助が不十分であることをガートから知らされる。

テイラーを紹介されたマーサとヒラリーは、”ヘレフォード種”の自慢の牛”ビンディ”を見せるが、エルスワースに角のない牛は変種扱いされて売れないと言われる。

バーネットは、ジェフを侮辱したテイラーの牧童ディーク・サイモンズ(ジャック・イーラム)を殴り倒し、マーサも加わり大乱闘が始まる。

その騒ぎでビンディが逃げてしまい、バーネットが捕まえようとするが、角がないため逃がしてしまう。

ビンディは、ヒラリーの口笛で彼女らの元に戻り、騒ぎも収まる。

競売が始まり、ビンディはエルスワースが2000ドルで競り落とし、牧場主アレキサンダー・ボーエン(ブライアン・キース)の元に運ばれることになり、バーネットが移送に雇われる。

しかし、ボーエンの下で働いていると主張するバーネットはそれを断る。

テイラーは、バーネットに1000ドルを払い、ビンディを横取りするようにと頼む。

エルスワースの部屋に向かったバーネットは気が変わったことを伝え、ビンディをダッジ・シティに運ぶと伝える。

その場に現れたマーサはそれを聞いて安心するのだが、その後エルスワースに迫られた彼女は、取引を解消しようとも考える。

法的にそれが通らないというエルスワースだったが、マーサは、ビンディをテキサスで必ず種牛にすると言い放つ。

テイラーの1000ドルをジェフらに渡し、列車でビンディを運ぶバーネットは、ヒラリーが牛の様子を見に来たために驚く。

ヒラリーは車両の屋根に上り戻るが、落ちそうになったところをバーネットに助けられる。

その後、マーサに呼び止められたバーネットは、帰国するよう説得するが、彼女はビンディの今後を見届けたいと答える。

危険だと忠告するバーネットは、マーサが自分に守ってもらえると安易に考えているためそれを断る。

それを無視するマーサは、バーネットにボーエン牧場への道案内を頼み、嫌なら他の者を雇うと言い放つ。

ダッジ・シティ
ビンディを受け取りに来たサイモンズとエド・メイブリー(ハリー・ケリーJr.)に酒場で待つよう伝えたバーネットだったが、牛はマーサとヒラリーが町に連れて行ってしまう。

ヒラリーは、テイラーがビンディを横取りしようと考え、それにバーネットらが絡んでいることをマーサに伝える。

酒場でサイモンズと再び喧嘩になったバーネットに呆れたマーサは、直ぐに出発することを彼に伝える。

出発した三人は野営をするが、何者かが銃弾で彼らを脅す。

銃を放ったのはサイモンズだったが、メイブリーは彼のやり方をよく思わない。

ヒラリーは、再びテイラーの件でバーネットが共謀していることをマーサに伝えて警戒させる。

バーネットは、ビンディを必ずボーエンの牧場に届けることをマーサに伝える。

翌早朝に出発したバーネットは、柵を壊し、これでテイラーの土地を出たことをマーサに伝え彼女を納得させる。

三人がテイラーの土地を離れたことを知ったメイブリーは引き返そうとするが、サイモンズは彼を射殺してバーネットらを追う。

谷を抜けようとしたバーネットは、ボーエンの息子ジェイミー(ドン・ギャロウェイ)の牛の群れに出くわす。

その場に現れたサイモンズは群れを襲い、牛は暴走して、ジェイミーがマーサとヒラリーを助けようとして馬車に乗り移る。

馬車は横転し、バーネットが何とか二人を助けるものの、ジェイミーは重傷を負う。

サイモンズはバーネットに銃を捨てさせて、テイラーから受け取った1000ドルを奪おうとする。

バーネットは金がないことを伝え、彼の考えを知ったマーサは失望しながら自分が払うと言って、サイモンズに現金を渡そうとする。

所持金の全てを奪ったサイモンズだったが、バーネットが隙を見て彼に襲い掛かる。

銃を手にしたマーサは二人を制止し、逃げたサイモンズを追ったバーネットは彼を殺す。

バーネットはマーサに現金を返し、弁解はしようとしなかった。

牧場の砦に着いたマーサは、息子の怪我の心配もしないボーエンを叱り、使用人達にジェイミーを運ばせる。

ヒラリーは、バーネットに手当てをされたジェイミーに惹かれる。

ボーエンは、ダッジ・シティに戻るようマーサに指示するが、彼女はそれを断り、ジェイミーの看病とビンディの様子を見ることを伝える。

意識の戻ったジェイミーは、ヒラリーに干渉し過ぎるなと助言する。

ヒラリーは気分を害し、ジェイミーは謝罪してこのまま側にいてほしいことを彼女に伝える。

雄牛を捕獲しに行ったバーネットらだったが、ボーエンは、ビンディが過酷な条件下で生育できるかを疑う。

しかしマーサは、亡くなった夫のためにもそれをやり遂げると言い切る。

砦に戻ったヒラリーは、ビンディに別れを告げて草原に放つ。

バーネットは、ヘレフォードの雑種もいると言って、マーサに再び帰国を勧める。

しかし、ボーエンは、この地ではロングホーンしか育たないことを伝え、冬まで滞在してその様子を観察すればいいとマーサに提案する。

バーネットは、憎まれたくなかったと言ってマーサに謝罪し、彼女は気落ちするヒラリーの元に向かう。

自分が慰めるより前に、ジェイミーがヒラリーを気遣い、二人が愛を確かめ合っていることを知ったマーサは、ビンディのことを考え悲しみを堪える。

吹雪となり、ビンディを捜して世話をしようとしたバーネットだったが、ボーエンは自然に育てるべきだと主張する。

ボーエンは、マーサと結婚する考えをバーネットに伝える。

バーネットは、使用人達とビンディを捜すものの、見つけることができない。

ボーエンは、マーサの気を引こうとしてイギリス式の茶会を開き、野蛮人のような姿から紳士に変身する。

スコットランド軍の軍服でマーサらを迎えたボーエンは、その場にいるジェイミーとの不仲の件などを率直に話す。

ボーエンはマーサに気持ちを伝えるが、そこに使用人ホアン(ペリー・ロペス)が戻り、吹雪の中バーネットの姿が見えなくなったことを知らされる。

捜索に出たボーエンはバーネットを見つけ、尚もビンディを捜すと言いながら気を失いそうになった彼を砦に連れ帰る。

マーサは戻ったバーネットに、ビンディのことは諦めたことを伝え、ボーエンは彼女に求婚し断られていないと告げる。

バーネットは、信念を曲げるのかと言ってマーサを批判し話を聞き入れない。

ヘレフォードの雑種がいたら自分に譲るとボーエンに言われたバーネットは、それを見つけて飼うと言い切りその場を去る。

冬が終わりに近づき、バーネットはヘレフォードを捜しながらそれを飼う準備を始める。

雪に埋もれたビンディの死体を見つけたバーネットはショックを受けるが、子牛が生まれている可能性を信じる。

初夏を迎え、訪ねて来たヒラリーから、マーサには自分が必要だとバーネットは言われる。

バーネットは、マーサに教えられたことを胸に行動をしているだけだと言って愛情は否定する。

マーサとボーエンの件は本人達の問題だと、その件が気になりジェイミーとの結婚に迷うヒラリーに、決断するべきだと言ってバーネットは助言する。

気持ちが晴れたヒラリーは、バーネットに感謝して砦に戻る。

ボーエンは結婚式の日取りの件で焦るが、ヘレフォードへの思いが断ち切れないマーサは、9月まで待ってほしいと彼に伝える。

バーネットは、ロングホーンの親と戯れるヘレフォードの雑種である子牛を見つけ、砦に向かいそれをマーサとボーエンに見せる。

喜ぶマーサに対してバーネットは、君が必要だと言いながら、ボーエンを無視して、牛は他にもいると言って興奮する。

ボーエンはバーネットに殴りかかり、二人は格闘となる。

諦めたボーエンは、勝手にヘレフォードの国を作ればいいと言ってバーネットとマーサに子牛を連れて行かせる。

マーサと共に牛を増やしたバーネットは、ビンディの面影を想いながら現れたヒラリーとジェイミーを迎える。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1884年、セントルイス、全国牧畜博覧会。
亡き夫の遺志を継ぎイギリスから”ヘレフォード種”の牛を運んだマーサは、娘ヒラリーと共にそれをボーエン牧場に売る。
種牛となる”ビンディ”の移送をすることになったカウボーイのサム・バーネットは、牧場主テイラーからそれを横取りするため1000ドルを渡される。
バーネットは、現金を元テイラーの牧童で怪我をしているジェフに渡し、ビンディを連れてダッジ・シティに向かう。
ビンディの様子を見届ようとするマーサとヒラリーも列車に乗っていることに驚いたバーネットは、テイラーの牧童サイモンズに妨害されながらも、ボーエンの牧場に向かうのだが・・・。
__________

ジョン・フォードの秘蔵っ子であるアンドリュー・V・マクラグレンが監督し、ジェームズ・スチュワートモーリン・オハラなど、魅力的なキャスティングがファンにはたまらない正統派西部劇。

作品によってその出来にムラがあるのが気になるアンドリュー・V・マクラグレンの演出はまずまずといったところで、前半のコメディ・タッチの展開から、後半は主人公の信念を貫く姿を力強く描く内容となっている。

ジョン・ウィリアムズが音楽を担当しているのも注目で、美しい曲は印象に残る。

主人公を演ずるジェームズ・スチュワートは、序盤は華やかな雰囲気のモーリン・オハラジュリエット・ミルズ母娘に華を持たせているという感じでやや控えめだが、後半は信念に燃える男を熱演する。

気丈なイギリス人女性を彼女らしく演ずる、美しいモーリン・オハラ、同じく気の強い娘のジュリエット・ミルズ、ヒロインに惹かれる豪快な演技が印象的な牧場主役のブライアン・キース、その息子のドン・ギャロウェイ、牛を横取りしようとする牧童ジャック・イーラム、その相棒ハリー・ケリーJr.、怪我をした元牧童ベン・ジョンソンバーバラ・ワール、仲買人役のデヴィッド・ブライアン、牛を奪おうとする牧場主アラン・ケイルー、牧場の使用人ペリー・ロペスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター