北京のふたり The Red Corner (1997) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

殺人事件に巻き込まれて拘束されたアメリカ人ビジネスマンの自由を手に入れるための執念の闘いを描く、製作、監督ジョン・アヴネット、主演リチャード・ギアバイ・リン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・アヴネット
製作
ジョン・アヴネット

ジョーダン・カーナー
チャールズ・B・マルヴィール
ロザリー・スウェドリン
脚本:ロバート・キング

撮影:カール・ウォルター・リンデンバウム
編集:ピーター・E・バーガー
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ジャック・ムーア:リチャード・ギア

シェン・ユイリン:バイ・リン
ボブ・ガーリー:ブラッドリー・ウィットフォード
リン・ダン:バイロン・マン
リン・ショウ:ジェームズ・ホン
エド・プラット:ロバート・スタントン
ホン将軍:リ・チ・ユー
裁判長:ツァイ・チン

デヴィッド・マクアンドリュース:ピーター・ドゥナット
ホン・リン:ジェシー・メン
リード大使:リチャード・ヴェンチュラ

アメリカ 映画
配給 MGM

1997年製作 122分
公開
北米:1997年10月31日
日本:1998年10月10日
北米興行収入 $22,415,440


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

中国北京
自社の衛星番組を売り込むため、この地を訪れたアメリカ人のジャック・ムーア(リチャード・ギア)は、テレビ局の社長デヴィッド・マクアンドリュース(ピーター・ドゥナット)とボブ・ゲリー(ブラッドリー・ウィットフォード)と共に、ラジオ・映画・テレビ省のリン・ショウ大臣(ジェームズ・ホン)に面会する。

その夜、大臣の息子リン・ダン(バイロン・マン)とジャックは、ナイトクラブに向かう。

ジャックは、ファッション・ショーに出ていたホン・リン(ジェシー・メン)に惹かれて一夜を共にする。

しかし、翌朝ジャックは、身に覚えのないリン殺害容疑で、当局に逮捕拘束されてしまう。

尋問が始り、無実を訴えるジャックだったが、それを全く受け入れられず、大使館への連絡や弁護士を呼ぶことも許されなかった。

ボブが、大使館員エド・プラット(ロバート・スタントン)と面会に現れ、ジャックにアメリカ人弁護士が付くことや、保釈は難しいことなどを伝える。

さらに、殺されたリンが、軍の実力者ホン将軍(リ・チ・ユー)の娘だということが分かる。

裁判が始り、ジャックと面識もない弁護士シェン・ユイリン(バイ・リン)は、有罪を申し立ててしまう。

ユイリンは、罪を認めた者には、慈悲が与えられるという中国の司法制度を説明し、死刑を免れるには、この方法しかないことをジャックに伝える。

刑法の英訳を入手したジャックは、獄中でそれを学び、法廷で自分なりに検事に質問をする。

しかしユイリンは、あくまで死刑を免れるための弁護に徹し、答えを知らずに質問するのは危険だと、ジャックに警告する。

ユイリンは、ナイトクラブの監視カメラをチェックし、ジャックが証言したリンのペンダントを、彼女が身に着けていたことを確認する。

ホン将軍は親しいユイリンに、ジャックの望むような弁護をするよう助言する。

ジャックの着ていた血の付いたシャツに、クロロホルムエーテルが付着していたことを証明したユイリンは、第三者がジャックを眠らせてリンを殺害したと発言し、無罪を主張する。

しかし、ジャックは拘置所で何者かに襲われて、痛めつけられてしまい、ユイリンにも危険が及んでいた。

ジャックは、ユイリンの自宅で弁護の相談をすることになり、リンと出会ったナイトクラブと事件現場のホテルにに向かう。

リンの最後の電話記録が抹消され、ジャックと競合していた会社に契約を取られてしまう。

ジャックは自分を陥れ、商談をものにした人物が疑わしいことをユイリンに伝える。

拘置所に帰る途中、ジャックとユイリンは命を狙われ、彼は逃亡してアメリカ大使館に逃げ込もうとする。

大使館に保護されたジャックは、リード大使(リチャード・ヴェンチュラ)と面会するが、ユイリンの立場が危険になることを知らされ、仕方なく中国側に身を任せる。

リンのペンダントの行方を追ったユイリンは、それを娘に贈ったホン将軍が返却を望んでいることにして、ペンダントを捜そうとする。

ユイリンに、弁護を降りるよう説得したジャックだったが、彼女は現場のホテルの部屋で、何者かに襲われてしまう。

それをジャックのせいだと非難する、アメリカ大使館は彼を見放し、ジャックは孤立無援となる。

ユイリンはリンの通話記録を入手し、彼女が自分とジャックを襲った男と連絡を取っていたことを突き止める。

その男を証言台に立たせようとするユイリンは、検事総長に別室に呼ばれてしまい、弁護人がいないままジャックが証人に質問する。

証人の答えは、ジャックに有利にはならなかったが、ユイリンが、高官が絡んだ陰謀だということを検事総長に告げ、自らの進退を懸け、弁護を続けられるように要望する。

弁護人補佐が、見つかったリンのペンダントをジャックに見せ、ユイリンは、ショウ大臣の息子ダンを証言台に立たせる。

ダンはリンとの関係を否定するが、彼女のペンダントにはダンとの写真が入っていた。

さらに白を切るダンだったが、リンとの通話記録にショウ大臣の番号があったことをユイリンは指摘する。

高官の通話記録は隠せることを知っていたダンは、ジャックを陥れようとして気が変わったリンを殺害したのだとユイリンは主張する。

検事総長は裁判長(ツァイ・チン)に閉廷を指示し、法廷は混乱するが、ホン将軍がダンを射殺してしまう。

ホン将軍は、ジャックに謝罪した後に拘束され、釈放されたジャックは、ユイリンにアメリカ行きを勧める。

ユイリンは国に尽くすのが自分の勤めだと答え、自分の人生を変えてくれたジャックに感謝する。

ジャックはユイリンに別れを告げるが、彼女は家族のいないジャックに、地球の裏側に家族がいることを伝え、二人は固く抱き合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アメリカ人ビジネスマンのジャック・ムーアは、中国に衛星放送事業を売り込むため北京を訪れる。
事業の交渉を終えたジャックは、ナイトクラブのショーに出ていた、リンという女性と一夜を共にする。
しかし、翌朝ジャックは、殺害されたリンの殺人容疑で逮捕されてしまう。
ジャックは、大使館への連絡や弁護士を呼ぶことも許されず、リンが軍の実力者ホン将軍の娘だということが分かる。
裁判は始まり、死刑か罪を認めるかという判断を迫られる中、法定弁護人のユイリンは、ジャックの有罪を申し立ててしまう。
孤立無援状態に陥ったジャックは、有罪を主張させようとするユイリンの心を動かし、利権の絡む陰謀に立ち向かおうとする・・・。
__________

中国政府による、チベット民族の迫害を非難している主演のリチャード・ギアの、政治的発言問題などがあり、彼の中国入国が認められない中で製作された作品。

そのため、巨大な北京の街並みのセットが作られたと宣伝はされているが、製作費などを考えるとそこまで大袈裟なことはされなかったようだ。

現地ロケとの合成をうまく使い、北京で撮影されているように編集されていて、ジョン・アヴネットの演出手腕とトーマス・ニューマンの音楽などで、まずまずの雰囲気を出している。

罪人には即刻刑が執行されるが、殺人犯でも、罪を認めれば慈悲が与えられるという、中国の司法制度や文化の違いも興味深く描かれている。

熱心な仏教徒でもあり、東洋的な雰囲気があるリチャード・ギアだが、アメリカ人らしい精神力の強さを秘めた主人公、を体を張った演技で熱演している。

毅然とした、質素な美しさと好演が際立つ弁護人役のバイ・リン、主人公の同僚役のブラッドリー・ウィットフォード、大使館員役ロバート・スタントン、放送大臣ジェームズ・ホン、その息子で事件の黒幕バイロン・マン、娘を殺されたホン将軍リ・チ・ユー、被害者のジェシー・メン、裁判長ツァイ・チン、アメリカ大使リチャード・ヴェンチュラ、放送局社長ピーター・ドゥナットなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター