摩天楼はバラ色に The Secret of My Success (1987) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

野心を抱き大都会ニューヨークにやってきた青年が、下働きから大企業のトップになり夢を叶えるまでを描く、製作、監督ハーバート・ロス、主演マイケル・J・フォックスヘレン・スレイターリチャード・ジョーダン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:ハーバート・ロス
脚本:ジム・キャッシュ
製作
ハーバート・ロス

ノラ・ケイ
原作:AJ・キャロザース
脚本:ジム・キャッシュ
撮影:カルロ・ディ・パルマ
編集:ポール・ハーシュ
音楽
デヴィッド・フォスター

主題歌”The Secret Of My Success
ナイト・レンジャー

出演
ブラントリー・フォスター/カールトン・ウィットフィールド:マイケ ル・J・フォックス

クリスティ・ウィルス:ヘレン・スレイター
ハワード・プレスコット:リチャード・ジョーダン
ヴェラ・プレスコット:マーガレット・ホイットン
フレッド・メルローズ:ジョン・パンコウ
ドナルド・ダヴェンポート:フレッド・グウィン
アート・トーマス:ゲリー・バムマン
グレース・フォスター:エリザベス・フランツ
デイヴィス:クリストファー・デュラン
バーニー・ラティガン:クリストファー・マーニー
ジーン:キャロル・アン・スージー
シーラ:マーセデス・ルール
メンテナンス係:マーク・マーゴリス
W・ショウ:ブルース・マッギル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1987年製作 110分
公開
北米:1987年4月10日
日本:1987年6月
北米興行収入 $66,995,879
世界 $110,996,879


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
カンザスの田舎町から、希望を抱きやってきたブラントリー・フォスター(マイケル・J・フォックス)は、安アパートに住居を構え、早速、就職先の会社を訪ねる。

しかし、会社が乗っ取られブラントリーはいきなり解雇されてしまい、他の会社を訪ねるが、担当者のW・ショウ(ブルース・マッギル)から、大卒の肩書きなどよりも経験がものをいうと言われ追い払われる。

他を当たっても仕事は得られないまま、ブラントリーは母親のグレース(エリザベス・フランツ)から聞いていた、おじハワード・プレスコット(リチャード・ジョーダン)の会社に向かう。

大企業の社長プレスコットを訪ねたブラントリーは、何でも出来ることを彼に伝え採用してもらえることになる。

その後ブラントリーは、社内で美しい女性社員のクリスティ・ウィルス(ヘレン・スレイター)を見かけ、一目惚れしてしまう。

メールボーイとして雇われたブラントリーは、主任のバーニー・ラティガン(クリストファー・マーニー)の元に向かい、同僚のフレッド・メルローズ(ジョン・パンコウ)に仕事を教わる。

ただ与えられた仕事をこなしているだけのフレッドとは違い、ブラントリーは社内の非効率的な部分に気づき、資料を手に入れ残業してレポートを作成する。

その後、ブラントリーはクリスティが財務担当の重役だと知る。

ある日、ブラントリーは社長夫人ヴェラ(マーガレット・ホイットン)の運転手を頼まれ、調子に乗り彼女にお世辞を言ってしまう。

ヴェラはブラントリーが気に入り、彼を屋敷に連れて行き関係を迫る。

断りきれないブラントリーは仕方なくそれに従い、ヴェラは出世に力を貸す約束をする。

実力で出世してみると豪語するブラントリーだったが、そこにプレスコットが帰宅したためその場から逃げ去る。

翌日、仕事をしていたブラントリーは、あるオフィスに忍び込み、かかってきた電話に出て、相手に仕事の指示を与えてしまう。

それに味を占めて、”カールトン・ウィットフィールド”と名乗り、ブラントリーは架空の重役に成りすますことを考える。

秘書ジーン(キャロル・アン・スージー)を手配し、必要なものを揃えて重役の気分を味わったブラントリーは、クリスティに接近することもできる。

そんな時、会議室に召集されたブラントリーらは、会社が乗っ取られる危機にあることを、重役アート・トーマス(ゲリー・バムマン)から知らされる。

会議では、経費を削減して資金を作り、買われた株を買い戻すという意見で一致するが、ブラントリーは拡張路線で攻める姿勢を見せることが必要だと発言してしまう。

その頃、ブラントリーの不審な行動に、主任のラティガンが睨みを利かせ始める。

ある夜、ヴェラがブラントリーのアパートを訪ねてくるのだが、夫プレストンは浮気しているらしかった。

プレストンの相手をしているのがクリスティで、彼女は会議で意見したウィットフィールドのことを話す。

その男が怪しいと見たプレストンは、クリスティにスパイさせようとして彼に近づくよう指示する。

ウィットフィールドの書類を手に入れたクリスティは、プレストンにそれを渡し、彼は本人に会おうとするが、ブラントリーは当然それを避ける。

残業しているブラントリーに気づいたクリスティは、乗っ取り阻止についての意見で彼と火花を散らす。

しかしクリスティは、二人が食事したレストランのウエイトレスのシーラ(マーセデス・ルール)にも、前向きに生きることを勧められ、次第にブラントリーを理解していく。

そして二人は朝まで語り明かし、やがて惹かれ合っていることに気づきベッドを共にする。

週明けに、クリスティは、プレストンにこれ以上私的な付き合いは断ることを告げる。

プレストンは、妻ヴェラとの離婚が成立したことをクリスティに告げ、関係継続を迫る。

クリスティは、週末をウィットフィールドと過ごしたことをプレストンに話し、自分が持ち出した書類を返そうとする。

ウィットフィールドに会おうとしたプレストンは、彼の部屋の分析資料などを見て驚いてしまう。

そこにブラントリーが現れ、プレストンがいるのを知り慌ててしまうが、何とかその場を切り抜ける。

その後、ブラントリーは会社に現れたヴェラに迫られてしまい、それをプレストンに見られてしまう。

プレストンは、ブラントリーを重役が集まるパーティーに誘うことをヴェラに提案される。

そこでプレストンは、それに出席するクリスティとうまくやるために、ブラントリーにヴェラの相手をさせようとする。

そしてパーティー当日、ブラントリーはヴェラに言い寄られ、クリスティもプレストンに迫られる。

その後、ブラントリーはヴェラに財界人などに紹介され、重役達の話し合いでクリスティは、ウィットフィールドの案を乗っ取りの対抗策として支持する。

その夜、プレストンの屋敷に宿泊したブラントリーは、夜中にクリスティの部屋に行き、自分の書類を見つけ彼女がスパイをしていたことを知りショックを受ける。

ブラントリーの元に行こうとしていたクリスティや、彼女を求めて来たプレストン、さらにヴェラまでがその部屋で出くわしてしまう。

全てがばれてしまい、ブラントリーとクリスティは険悪なムードになり別れてしまう。

翌日、同僚のフレッドに励まされたブラントリーは、クリスティと寄りを戻し、追い出されたオフィスに戻りある計画を実行する。

その頃プレストンは、乗っ取りを仕掛けられている相手ドナルド・ダヴェンポート(フレッド・グウィン)との話し合いの席にいた。

ブラントリーとクリスティは、フレッドや秘書ジーンを引き連れその場に乱入する。

会議を仕切ってしまったブラントリーは、ダヴェンポートの会社の株を取得し吸収合併を発表してしまう。

パーティーで知り合った財界人などの協力を得たブラントリーは、新しい会長としてヴェラを紹介する。

ヴェラは、無能な夫プレストンと重役アートをクビにして、ブラントリーとクリスティをトップに据え会社を救う。

そして、ブラントリーはクリスティとの愛を手に入れ、両親に約束した夢を叶え、ヴェラはフレッドを新しい愛人にする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

大学を出た田舎町に住むブラントリー・フォスターは、必ず成功することを誓いニューヨークにやってくる。
就職予定の会社を解雇されてしまったブラントリーは、おじのプレストンを頼り、大企業のメールボーイとして働くことになる。
ブラントリーは、重役である美しい女性クリスティに一目惚れしてしまうが、彼女はプレストンの愛人だった。
そんなことも知らずに、ブラントリーはプレストンの妻ヴェラに気に入られ関係を迫られてしまう。
その後ブラントリーは、架空の重役になりすまし、仕事をこなすことを考える。
会社が、乗っ取られる可能性を知ったブラントリーは、守りの姿勢を貫こうとする重役達に対し、攻めることで対抗するべきだという、大胆発言をしてしまう・・・。
__________

バック・トゥ・ザ・フューチャーバック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)でブレイクし、人気絶頂のマイケル・J・フォックスの、純朴な人柄と俊敏な身のこなしなど、彼の魅力が十分に生かされ、ハーバート・ロスの軽快な演出も冴える痛快作。

当時、盛んに行われていた企業合併や乗っ取りという世相を反映した内容や、あまり現実的ではないが、アメリカ人が好きなサクセス・ストリーを、ご都合主義の集合体のように描きながらも、爽快な気分で観終わることができる快心のコメディであり、マイケル・J・フォックスの代表作にあげる人も多い。
ラストで、タキシードを着ながらもスニーカーを履く姿もいかにも彼らしい。

作品にマッチした、ナイト・レンジャーが歌う主題歌”The Secret Of My Success”も実に心地よい。

北米興行収入は約6700万ドル弱に留まるものの、全世界では約1億1100万ドルのヒットとなった。

近寄りがたいキャリヤウーマンから、主人公の人柄に触れるにつれ、次第にチャーミングな女性に変化していくヒロインのヘレン・スレイター、豪腕社長と思いきや、実はただの女好きの無能な経営者だったリチャード・ジョーダン、その妻で、強烈なキャラクターとして怪演を見せるマーガレット・ホイットン、最後には彼女に気に入られるメールボーイのジョン・パンコウ、その上司クリストファー・マーニー、乗っ取りを仕掛ける経営者フレッド・グウィン、重役ゲリー・バムマン、主人公の母親エリザベス・フランツ、秘書役キャロル・アン・スージー、ウエイトレス役のマーセデス・ルール、メンテナンス係マーク・マーゴリス、そしてブルース・マッギルが、序盤で主人公の採用を断る役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター