羊たちの沈黙 The Silence of the Lambs (1991) 5/5 (16)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1988年に発表された、トマス・ハリスの小説”羊たちの沈黙”を基に製作された作品。
ハンニバル・レクター博士を主役にした、シリーズの二作目(小説)となるサイコ・スリラーの傑作であり、同年のアカデミー賞で主要部門を独占した。
監督ジョナサン・デミ、主演ジョディ・フォスターアンソニー・ホプキンススコット・グレンテッド・レヴィン共演。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:ジョナサン・デミ
製作総指揮:ゲイリー・ゲッツマン
製作
エドワード・サクソン

ケネス・ウット
ロン・ボズマン
原作:トマス・ハリス羊たちの沈黙
脚本:テッド・タリー

撮影:タク・フジモト
編集:クレイグ・マッケイ
音楽:ハワード・ショア

出演
クラリス・スターリング:ジョディ・フォスター

ハンニバル・レクター:アンソニー・ホプキンス
ジャック・クロフォード主任捜査官:スコット・グレン
ジェーミー・ガム/バッファロー・ビル:テッド・レヴィン
フレデリック・チルトン医師:アンソニー・ヒールド
アーデリア・マップ:ケイシー・レモンズ
キャサリン・マーティン:ブルック・スミス
ルース・マーティン上院議員:ダイアン・ベーカー
ボイル:チャールズ・ネイピア

アメリカ 映画
配給 オライオン・ピク チャーズ

1991年製作 118分
公開
北米:1991年2月14日
日本:1991年6月22日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $130,719,208
世界 $272,742,922


アカデミー賞 ■

第64回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
主演男優(アンソニー・ホプキンス)
主演女優(ジョディ・フォスター)
脚本賞
・ノミネート
編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ヴァージニア州、クワンティコ
FBIアカデミーの訓練生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)は、上司のジャック・クロフォード主任捜査官(スコット・グレン)に呼び出される。

スターリングは、州立精神病院に収監されている、患者を殺し人肉を食するという、天才的な洞察力を持つ精神科医ハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)に面会し情報を得るようクロフォードに命ぜられる。

クロフォードにとってそれは、連続猟奇殺人犯バッファロー・ビル(テッド・レヴィン)の捜査の手がかりを得るための情報収集でもあった。

州立精神病院のフレデリック・チルトン医師(アンソニー・ヒールド)から、レクターについて聞かされたスターリングは、単独で面会することをチルトンに許される。

スターリングは、厳重な警備の中、緊張しながらレクターの監房に向かう。

頭脳明晰なスターリングを、レクターの洞察力や言動が圧倒し、彼女は打ちひしがれる。

レクターの言葉から、彼の使っていた倉庫を見つけたスターリングは、そこで瓶詰めされた生首を見つける。

スターリングは、その件をレクターに問い質し、彼はバッファロー・ビルが、既に次の獲物を見つけたことを予言する。

テネシー州メンフィス
レクターの指摘した通り、バッファロー・ビルは次の犯行を実行し、ルース・マーティン上院議員(ダイアン・ベーカー)の娘キャサリン(ブルック・スミス)を拉致する。

ウェストヴァージニア州クレイ郡
バッファロー・ビルの手口だと思える、女性の遺体が発見され、スターリングはクロフォードと共に現場に向かう。

遺体の検死を始めたスターリングは、喉の奥に詰まっていた、珍しい種類の蛾のさなぎのようなものを見つける。

キャサリンの誘拐事件が明らかになり、スターリングは本格的なバッファロー・ビルに関する捜査協力を、レクターに依頼する。

犯人よりもスターリングの心理分析に興味をもつレクターは、彼女の身の上を知る見返りに、徐々にバッファロー・ビルの手がかりに関する分析を始め、スターリングは事件の謎を紐解き始める。

バッファロー・ビルが性的異常者だと分析するレクターは、性転換手術を希望した彼が、病院でそれを断られた可能性があることを指摘する。

その間バッファロー・ビルは、怯えるキャサリンを古井戸に閉じ込め監禁していた。

精神病院のチルトン医師は、スターリングとレクターの会話を盗聴し、この機会を利用して、レクターの収監を解き、マーティン上院議員のために動いていることをアピールしようとする。

そして、レクターはマーティン上院議員と対面することになりメンフィスに移送される。

レクターと会ったマーティンは、彼の権利を保障することを約束し、バッファロー・ビルに関する情報を得る。

しかし、レクターはマーティンを侮辱する発言をして、彼女に追い払われる。

スターリングは、待機してホテルに監禁されているレクターに会う。

キャサリンを救出するための、時間がなくなっているにも拘らず、スターリングは、再びレクターに幼い頃に両親を亡くし、牧場に預けられた時のことを聞かれる。

スターリングは、殺される子羊の泣き声で目がさめ、それを逃がそうとして自分も逃亡した時のことを語る。

キャサリンを見つけ出せば、子羊の悪夢が消え去るかもしれないと言うレクターに、スターリングはバッファロー・ビルの本名を聞こうとするのだが、チルトンに締め出されてしまう。

夕食を届けられたレクターは、隙を見て監視員ボイル(チャールズ・ネイピア)らを殺し、一人の顔面の皮を剥いでその監視員に扮し、救急車で搬送される途中に逃亡してしまう。

それを知らされたスターリングは、手がかりが隠されているという、レクターから渡された資料を参考にして、オハイオ州の犠牲者の女性の家に向かう。

そこでスターリングは、バッファロー・ビルが人間の皮膚で衣服を作ろうとしていることを知り、クロフォードにそれを報告する。

犯人”ジェーミー・ガム”を特定したというクロフォードの連絡を受け、スターリングはシカゴ郊外の現場に向かう。

その頃キャサリンは、ガムの愛犬を井戸の中に誘い込み、彼を動揺させる。

イリノイ州カリュメット・シティ
ジェーミー・ガムの家を包囲したクロフォードら捜査官らだったが、家に誰もいないことが分かる。

手がかりをつかんだスターリングは、ある家を訪ね、対応した”ジャック・ゴードン”という男に、家の中に誘い入れられる。

男がガムだと確信したスターリングは、”バッファロー・ビル”と対決することになる。

銃を構えたスターリングだったが、ガムは隙を見て姿を消し家の奥に逃れる。

それを追うスターリングは、地下室の井戸のキャサリンを発見する。

恐怖と緊張を必死で抑えながら、スターリングは、さらに家の奥へと向かいガムを追うが、灯りを消され辺りが見えない状態になってしまう。

ガムは赤外線スコープでスターリングを捉えていたのだが、彼女は周りが見えず手探り状態だった。

そして、ガムが拳銃の撃鉄を起こした瞬間、スターリングは振り向きざまに彼に銃を連射する。

銃弾は窓ガラスを割り、床に倒れるガムを陽の光が照らす。

ガムは息絶え、キャサリンは無事解放され、スターリングはクロフォードに労を労われる。

その後、スターリングは晴れて捜査官となり、クロフォードに感謝する。

FBIアカデミー卒業パーティーの席上、スターリングは一本の電話を受ける。

電話の相手だったレクターは、子羊の悲鳴が消えたかをスターリングに尋ね、”古い友人”(チルトン医師)を夕食に招くと言って電話を切る。

そしてレクターは、バハマの自治区ビミニを訪れたチルトンの後を追って行く。


解説 評価 感想 ■

参考(映画)
・「
羊たちの沈黙」(1991)
・「ハンニバル
」(2001)
・「レッド・ドラゴン
」(2002)
・「ハンニバル・ライジング
」(2007)

*(簡略ストー リー)

FBIアカデミーの訓練生クラリス・スターリングは、主任捜査官クロフォードに、天才的な洞察力を持つ精神科医でもある殺人鬼ハンニバル・レクター博士との面会を命ぜられる。
クロフォードは、連続猟奇殺人犯のバッファロー・ビルを逮捕する手がかりを得るための情報収集をスターリングにさせようとしていた。
スターリングはレクターに面会するものの、彼に圧倒されてしまう。
しかしスターリングは、持ち前の粘り強さで、自分に興味を持ったレクターから、謎解きのような情報を入手していく。
その後、上院議員の娘が誘拐され、レクターは、それを利用して逃亡する。
そしてスターリングは、以前の犯行を手がかりにして、バッファロー・ビルの所在を確定する・・・。
__________

目を被いたくなるような被害者の死体や写真、または、レクターの残虐性があまりにリアルに描写されて問題にもなった作品。

おぞましいシーンが度々登場する中で、流れるような場面展開と、ジョナサン・デミの細やかな演出が注目だ。

例えば、レクターと接するどころか近づくことさえ許されないクラリスの手を、彼の指が一瞬そっと触れるシーンなどは、レクターの異常な人物像を十分見せられた後だと、その恐怖感が一層増すわけで、それを描写した一連のカットなども素晴らしい。

2011年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第64回アカデミー賞で、作品、監督、主演男優(アンソニー・ホプキンス)、主演女優(ジョディ・フォスター)、脚本賞と主要部門を独占した。
・ノミネート
編集・録音賞

北米興行収入は約1億3000万ドル、全世界では約2億7300万ドルのヒットとなった。

映画史上に残るキャラクター、天才精神科医にして狂気の殺人鬼、ハンニバル・レクター博士を演じたアンソニー・ホプキンスは、並外れた知性と洞察力を見事に表現し、不気味なまでの怖さはすさまじい迫力がある。

同じく、「告発の行方」(1988)に続き、20代で早くも2度目のアカデミー主演賞を受賞したジョディ・フォスターも、FBI訓練生でありながら、レクターと堂々渡り合う才女を見事に演じ、実力派女優としての彼女の地位を築いた記念すべき作品となった。

余談だが、ジョディ・フォスターは、子役で活躍したスターが、成人しても成功した数少ないケースだと言える。

彼女の上司役スコット・グレンも、訓練生を支える主任捜査官を好演している。

最近は、かなり渋くなってきたテッド・レヴィンの、レクターに迫る猟奇殺人鬼の異常者ぶりも強烈に印象に残る。


ライト・スタッフ」(1983)ではスコット・グレン、TVドラマ「人類月に立つ」(1998)ではテッド・レヴィンが、それぞれアメリカ人初の有人宇宙飛行に成功するアラン・シェパードを演じているのは何かの縁だろうか?

精神医療施設でのレクターの担当医アンソニー・ヒールド、スターリング(J・フォスター)の同僚捜査官ケイシー・レモンズ、誘拐される女性ブルック・スミス、その母親で上院議員のダイアン・ベーカー、レクター(A・ホプキンス)に殺害される監視員役のチャールズ・ネイピアなどが共演している。

アカデミー賞授賞式では、司会のビリー・クリスタルがレクターに扮し登場し、監督賞受賞のジョナサン・デミのスピーチが長くて、場内からブーイングが起きたことなどを懐かしく思い出す。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター