007/私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ、第10作。
1962年に発表された、
イアン・フレミング原作のシリーズ第9作を基に製作された作品。

監督ルイス・ギルバートロジャー・ムーアバーバラ・バッククルト・ユルゲンスリチャード・キール共演。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:ルイス・ギルバート
製作
アルバート・R・ブロッコリ

原作:イアン・フレミング
脚本
クリストファー・ウッド

リチャード・メイボーム
撮影:クロード・ルノワール
編集:ジョン・グレン
美術:ピーター・ラモント
メインタイトル・デザイン:
モーリス・ビンダー

音楽
マーヴィン・ハムリッシュ

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌”
Nobody Does It Better
作詞:
キャロル・ベイヤー・セイガー

作曲:マーヴィン・ハムリッシュ
唄:カーリー・サイモン

出演
ジェームズ・ボンド:
ロジャー・ムーア

アニヤ・アマソヴァ:バーバラ・バック
カール・ストロンバーグ:クルト・ユルゲンス
ジョーズ:リチャード・キール
M:バーナード・リー
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
ナオミ:キャロライン・マンロー
アナトール・ゴゴール将軍:ウォルター・ゴテル
フセイン:エドワード・デ・スーザ
マックス・カルバ:ヴァーノン・ドブチェフ
カーター艦長:シェーン・リマー
リパラス号艦長:シドニー・タフラー
ベンソン大佐:ジョージ・ベイカー
フレデリック・グレイ国防相:ジョフリー・キーン
ハーグリーブズ海軍中将:ロバート・ブラウン

イギリス 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ

1977年製作 125分
公開
イギリス:1977年7月7日
北米:1977年7月13日
日本:1977年12月24日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $46,800,000
世界 $185,400,000


アカデミー賞 ■

第50回アカデミー賞
・ノミネート
美術・作曲
歌曲賞”
Nobody Does It Better


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

弾道ミサイルを搭載した、イギリスソ連の原子力潜水艦が姿を消した。

一方、オーストリア山中にいたイギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、MI6のM(バーナード・リー)から呼び戻される。

モスクワKGB本部に出頭したアニヤ・アマソヴァ少佐(バーバラ・バック)は、アナトール・ゴゴール将軍(ウォルター・ゴテル)から、行方不明になった原潜の捜索を命ぜられる。

アマソヴァは、恋人が任務中にイギリス諜報員に殺されたことも知らされる。

ボンドは、フレデリック・グレイ国防相(ジョフリー・キーン)、ハーグリーブズ海軍中将(ロバート・ブラウン)に迎えられ、ベンソン大佐(ジョージ・ベイカー)から、原潜追跡システムを開発した者が現れたことを知らされる。

ボンドは、その追跡システムを売ろうとした者を探すため、カイロに向かうことになる。

原潜追跡システムを開発したのは、地中海の海底に秘密基地を構える海運王カール・ストロンバーグ(クルト・ユルゲンス)だった。

ストロンバーグは、その設計図(マイクロフィルム)を手に入れ、大国に売ろうとしている者を抹殺するため、殺し屋ジョーズ(リチャード・キール)をカイロに派遣する。

砂漠を渡ってエジプト入りしたボンドは、学友でもある部族の族長フセイン(エドワード・デ・スーザ)のキャンプを訪れて情報を得る。

カイロに着いたボンドは、ストロンバーグの手下に襲われるが、それを難なく退けてギザに向かう。

ジョーズは、三大ピラミッドのナイトショーで、アマソヴァと裏切り者が接触するのを確認して、その男を殺す。

その現場に現れたボンドは、ジョーズを目撃するが、彼は姿を消し、ボンドは手がかりを見つける。

その後、アマソヴァとその部下に襲われたボンドだったが、彼はそれをかわし、その場を立ち去る。

クラブで再びアマソヴァに会ったボンドは、店のオーナー、マックス・カルバ(ヴァーノン・ドブチェフ)と接触してマイクロ・フィルムを確認する。

しかし、ジョーズがカルバを呼び出して殺害し、マイクロ・フィルムを手に入れる。

マイクロ・フィルムを奪われたボンドとアマソヴァは、ジョーズの車に隠れて、”カルナック神殿”に向かう。

ボンドはジョーズに襲われ、彼に銃を向けたアマソヴァはマイクロ・フィルムを奪う。

ジョーズは崩壊した遺跡の下敷きになり、アマソヴァは、独り車で逃げようとするが、キーはボンドが持っていたため、彼と共に逃げようとする。

しかし、そこにジョーズが現れ再び襲い掛かるが、二人は何とかそれを逃れて、その場から脱出する。

車が壊れ、徒歩でナイル川にたどり着いた二人は船でカイロに向かう。

ボンドはフィルムをコピーするが、アマソヴァに眠らされ、彼女はマイクロ・フィルムと共に姿を消す。

ボンドは、”アブ・シンベル神殿”の地下秘密司令部に向かい、Mの秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)に迎えられる。

しかし、そこで待っていたのは、KGBのゴゴール将軍と姿を消したアマソヴァだった。

Mも現れ、イギリスソ連の両政府は協力し、原潜を捜すことになったことをボンドに伝える。

ボンドは、マイクロ・フィルムが完全でなかったことをMに報告し、Q(デスモンド・リュウェリン)に意見を求めることになる。

Qの協力で、マイクロ・フィルムの細部を分析したボンドらは、ストロンバーグとの関連を見つける。

そして、ボンドとアマソヴァは共同で行動し、原潜を捜す手掛かりを探ることになる。

ボンドとアマソヴァは、列車でサルデーニャに向かうが、二人はジョーズに襲われてしまう。

しかし、ボンドは列車の窓からジョーズを突き落とし、傷を負ったボンドをアマソヴァが介抱し、そして二人は愛し合う。

その後ボンドは、Qからロータス・エスプリを支給され、海洋生物学者夫妻に扮して、ストロンバーグの海洋研究所に向かう。

そしてボンドとアマソヴァは、ストロンバーグの指示で現われたナオミ(キャロライン・マンロー)の出迎えを受ける。

研究所に着いたボンドは、ストロンバーグと面会して、二人の正体を見破った彼は、ジョーズに彼らの抹殺を命ずる。

島に戻ったボンドとアマソヴァは、ジョーズやナオミに襲われるが、それを撃退する。

ボンドは、水陸両用のロータス・エスプリで海に逃れ、ナオミや追っ手を倒して陸に戻る。

ホテルに戻ったボンドは、オーストリアで殺したソ連の情報員が、アマソヴァの恋人だったことを知り、仕方なく彼を殺したことを正直に伝える。

アマソヴァは任務は遂行するものの、それをきっかけにして、ボンドを憎むようになる。

その後、ボンドとアマソヴァが乗り込んだアメリカの原潜が、ストロンバーグの巨大タンカー”リパラス”に飲み込まれてしまう。

ストロンバーグは、原潜のカーター艦長(シェーン・リマー)を脅迫して、艦内の兵士達を監禁する。

そして、ストロンバーグはボンドとアマソヴァを見つけ、原潜に核ミサイルを搭載させる。

それで、ニューヨークモスクワを攻撃し、世界を壊滅させて、海底都市を造る計画をストロンバーグはボンドらに告げる。

アマソヴァはストロンバーグに連れ去られ、タンカーを脱出して研究所に向かう。

ボンドは隙を見てその場を逃れ、捕らえられていた各国兵士を解放し、リパラスをほぼ制圧する。

しかし、司令室が固く防御されていたため、ボンドは核弾頭の起爆装置を利用して、壁を爆破して内部に侵入する。

既に原潜は攻撃準備に入り、ボンドは二隻の原潜の攻撃目標を変更して、相打ちさせようとする。

タンカーも爆発を始め、ボンドらはアメリカ原潜に乗り移り、船首を魚雷で爆破して脱出する。

ストロンバーグの研究所爆破の命令が入り、アマソヴァの命を救うために、ボンドは現場に急行する。

ボンドを迎え撃つストロンバーグだったが、彼は射殺され、その後ジョーズがボンドに襲い掛かる。

ジョーズをサメの水槽に突き落としたボンドは、アマソヴァを捜し出して救出する。

アメリカ原潜のカーター艦長は、研究所の攻撃を開始し、ボンドとアマソヴァは、沈みかけている研究所から、救命ポッドで脱出に成功する。

アマソヴァは、恋人の復讐を果たすために、ボンドに銃を向けるが、ユーモアに誘われて彼と抱き合う。

そして、ジョーズも脱出し、ボンドとアマソヴァは軍艦に回収され、二人が抱き合っている姿に、Mやゴゴールは呆れてしまう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

弾道ミサイルを搭載したイギリスソ連の原子力潜水艦が姿を消したため、イギリス諜報員のジェームズ・ボンドは、MI6本部のMに呼び出される。
モスクワKGB本部に出頭したアマソヴァ少佐は、ゴゴール将軍から、行方不明になった原潜の捜索を命ぜられ、恋人が、任務中にイギリス諜報員に殺されたことも知らされる。
MI6本部、グレイ国防相、ハーグリーブズ海軍中将に迎えられたボンドは、原潜の追跡システムを開発した者が現れたことを知らされ、それを売
ろうとしている者を探すために
カイロに向かう。
そのシステムの開発者は、
地中海の海底に秘密基地を構える、海運王カール・ストロンバーグだった。
ストロンバーグは、その設計図を手に入れて、大国に売ろうとしている者を抹殺するため、殺し屋ジョーズを
カイロに派遣する。
エジプト入りして情報を得たボンドは、ギザに向かい、三大ピラミッドのナイトショーでジョーズを目撃し、手がかりを見つける。
その後ボンドは、ジョーズに殺された男から、設計図のマイクロ・フィルムを受け取ったアマソヴァと接触する。
しかし、マイクロ・フィルムはジョーズに奪われてしまい、ボンドとアマソヴァは彼を追うのだが・・・。
__________

原作は、どぎつい性描写などで非常に評判が悪く、映画は原題以外、原作とは全く違った内容となっている。

シリーズ10作目を記念して、かなり派手な内容となっている。
巨大改造タンカーや、研究所(海底要塞)などのセットは、「007は二度死ぬ」(1967)のルイス・ギルバートが監督だけに、前作ほどではないものの、やや荒唐無稽な感じもする。

しかし、エジプトギザ三大ピラミッドスフィンクスカルナック神殿や諜報部の司令部がある設定のアブ・シンベル神殿、そして、水陸両用ボンド
・カー、
ロータス・エスプリの活躍、サルデーニャの風光明媚な美しいロケなど見所は多くある。

前作「黄金銃を持つ男」(1974)で落ち込んだ興行収入は、何と2倍近くに達し(世界)、驚異的な数字を上げ大ヒットとなった。

製作費 $14,000,000
北米興行収入 $46,800,000
世界 $185,400,000

第50回アカデミー賞では、美術、作曲、歌曲賞にノミネートされた。

カーリー・サイモンの歌う”Nobody Does It Better”は、シリーズの中でも屈指の人気を誇る名曲となった。

ユニオンジャックのパラシュートが、女性の手の中に納まるオープニングも、なかなか洒落ている。

3作目のロジャー・ムーアは、益々快調にボンド役を演じ、50歳にして若々しさは相変わらずだ。

ヒロインのバーバラ・バックは、ソ連KGB女スパイを演じているが、国籍不明的なエキゾチックな魅力が漂う女優だ。
(実際はアメリカ人)

彼女はその後、元ビートルズリンゴ・スターと結婚し、現在に至っている。

名優クルト・ユルゲンスの悪役ぶりは凄みがあり、大富豪が企む世界制覇の、壮大なスケール感を持つ人物として、作品を大いに盛り上げる。

注目は、金属の歯を持つ殺し屋ジョーズに扮するリチャード・キールで、シリーズ中でも5本の指に入る程インパクトのあるキャラクターであり、あまりの人気に次回作「ムーンレイカー」(1979)にも同じ役で登場することになる。

今回は登場場面が少ないMのバーナード・リー、水陸両用ロータス・エスプリを恐る恐るボンドに渡すQのデスモンド・リュウェリン、ロングショットでしか登場しないのが残念な、マネーペニーのロイス・マクスウェルKGBのゴゴール将軍のウォルター・ゴテルなどレギュラーに加え、国防相ジョフリー・キーン、海軍中将のロバート・ブラウン、大佐ジョージ・ベイカー、妖艶な殺し屋のキャロライン・マンロー、アメリカ原潜艦長シェーン・リマーもなど出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター