蘇る熱球 The Stratton Story (1949) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

メジャーリーガーとして活躍して、1938年に不慮の事故により片足をなくしながらも、1946年に、見事にマイナーリーグに復帰した、実在のメジャー・リーガーモンティ・ストラットンの活躍を基に製作された、監督サム・ウッド、主演ジェームズ・スチュアートジューン・アリソンフランク・モーガンアグネス・ムーアヘッド共演の感動作。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト ■

監督:サム・ウッド
製作:ジャック・カミングス
原案:ダグラス・モロー
脚本
ダグラス・モロー

ガイ・トロスパー
撮影:ハロルド・ロッソン
編集:ベン・ルイス
音楽:アドルフ・ドイチュ

出演
ジェームズ・スチュアートモンティ・ストラットン

ジューン・アリソン:エセル・ストラットン
フランク・モーガン:バーニー・ワイル
アグネス・ムーアヘッド:ストラットン夫人
ビル・ウィリアムス:エディ・ディブソン
ブルース・コーリング:テッド・ライオンズ
ロバート・ギスト:アーニー
ビル・ディッキー:本人
ジミー・ダイクス:本人

アメリカ 映画
配給 MGM
1949年製作 106分
公開
北米:1949年5月12日
日本:1949年10月26日


アカデミー賞 ■

第22回アカデミー賞
・受賞
原作賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

テキサス、ワーグナー。
かつてはメジャー・リーグで活躍したのだが、酒におぼれて落ちぶれ、今では浮浪者同然のバーニー・ ワイル(フランク・モーガン)は、アマチュア野球で大活躍する青年モンティ・ストラットン(ジェームズ・スチュアート)の存在を知る。

ワイルはストラットンの家まで付いて来るが、初老の彼が、元メジャー・リーガーだと知ったストラットンは目を輝かせる。

ストラットンは、野球に理解のない母(アグネス・ムーアヘッド)を説得し、ワイルに家の手伝いをしてもらうことにする。

ワイルは、働きながらストラットンに野球の基本を教えて、カリフォルニアで行われている、シカゴ・ホワイトソックスの春季キャンプに彼を連れて行こうとする。

ストラットンとワイルは、母を何とか説得しようとするが、息子の決意を知った彼女は、牛を売った500ドルを渡してキャンプに送り出す。

ヒッチハイクでカリフォルニアに向かった二人は、パサデナのキャンプ地に到着する。

ワイルは、気乗りしない監督ジミー・ダイクスに、ストラットンを紹介する。

そして、速球を認められたストラットンは、チームの練習に加わることを許可される。

その後、チームメイトのエディ・ディブソン(ビル・ウィリアムス)のデートに付き合わされたストラットンは、その場に友人と現れたエセル(ジューン・アリソン)に出会う。

エセルは、田舎者で冴えないストラットンを煙たく思うが、飾り気のない実直な彼の人柄に、次第に惹かれていく。

キャンプは終了し、ストラットンは東部に戻るチームに同行するようダイクスに言われ、正式に契約を結ぶことになり、ワイルも投手コーチに採用される。

そしてストラットンは、エセルに別れを告げて列車に乗るのだが、その直後に彼女への手紙を書き始める。

シーズンが開幕して、各地への連戦が続いたストラットンは、ワイルから多くを学ぶが、当番の機会はなく焦り始める。

強豪ヤンキースとの試合で、ついにチャンスが与えられたストラットンだったが、強打の洗礼をうけてノックアウトされてしまう。

ストラットンは、下部リーグチーム、オマハに降格されてしまい落胆するが、そこはエセルの故郷だった。

そこで実績を積んだストラットンは、再びメジャーに昇格することになり、彼はエセルにプロポーズして結婚する。

再びヤンキースと対戦することになったストラットンは、デビュー戦で打ち込まれたビル・ディッキーらを抑えて雪辱を果たす。

その後、帰郷したストラットンは、母にエセルを紹介して、仕事を手伝ってくれているアーニー(ロバート・ギスト)に、子供部屋が必要だということを伝え母を喜ばせる。

やがて、子供が生まれたストラットンは、幸せな家庭生活に恵まれて好成績もあげ、オールスター・ゲームに出場することになる。

休暇でテキサスの故郷に里帰りしたストラットンは、エセルを誘い、習っていたダンスを彼女と踊り楽しい時を過ごす。

翌日、ウサギを撃ちに行ったストラットンは、誤って自分の足を猟銃で撃ってしまう。

ストラットンは足を切断しなければならなくなり、選手生命を絶たれることになる。

失意のストラットンは、生涯を懸けていた野球を奪われ、義足を付けることもせず心を閉ざしてしまう。

エセルはどうすることも出来ず、母はただ勇気と希望を失わず、息子が立ち直るのを信ずることだと、彼女に助言するしかなかった。

エセルや母の励まし、子供が歩いたことも慰めにならないストラットンは、生気を無くして殻に閉じこもる毎日を送る。

そんなストラットンは、エセルらに辛くあたった自分を恥じ、ようやく前向きに生きようと心がけるようになる。

そしてストラットンは、子供が必死に歩こうとする姿を見て、義足を付けることを決心する。

エセルに促され、遊び程度だが再び野球をしてみようという気になったストラットンは、彼女を相手にキャッチボールを始める。

そんなストラットンは、自分を温かく見守り球を受けるエセルが、二人目を妊娠していることを知る。

ある日、ストラットンを訪ねたワイルは、ストラットンの投球に驚き、彼に届いた、オールスターゲーム観戦の招待に同行することになる。

エセルや母を連れて行った試合で、ストラットンが登板することをワイルは知り、 彼に助言をしてマウンドに送り出す。

そしてエセルも、ストラットンの出場を知って驚き、彼のユニフォーム姿を見て励ます。

観客はストラットンに大声援を送るが、試合開始直後から彼は連打され、早くも次のピッチャーが準備される。

打っても走れずに、転倒してしまったストラットンだったが、彼は自分に気を使うチームメイトにジョークを飛ばす。

チャンスに代打を送られそうになったストラットンは、チームメイトに励まされて打席に立ち、見事にヒットを放つ。

その後、バント攻撃に遭ったストラットンはそれもしのぎ、苦しみながらもチームを勝利に導く。

ストラットンは、勝利以上に大切な、勇気と信念を持つ人間の、不屈の可能性を示してくれたのだった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

メジャー・リーガーでありながら、今では落ちぶれた初老の男ワイルは、アマチュア野球で活躍する青年、モンティ・ストラットンに目を付ける。
ストラットンの家に住み込みで働くようになったワイルは、荒削りな彼に野球の基礎を教えて、彼をシカゴ・ホワイトソックスのキャンプ地に連れて行く。
シーズン開幕時にメンバーに残ったストラットンだったが、その後、初登板でノックアウトされてしまい、マイナーに降格させられる。
降格先で、以前知り合ったエセルとの親交を深め、ストラットンは実績を残し、再びメジャーに昇格する。
エセルと結婚したストラットンは、子供も生まれ順調に活躍するのだが、不慮の事故に遭い、片足を失ってしまう・・・。
__________

人懐っこさの中に、芯が強く爽やかなスポーツ選手のイメージも兼ね備えた、ジェームズ・スチュアートの人柄を生かしたサム・ウッドの演出は冴え、家族や友人に支えられながら、不屈の精神で障害を乗り越えようとする、主人公の勇気が感動を呼ぶ秀作。

本作の公開4ヵ月後に亡くなる、サム・ウッドの遺作となった作品でもある。

第22回アカデミー賞では、原作賞を受賞した。

原作賞は受賞したものの、他の作品に見えるジェームズ・スチュアートらしさが強調される、彼のために、かなり脚色されたストーリーのようにも思える。

お人好しで、いつものんびりしている感じのあるジェームズ・スチュアートだが、運動神経の良いところも披露してくれる。

人の心を和ませる、彼の独特の雰囲気や演技、そして表情は、作品の内容と共に、終戦間もないアメリカ国民に、どれだけ夢や希望を与えたことだろう。

彼との息の合った夫婦役は、他の作品でも見せてくれる、ジューン・アリソンの献身的な妻役は、スポーツ選手の妻としての逞しさを、十分に感じさせてくれる。

彼女がミットをはめて、夫の復帰を願いキャッチボールの相手をするシーンは、ジェームズ・スチュアートの運動能力以上に驚きだ。

オズの魔法使」(1939)のオズ役でも知られるフランク・モーガンや、前年「ジョニー・ベリンダ」(1948)でアカデミー賞候補になったアグネス・ムーアヘッド(母親役)らの、確かな演技がドラマに厚みを加えている。

チーム・メイトのビル・ウィリアムスブルース・コーリング、故郷の家の使用人で、後に17歳も年上のアグネス・ムーアヘッドと結婚することになるロバート・ギストヤンキース、伝説の名キャッチャー、ビル・ディッキージミー・ダイクスらが、本人役で出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター