ロンドン・ヒート The Sweeney (2012) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1975-78年にイギリスで放映されたテレビ・ドラマ”ロンドン特捜隊スウィーニー”を基に製作された作品。
過激な捜査で事件解決する警察特捜隊の活躍を描く、監督、脚本ニック・ラヴ、主演レイ・ウィンストンベン・ドリューダミアン・ルイスヘイリー・アトウェル他共演の犯罪アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ニック・ラヴ
製作
ジェームズ・リチャードソン

アラン・ニブロ
ルパート・プレストン他
脚本
ニック・ラヴ

ジョン・ホッジ
撮影:サイモン・デニス
音楽:ローン・バルフェ

出演
ジャック・リーガン:レイ・ウィンストン

ジョージ・カーター:ベン・ドリュー
フランク・ハスキンズ:ダミアン・ルイス
ナンシー・ルイス:ヘイリー・アトウェル
アイヴァン・ルイス:スティーヴン・マッキントッシュ
フランシス・アレン:ポール・アンダーソン
ハリー:アラン・フォード

イギリス 映画
配給 Entertainment One

2012年製作 112分
公開
イギリス:2012年9月12日
北米:2013年3月1日
日本:2013年1月19日
製作費 £3,000,000
北米興行収入 $26,650
世界 $6,294,161


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロンドン
スコットランドヤード”内の”メトロポリタン・ポリス・サービス”特捜隊“スウィーニー”のリーダー、ジャック・リーガン(レイ・ウィンストン)のチームは、金塊強奪を阻止する。

彼らの上司フランク・ハスキンズ(ダミアン・ルイス)は、その仕事振りに満足する。

リーガンは、部下のナンシー・ルイス(ヘイリー・アトウェル)と不倫関係だった。

そんなリーガンは、押収した金塊を情報屋のハリー(アラン・フォード)に横流しすることで新たな銀行強盗の情報を得る。

リーガンは、部下のジョージ・カーター(ベン・ドリュー)と銀行の警備体制などを調べる。

翌日、リーガンらチームは、ナンシーの夫である、内部捜査官のルイス(スティーヴン・マッキントッシュ)に協力するようにとハスキンズに命ぜられる。

ルイスは、犯人逮捕時の過激な行動が問題になっている件についてリーガンに意見する。

一人残ったリーガンは、現場から金塊がなくなっていることをルイスに指摘される。

しかしリーガンは、命懸けで戦っていることをルイスに伝え、彼の言葉に聞く耳を持たない。

その後、宝石店が襲われる事件が起きて、20万ポンドの被害とセルビア出身の女性が殺される。

現場に向かったリーガンらは、女性が殺されたことを疑問に思いつつ、過去に起きた事件と同じ手口だということに気付く。

リーガンは、これまでに何度も事件を起こしたフランシス・アレン(ポール・アンダーソン)を容疑者として捜査を始める。

ハスキンズは、ルイスの件が気になっているため、そのことをリーガンに確かめる。

手荒な方法で情報を集めたリーガンらは、アレンの居場所を突き止める。

リーガンらはその場に押し入り、抵抗して逃走したアレンを捕える。

尋問を受けたアレンは、事件当日はヨットで日光浴をしていたとリーガンに答え、その証拠となる携帯電話の写真を見せる。

ハスキンズに呼ばれたリーガンは、アレンが確かに出国していたことを知らされ、彼がシロだと言われる。

リーガンは、24時間の拘束の間に他の証拠を見つけるようにとハスキンズに命ぜられる。

夜中にカーターを呼び出したリーガンは、監視カメラの映像をチェックして、犯人が証拠隠滅のために女性を殺したのではないかと考える。

宝石強盗が目的でないことを確かめるために、リーガンとカーターは被害者が住んでいた家に向かう。

女性の部屋を調べた二人は、彼女が最近ある男と会っていたことを知る。

女性と男が映っている写真を調べたリーガンは、それに残っていた指紋から、ある事実を知り、アレンを釈放させる。

リーガンに、付きまとうなと脅されたルイスは、代わって謝罪したカーターに、”スウィーニー”のリーダーになれると言って優秀な彼に道を間違えるなと助言する。

写真のセルビア人で、指名手配中の”メイキン・トレボルト”が犯人だと確信したリーガンは、女性が何を知っていたのかを突き止めようとする。

その後、トレボルトが銀行を襲ったことを知ったリーガンらは現場に急行するが、ハスキンズは、ルイスが訴えを起こしたことを伝える。

それを聞いたリーガンは、ナンシーから、ルイスと別れて自分と暮らすことを決めたと言われる。

現場に到着したリーガンらは、建物から出てきたトレボルトらと銃撃戦となる。

その結果、トレボルトは逃亡して、ナンシーや市民らが犠牲になる。

ルイスはリーガンに謝罪されるものの、彼を破滅させると言って拳銃とバッジを没収する。

リーガンは、ルイスの警告を無視してトレボルトの追跡を始めるためカーターに協力を求める。

それを拒まれたリーガンは、カーターの気持ちも考え、ハリーに接触しようとする。

監視されながらもハリーに会い、拳銃とバッジを手に入れたリーガンは、アレンが絡んでいると見て、その仲間を締め上げる。

しかしリーガンは、その直後にルイスに逮捕されてしまう。

ルイスは、カーターを”スウィーニー”のリーダーにしようと考え、それを彼に伝える。

リーガンは刑務所行きとなり、所内で囚人に痛めつけられる。

カーターは、銀行を遅い怪我をした男を脅し、トレボルトが船に乗ろうとしていることを聞き出す。

ナンシーの敵を討とうとしたカーターだったが、ハスキンズが現れ、彼に犯人の一人だと言って引き渡す。

翌日、責任を問われたハスキンズも部署を去ろうとするが、カーターはリーガンを見捨てるのかを彼に問う。

その時カーターは、トレボルトが乗ろうとしているのがアレンの船であることを知る。

カーターはリーガンを釈放させて船に向かい、その場にいたアレンに襲い掛かる。

リーガンは足を刺されアレンは逃亡し、トレボルトが加わり銃撃戦となる。

アレンとトレボルトは車で逃走し、リーガンとカーターはそれを追う。

両者は事故を起こし、トレボルトは銃撃するカーターに車で体当たりする。

カーターを殺そうとしたトレボルトだったが、リーガンが彼を射殺する。

リーガンは、重傷を負ったアレンに銃を向けるものの、逮捕すると言ってカーターの元に向かう。

その後、復帰したリーガンとカーターは、同僚達と共に新たな事件捜査に向かおうとする。

リーガンは、何も語らずに見つけめるルイスの視線を意識しながら車を出す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ロンドン
メトロポリタン・ポリス・サービス”内部の特捜隊“スウィーニー”のリーダー、ジャック・リーガンは、過激な捜査で事件を解決して、押収した金塊を情報屋に流す。
その見返りとして次の犯行を知らされたリーガンは、部下カーターと共に警戒する。
リーガンは、部下のナンシーと不倫関係にあったが、その夫で内部捜査官のルイスは、その行動と金塊がなくなったことで彼に疑いをかける。
それを無視するリーガンは、小さな宝石店が襲われ、セルビア人女性が犠牲になった事件の捜査を始める。
リーガンは、何度も犯行を繰り返すアレンが犯人だと断定して、彼を逮捕するのだが・・・。
__________

ハード・アクションと登場人物のキャラクター、更にその内容の良さが評判となった名作テレビ・ドラマの映画化ということで、に日本でも放送されたためにファン必見の作品と言える。

ハリウッド映画とはまた違った雰囲気を楽しめる作品でもあり、脚本的はやや平凡とも言えるが、スムーズなドラマ展開と、テレビと同じく主人公らの個性が見事に生かされた、なかなか見応えのある作品。

アメリカ人の無鉄砲な刑事の個性が二、三人合わさったような、強面のタフガイを演ずる、特捜隊のリーダー、レイ・ウィンストンの迫力たるや、どちらが悪党か分からないほどの凄みがある。

彼を支える部下のベン・ドリューも、暴走するボスを最後まで裏切らない熱血警官を好演している。

主人公の上司ダミアン・ルイス、主人公の部下で不倫関係にあるヘイリー・アトウェル、その夫で内部捜査官スティーヴン・マッキントッシュ、事件の黒幕ポール・アンダーソン、情報屋役のアラン・フォードなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター