サブウェイ123 The Taking of Pelham 1 2 3 (2009) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1974年の「サブウェイ・パニック」、1998年のテレビ映画に続き3度目のリメイク。
地下鉄を乗っ取った犯人に身代金を要求される市側と犯人との駆け引きを描く、製作、監督トニー・スコット、主演デンゼル・ワシントンジョン・トラボルタジョン・タートゥーロ他共演のサスペンス・アクション大作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

WEB SITE


スタッフ キャスト ■

監督:トニー・スコット
製作総指揮
バリー・H・ウォルドマン

マイケル・コスティガン
ライアン・カヴァノー
製作
トッド・ブラック

トニー・スコット
ジェイソン・ブルメンタル
スティーヴ・ティッシュ
原作:モートン・フリードグッド(ジョン・ゴディ)”The Taking of Pelham One Two Three
脚本:ブライアン・ヘルゲランド

撮影:トービアス・A・シュリースラー
編集:クリス・レベンゾン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
デンゼル・ワシントン:ウォルター・ガーバー
ジョン・トラボルタ:バーナード・ライダー/デニス・フォード/Mr.ブルー
ジョン・タートゥーロ:カモネッティ
ルイス・ガスマン:フィル・レイモス/Mr.グリーン
ジェームズ・ガンドルフィーニ:市長
ラモン・ロドリゲス:デルガド
マイケル・リスポリ:ジョン・ジョンソン
ヴィクター・ゴイチャイ:バシュキン/Mr.グレイ
ロバート・ヴァタイ:イムリ/Mr.ブラウン
ベンガ・アキナベ:ウォレス
アーンジャニュー・エリス:テレサ・ガーバー
アレックス・カルズスキー:ジョージ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2009年製作 105分
公開
北米:2009年6月12日
日本:2009年9月4日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $65,452,312
世界 $150,164,153


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

・午後2時00分
バーナード・ライダー(ジョン・トラボルタ)をリーダーとした重装備の4人、フィル・レイモス(ルイス・ガスマン)、バシュキン(ヴィクター・ゴイチャイ)、イムリ(ロバート・ヴァタイ)が”ニューヨーク地下鉄6/ペラム123”を乗っ取る。

MTA(ニューヨーク州都市交通局)の運行管理者のウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)は、停車した”ペラム123”に気づき連絡を取るが応答がない。

切り離された車両がバックしたため、車内にいた警官が不審に思うが、バシュキンが彼を射殺してしまう。

緊急体制に入っていたガーバーは銃声を聞き、司令室に緊張が走る。

ライダーは、後部車両の乗客を解放し、ガーバーに人質を取ったという連絡を入れる。

人質釈放の条件として、ライダーは市に対し1000万ドルを60分以内に届けるよう要求する。

ライダーは運転席を占拠し、要求した時間に遅れた場合、毎分人質を一人ずつ殺すということをがーバーに伝える。

地下鉄で移動中だった市長(ジェームズ・ガンドルフィーニ)は、スタッフによって事件を知らされ、電車を降り運行指令センターに急行する。

ガーバーの上司ジョン・ジョンソン(マイケル・リスポリ)は、ニューヨーク市警の人質交渉の緊急対策課に連絡を入れる。

・残り48分
やがて、市警のカモネッティ(ジョン・タートゥーロ)が到着し、直ちに現場の指揮を執り、ジョンソンはガーバーを引き上げさせる。

カモネッティが連絡を始めたことに腹を立てたライダーは、ガーバーと交信させるよう要求する。

しかし、カモネッティがそれを拒否したため、ライダーは、ガーバーと運転士学校の同期生だった運転士を射殺してしまう。

仕方なくカモネッティは、次の犠牲者を出す前にガーバーを司令室に連れ戻す。

・残り37分
その頃、市長は、身代金支払いに同意したことを犯人に伝えるよう指示を出す。

その後カモネッティは、ガーバーが、地下鉄車両の収賄の疑いをかけられていることを知る。

ライダーは、持ち込んだパソコンでWi-Fi電波をキャッチし、自分達の行動が”地下鉄テロ”と判断され、株価が暴落していくのをチェックする。

・32分前
カモネッティは、ガーバーと犯人とが関係しているのではないかと彼を追求し、合意の上で自宅の家宅捜査をする。

同じ頃、犯人の元MTA職員レイモスは、ガーバーが管理職だったことに疑問を持ち、 ライダーがネット上の情報で彼の収賄疑惑を知ってしまう。

ライダーはガーバーにその話を振り、乗客の一人ジョージ(アレックス・カルズスキー)に銃を突きつけ、ワイロを受け取ったかを追求する。

答えを強要されたガーバーは、人質の命が奪われるのを阻止するためにその事実を認め、2人の娘の学費にしたことを告白する。

・残り23分
ライダーはガーバーの勇気を称え、街のために働いた自分達が報われないことに怒りをぶちまける。

その直後、ガーバーは妻テレサ(アーンジャニュー・エリス)から、家宅捜査が入ったとの連絡を受ける。

ガーバーの気持ちを察したカモネッティは、彼に謝罪した上で、ライダーに弱みを見せないよう忠告する。

・残り21分
現金は、準備銀行から厳重な警備の中、現場に運ばれる。

命拾いしたジョージは、事件前に、ガールフレンドとビデオチャットをしていたのだが、犯人がパソコンを床に叩き付けていた。

しかし、車内の映像はガールフレンドのパソコンに届き、ジョージはテレビ局に連絡するよう彼女に指示する。

市長は運行管理センターに到着し、殺到するマスコミに、テロや破壊工作などはないと伝える。

・残り17分
ジョージのパソコンからの、車内映像がテレビで放映され、元運転士で、薬物使用で事故を起こし、乗客を死なせたレイモスの姿をガーヴバーらが確認する。

・残り11分
ライダーは、到着した市長に乗客の身代わりになるよう提案するが、カモネッティの挑発に乗るなと言う助言で市長はそれを断る。

激怒したライダーは、即刻、現金を届けるよう興奮し、ガーバーがそれをなだめる。

レイモスの詳しい身元が判明し、服役した彼が獄中に練った計画だと判断したカモネッティは、その周辺を調べさせる。

・残り8分
その頃、現金1000万ドルはオートバイに先導され、ノンストップで現場に急行し、輸送のパトカーは通行車と衝突しながらも先を急ぐ。

カモネッティは、ガーバーにレイモスの話を持ち出して、ライダーを牽制するよう指示する。

話に乗ってきたライダーは、かつてアイスランドで豪遊した時の話を始める。

しかし、現金輸送パトカーが、再びトラックと衝突し大破してしまう。

バイクでの輸送が始まるが、残り数十秒で、ガーバーは問題発生をライダーに伝える。

市長の側近の指示で、ガーバーは、カウントダウンを始めたライダーに、現金が到着したと知らせる。

興奮したライダーは子供に銃を向けるが、乗客の中の元空挺部隊員ウォレス(ベンガ・アキナベ)が、それを制止しようとして射殺されてしまう。

既にぺラム123は、警官や狙撃手によって包囲されていたが、待機命令が出ていた狙撃手が、ネズミに足を噛まれた反動で引き金を引き、レイモスを射殺してしまう。

ライダーはガーバーに怒りをぶつけながらも、金の値上がりを確認してほくそ笑む。

強行突入も検討する公安警察だったが、カモネッティはガーバーを信じて、現状のまま彼をライダーと交渉させる。

ライダーは、ガーバーに現金を届けるように指示を与え、彼はそれを了解する。

ガーバーは妻テレサに電話してそれを伝え、彼女は夫の身を案じながら、帰宅時にはミルクを買って帰るようにと頼む。

拳銃の扱い方を教えられたガーバーは、現金のバッグにそれを隠して車両に向かおうとする。

金の価格が上昇していることを知った市長は、ライダーのアイスランドに旅をするという会話から、どんな人間がそんな豪遊が出来るかを調べさせる。

その結果、ライダーが市長に恨みを持つ、投資会社社長デニス・フォードだということが確認され、彼の目的が身代金など比較にならないほどの大金だということがわかる。

トロッコで現金を運んだガーバーが車両に到着し、路線全ての信号を青にするようライダーは司令室に伝える。

ライダーは、ガーバーに車両を運転させて全速で走らせ、コニーアイランドに向かう。

一旦車両を止めたライダーは、無人運転をセッティングし、ガーバーを連れて車両を降りる。

MTA側は、走り出した車両内に、まだ犯人とライダーがいるものと思い込んでいた。

ガーバーは、現金のバッグの拳銃を奪い、ライダーらの隙を見て逃亡する。

その間、無人運転の車両は暴走を続け、乗客らはパニックになるが、コニーアイランドに向かう途中の駅の赤信号で停車する。

犯人達が車両にいないことを知ったカモネッティは、一時停車したのが旧ルーズベルト駅だと気づく。

カモネッティは、旧駅の地上の”ウォルドルフ=アストリア”周辺を包囲することを命じ、その場に急行する。

旧駅非常口からホテルに入り、ライダーはバシュキンとイムリと別れる。

地上に出たガーバーは、ライダーがタクシーに乗り込むのを目撃し、車を奪い追跡する。

バシュキンとイムリは、彼らに気づいた警察にホテルの外で包囲され射殺される。

その頃ライダーは、取り分の200万ドル分を投資し、3億ドル以上の利益を得たことを確認する。

ガーバーは、カモネッティに、マンハッタン橋に向かっていることを伝える。

渋滞に巻き込まれ車を降りたガーバーは、ライダーを追跡し、歩行者用歩道を歩く彼を見つける。

ガーバーはライダーに拳銃を向けるが、警察官も近づき、ライダーは、ガーバーに自分を撃つよう迫る。

ライダーは10秒の猶予をガーバーに与えるが、拳銃を抜こうとしたため銃撃される。

ライダーは、ガーバーに”とんでもないヒーローだ”と言い残し息を引き取る。

市長は、人質を救出したガーバーに感謝し、贈収賄の嫌疑について彼を擁護することを約束する。

ガーバーは、市長が車で送るという申し出を断り、地下鉄で自宅に向かう。

そしてガーバーは、妻テレサとの約束通り、ミルクを買って帰宅する。


解説 評価 感想 ■

1973年に発表されたモートン・フリードグッド(ジョン・ゴーディ)の同名小説”The Taking of Pelham OneTwo Three”の映画化。

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク地下鉄6/ペラム123”が、犯人バーナード・ライダーらに乗っ取られる。
MTA(州都市交通局)の運行管理者ウォルター・ガーバーは、ライダーから市に対する身代金1000万ドルの要求を伝えられ、その後も交渉役として指名される。
現金受け渡し時刻は刻々と迫り、NY市警の人質交渉対策課のカモネッティの指揮下で、交渉は続くが、ライダーは容赦なく人質を殺す。
やがて、ライダーが、市長に恨みを持つ投資家で、彼の目的が身代金を遥かに上回る大金だとわかる。
そして、ガーバーは、現金の受け渡し役を命ぜられ、捨て身の覚悟でライダーを追い詰めるのだが・・・。
__________

二大スター、デンゼル・ワシントンジョン・トラボルタ共演、加えて監督がトニー・スコットという超スーパーユニットが話題となり、往年の傑作サスペンス映画「サブウェイ・パニック」(1974)のリメイクということで大いに期待したものの、北米興行収入は約6500万ドルに留まり、全世界では約1億5000万ドルを稼ぎ出すが、やや期待外れな結果に終わった作品。

とにかく、旧作を無視できない者にとっては物足りなさが残る作品でもある。

ちなみに、トラボルタのギャラだけで2000万ドル。

しかし、旧作の出来の良さと比較せず、本作だけを観ると、かなり楽しめる作品かもしれない。

一言で言うと、旧作と比較をするのは邪道ということに尽きる作品で、別物として考えた方が良い。
旧作とは大筋は同じだが、ドラマの雰囲気や終盤の展開もかなり違う。

旧作では、ニューヨークの地下鉄を日本人の団体が視察し、バカにされるシーンがあるが、時代は変わり本作では、主人公のMTA(NY州都市交通局)局員が、日本の車両会社からワイロを渡されたというエピソードもある。

ルイス・ガスマンが、旧作で同じ役を演じたマーチン・バルサムの物腰に似ていて、鼻の絆創膏は、旧作でのキーポイントとなる”クシャミ”をする犯人(M・バルサム)への、オマージュではなかろうかと思わせるところなどが興味深い。

旧作ではガーバーは公安局警部補で、それを演ずるウォルター・マッソーをはじめとする、作品全体を通した、抜群のユーモアセンスと緊迫感と迫力、そして圧巻のラストなど、最高のエンターテインメントとして高い評価を得た作品だ。

邦題にするには難しい原題で、1974年当時は、パニック映画の全盛期であり、それが邦題に入れられた。
本作も、当初の予告編では同じ邦題を使っていたのだが・・・

”ペラム123(ニューヨーク地下鉄6)の乗っ取り”という、そのものずばりのタイトルなのだが、アメリカ映画にはよくあることで、日本人泣かせでもある。

運行管理者として、スーパーマンのような活躍を見せるのかと思いきや、ワイロの嫌疑をかけられていたり、いつもの頼もしさよりも、意外な弱さなども見せる、平民としての人間味も感じさせるデンゼル・ワシントンは、ウォルター・マッソーの好演が光った旧作を見ずに挑んだだということが、なるほどなと感じる役柄でもあった。

対するジョン・トラボルタは、ウォール街の元エリートが、ここまで極悪に非情になれるかというほどの、迫力ある熱演を見せてくれる。

型にはまった事件解決方法が失敗に終わるNY市警ジョン・タートゥーロ、犯人の一人で射殺されてしまうルイス・ガスマン、市長のジェームズ・ガンドルフィーニMTA局員マイケル・リスポリラモン・ロドリゲス、子供を救うために犠牲になるベンガ・アキナベ、主人公の妻アーンジャニュー・エリス、ビデオチャットで車両内の様子をウェブ上に流すアレックス・カルズスキー、犯人ヴィクター・ゴイチャイとロバート・ヴァタイなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター