バグダッドの盗賊 The Thief of Bagdad (1940) 4.04/5 (27)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

宰相の陰謀で王位を奪われたバグダッドの王と泥棒の少年が体験する冒険を描く、製作、監督アレクサンダー・コルダ、監督マイケル・パウエルルドウィッヒ・ベルガーティム・フェーラン、主演コンラート・ファイトサブージューン・デュプレスジョン・ジャスティン他共演の、ファンタジー・アドベンチャーの名作。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■

監督
マイケル・パウエル

ルドウィッヒ・ベルガー
ティム・フェーラン
アレクサンダー・コルダ(クレジットなし)
ゾルタン・コルダ(クレジットなし)
ウィリアム・キャメロン・メンジース(クレジットなし)
製作:アレクサンダー・コルダ

脚本
ラヨス・ビロ

マイルズ・メイルソン
撮影:ジョルジュ・ペリナール
編集:チャールズ・クライトン
美術・装置:ヴィンセント・コルダ
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ジャファー:コンラート・ファイト

アブー:サブー
王女:ジューン・デュプレス
アーマド:ジョン・ジャスティン
ジン:レックス・イングラム
バスラの君主(スルタン):マイルズ・メイルソン
王:モートン・セルトン
ハリマ:メアリーモリス

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1940年製作 106分
公開
イギリス:1940年12月25日
北米:1940年12月5日
日本:1951年12月22日


アカデミー賞 ■

第13回アカデミー賞
・受賞
撮影(カラー)・美術(カラー)・特殊効果賞
・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

バグダッドの王ジャファー(コンラート・ファイト)は、バスラの王女(ジューン・デュプレス)が眠りから覚めないことと、盲目の男が見つかったことを側近のハリマ(メアリーモリス)から知らされる。

ある町で、忠実な犬と共に物乞いをしていた盲目の男(ジョン・ジャスティン)は、ハリマにより宮殿に連れて行かれる。

占い師から盲目の男だけが王女を眠りから解き放つと言われたジャファーは、半信半疑だった。

ハリマに目の治療を勧められるものの、それによる雑念の害を指摘するアーマドは、失った愛を探し求めると言って、旅を続ける理由を話し始める。

その昔、絶大な権力を持つ王の中の王がいた。

連れている犬はかつては人間の少年で、その王の友であった。
____________

王に会う前には泥棒だった少年アブー(サブー)は、”ハールーン・アッ=ラシード”の子孫であるアーマド王(ジョン・ジャスティン)に憧れる。
____________

盲目の男は自分がアーマド王だったことを話す。

365人の妻や富に埋もれながら心は不幸だったアーマドは、目的も希望もない日々を送っていた。

民とアーマドの間には、常に宰相のジャファーがいた。
____________

民を恐怖で支配することが最善の方法だと考えるジャファーは、民を幸せにすると言うアーマドに、夜中に町に向い真実を見るようにと提案する。

それを試してみたアーマドは、王の圧政についてを語る集会に混じり、少年の姿をした救世主が現れるという話に耳を傾ける。

民が王を暴君と決めつけて恨んでいることを知ったアーマドだったが、ジャファーに騙されたことに気づき投獄されてしまう。

そこに、捕えられたアブーが連れてこられ、処刑されることになる彼は泣き叫ぶ。

実はそんなことで悲しむ少年ではなかったアブーは、その場にいたアーマドに、船に乗って逃げることを伝え、盗んであった鍵を見せる。

夜明け前に牢獄を脱出した二人は、泳いで船に向かう。

民は王を憎むと言うアブーに、アーマドは自分が王だと伝える。

王は死にジャファーが即位したと言うアブーは、追っ手に気づく。

単なる泥棒の追跡にしては物々しい捜索隊を確認したアブーは、アーマドが王であることを認める。

バグダッドに戻ろうとしたアーマドだったが、アブーに危険だと言われて、とりあえずバスラに向かうことになる。

バスラに着いた二人は、アブーの得意技でパンケーキを盗み、ハチミツを試食すると言ってそれに塗って食べる。

味が今一だと言うアーマドとアブーはその場から逃げ去り、君主(スルタン)の宮殿に興味を持つ。

君主がおもちゃの収集家だと聞いたアーマドとアブーは、結婚相手以外は見てはいけないという王女が現れたため民が隠れる様子に驚く。

世紀の美女だと言われる王女に一目で心奪われたアーマドは、彼女に会いたいという気持ちが抑えきれず、アブーにこの場に残ることを伝える。

一度会えば気が済むことをアブーに伝えたアーマドは、彼の協力を得て王女に近づく。

水浴びをしようとした王女は、侍女達が池に精霊がいると言って驚くため、それを確認する。

精霊(アーマド)と話した王女は、水面に映っていた彼に触れた瞬間に見えなくなる。

男性が木の上から降りて来たために驚く王女は、精霊ではなく人間であるとアーマドに言われる。

アーマドは、王女の僕であり、会うために訪ねて来たと語りかける。

一目で恋に落ちた王女との愛を確かめ合うアーマドは、危険を承知で、翌日も会いに来ることを伝えてその場を去る。

船に戻ったアーマドは、王女に会う目的を果たしたため今夜中に出かけると言うアブーに、自分は残ると伝える。

それを聞いたアブーは不満ではあったが、王女への愛を語るアーマドに最後まで付き合うことを決める。

翌日、君主の元を訪れたジャファーは、収集家の君主から様々なおもちゃを見せられる。

それ以上の素晴らしいものがあると伝えたジャファーは、機械仕掛けの白馬を披露する。

それを動かして乗馬するよう伝えたジャファーは、君主が馬と共に空を飛ぶ姿を見守る。

君主は感激して宮殿に戻り、代わりに何でも進呈するとジャファーに伝える。

ジャファーは王女を王妃として迎えたいことを伝え、君主は馬を手に入れたいためにそれを承諾してしまう。

従いたくない王女は、サマルカンドにいる姉の所に逃げることを考え、アーマドにその件を伝えるようにと侍女に指示する。

それを知ったジャファーは、捕えられたアーマドを盲目に、アブーを犬にしてしまう。
____________

旅を続けている理由をハリマらに語ったアーマドは、王女が奴隷として売られ眠り続けていることを知り、自分を捜し求めている彼女に会う。

夢ではないことに驚く王女はアーマドに抱き寄せられるが、ジャファーは二人を引き離す。

犬のアブーは王女を守るようアーマドに指示され、彼女は盲目となったアーマドを憐れむ。

ジャファーは船に向い、王女を部屋に閉じ込めて出航し、捕えられたアブーを海に投げ捨てるよう命ずる。

現れたジャファーに驚く王女は、彼が眠りから目覚めさせたと聞き、アーマドの目を治すには自分の腕に抱かれることだと言われる。

王女はそれに従い、町にいたアーマドの視力は戻る。

その場に泳ぎ着いたアブーも人間に戻り、王女がジャファーに連れ去られたことをアーマドに知らせる。

王女がいなければ、目が見えても不幸なだけだと言って悲観するアーマドだった。

魔法で従わせるのではなく、王女に真の愛を求めたジャファーだったが、それを拒む彼女が、船に乗り追ってくるアーマドに気づく。

ジャファーは魔法で嵐を起こし、アーマドとアブーの乗った船を追い払う。

船は岸に打ち上げられ、目覚めたアブーは、姿が見えないアーマドを捜す。

奴隷のように振る舞うなと王女に命ずるジャファーだったが、彼女はそれを拒みバスラに向かうことを望む。

故郷に着いた王女が、ジャファーとの結婚を望んでいないことを知った君主は、娘を守ろうとする。

それを知ったジャファーは、新しいからくり人形を君主に見せる。

それに魅了された君主だったが、人形に刺殺されてしまう。

海岸で漂流した瓶を見つけたアブーは、その蓋を開ける。

中から、ソロモン王により2000年もの間、閉じ込められていた巨人ジン(レックス・イングラム)が現れ、アブーは踏み潰されそうになる。

巨人である自分が小さな瓶に入っていたことが信じられないと言うアブーに、ジンはそれを証明してみせる。

アブーに蓋を閉められてしまったジンは、海に投げられそうになったために許しを請う。

主人だと認めたアブーに3つの願いを叶えると約束したジンは、蓋を開けてもらう。

アブーに従うジンは、空腹だと言うアブーに焼いたソーセージを差し出す。

残り二つの願いを聞いたジンは、アーマドを捜すと言うアブーに、女神の千里眼を使うことを提案する。

それがある場所に向かうアブーは、千里眼は自分で奪うため二つ目の願いではないうことを確認し、ジンの肩に乗り空を飛んで現地に向かう。

暁の寺院に光の女神像があり、その目が千里眼だと言うジンは、その場に到着してアブーを中に入れる。

ジンに英雄になるよう言われたアブーは、女神像の頭部に向かうためクモの巣をよじ登る。

巨大なクモに襲われたアブーはそれを倒し、千里眼を奪ってジンの元に戻る。

千里眼を一心に見つめるよう言われたアブーは、アーマドが岩山で迷っていることを知る。

ジンと共にその場に向かったアブーは、アーマドと再会する。

自由が近いと言うジンは、興奮して大声で笑う。

王女に一目会いたいと言うアーマドに、アブーは千里眼を見せて、その願いを叶えさせようとする。

香りを吸えば全てを忘れるという青いバラに近づく王女を、アーマドとアブーは見守る。

王女はその香りにより全てを忘れてしまい、ジャファーはそれを確認する。

知らない方が良かったと言うアーマドは嘆き、千里眼を見せたアブーを恨みバグダッドに行きたいと願う。

行ってしまえばいいとアブーが言った瞬間、アーマドは姿を消してしまう。

アーマドをバグダッドに行かせたジンは、人間の愚かさを語りながら、3つの願いを叶える約束は果たしたと言い残し、アブーに別れを告げてその場を去る。

王女の過去がなくなったことを知ったジャファーは、彼女の愛を確かめる。

そこに現れたアーマドは護衛と戦い、自分に気づいた王女の元に向かう。

しかしアーマドは捕えられ、鎖につながれることになり、ジャファーは彼を翌日に処刑しようとする。

王女も拘束されてしまったため、自分のせいだと言うアーマドは彼女に謝罪して、一生一緒だと伝える。

アブーと喧嘩別れしたことも後悔するアーマドは、彼に別れを告げる。

その様子を千里眼で見ていたアブーは、それを投げ捨てて壊してしまう。

岩山には集落が現れ、純真な心の持ち主だけに見える国の王(モートン・セルトン)から、アブーは王子だと言われ歓迎される。

4000年もの間、岩に姿を変えていた自分達が、子供の心を持つアブーの出現を待っていたことを王は話す。

王に跡を継ぐ者だと言われたアブーは、正義のためであれば百発百中だという弓を与えられる。

アブーは、王を天国に運ぶ空飛ぶじゅうたんの存在を知る。

翌日、アーマドは処刑場に連れて行かれ、斬首刑に処せられることになる。

その頃、神に盗みは最後だと誓ったアブーは、空飛ぶじゅうたんに乗ってバグダッドに向かう。

ジャファーから処刑を見せられる王女だったが、そこにアブーが現れたために驚く。

アブーは処刑を阻止してアーマドを救い、彼をじゅうたんに乗せて宮殿に向かう。

ジャファーは空飛ぶ馬で逃亡するが、アブーが彼を矢で仕留める。

その後、王に戻ったアマードは、王妃と共に民に称えられる。

恩人のアブーを未来の宰相にすることを誓ったアーマドだったが、彼が姿を消したことに気づく。

役目は終わったと言うアブーは、夢を叶えるために空飛ぶじゅうたんで冒険の旅に向かう。

アブーは、それを見守るアーマドと王妃、そして民達に別れを告げる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

バグダッドの王アーマドは、宰相ジャファーの陰謀により、魔力で盲目に、友人だった泥棒の少年アブーは犬にされてしまう。
バスラの王女と恋に落ちていたアーマドは、彼女を捜す旅に出ていたのだが、王となっていたジャファーに見つかってしまう。
アーマド似合えない失意から眠り続ける王女を目覚めさせられるのは、盲目の男しかいないと占い師に言われていたジャファーは、彼を王女に会せて目覚めさせる。
しかし、二人は引き離されてしまい、アーマドの視力を戻すために、王女はジャファーの胸に抱かれる。
視力は戻るものの、王女がジャファーに連れ去られたことを知ったアーマドは、人間に戻ったアブーと共に彼女を捜すのだが・・・。
__________

個性豊かなキャラクター、奇想天外な展開など、マイケル・パウエルをはじめとするイギリス映画界の英知を結集した見事な作品に仕上がっている。

イギリスの才能とアメリカ資本の融合によるスケール感のあるドラマは、映画史に残るファンタジー・アドベンチャーと言っても過言ではない一級の娯楽作として、どなたでも楽しめる作品。

ミクロス・ローザのダイナミックな音楽、総天然色カラーによる美しい映像、グラスペイントを利用した素晴らしい出来栄えのセット、そして圧巻の特殊効果など、製作当時を考えると画期的な作品と言える。

第13回アカデミー賞では、撮影(カラー)、美術(カラー)、特殊効果賞を受賞した。
・ノミネート
作曲賞

バグダッドの王位とバスラの王女を奪おうとする悪役を演ずる、コンラート・ファイトの雰囲気のある演技は見ものだ。

キャリア十分の彼が主演なのだが、愛すべきキャラクターである、タイトルの泥棒の少年を演ずるサブーは、主人公と言える大活躍を見せる。

バスラの王女を演ずるジューン・デュプレスは、ドラマ内のセリフではないが、人間を超越しているようなその美しさは際立つ。
アレクサンダー・コルダは、この役をヴィヴィアン・リーにすることを考えていたのだが、彼女が愛人ローレンス・オリヴィエを追ってハリウッドに向かったため、ジューン・デュプレスが配役された。

バグダッドの王位を追われ盲目となり波乱の人生を送るジョン・ジャスティン、2000年振りに外界に出た巨人レックス・イングラムバスラの君主(スルタンマイルズ・メイルソン、救世主を待っていた王モートン・セルトン、ジャファー(コンラート・ファイト)の側近メアリーモリスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター