ザ・タウン The Town (2010) 4/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

チャック・ホーガンの著書”Prince of Thieves”を、監督、主演を兼ねるベン・アフレックが脚色し製作され}た作品。
ボストン市内の犯罪の街”チャールズタウン”で、完全犯罪を繰り返す青年が、ある女性との出会いで人生を変えようと苦悩する姿を描く、監督、脚本、主演ベン・アフレックレベッカ・ホールジェレミー・レナーブレイク・ライヴリーピート・ポスルスウェイトクリス・クーパー他共演のドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ベン・アフレック
製作総指揮
デヴィッド・クロケット

ジョン・ジャッシニ
製作
グレアム・キング

ベイジル・イヴァニク
原作:チャック・ホーガン”Prince of Thieves”
脚本
ベン・アフレック

ピーター・クレイグ
アーロン・ストッカード
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:ディラン・ティチェナー
音楽
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

デヴィッド・バックリー

出演
ダグ・マクレイ:ベン・アフレック

クレア・キーシイ:レベッカ・ホール
アダム・フローリー:ジョン・ハム
ジェームズ“ジェム”コグリン:ジェレミー・レナー
クリスタ・コグリン:ブレイク・ライヴリー
アルバート“グロンジー”マグローン:スレイン
デズモンド“デズ”エルデン:オーウェン・バーク
ディノ・シャンパ :ティタス・ウェリヴァー
ファーガス“ファーギー”コルム:ピート・ポスルスウェイト
スティーヴン・マクレイ:クリス・クーパー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2010年製作 125分
公開
北米:2010年9月17日
日本:2011年2月5日
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $92,173,235
世界 $154,026,136


アカデミー賞 ■

第83回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ジェレミー・レナー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ボストンチャールズタウン
家業のように強盗を受け継ぐ、犯罪多発地帯”タウン”と呼ばれるこの地から、逃れようという思いのあるダグ・マクレイ(ベン・アフレック)だったが、彼は、強盗団のリーダーとして完全犯罪に挑む日々を送っていた。

その日も、ジェームズ“ジェム”コグリン(ジェレミー・レナー)、アルバート“グロンジー”マグローン(スレイン)、デズモンド“デズ”エルデン(オーウェン・バーク)らと共に銀行を襲ったダグは、支店長クレア・キーシイ(レベッカ・ホール)を人質に取り逃走する。

その後クレアは解放され、彼女は、FBI捜査官アダム・フローリー(ジョン・ハム)に、犯人から脅されたことを伝え、捜査が開始される。

クレアがタウンの住人だと知ったダグは、彼女の様子を探るために尾行する。

コインランドリーで、クレアに小銭の両替を頼まれたダグは、彼女が、事件の後遺症で苦しんでいることを知り気遣ってしまう。

その後、クレアと会うようになったダグは、FBIが動き出していることや、彼女が犯人(ジェム)のタトゥーを見たことなどを知る。

ダグは、クレアが愛車を壊されたことを知り、ジェムと共にその犯人を痛めつける。

その頃、FBIのディノ・シャンパ捜査官(ティタス・ウェリヴァー)は、ダグを首謀者とする強盗一味に目を付ける。

フローリーは、街の生花店主ファーガス“ファーギー”コルム(ピート・ポスルスウェイト)が絡む一味の行動や、 ダグが強盗である、終身犯の父親スティーヴン(クリス・クーパー)の後を継いでいることなども調べ上げる。

ある日、ダグとクレアが会っている場に、ジェムが現れて話に加わる。

ダグは、ジェムの首筋のタトゥーが、クレアに気づかれないかと気を揉み、危ない橋を渡ることに疲れた彼は、次の仕事で足を洗おうとする。

刑務所のスティーヴンに面会に行ったダグは、二度と会えないかもしれないということを伝え、家を出た母親を、なぜ捜さなかったかを父親に尋ねるが、その返事は満足できるものでなかった。

その後、クレアはダグに惹かれ、二人は自然に愛し合うようになる。

そして、現金輸送車を襲ったダグらは、警察に追い詰められながら、車を換えて逃走する。

フローリーの執念の捜査で、ダグら4人は逮捕されるものの、証拠不十分で釈放される。

クレアと連絡を取ろうとしたフローリーは、彼女が銀行を辞めたことを知る。

ダグは、クレアに旅に出ることを提案し、彼女はそれを承諾する。

同じ頃、フローリーとシャンパはクレアの電話を傍受し、会話の相手がダグだと気づく。

クレアに会ったフローリーは、容疑者の写真を見せて、彼女はダグらを知りながら、FBIに偽証したことを疑われてしまう。

ダグは、父親が逮捕されて以来、一緒に生活して兄弟のように育ったジェムと、街を出て行くことで口論になるが、考えは変わらなかった。

依頼された仕事を、ファーギーに断りに行ったダグだったが、彼はそれを承知せず、クレアの名前を出して脅しをかける。

クレアの元に向かったダグは、全てを知った彼女から拒絶されて追い払われてしまい、仕方なくファーギーの仕事を受けることにする。

再びクレアに会ったダグは、傷つける気はなかったことと、自分を待つよう伝えファーギーの元に向う。

試合のある”フェンウェイ・パーク”の売上金、約350万ドルを奪う計画を、ファーギーから告げられたダグらは現場の下見に向う。

同じ頃フローリーは、ダグと付き合い、彼らの強盗に絡んでいたたジェムの妹クリスタ(ブレイク・ライヴリー)に近づき、全てを知っていることを伝えて探りを入れる。

ダグは、会いに来たクリスタが、何かを吐いたことを察し彼女を追い返す。

警官に扮したダグとジェムは、”フェンウェイ・パーク”に向かい内通者の手引きで内部に侵入する。

ダグが、他の女と街を出ることを知ったクリスタは、フローリーを呼び出し、強盗計画のことを話してしまう。

現金を奪ったダグらは、逃亡の準備を始めるのだが、様子のおかしいことに気づいた彼は、既にフローリーら警官隊が包囲していることを知る。

その後、銃撃戦となりデズは射殺され、グロンジーが正面突破する隙に、市警の警官に紛れダグとジャムは逃亡する。

グロンジーは殺され、球場の警備員の話で、警官に襲われたと聞いたフローリーは、不審な警官を追いジェムを追い詰め、包囲された彼は応戦するが射殺される。

それを見ていたダグは、パトカーを奪いその場を逃れ、花屋に向かいファーギーを殺す。

クレアに電話をしたダグは、彼女の部屋に警官がいることを確認しながら家に向うことを告げる。

フローリーはクレアの家に張り込むが、ダグは現れず引き上げる。

ダグは、列車で、生まれて初めて街を出てフロリダに向かう。

数日後、クレアは裏庭で、ダグが埋めてあった現金と手紙を見つける。

クレアは、その現金を使い、ダグの母親の名前で、閉鎖されていた子供達のスケートリンクを再開する。

そしてダグは、いつか必ずクレアに会えると願いながら、彼女を想う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ボストン
強盗犯罪多発地帯”タウン”(チャールズタウン)で、家業のように、強盗を父親から受け継いだダグ・マクレイは、仲間のジェム、グロンジー、デズらと共に銀行強盗を成功させる。
支店長クレアを人質に逃走したダグらは、その後、彼女を解放するものの、タウンの住人だと知り探りを入れることにする。
クレアを尾行したダグは、彼女が事件の後遺症で悩むことを知り、気遣ってしまう。
やがて二人は、親交を深めて愛し合うようになってしまい、ダグは、それをきっかけに強盗稼業から足を洗い、クレアを伴い、一度も出たことのない街から離れることを考え始める。
同じ頃、FBI捜査官フローリーが大規模な捜査を開始し、ダグらに目を付け犯行の証拠を掴もうとする。
ダグは、強盗計画の指示を出す花屋のファーギーに、足を洗うことを告げるのだが、クレアの名前を出した彼は脅しをかけてそれを許さず、次の強盗計画を強要する・・・。
__________

監督第1作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(2007)の好評を受けたベン・アフレックの意欲作で、奥深い人物描写と、平行して進む捜査の緊迫感や市街での銃撃戦など、リアルな映像が見応えある作品。

ルックスがいいだけに、エリート役の方が似合いそうなベン・アフレックではあるが、「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)でもそうであったように、行き場のない落ちこぼれ的な役で、彼の才能が発揮されるとこころも人気の秘密だろう。

強烈なインパクトがあるというわけではないが、一点集中型の、ジェレミー・レナーの渾身の演技も光る。
その彼は、第83回アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされた。

事件の後遺症と、犯人との恋愛の狭間で苦悩する女性を、レベッカ・ホールも好演している。

また、遺作ではないが、本作公開4ヵ月後に他界するピート・ポスルスウェイトの、花をいじりながら凄みを見せる犯罪の黒幕役や、短い出演でも印象に残る、主人公の父親役クリス・クーパーの演技も見逃せない。

犯人グループを追う、FBI捜査官役ジョン・ハム、同じくティタス・ウェリヴァー、ジェム(J・レナー)の妹ブレイク・ライヴリー、強盗グループのスレインオーウェン・バークなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター