秘密調査員 The Undercover Man (1949) 3.11/5 (28)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1947年、アメリカの週刊誌”Collier’s Weekly ”に掲載された、1931年にアル・カポネを起訴に追い込んだ財務省の捜査官フランク・J・ウィルソンの自伝を基に映画化されたフィルム・ノワールの代表作品。
暗黒街の大物を脱税で起訴しようとする捜査官達の闘いを描く、製作ロバート・ロッセン、監督ジョゼフ・H・ルイス、主演グレン・フォードニナ・フォックジェームズ・ホイットモア他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョゼフ・H・ルイス
製作:ロバート・ロッセン
原作:フランク・J・ウィルソン
脚本
ジャック・ルービン
シドニー・ベーム

撮影:バーネット・ガフィ
編集:アル・クラーク
音楽:ジョージ・ダニング

出演
フランク・ウォーレン:グレン・フォード

ジュディス・ウォーレン:ニナ・フォック
ジョージ・パパス:ジェームズ・ホイットモア
エドワード・J・オローク:バリー・ケリー
スタンリー・ワインバーグ:デヴィッド・ウルフ
“ビッグ・フェロー”:ケン・ハーヴェイ
サルヴァトーレ・ロッコ:アンソニー・カルーソ

ローザ・ロッコ:ジョーン・レイザー
マリア・ロッコ:エスター・ミンチオッティ

シドニー・ゴードン:レオ・ペン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1949年製作 84分
公開
北米:1949年3月21日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

財務省の特別捜査官フランク・ウォーレン(グレン・フォード)は、実家に向かう妻ジュディス(ニナ・フォック)を連れ立って、新たな仕事のために、調査員ジョージ・パパス(ジェームズ・ホイットモアとスタンリー・ワインバーグ(デヴィッド・ウルフ)に合流する。

映画館で情報源と接触したウォーレンだったが、その男は彼と別れた後に殺されてしまう。

財務省は、ギャングの大物である”ビッグ・フェロー”(ケン・ハーヴェイ)を有罪にするための調査をウォーレンらに命じ、彼らは、殺された男から情報を受け取る予定だった。

街を牛耳るビッグ・フェローは、自分に不利になることには全て圧力をかけてきていた。

人々は報復を恐れてウォーレンに情報を流さず、警察も非協力的で調査は難航する。

ウォーレンらは令状を取り、ビッグ・フェローが関係する場所の帳簿を押収し、数字との格闘を始める。

伝票のサインをした者を突き止めようとしたウォーレンだったが、それまでも度々圧力をかけてくるビッグ・フェローの顧問弁護士エドワード・J・オローク(バリー・ケリー)が再び現れる。

1年前の手入れで警察に逮捕された、ビッグ・フェローの帳簿係サルヴァトーレ・ロッコ(アンソニー・カルーソ)の情報を掴んだウォーレンは、彼の筆跡が伝票のサインと一致することを突き止める。

ロッコの愛人に接触したウォーレンは、組織を潰す鍵を握る情報を手に入れられることになる。

娘ローザ(ジョーン・レイザー)に、手帳を家から持ち出すよう指示したロッコだったが、組織の殺し屋にローザの目の前で射殺されてしまう。

ウォーレンはオロークの部下に痛めつけられ、妻ジュディスにも危険が迫っていることを察する。

ジュディスの元に向かったウォーレンは、辞職を考えていることを彼女に告げる。

同僚のパパスやワインバーグからも理解を得たウォーレンだったが、ローザが祖母マリア(エスター・ミンチオッティ)と現れ、悪と闘うことの尊さを教えられて励まされ、ロッコが隠していた手帳を受け取り考えを変える。

そして、会計士シドニー・ゴードン(レオ・ペン)を逮捕し、彼を裁判の証言台に立たせる。

ビッグ・フェローと幹部7人は脱税容疑で起訴され、堰を切ったように関係者が口を開き、組織の陰謀は暴かれていく。

オロークは裁判の陪審員を買収しようとするが、ウォーレンが彼に召喚状を渡す。

ウォーレンに組織の内部情報を流して取引したオロークは、起訴を免れる。

しかし、組織はオロークを抹殺し、逃げ延びたウォーレンは判事に陪審員が買収されていることを知らせる。

ウォーレンの連絡で裁判は延期され、再開後に陪審員は、他の裁判と入れ替えられる。

そして、ビッグ・フェローに20年の刑が言い渡される。

新聞の一面記事には登場しない、ウォーレン達のような人物の地道な努力と勇気で、このような事件は解決されるのだった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

財務省の特別捜査官フランク・ウォーレンは、妻ジュディスを連れ、新たな仕事のため調査員パパスとワインバーグに合流する。
ギャングの大物”ビッグ・フェロー”を有罪にするための調査を命ぜられたウォーレンらだったが、情報を提供するはずの男が殺されてしまう。
さらにビッグ・フェローは、各方面に圧力をかけ、報復を恐れた人々は、ウォーレンに情報を流さなかった。
それでも、ウォーレンは手を緩めなかったが、妻ジュディスにまで危険が及ぶ。
やがて、組織の帳簿係であるロッコが隠していた手帳を手に入れたウォーレンは、ビッグ・フェローと組織を壊滅させるための証拠を掴む・・・。
__________

事実に基づいたストーリーのため、主人公や組織の幹部などの配役名が、実在の人物に似せているところなどが興味深い。

また、「アンタッチャブル」(1987)はリメイクではないが、同じ題材を扱った作品で、当然ではあるが共通点が多くあり、見比べると非常に面白い。

原題の通り、表舞台に出ない”秘密調査”を進める捜査官の物語だけに、サスペンスの醍醐味に加え、日々の地味な努力や苦悩も細かく描かれ、平凡な市民に励まされながら勇気を与えられる主人公の、人間味を感じさせる人物描写など、緊迫感溢れる展開に加え、ジョゼフ・H・ルイスの演出も見応えある。

行き詰まる捜査、家族の危険など、苦難の道を歩み、弱さを見せながらも正義を信じ、ターゲットを追い詰める捜査官グレン・フォードの、繊細な演技も光る。

夫を励まし、悪に怯まない気丈な妻を演ずる若きニナ・フォック、妻帯者の苦悩を理解する同僚捜査官ジェームズ・ホイットモアデヴィッド・ウルフ、保身のため組織を裏切る弁護士バリー・ケリー、そして息子ショーン・ペンに、顔の輪郭などが良く似ている会計士役レオ・ペンの登場などは、貴重な映像として必見だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター