評決 The Verdict (1982) 4.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★★

示談金目当ての訴訟で正義感に目覚め、自らの再起をかけて、病院や法曹界の不正に立ち向かう、落ちぶれた弁護士の闘いを描く、監督シドニー・ルメット、主演ポール・ニューマンシャーロット・ランプリングジャック・ウォーデンジェームズ・メイスン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:シドニー・ルメット
製作総指揮:バート・ハリス
製作
デイヴィッド・ブラウン
リチャード・D・ザナック
原作:ブライアン・リード
脚本:デイヴィッド・マメット
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
編集:ピーター・C・フランク
音楽:ジョニー・マンデル

出演
フランク・ギャルヴィン:ポール・ニューマン
ローラ・フィッシャー:シャーロット・ランプリング
ミッキー・モリッシー:ジャック・ウォーデン
エド・コンキャノン:ジェームズ・メイスン
ホイル判事:ミロ・オーシャ
ケイトリン・コステロ/プライス:リンゼイ・クローズ
モーリン・ルーニー:ジュリー・ボヴァッソ
ブロフィー司教:エドワード・ビンズ
サリー:ロクサーン・ハート
ケヴィン:ジェームズ・ハンディ
タウラー医師:ウェズリー・アディ
トンプスン医師:ジョー・セネカ
グルーバー医師:ルイス・スタッドレン
ジョゼフ:ケント・ブロードハースト
ビリー:コリン・スティントン
ジミー:バート・ハリス
法廷傍聴人:ブルース・ウィリス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1982年製作 129分
公開
北米:1982年12月8日
日本:1983年3月19日
北米興行収入 $53,977,250


アカデミー賞 ■
第55回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ポール・ニューマン)
助演男優(ジェームズ・メイスン)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
酒に溺れ落ちぶれた弁護士フランク・ギャルヴィン(ポール・ニューマン)は、新聞の死亡欄をチェックしては葬儀にもぐり込み、遺族に名刺を渡して、どうにか仕事を見つけるような生活を送っていた。

そんなギャルヴィンは、弁護士仲間のミッキー・モリッシー(ジャック・ウォーデン)にも愛想を尽かされ、さすがに、もう一度やり直そうと考える。

ミッキーが提供してくれた案件に取り組んだギャルヴィンは、出産時の麻酔処置ミスで植物人間になってしまった女性の妹サリー(ロクサーン・ハート)と夫ケヴィン(ジェームズ・ハンディ)に、医療ミスで病院と医師を訴えれば、勝訴の見込みがあると伝え二人を励ます。

そして、依頼人の姉が入院する聖キャサリン病院は訴えられ、カソリック教会の経営でもある、病院の評判を心配するブロフィー司教(エドワード・ビンズ)は、ギャルヴィンの経歴をべ上げる。

ギャルヴィンは大学を優秀な成績で卒業し、有名な法律事務所に勤務し、その経営者令嬢と結婚した。

しかし、陪審員を買収した事件に巻き込まれて辞職し、妻とは離婚、その後、ミッキーと組むが敗訴の連続で、現在に至っていた。

ブロフィー司教は示談に応じることを決め、ギャルヴィンも同意するつもりでいた。

だが、原告側の証人で麻酔科のグルーバー医師(ルイス・スタッドレン)は、医療ミスを許すことはないと徹底的に闘うべきだとギャルヴィンに助言する。

ギャルヴィンは久しぶりに手応えを感じ、不幸な患者の現状を目の当たりにして、ブロフィー司教の提示する21万ドルの示談金を断り、事件は法廷での争いとなる。

示談金を断ったことを責めるミッキーだったが、今度ばかりはギャルヴィンの執念に負けて、手助けすることにする。

病院側は、敏腕弁護士のエド・コンキャノン(ジェームズ・メイスン)が、多数のスタッフを従えて、裁判の準備を始める。

そんな時、ギャルヴィンは馴染みのバーで、部屋を探している女性ローラ・フィッシャー(シャーロット・ランプリング)と知り合い、食事をして彼女をアパートに誘い一夜を過ごす。

その後、ホイル判事(ミロ・オーシャ)はギャルヴィンに、依頼人が手を引く策はないかを確認し、彼は断固として法廷で争う意思を判事に伝える。

そして裁判は始まり、患者の義弟ケヴィンは、病院側の示談を断ったギャルヴィンを責める。

さらに、ギャルヴィンを励まし、頼りにしていたグルーバー医師が、コンキャノンの裏工作で連絡不能になってしまう。

ギャルヴィンは、裁判の延期をホイル判事に申し出るが、示談が得策だという、自分の提案を跳ね除けられた判事はそれに応じない。

追い込まれたギャルヴィンは、他の専門医を見つけることにして、トンプスン医師(ジョー・セネカ)の協力を得ることになるのだが、コンキャノンも彼のことは調べ上げていた。

患者の担当看護士モーリン・ルーニー(ジュリー・ボヴァッソ)らの証言も得られず、裁判を前に弱音を吐き、負けを認めようとするギャルヴィンを、ローラは叱咤激励する。

しかし、ギャルヴィンは不安を抱えたまま、裁判に挑むことになる。

裁判の焦点は、患者が、麻酔マスクの中に嘔吐したことにより窒息状態に陥り、心拍停止した時間の長さが理由で、脳障害を起こしてしまったことだった。

患者が、麻酔を受ける1時間前に食事をしたのが原因で、カルテには、食事は9時間前と記されていたのだ。

ギャルヴィンは、あからさまに被告を贔屓するホイル判事に抗議するが、不利な立場は変わらなかった。

さらに、担当医師団のタウラー医師(ウェズリー・アディ)の証言で、患者が貧血症だったため、短時間の心拍停止でも脳障害は起きることを指摘される。

ギャルヴィンは、トンプスン医師の励ましにも拘らず、意気消沈してしまう。

常にギャルヴィンの先手を打つコンキャノンだったが、実はローラをスパイとして使っていた。

弁護士として再出発をするために、ローラは買収されていたのだった。

良心の呵責を感じたローラは、ギャルヴィンにそれを打ち明けようとする。

しかし、ギャルヴィンとミッキーは、病院で患者を担当したの、看護師ケイトリン・コステロ(リンゼイ・クローズ)を捜すのに必死だった。

ケイトリンをかばって、口を閉ざしていた看護師モーリンの電話通話記録を盗み、ギャルヴィンは、彼女の居場所を突き止めニューヨークに向かう。

その頃、ミッキーは、ローラがコンキャノンのスパイだということに気づく。

ニューヨークから帰ったギャルヴィンは、それを知り愕然として、ローラの元に向かい彼女を殴り倒してしまう。

そしてギャルヴィンは、ケイトリンを法廷の証言台に立たせ、彼女はタウラー医師に、カルテの食事時間の数字を書き換えるよう強要されたものの、証拠のコピーがあると証言する。

しかし、コンキャノンはコピーの存在と、証人の証言もなかったものにする意義申し立てをして、ホイル判事はそれを支持する。

ギャルヴィンは、陪審員の正義を信じて判決を待ち、見事に勝訴して、自分自身の人生を取り戻すことにもなる。

法廷の外にいたローラを、ギャルヴィンは無視して無言で立ち去る。

ローラは打ちひしがれ、その後もギャルヴィンは、彼女からの電話を取ろうとしなかった。

 


解説 評価 感想 ■
ブライアン・リードの原作を基に製作された作品で、1946年の同名映画のリメイクではない。

*(簡略ストー リー)
落ちぶれた弁護士フランク・ギャルヴィンは、惨めな生活を送り、友人で弁護士仲間のミッキーにも愛想を尽かされてしまい、さすがにもう一度やり直そうと考える。
ギャルヴィンは、ミッキーが提供してくれた案件に取り組み、出産時の麻酔処置ミスで、植物人間になってしまった女性の妹夫妻に、医療ミスで病院と医師を訴えれば勝訴の見込みがあることを伝える。
そして、カソリック教会の経営でもある、病院の評判を心配するブロフィー司教は、示談に応じることを決め、ギャルヴィンもそれに同意するつもりでいた。
しかしギャルヴィンは、原告側の証人の麻酔科
の医師から、医療ミスと徹底的に闘うべきだと助言される。
ギャルヴィンは、久しぶりに手応えを感じ、不幸な患者の現状を目の当たりにして、21万ドルの示談金を断り、事件は法廷での争いとなる。
それを聞いたミッキーは、ギャルヴィンを非難するが、彼の熱意に負けて協力を約束する。
病院側が、敏腕弁護士コンキャノンに裁判の準備を始めさせる中、ギャルヴィンの前に、ローラという女性が現れる・・・。
__________

窮地に陥りながらも、正義を貫き弱者を助けようとする弁護士の闘いを通し、権力への批判を描いた、いかにも社会派のシドニー・ルメットらしい、重厚で力強さを感じる演出が光る。

第55回アカデミー賞では、作品、監督、主演男優(ポール・ニューマン)、助演男優(ジェームズ・メイスン)、脚色賞にノミネートされた。

主演のポール・ニューマンが、同賞での6度目のノミネートで、ついに受賞するかが話題になったが、またしても受賞を逃す結果となってしまった。

酒に溺れる捨て身の弁護士を熱演したポール・ニューマンは、4年後の「ハスラー2」(1986)で、オスカーを受賞することになるが、個人的な意見としては、その功労賞的な受賞よりも、本作での受賞が相応しかったと思う。

スパイだと分かるショックもさることながら、”静かな”演技と質素な美しさのシャーロット・ランプリングの存在は印象的だ。

堕落したパートナーを見捨てられない弁護士仲間ジャック・ウォーデンも、彼らしいいい味を出している。
また、当時既に70歳を過ぎていた
ジェームズ・メイスンも、抜け目のない策略家側弁護士を見事に演じている。

主人公が、自分の意見を聞き入れないため、被告側有利に裁判を進める判事ミロ・オーシャ、取り消されるものの彼女の証言が陪審員の心を動かす、出番は少ないが看護師を好演するリンゼイ・クローズと、元同僚の看護士ジュリー・ボヴァッソ、病院の経営者の司教エドワード・ビンズ、患者の担当医師ウェズリー・アディ、主人公に協力する開業医ジョー・セネカ、患者の妹夫婦のロクサーン・ハートジェームズ・ハンディなどが共演している。
また、
ブルース・ウィリスが法廷傍聴人で端役出演している。

 


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター