ローズ家の戦争 The War of the Roses (1989) 3.8/5 (5)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1981年に発表された、ウォーレン・アドラー同名小説の映画化で、”薔薇戦争”にもかけている。
偶然出会いたちまち恋に落ちて結婚した男女が、妻の自立を機に夫婦間に溝ができ他末の、とてつもない争いを描く、製作ジェームズ・L・ブルックス、監督、出演ダニー・デヴィート、主演マイケル・ダグラスキャスリーン・ターナー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ダニー・デヴィート
製作
ジェームズ・L・ブルックス

アーノン・ミルチャン
原作:ウォーレン・アドラー
脚本:マイケル・リーソン
撮影:スティーヴン・H・ブラム
編集:リンジー・クリングマン
音楽:デヴィッド・ニューマン

出演
オリヴァー・ローズ:マイケル・ダグラス
バーバラ・ローズ:キャスリーン・ターナー
ギャビン・ダマート:ダニー・デヴィート
スーザン:マリアンネ・ゼーゲブレヒト
ジョシュ:ショーン・アスティン
キャロリン:ヘザー・フェアフィールド
ハリー・サーモント:G・D・スプラドリン
椅子に座っている依頼人:ダン・カステラネタ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1989年製作 116分
公開
北米:1989年12月8日
日本:1990年5月
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $86,888,546
世界 $160,188,546


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

弁護士ギャビン・ダマート(ダニー・デヴィート)は、オフィスを訪れた依頼人(ダン・カステラネタ)に、ある夫婦のことを話し始める。
__________

17年前。
ナンタケットのオークション会場で知り合った2人オリヴァー・ローズ(マイケル・ダグラス)とバーバラ(キャスリーン・ターナー)は、たちまち恋に落ちて結婚する。

オリヴァーとバーバラには、2人の子供も生まれ、忙しい毎日を送っていた。

やがてオリヴァーは法律家として頭角を現し、わずか6年で法律事務所の重役となり、そこでダマートと知り合う。

ローズ家は、バーバラの希望である屋敷を手に入れることになり、彼女は家の装飾に凝りに凝った。

家のことがひと段落着いたバーバラは、その空虚さから車を替えて、自分でケータリング・ビジネスを始めようとする。

オリヴァーは、家事が疎かになったバーバラのために、家政婦スーザン(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)を雇う。

その頃から、夫婦の間には溝が入り始め、やがて、ある事件が起きる。

商談中に倒れたオリヴァーは病院に運ばれるが、そこに待ち焦がれるバーバラが現れない。

診断の結果、幸い症状の軽かったオリヴァーは、様子を見に来たダマートと共に病院を出る。

帰宅したオリヴァーは、バーバラに病院に来なかった理由を尋ねるが、彼女はまともな答えを返さない。

夜中にオリヴァーを起こしたバーバラは、病院で彼が死んだと思い、幸せを感じてしまったことを告白する。

ショックを受けたオリヴァーに対し、さらにバーバラは離婚を切り出してしまう。

離婚争議を始めた2人だったが、オリヴァーが病院で書いた、バーバラへの遺書を彼女が持ち出す。

バーバラは屋敷を手に入れようとするが、オリヴァーはそれを拒否する。

弁護士のハリー・サーモント(G・D・スプラドリン)を雇ったバーバラに、オリヴァーは家から追い出され、彼は離婚弁護士のダマートの協力で対抗する。

離婚しても同じ屋敷内に住む権利はあるという、法律の事例を見つけたオリヴァーは家に戻る。

オリヴァーは、屋敷内を自分とバーバラ、そして中立地帯に分類し、いよいよ”ローズ家の戦争”が始まる。

猫をオリヴァーに轢き殺されたバーバラは、彼をサウナに閉じ込める。

オリヴァーは、バーバラのハイヒールのかかとを全て切り取ってしまう。

さらにバーバラは、色仕掛けでダマートを誘惑しようとする。

オリヴァーは、大学に入る息子ジョシュ(ショーン・アスティン)に女の選び方を誤らないよう忠告し、娘キャロリン(ヘザー・フェアフィールド)も巣立ち、家政婦スーザンもローズ家から去ることになる。

屋敷を売って、財産を二等分しろというダマートの意見に反発するオリヴァーは、ダマートをクビにする。

徹底交戦を決めたオリヴァーは、バーバラが料理評論家を招いたディナー・パーティーをぶち壊しにする。

バーバラは仕返しに、オリヴァーの愛車モーガンRVで体当たりして潰してしまう。

2人は壮絶な戦いを繰り返すが、ある夜、話し合いをすることになる。

警戒しながら同じテーブルについた2人、オリヴァーは寄りを戻すことを考えて歩み寄るが、バーバラはあくまで彼を追い出そうとする。

そして、バーバラが自分の愛犬をパテにしたことを知ったオリヴァーは激怒し、彼女に殺意を抱く。

様子を見に来たスーザンを、オリヴァーは家から追い出し、反撃に出たバーバラは、彼を殴り倒そうとする。

バーバラはバランスを崩し、そのままシャンデリアにしがみついてしまう。

オリヴァーもそれに飛び移るが、彼の頭上にそれを落とそうと企んでいたバーバラが、シャンデリアの屋根裏のボルトを緩めてあった。

そこにダマートも現れるが、シャンデリアは2人を支えきれずに落下する。

瀕死のオリバーは、バーバラを気遣かい手を差し伸べるが、彼女はそれを振り払い、そして2人は息を引き取る。
__________

ダマートは離婚を希望する依頼人に、”妻には寛大になり、離婚騒動は手早く片付け、新生活に踏み出すことだ”と語り、または、家に帰り妻への愛のかけらを探すよう忠告する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

オークション会場で知り合った2人、オリヴァー・ローズとバーバラは、恋に落ちて結婚する。
その後、2人の子供にも恵まれ、オリヴァーは法律家として頭角を現し、わずか6年で法律事務所の重役となる。
そして、ローズ家はバーバラの希望で家を購入し、彼女が内部の装飾を始める。
それが、ひと段落したバーバラは、ケータリングの商売を始め、その頃から夫婦仲が悪くなり始める。
ある日、オリヴァーが商談中に倒れて病院に運ばれるが、バーバラは、彼の死を望んでしまったことを告白する。
ショックを受けるオリヴァーに、バーバラは、追い討ちをかけるように離婚話を持ち出し、そして2人の争いは激化する・・・。
__________

ロマンシング・ストーン」(1984)で主演の2人と共演したダニー・デヴィートが、”進行役”でも出演する彼の監督作品で、ユーモアの中に怖さも感じさせる、際どい演出も冴えている。

音楽は、デヴィート作品でお馴染みのデヴィッド・ニューマンが担当している。

興行収入も健闘して、全世界トータルでは約1億6000万ドルのヒットとなった。

1980年代に入り、俳優として多くの話題作に出演し、頂点を極めようとしていたマイケル・ダグラスは、執念深くいつまでも未練を残したことが、災いを招く結果となる、優秀な弁護士を熱演する。

一方、その彼を上回る迫力で対抗する”恐妻”キャスリーン・ターナーは、フル回転でそれに受けて立つ。
残念ながら彼女は、本作後は低迷してしまうが、彼女も、1980年代を代表する女優だったことに間違いない。

主人公の同僚で離婚弁護士、依頼人に恐怖の離婚劇を話して聞かせるダニー・デヴィート、家政婦マリアンネ・ゼーゲブレヒト、息子のショーン・アスティンと娘ヘザー・フェアフィールド、バーバラ(K・ターナー)が雇う弁護士G・D・スプラドリン、ダマート(デヴィート)の”教訓”に聞き入る依頼人ダン・カステラネタなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター