ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street (2013) 4.4/5 (15)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2007年に発表された、株式ブローカーのジョーダン・ベルフォートの回顧録”The Wolf of Wall Street ”を基に製作された作品。
20代で巨万の富を得た株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの破天荒な生き様を描く、製作、監督マーティン・スコセッシ、製作、主演レオナルド・ディカプリオジョナ・ヒルマーゴット・ロビーマシュー・マコノヒーカイル・チャンドラーロブ・ライナー他共演のブラック・コメディ。


ドラマ(コメディ)

レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:マーティン・スコセッシ

製作
リザ・アジズ
ジョーイ・マクファーランド
レオナルド・ディカプリオ
マーティン・スコセッシ
エマ・ティリンジャー・コスコフ
製作総指揮
アーウィン・ウィンクラー
ジョージア・カカンデス
アレクサンドラ・ミルチャン
原作:ジョーダン・ベルフォートThe Wolf of Wall Street
脚本:テレンス・ウィンター
撮影:ロドリゴ・プリエト
編集:セルマ・スクーンメイカー
音楽:ハワード・ショア

出演
ジョーダン・ベルフォートレオナルド・ディカプリオ
ドニー・エイゾフ:ジョナ・ヒル
ナオミ・ベルフォート:マーゴット・ロビー
マーク・ハンナ:マシュー・マコノヒー
パトリック・デナム:カイル・チャンドラー
マックス・ベルフォート:ロブ・ライナー
リー・ベルフォート:クリスティン・エバーソール
ブラッド・ボブニック:ジョン・バーンサル
シャンタール・ボドニック:カタリーナ・キャス
マニー・リスキン:ジョン・ファヴロー
ジャン=ジャック・ソーレル:ジャン・デュジャルダ
エマ:ジョアンナ・ラムリー
テレサ・ペトリロ:クリスティン・ミリオティ
ニッキー”ラグラット”コスコフ:P・J・バーン
チェスター・ミン:ケネス・チョイ
ロビー”ピンヘッド”ファインバーグ:ブライアン・サッカ
オールデン”シー・オッター”クッファーバーグ:ヘンリー・ジェブロフスキー
ピーター・デブラシオ:バリー・ロスバート
ドウェイン:スパイク・ジョーンズ
テッド・ビーチャム:シェー・ウィガム
トビー・ウェルチ:イーサン・サプリー
ボー:ボー・ディートル
フランク・ベリー:マーティン・クレバ
ヘイディ:マディソン・マッキンリー・ガートン
オークランド・ストレート・ラインのホスト:ジョーダン・ベルフォート
スティーヴ・マデンジェイク・ホフマン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2013年製作 179分
公開
北米:2013年12月25日
日本:2014年1月31日 未公開
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $116,687,000
世界 $387,287,000


アカデミー賞
第86回アカデミー賞

・ノミネート
作品・監督・脚色
主演男優(レオナルド・ディカプリオ
助演男優(ジョナ・ヒル


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
26歳の若さで年収4900万ドルを稼いだ株式ブローカーのジョーダン・ベルフォートレオナルド・ディカプリオ)は、派手な生活で当局の監視対象になっていた。
__________

22歳でウォール街の投資銀行”L.F.ロスチャイルド”に入社したジョーダンは、マーク・ハンナ(マシュー・マコノヒー)の部下となる。

ハンナとランチを共にしたジョーダンは、客の幸せなど考えず、家族のために、とにかく金を稼ぐことだけを考えるようにと言われる。

それを信じたジョーダンは、資格を取るためにその後の半年で業界の裏表を学ぶ。

資格を取ったジョーダンは、荒稼ぎするために出社する。

1987年10月19日、”ブラックマンデー”。
株価は508ドルの大暴落となり、ジョーダンは、投資家としての初日に大変な目に遭い、1899年創業の”L.F.ロスチャイルド”は倒産する。

失業したジョーダンは、妻テレサ・ペトリロ(クリスティン・ミリオティ)には億万長者になると伝えて職を探す。

ある投資センターに向かったジョーダンは、ドウェイン(スパイク・ジョーンズ)に迎えられ、ナスダックに上場できない”ペニー株”を扱っていると言われる。

わけの分からない会社の少額の株を誰が買うのかと疑問に思うジョーダンは、規制がなく売り買いの幅が大きいことに目を付ける。

高額の取引を1%の手数料でしていたジョーダンは、ここでは50%だとドウェインから言われて驚く。

早速ジョーダンは、1株6セントの株を売り込み、瞬く間に手数料の2000ドルを稼ぎ、ドウェイン達から英雄扱いされる。

その後も儲け続けたジョーダンは、ある日、同じアパートに住む子供の家具屋で働くドニー・エイゾフ(ジョナ・ヒル)から声をかけられる。

ジョーダンの月収が7万ドル以上だと知ったドニーは驚き、給料明細を見てそれを確かめる。

その場で店を辞めたドニーは、ジョーダンの下で働くことになる。

いとこと結婚しているドニーのことが気になるジョーダンだったが、彼からドラッグを勧められてハイになる。

営業マンを探したジョーダンは、オールデン”シー・オッター”クッファーバーグ(ヘンリー・ジェブロフスキー)、チェスター・ミン(ケネス・チョイ)、ロビー”ピンヘッド”ファインバーグ(ブライアン・サッカ)、ブラッド・ボブニック(ジョン・バーンサル)、ニッキー”ラグラット”コスコフ(P・J・バーン)ら怪しい男達を雇い、彼らを金持ちにしようとする。

彼らの業績が上がらないため、セールスの仕方を教えようとしたジョーダンは、金持ちを相手にすることを考え、信用される会社のイメージ作りをして”ストラットン・オークモント”と名付ける。

一流株を売り信頼を得て、その後にペニー株を売り儲ける方法を仲間達に伝授したジョーダンは、会社を一気に拡大させる。

ジョーダンストラットン・オークモントの噂はウォール街に広まり、FBIのパトリック・デナム捜査官(カイル・チャンドラー)が目を付ける。

フォーブス”の取材を受けたジョーダンは、”ウルフ・オブ・ウォールストリート”と呼ばれるまでになる。

そのお陰で入社希望者が殺到し、会社の規模はさらに拡大する。

雇っている父親マックス(ロブ・ライナー)から口うるさく言われるジョーダンは、家族のことを訊かれ、妻テレサは愛しているものの、外の誘惑に負けてしまうと答える。

気持ちは分かるものの、マックスは、いつか報いが来るとと言ってジョーダンに忠告する。

女、酒、そしてドラッグ漬けのジョーダンは、別荘で開いたパーティーに現れたナオミ(マーゴット・ロビー)に惹かれてしまう。

早速ナオミとデートたジョーダンは、彼女のアパートに誘われて愛し合う。

ナオミに夢中になったジョーダンだったが、それがテレサにバレて離婚することになる。

その後も危ない橋を渡りながら大金を闇でも稼ぎまくるジョーダンは、新しい法律顧問としてマニー・リスキン(ジョン・ファヴロー)を雇う。

公正取引員会の調査を受けても動じないジョーダンは、新規公開株式公開で莫大な利益を得る。

ナオミに結婚を申し込んだジョーダンは、それを承諾され、社員と共にラスベガスに向いバチェラーパーティーを楽しむ。

盛大な結婚式が行われ、ロンドンから訪れたおばのエマ(ジョアンナ・ラムリー)を歓迎したナオミは、ジョーダンを紹介する。

その後、自分の名がつけられた豪華クルーザーをジョーダンからプレゼントされたナオミは感激し、二人は、ロングアイランドに建てられた世界でも有数の豪邸に引っ越す。

18か月後。
遊び癖が治らないジョーダンは、ネオミに浮気がバレそうになり、毎朝続く喧嘩にうんざりする。

ドニーの友人である女性靴のデザイナーで、人気ブランドを持つスティーヴ・マデンジェイク・ホフマン)の株式を上場することになったジョーダンは、彼を社員に紹介する。

ドニーと共にその株の85%を持っていたジョーダンは、違法と知りながら、大勝負に出ようとしていた。

ジョーダンは、スティーブにスピーチさせて社員を煽り気合を入れる。

社員は一斉に売り込みを始め、初値の4ドル50が3分後には18ドルに上がり大手も手を出し、売出し200万株の内の100万がジョーダンのものとなる。

3時間で2200万ドルを手に入れたドニーは興奮するが、FBIのデナムが動き始める。

デナムが結婚式のビデオを見たいと言っていると部下から聞いたジョーダンは、召喚状が届いたことも知らされる。

私立探偵のボー(ボー・ディートル)を雇いデナムの動きを調べさせたジョーダンは、彼をクルーザーに招く。

デナムを歓迎したジョーダンは、手間を省くために結婚式の出席者リストを渡す。

名前を売るために少々派手なことはしているが、違法なことはしていないことを、ジョーダンはデナムに伝える。

公正取引員会の調査もパスしていると言うジョーダンだったが、委員会は民事を扱い、自分達は刑事事件の調査をしているとデナムは話す。

なぜ自分が調べられると訊くジョーダンに、捜査の内容は話せないとデナムは答える。

二人は牽制し合い、苛立つジョーダンは、デナムを貧乏人呼ばわりして追い払う。

マネーロンダリングのために、ドニーとニッキーと共にスイスに向かおうとしたジョーダンは、ドラッグのせいで搭乗した飛行機の機内で騒ぎシートに拘束される。

ジュネーブ
スイス銀行に着いたジョーダンは、ジャン=ジャック・ソーレル(ジャン・デュジャルダ)に迎えられる。

どのような場合にFBIなどから捜査協力を求められるのかとソーレルに尋ねたジョーダンは、アメリカでの違法行為がスイスの法にも該当する場合だと答える。

その心配はないと言うソーレルは、株式詐欺の場合は違法となることを伝えるが、口座名義が本人の場合だけだと付け加える。

口座は親戚でもいいと言われたジョーダンは、アメリカ人では無理だと考え、ナオミのおばエマに頼もうとする。

ロンドン
今回の件をエマに話したジョーダンは、彼女に現金の運び屋を 承諾してもらえる。

ドラッグで稼ぎまくったブラッドは、スイス生まれのスロベニア人妻シャンタール(カタリーナ・キャス)とその家族に金を運ばせようと考え、ジョーダンはそれを実行させる。

エマそしてシャンタールと家族は難なく大金をスイスに持ち込み、ソーレルに届ける。

ドニーと意見が合わずに路上で揉めたブラッドは、現金を受け取ろうとして鞄を落し、彼だけが駆けつけた警官に逮捕されてしまう。

強烈なはずのドラッグ”ルード”の年代物をドニーと試していたジョーダンは、私立探偵のボーからの緊急電話を受けて、外からかけ直すようにと指示される。

公衆電話からボーに連絡したジョーダンは、ブラッドが逮捕されたことを知らされる。

ドニーが絡んでいることに気づいたジョーダンは、デナムが家や会社の電話を盗聴しているとボーから言われる。

その直後にドラッグが効き始めたジョーダンは倒れてしまい、体の自由を奪われる。

車まで何んとか這って行ったジョーダンは、ナオミからの電話で、様子がおかしいドニーがスイス人と話していると言われる。

まともに話せないジョーダンは、電話を切るようにとナオミに言うものの伝わらず、車を運転して屋敷に向かう。

家に着いたジョーダンはドニーに襲い掛かり、FBIが聴いていると言って電話を切ろうとする。

ブラッドが逮捕されたことを黙っていたドニーを責めるジョーダンは、喉に食べ物を詰まらせて息ができなくなったドニーを助けて、ソファーで眠ってしまう。

警官に起こされたジョーダンは、無事だと思っていた車が傷だらけだと気づき、暴走して事故を起こした罪で逮捕されてしまう。

ブラッドが黙秘を通したために、ジョーダンは釈放される。

そろそろ引き際で、委員会と取引するべきだと弁護士のマニーから助言されたジョーダンは、いくつかの罪を認めれば、罰金200万ドルくらいで片が付くと言われる。

会社を辞めれば、刑事事件を追っているFBIも諦めるとマニーに言われ、父マックスにも説得されたジョーダンはそれに従う。

社員を前に辞任のスピーチをしていたジョーダンは気が変わり、今後も突き進むことを伝えて部下達は歓喜する。

それを知ったデナムは、行動を再開する。

釈放されたブラッドを歓迎したジョーダンは、彼に謝礼を払おうとする。

しかし、ブラッドはそれを受け取らず、友好的にジョーダンの元を去り、2年後に心臓発作で35歳の生涯を閉じる。

その後ドニーは、政府からの召喚状を無視し、ジョーダンらは、”スティーヴ・マデン”の株式公開の件などは覚えていないと言い張る。

国を出るなという警告も無視したジョーダンとドニーは、家族を連れてイタリアに向かう。

クルーザー上からニッキーに指示を出していたドニーは、スティーヴが株を売り払っていることを知らされる。

裏切られたと考えたジョーダンは、顧客に電話をして株を株を売り、株価を暴落させると言って息巻く。

帰国しようとしたジョーダンは、戻って来たナオミからエマが亡くなったことを知らされ、彼女が運んだスイス銀行の2000万ドルを気にする。

ソーレルに連絡したジョーダンは、エマの口座の件を尋ね、自分が相続人になっていることを確認して喜ぶ。

それが嘘で、これからその偽造をすることになったジョーダンは焦り、エマの葬儀の前にモナコ経由でスイスに向かおうとする。

クルーザーの船長テッド・ビーチャム(シェー・ウィガム)は、シケになることを心配するものの、ジョーダンは強引に船を出させる。

海は大荒れとなりクルーザーは転覆し、イタリア船に救助されたジョーダンは、自分が乗る予定だった飛行機が墜落したことを知り、神のお告げだと考える。

その後、ジョーダンは、CM撮影中にFBIに逮捕され、ソーレルとニッキーも、ロッキー・アオキのインサイダー取引に絡んだ件で逮捕されてしまう。

ソーレルが、ブラッドの妻シャンタールと組みジョーダンを裏切ったのだった。

保釈金1000万ドルで釈放されたジョーダンは、それと裁判費用で屋敷も売ることになるとドニーに話す。

共同経営者の協力で、家も会社も大丈夫だとドニーから言われたジョーダンは彼に感謝する。

FBI側から罪は免れないと知らされたジョーダンは、共謀者のリストを渡す条件で、刑期20年を4年にするとデナムから言われる。

それをナオミに話したジョーダンだったが、彼女に見限られて離婚すると言われる。

娘は自分が育てるとナオミに言われたジョーダンは憤慨し、娘を連れ去ろうとするが、庭で事故を起こしてしまう。

ナオミは、娘を怖がらせたジョーダンを非難して罵倒する。

FBIの条件をのんだジョーダンは、盗聴器を付けて会社に向い、社員に歓迎される。

最初のリストのドニーと話したジョーダンは、盗聴器を付けられていることをメモで知らせる。

そのメモを押収したデナムは、ジョーダンの屋敷に向い彼にそれを知らせて収監する。

部下を伴ったデナムはストラットン・オークモントに向い、リストにあがった者達を逮捕する。

仲間を売ったジョーダンは、両親マックスとリー(クリスティン・エバーソール)の目の前で、36か月の刑を言い渡されて収監される。

刑期を終えたジョーダンは、セミナーのホスト(ジョーダン・ベルフォート)から紹介されてステージに上がり、参加者にセールスのテクニックを教える。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
22歳でウォール街の投資銀行”L.F.ロスチャイルド”に入社したジョーダン・ベルフォートは、投資家の資格を取った初日に”ブラックマンデー”により職を失う。
投資センターで働こうとしたジョーダンは、その場で取引されている”ペニー株”の手数料が50%だと知り、才能を生かした売り込み方法で荒稼ぎをする。
同じアパートに住むドニーと共に投資会社を始めたジョーダンは、セールスマンを雇い、彼らに売り込みのテクニックを教えて業績を拡大する。
”ウルフ・オブ・ウォールストリート”と呼ばれるようになったジョーダンは、酒、女、ドラッグ漬けの派手な生活を続けるのだが、FBIに目を付けられるようになる・・・。
__________

破天荒な行動で知られ、不正取引により20代で巨万の富を得た株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの生き様を描く作品。

マーティン・スコセッシレオナルド・ディカプリオが、共に製作にも参加し再び組んだ話題作で、製作費に1億ドルかけた超大作。

ジョーダン・ベルフォート本人が有名人なので、どのような内容になるかは予想できるのだが、彼自身の経歴など事実に基づいた、あくまでフィクションとして描かれた作品。

結局は全てを失った主人公が、金が全てではないことに気づき改心する・・・という内容がこの手の作品には多いのだが、どん底に近い立場になっても、かつて父親から言われた”いつか報いが・・・”という忠告も無視して、自分のセールス・テクニックを投資家の卵に伝えようとして終わるラストが印象的だ。

その儲け話に目を輝かせる、セミナー参加者の主人公を見守る真剣な眼差しは、最高の皮肉とも言える描写だ。

分かり難い株式用語などは極力省き、成功者の豪遊なども嫌みなく描く、マーティン・スコセッシの職人芸とも言える小気味よい演出で、約3時間の長編も飽きずに観れる。

第86回アカデミー賞では、作品、監督、脚色、主演男優(レオナルド・ディカプリオ)、助演男優賞(ジョナ・ヒル)にノミネートされた。

北米興行収入は約1億1700万ドル、全世界では約3億8700万ドルの大ヒットとなった。

今までのイメージを払拭するような、狂気の男とも言える主人公ジョーダン・ベルフォートを演ずる、レオナルド・ディカプリオの熱演は見ものだ。

主人公の右腕であり会社のNo.2を愉快に演ずるジョナ・ヒル、主人公の妻マーゴット・ロビー、そのおばジョアンナ・ラムリー、”L.F.ロスチャイルド”で主人公にブローカーとしての心得を教えるマシュー・マコノヒー、主人公を調べるFBI捜査官のカイル・チャンドラー、主人公の両親ロブ・ライナークリスティン・エバーソール、主人公が雇うジョン・バーンサル、その妻カタリーナ・キャス、主人公の顧問弁護士ジョン・ファヴロースイス人の銀行家ジャン・デュジャルダ、主人公の最初の妻クリスティン・ミリオティ、社員のP・J・バーンケネス・チョイブライアン・サッカヘンリー・ジェブロフスキーバリー・ロスバートイーサン・サプリー、投資センターのブローカー、スパイク・ジョーンズ、クルーザーの船長シェー・ウィガム、私立探偵のボー・ディートル、女性靴のデザイナー、スティーヴ・マデンジェイク・ホフマンダスティン・ホフマンの息子)、ラストのセミナーのホスト役でジョーダン・ベルフォート本人が出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター