ウルヴァリン:SAMURAI The Wolverine (2013) 3/5 (28)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

マーベル・コミック”のスタン・リージャック・カービー原作による”X-メン”の映画化シリーズ7作目。
スピンオフの”ウルヴァリン”シリーズ2作目。
第二次大戦中に助けた重病の日本人に呼び寄せられたローガン/ウルヴァリンが、その秘密の研究と相続が絡む陰謀に巻き込まれる姿を描く、監督ジェームズ・マンゴールド、主演ヒュー・ジャックマンTAO真田広之福島リラパトリック・スチュワートイアン・マッケランファムケ・ヤンセン共演のアクション大作。


アクション/アドベンチャー

WEB SITE


スタッフ キャスト ■

監督:ジェームズ・マンゴールド
製作
ローレン・シュラー・ドナー

ハッチ・パーカー
製作総指揮
スタン・リー

ジョゼフ・M・カラッチオーロJr.
原作
ウルヴァリン
クリス・クレアモント

フランク・ミラー
脚本
クリストファー・マッカリー

マーク・ボンバック
スコット・フランク
撮影:アミール・モクリ
編集:マイケル・マカスカー
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ローガン/ウルヴァリン:ヒュー・ジャックマン

マリコ・ヤシダ:TAO
ユキオ:福島リラ
シンゲン・ヤシダ:真田広之
Dr. グリーン/ヴァイパー:スヴェトラーナ・コドチェンコワ
ノブロー・モリ:ブライアン・ティー
ヤシダ:ハル・ヤマノウチ
ケンイチロウ・ハラダ:ウィル・ユン・リー
ヤシダ(若年期):山村憲之介
ジーン・グレイ:ファムケ・ヤンセン
チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX:パトリック・スチュワート
エリック・マグナス・レーンシャー/マグニートー:イアン・マッケラン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2013年製作 125分
公開
北米:2013年7月26日
日本:2013年9月13日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $132,550,960
世界 $414,828,246


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1945年8月9日、長崎。
日本軍に捕らえられていたローガン/ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は、捕虜のアメリカ人を逃がした兵士ヤシダ(山村憲之介)に逃げるよう言われる。

井戸の中に拘束されていたローガンがそれを拒んだため、ヤシダは上官と共に自決しようとするが爆発が起きる。

ヤシダは爆発の閃光に驚き、井戸に避難するようローガンに言われる。

ローガンは、ヤシダを鉄板で覆い爆風に耐える。

ヤシダは助かり、全身に火傷を負ったローガンが回復する姿を見て驚く。

現代。
長崎の悪夢で目覚めたローガンは、恋人のジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)を殺してしまう。

カナダ
旅を続けていたローガンは、山奥で苦しみながら生活をしていたある日、熊を毒矢で殺したハンターを懲らしめようとする。

抵抗するハンターを痛めつけたローガンだったが、日本刀を持ったユキオ(福島リラ)に阻止される。

ユキオは男達を日本刀で脅し、ローガンを連れてその場を去り、借りを返したいという重病のヤシダの使いだと伝える。

ローガンは、自分をウルヴァリンだと知り、日本に行くというユキオの話を遮り車を止めさせる。

しかし、苦しみながら生きていることを指摘されたローガンは、ヤシダに別れを言うだけで帰ることを条件に日本に向かう。

大企業を築き上げたヤシダの屋敷に向かったローガンは、彼がヤクザに命を狙われていることなどを知る。

ローガンは、ヤシダの息子シンゲン(真田広之)が武術を嗜み、その娘マリコ(TAO)が祖父の姿を見て悲しむ姿を確認する。

死を前にしたヤシダ(ハル・ヤマノウチ)の病室に案内されたローガンは、医師グリーン(スヴェトラーナ・コドチェンコワ)の存在を気にする。

ローガンはヤシダと対面し、治癒能力が移植できることと、永遠の命の苦しみから解放し死なせることを約束される。

ヤシダは、孫娘マリコの命が狙われていることをローガンに告げて、守ってほしいことを伝える。

それを断ったローガンだったが、シンゲンと確執があるマリコが海に身を投げようとするのを阻止する。

ローガンは、ユキオが町で拾われ、友達もいなかったマリコと共に姉妹同然に育ったことなどを知る。

その夜も悪夢に苦しむローガンは、現れたジーンがグリーンに変わり、口づけで何かを投与された瞬間に目覚める。

ヤシダは息を引き取り、ローガンは葬儀に出席することになるが、グリーンや寺の屋根で身構えるケンイチロウ・ハラダ(ウィル・ユン・リー)、マリコの婚約者で法務大臣のノブロー・モリ(ブライアン・ティー)の様子を気にする。

シンゲンに挨拶したローガンは、僧侶が偽物だと気づき、警告しようとして撃たれてしまう。

傷の回復が鈍いことを感じながら、ローガンは連れ去られたマリコを追う。

マリコを助けて別れたローガンだったが、新幹線に乗った彼女を守るために付き添う。

傷が治らないローガンは、数人のヤクザに襲われながら、それを撃退して下車する。

街のラブ・ホテルに宿泊したローガンは、ジーンの夢を見ながら意識を失い、マリコが彼を病院に運ぶ。

ホテルの受付の孫で獣医学生の治療を受けたローガンは、マリコに感謝する。

ローガンは、治癒能力を移植できると言っていたヤシダの言葉を思い出し、グリーンのせいでそれが失いつつあることをマリコに伝える。

その頃、ミュータントのヴァイパーだったグリーンは、ハラダに会い、ローガンの居場所を探る。

ヴァイパーは、治癒能力を奪う抑制装置でローガンが普通の人間になったことをハラダに伝え、ヤクザより先に彼を見つけ出すよう指示する。

長崎に着いたマリコは、ローガンを別荘に案内し、ハラダの写真を見た彼に、弓道の達人であることを伝える。

ローガンは、祖父ヤシダとの会話やシンゲンとの確執についてをマリコに尋ねる。

マリコは、ヤシダが自分を後継者に指名したことで、遺言書が開封されるのを恐れていたのだった。

シンゲンの指示で政治家のノブローと結婚させられることもマリコから聞いたローガンは、彼女の苦しい胸の内を知る。

遺言書の開封が3日後に迫り焦るシンゲンは、ノブローが部下を南に向かわせたという報告を受ける。

翌日、倒れた木を取り除く作業を手伝ったローガンは、かつて自分がヤシダと共に避難した、井戸のマンホールを見つけて当時を思い出す。
__________

爆発から救われたヤシダは、日本刀をローガンに渡そうとする。

しかし、ローガンはそれを断り、いつか受け取りに来ると言ってヤシダを納得させる。

井戸を出たローガンとヤシダは、原爆を投下された様子に驚く。
__________

それをマリコに話したローガンは、その件を知っていた彼女に、夢でうなされる際に呟くジーンについて尋ねられる。

雨が降りそうなために別荘に戻った二人は、永遠の命についてなどを語りながら愛し合う。

ジーンが現れた後、何者かに襲われる夢を見たローガンは目覚める。

マリコに再びジーンのことを尋ねられたローガンは、自分が彼女を殺してしまったことを伝える。

翌朝、マリコはノブローの差し向けた者達に連れ去られ、それを追ったローガンは足を撃たれてしまう。

ローガンは、現れたユキオと共にノブローに会うために東京に戻る。

ユキオは、ローガンが死ぬ夢を見たことを伝え、信じようとしない彼に、両親の死を予知したしたことを話す。

ノブローを脅したローガンは、発病したヤシダが治療に数十億円を費やし、アダマンチウムを研究所に集めたため会社が倒産寸前に追い込まれたことを知る。

シンゲンが、会社の損失を隠蔽して父親のために尽くしたにも拘わらず、マリコが後継者となれることで捨てられる身のノブローは、巨額の報酬で彼女を襲ったのだった。

激怒したローガンはノブローを窓から突き落すものの、彼はプールに落下して助かる。

マリコはシンゲンの元に連れて行かれるのだが、その場はヴァイパー率いる軍団に襲われる。

ヴァイパーは、マリコを連れ去りシンゲンに毒を刺して麻痺させる。

屋敷に着いたローガンは、マリコがヤシダの生まれ故郷に連れて行かれたことを知る。

ローガンは、ヤシダの治療器具を使い、自分に埋め込まれた抑制装置を確認してそれを摘出しようとする。

そこにシンゲンが現れ、ユキオが迎え撃つものの、装置を摘出したローガンは息絶える。

しかし、治癒能力が戻ったローガンは息を吹き返し、ユキオを殺そうとしたシンゲンと戦う。

ローガンは、娘を殺そうとするような男を相手にする価値はないといって去ろうとする。

シンゲンは襲い掛かり、ローガンは、日本刀で刺されながらも、自分は”ウルヴァリン”だと伝えて彼を殺す。

ローガンは、ユキオに感謝してヤシダの故郷に向かう。

ヴァイパーの元に連れて行かれたマリコは、彼女がヤシダのために動いていたことを知り眠らされる。

研究所で目覚めたマリコは、ヤシダが自分の強さを活かし、ある考えがあったことをヴァイパーから知らされて、鎧型のシルバーサムライを見せられる。

目的地に着いたローガンは、現れたハラダらに襲われて捕えられ、アダマンチウム製のシルバーサムライを確認する。

マリコは、ハラダからヤシダの考えを知らされるが、彼を痛めつけてその場を逃れる。

ローガンは、動き出したシルバーサムライに爪を切られそうになるが、マリコがそれを阻止する。

マリコと共にローガンはその場を離れ、それを追おうとするヴァイパーはハラダの矢を受けて落下する。

シルバーサムライと一騎打ちになったローガンは、右手の爪を切られてしまう。

ローガンは、息を吹き返したヴァイパーにも毒を吹き付けられる。

ヴァイパーは現れたユキオに襲われ、激しい戦いとなる。

シルバーサムライに立ち向かったハラダは剣で刺されながら、間違っているとヤシダに伝える。

ローガンは、シルバーサムライの剣を奪い頭部を切り取る。

落下しそうになったローガンは、シルバーサムライに腕を掴まれながら、ヤシダがその中で制御していることを知る。

ヤシダは、治癒能力を移植させてもらうことをローガンに伝える。

能力は移植されてヤシダは若返るが、ハラダの死を見届けたマリコが、ローガンの切断された爪で祖父にダメージを与える。

ローガンは、シルバーサムライのボディを剥ぎ取り、復活した爪でヤシダを突き刺して葬る。

マリコは、ヴァイパーを倒したユキオと共に倒れたローガンに寄り添う。

ローガンは、夢に現れたジーンに、その場には行けないことを伝えて別れを告げる。

その後ローガンは、企業を引き継いだマリコに別れを告げて、ユキオと共に旅立つ。

ローガンは、行き先は決めていないことをユキオに伝える。
__________

2年後。
空港のボディチェックを受けようとしたローガンは、その場に現れたエリック・マグナス・レーンシャー/マグニートー(イアン・マッケラン)に気づく。

マグニートーに協力を求められたローガンだったが、周囲の人々が動かなくなった瞬間に現れたチャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)の姿を見て驚く。

エグゼビアは、かつても言ったことを確認しながら、ローガン以外にも能力を持った者がいることを伝える。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「X-メン」(2000)
・「X-MEN2」(2003)
・「X-MEN:ファイナル ディシジョン」(2006)
・「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(2011)
・「X-MEN: フューチャー&パスト」(2014)
・「X-MEN: アポカリプス」(2016)
____________

・「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」(2009)
・「ウルヴァリン: SAMURAI」(2013)
・「デッドプール」(2016)
・「ローガン」(2017)

*(簡略ストー リー)

1945年8月9日、長崎。
原爆投下の現場にいたローガン/ウルヴァリンは、拘束される自分を逃がそうとした日本兵ヤシダの命を救う。
現代、永遠の命を持つことに苦しむローガンは、日本人のユキオから、重病のヤシダが借りを返したいと言っていることを知らされる。
東京に向かったローガンは、巨大企業を築いたヤシダに会い、治癒能力が移植できることと永遠の命を終わらせて死を迎えられると言われる。
その後ヤシダは息を引き取るのだが、ローガンは、一族の後継に選ばれた、孫娘のマリコの命を狙う陰謀に巻き込まれる。
ヤシダの主治医グリーン(ミュータント)に、能力を抑制する装置を体内に埋め込まれたローガンは、傷ついた体が回復しないまま、マリコを守り長崎に向かうのだが・・・。
__________

冒頭、20世紀FOXのファンファーレと共に富士山が登場するという宣伝も、日本だけのサービスだったことを知り失望。

残念ながら、ヒュー・ジャックマンの魅力とローガン/ウルヴァリンのキャラクターへの注目だけが気になる作品。(彼の魅力で★一つプラス・・)

相変わらず陳腐な解釈の日本文化と、それを無視する、お構いなしに娯楽に徹するハリウッドの傲慢さ、何も意見できない日本側の情けなさだけが印象に残る。

日本側の役者も、ヒュー・ジャックマンと体系的に釣り合いがとれている女性を起用しているだけであり、重要な役柄を演じられる日本人役者がいないというところも情けない。

頼みの真田広之も、無術を嗜む起業家御曹司程度の役柄で、表情はよいのに実に惜しい・・、返す返すもヒュー・ジャックマン主演ウルヴァリン作品でなければ鑑賞に堪えられない内容だ。

サムライ・ロボットが登場するクライマックスは滑稽でもあり、日本人の間でも評価が低かった理由が分かる作品。

北米では前作の興行収入を下回り約1億3300万ドル、ところが全世界では前作を上回る4億1400万ドルとなる大ヒットとなった。

永遠の命と恋人ジーンの存在に苦しみ続ける主人公を熱演するヒュー・ジャックマン、スタイル抜群のモデルそのままにしか見えないヒロイン役のTAO、彼女と姉妹同然に育つ福島リラ、巨大企業の社主(ハル・ヤマノウチ)御曹司の真田広之、ミュータントのスヴェトラーナ・コドチェンコワ、法務大臣に全く見えないブライアン・ティー、弓の達人ウィル・ユン・リー、ヤシダの若年期役の山村憲之介、ジーン・グレイのファムケ・ヤンセン、そしてエンド・クレジットで登場する、エグゼビア/プロフェッサーXパトリック・スチュワートとマグニートーのイアン・マッケランの登場場面が、ファンとしては最も盛り上がる。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター