007/ワールド・イズ・ノット・イナフ The World Is Not Enough (1999) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ、第19作。イアン・フレミングの原作にはないストーリー。
監督マイケル・アプテッドピアース・ブロスナンソフィー・マルソーデニス・リチャーズロバート・カーライル共演。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・アプテッド
製作
バーバラ・ブロッコリ

マイケル・G・ウィルソン
原作:イアン・フレミング
脚本
ニール・パーヴィス

ロバート・ウェイド
ブルース・フィアスティン
編集:ジム・クラーク
撮影:エイドリアン・ ビドル
音楽:デヴィッド・アーノルド
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:
ガービッジThe World is Not Enough

出演
ジェームズ・ボンド:ピアース・ブロスナン
エレクトラ・キング:ソフィー・マルソー
クリスマス・ジョーンズ:デニス・リチャーズ
ヴィクター・ゾーカス”レナード”:ロバート・カーライル
ヴァレンティン・ズコフスキー:ロビー・コルトレーン
M:ジュディ・デンチ
Q:デスモンド・リュウェリン
R:ジョン・クリーズ
マニーペニー:サマンサ・ボンド

アメリカ/イギリス 映画
配給
MGM

1999年製作 128分
公開
イギリス:1999年11月26日
北米:1999年11月19日
日本:2000年2月5日
製作費 $135,000,000
北米興行収入 $126,930,660
世界 $361,832,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

スペインビルバオ
M(
ジュディ・デンチ)の学友、石油王キング卿に渡るはずの大金を、ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は奪い返す。

ボンドは、ロンドンMI6本部にその大金を持ち帰るが、現金には爆弾が仕掛けられていてキング卿は爆殺されてしまう。

犯人の殺し屋を追ったボンドだったが、テムズ川での激しい追跡の末、気球で逃げた犯人は爆死する。

キング卿の葬儀に参列したMは、親友の死を悼み、卑劣な犯人に対し、必ずや法の裁きを加えることを誓う。

犯人追跡で負傷したボンドは任務を外されるが、彼は女医を誘惑して、怪我が完治したことを証明させる。

引退間近のQ(デスモンド・リュウェリン)に代わる、特殊兵器開発担当の新任R(ジョン・クリーズ)を紹介されたボンドは、特殊装備の”BMW・Z8”などを見せられる。

キング卿の娘エレクトラ・キング(ソフィー・マルソー)の誘拐事件を調べたボンドは、任務への復帰をMに直訴する。

取り戻した現金と、エレクトラ誘拐時の金額が同額だったことに気づいたボンドは、Mに誘拐犯のテロリストが再び動き出したことを指摘する。

黒幕は009に銃弾を頭に撃ち込まれ、その弾丸が延髄を移動しているせいで、触覚、嗅覚、痛みを感じない不死身の強さを持つテロリスト、ヴィクター・ゾーカス”レナード”(ロバート・カーライル)だった。

かつて、誘拐から自力で脱出したエレクトラを、再び狙うと考えたMは、ボンドを彼女の元に向かわせて、護衛にあたらせる。

父親に代わり、石油パイプライン建設でアゼルバイジャンに滞在してるエレクトラと接触したボンドは、彼女に援助は断れるものの、雪山でスキーを楽しむことになる。

そこで何者かに襲われた二人は、何とか難を逃れてバクーに向かう。

ロシアンマフィアの、ヴァレンティン・ズコフスキー(ロビー・コルトレーン)と接触したボンドは、雪山で自分達を襲った者達が、原子力と対テロの機動部隊のロシア特殊捜査局員だということを知り、ズコフスキーに、黒幕がレナードだということを伝える。

ズコフスキーとの100万ドルの賭けに負けたエレクトラの無謀な行動を見たボンドは、テロリストから逃れた強さを感じつつ、彼女の魅力に惹かれてベッドを共にする。

エレクトラの側近が、レナードに通じていると気づいたボンドは、原子力省の科学者に扮して、カザフスタンにあるロシアICBM(大陸間弾道ミサイル)基地に侵入する。

ボンドはそこで、物理学者のクリスマス・ジョーンズ(デニス・リチャーズ)に出会う。

レナードを見つけたボンドは、彼に銃を突きつける。

しかしレナードは、ボンドがキング卿に金を運んだことで、彼の殺害の手助けをしたと言って余裕を見せる。

ボンドは、レナードが核爆弾をどこに運ぶか聞きだそうとするが、ジョーンズが不審に思い兵士と現れる。

銃を捨てたボンドだったが、レナードが核弾頭を盗み出そうとして兵士と銃撃戦となる。

その隙に、ボンドはジョーンズと逃亡してレナードを追うが、彼は、核弾頭を盗み輸送機で飛び立ってしまう。

しかしボンドは、核弾頭の位置がわかる電波発信カードを盗み出していた。

エレクトラは、ロンドンMI6に連絡を入れ、ボンドが行方不明になったことを報せて、Mを呼び寄せる。

ボンドはエレクトラの元に戻り、彼女が、”ストックホルム症候群”により、レナードに好意を持ち通じているのではと疑いを抱くが、エレクトラはそれを否定する。

到着したMに、ボンドは内部の裏切り者がエレクトラの可能性があることを伝える。

その頃、核弾頭がエレクトラの石油パイプラインに仕掛けられてしまう。

ジョーンズと核弾頭の爆破解除に向かったボンドは、核爆発は回避するが、パイプラインはそのまま爆発してしまう。

エレクトラは、ボンドが死んだものと思い込み、Mに自分が企んだ計画の真相を打ち明け、彼女を連れ去ってしまう。

パイプラインから脱出したボンドとジョーンズも、エレクトラの企みを知り、Mが連れ去られたことを知り救出に向かう。

トルコイスタンブール
レナードと再会したエレクトラは、彼が核弾頭から抜き取った
プルトニウムを見せられる。

エレクトラは父を憎んでいて、自作自演のパイプライン爆破をテロリストの仕業にして、自分を被害者に見せかけるために、レナードと組んでいたことをMは知る。

カスピ海
ボンドは、ズコフスキーがエレクトラと関係していることを察知し、彼にそれを吐かせようとする。

しかし、エレクトラはボンドが生きていることを知り、彼を襲わせる。

ボンドはそれを逃れ、エレクトラがイスタンブールにいるということをズコフスキー から聞きだす。

ロシアの原子力潜水艦と、奪ったプルトニウムを使い、レナードがボスポラス海峡を核汚染させて、カスピ海の石油を運ぶ方法を自分のパイプラインで独占させるという、エレクトラの企みをボンドは知る。

レナードとエレクトラに拉致されていたMは、核弾頭の発信器で本部に信号を送り、自分の所在地を知らせる。

その頃、ズコフスキーの部下の裏切りで、ボンドとジョーンズは捕らえられてしまう。

レナードは潜水艦を奪い、エレクトラのアジトに連れて行かれたボンドは、拷問される。

そこにズコフスキーが現れ銃撃戦になり、エレクトラは彼を射殺する。

隙を見て逃れたボンドはエレクトラを追い、そして彼女を射殺する。

ボンドは、核弾頭が仕組まれた潜水艦に侵入し、捕らわれていたジョーンズを救い出す。

プルトニウムを、原子炉にセットしようとするレナードを倒し、ボンドはジョーンズと潜水艦から脱出する。

そして、ボンドとジョーンズは、事件解決を2人だけで祝う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

イギリス諜報員ジェームズ・ボンドの奪い返した、上司M(の学友である、石油王キング卿に渡るはずの現金に仕掛けられた爆弾で彼は死亡する。
Mは親友の死を悼み、犯人に対して法の裁きを与えることを誓い、事件で負傷していたボンドは任務を外される。
回復したことを証明したボンドは、キング卿の娘エレクトラの誘拐事件を調べ、任務への復帰をMに直訴する。
取り戻した現金と、エレクトラ誘拐時の金額が同額だったことに気づいたボンドは、誘拐犯のテロリストが、再び動き出したことをMに指摘する。
黒幕は009に銃弾を頭に撃ち込まれ、その弾丸の影響で痛みなどを感じなくなった、不死身の強さを持つテロリスト”レナード”だった。
かつて、誘拐から自力で逃れたエレクトラが、再び狙われると考えたMは、ボンドに彼女の護衛を命ずるのだが・・・。
__________

MGMの75周年記念作品で、作品タイトルには、ボンド家の家訓の”The World Is Not Enough”(世界を手に入れただけでは不足)という、善悪共にシリーズのテーマを示しているような、意味深いものになっている。

また、ボンドが、自分を手玉に取り新たな石油王国を作ろうとする、悪の黒幕の女性を、ためらいもなく射殺するという、シリーズ中でも珍しいかなりショッキングなシーンもある。

前作「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997)で、やや落ち込んだ興行収入を挽回し、シリーズ最高の収益を上げた作品でもある。

製作費 $135,000,000
北米興行収入 $126,930,660
世界 $361,832,400

主演のピアース・ブロスナンは、怒りを爆発させる主人公ボンドを熱演し、いつもより、逞しさや信念を強調する役柄に挑戦している。

今回は雰囲気が違うなと思っていると、やはりラストは、お決まりのラブシーンもあり、ホッとしてしまうところがこのシリーズの魅力だ。

美しき悲劇のヒロインだと思いきや、黒幕だったというソフィー・マルソーの役柄は、ボンドガールと敵役をダブルで演ずるシリーズ屈指のキャラクターとなった。

異様な人物を演ずるロバート・カーライルの好演も、ソフィー・マルソーに食われてしまっているようでもある。

とても物理学者には見えない、まるでエアロビのインストラクターのようなデニス・リチャーズ、ロシアンマフィアで、最後に命を賭けてボンドを助けるロビー・コルトレーン、レギュラーの、今回は活躍が目立つM役のジュディ・デンチ、本作で引退するものの、撮影後に事故死してしまうQのデスモンド・リュウェリン、その後継者で、やや先が思いやられる感じのR、ジョン・クリーズ、マニーペニーのサマンサ・ボンドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター