ザ・クラッカー Thief (1981) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

主人公の個性を強烈に印象付ける演出も光るマイケル・マンの劇場映画デビュー作であり、型破りで凄腕の宝石泥棒が、マフィアと組んでの大仕事に挑み、その支配欲に屈せず自分の生きる道を探る姿を描く、主演ジェームズ・カーンチューズデイ・ウェルドウィリー・ネルソンジェームズ・ベルーシデニス・ファリーナ共演による犯罪ドラマの佳作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・マン
製作
ロニー・カーン

ジェリー・ブラッカイマー
原作:フランク・ホヒマー”The Home Invaders”
脚本:マイケル・マン

撮影:ドナルド・ソーリン
編集:ドヴ・ホーニグ
音楽:タンジェリン・ドリーム

出演
フランク:ジェームズ・カーン

ジェシー:チューズデイ・ウェルド
オクラ/デヴィッド:ウィリー・ネルソン
バリー:ジェームズ・ベルーシ
レオ:ロバート・プロスキー
アッタリア:トム・シニョレッリ
カール:デニス・ファリーナ
バーテンダー:ウィリアム・ピーターセン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1981年製作 123分
公開
北米:1981年3月27日
日本:1981年6月6日
北米興行収入 $11,492,915


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

シカゴ
雨の夜、凄腕の宝石泥棒のフランク(ジェームズ・カーン)は、ある会社の金庫から、大胆な処方で宝石を盗み出すことに成功する。

中古車ディーラーとバーを経営するフランクは、盗んだ宝石の取引後に、師匠でもある伝説の泥棒で、服役中の友人オクラ(ウィリー・ネルソン)から、是非会いたいという手紙を受け取る。

バーに向かったフランクは、取引した男が、ホテルの窓から落下して死んだという報告を、部下のバリー(ジェームズ・ベルーシ)から受ける。

バリーに会い事情を聞いたフランクは、取引相手が持っていた自分の取り分を奪い返すため、それと関係していた、メッキ会社の経営者アッタリア(トム・シニョレッリ)の元に向かう。

フランクは、アッタリアに銃を向けて脅し、金を用意するよう伝えてその場を去る。

その後フランクは、刑務所に向かいオクラに面会して、他愛もない会話を交わす。

オクラは、10か月の刑期を残していたが、医師の診察で狭心症と診断されていた。

出所するまで命が持たない可能性があり、オクラはこの場から出してほしいことをフランクに伝え、彼はそれを約束する。

アッタリアは、昼間の件を”シカゴ・アウトフィット”のボス、レオ(ロバート・プロスキー)に知らせる。

密売の元締めでもあったレオは、フランクの仕事ぶりを知り一目置いていたため、金を渡して、自分のために仕事をしないかと言って彼を誘う。

フランクは、レオに好条件を提示され、考えると言ってその場を立ち去る。

その後フランクは、待ち合わせをしていた、レストランのレジ係ジェシー(チューズデイ・ウェルド)を迎えに行くが、彼女は2時間も待たされたために憤慨する。

ジェシーを強引に車に乗せたフランクは、自分がただの中古車ディーラーではなく泥棒だと伝え、11年の刑務所暮らしやオクラについてなど、隠さずに語る。

そして、フランクはジェシーにプロポーズするが、彼女は子供ができないことや不安を伝え、それを受け入れられない。

しかしフランクは、自分の考える人生のビジョンを加えて語り、彼女を納得させる。

レオに、仕事を受けるという連絡を入れたフランクは、バリーと共にその準備を始め、ジェシーのために郊外の家に引っ越す。

頑強な金庫を開けるために、フランクは特注の溶接機を手配する。

オクラが1週間で出所できることになり、フランクは、今回の仕事で足を洗う決心をしたことをバリーに伝える。

子供を欲しがるジェシーのために、養子をとろうとしたフランクだったが、適合者と認められずに憤慨する。

そんな時フランクは、汚職警官に賄賂を求められ、それを拒むものの、自宅の電話機に盗聴器が仕掛けられていたために警戒する。

レオが子供を世話してくれることになり、フランクは喜びジェシーに連絡する。

しかし、出所したオクラが移送中に階段から落ちて病院に運ばれ、フランクは駆けつけるものの、オクラは息を引き取る。

病院からの帰りに、ジェシーは男の子を受取り、彼女とフランクは、子供の名前をオクラの本名であるデヴィッドに決める。

その後、溶接機は完成して、バリーは難関の警報装置対策を考える。

フランクは、警官に逮捕されて痛めつけられ、再び汚職警官に脅されるものの、怯まずに立ち向かい、その場は釈放される。

警察に尾行されるフランクは、アイオワデモイン行きを装い、ロサンゼルスに向かい銀行を襲う。

バリーと共にビル内部に侵入したフランクは、警報を解除し、強力な溶接機で金庫の扉を破壊して宝石を奪う。

シカゴに戻ったフランクは、レオから報酬の一部を渡され、残りは投資するように言われる。

しかし、足を洗う気だったフランクはそれを断り、レオを侮辱し、残りの金を要求してその場を去る。

ディーラーに戻ったフランクだったが、バリーは痛めつけられ、抵抗したために殺される。

捕えられたフランクは、レオの元に連れて行かれて脅され、服従するよう強要される。

フランクは、仕方なくジェシーと子供と別れ、二人を避難させて、自宅やバーを爆破しディーラーの車に火を放つ。

自分の思い描いていたビジョンを捨てたフランクは、レオの家に侵入し、その場にいたアッタリアを叩きのめす。

フランクはレオを射殺し、彼の手下のカール(デニス・ファリーナ)に銃撃されながらも、その場から逃げたアッタリアを殺す。

カールも射殺したフランクは、防弾チョッキを着ていたために致命傷には至らず、夜の闇に中に消えていく。


解説 評価 感想 ■

実際に宝石泥棒だったフランク・ホヒマーの著書”The Home Invaders”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

シカゴ
長い刑務所生活を終えた後、中古車ディーラーやバーのオーナーとなったフランクは、凄腕の宝石泥棒の顔も持つ男だった。
そんなフランクは、盗んだ宝石の売買がきっかけで、”シカゴ・アウトフィット”のボス、レオと知り合い、仕事ぶりを買われて仕事を依頼される。
他人に支配されることを嫌う一匹狼のフランクだったが、自分の人生のビジョンに必要だと判断した女性ジェシーに出会い結婚し、彼女の幸せのためにレオの仕事を受ける。
フランクは、レオの支援で車や家、そして子供ができない自分達に養子まで与えられる。
仕事の準備を始めたフランクは、汚職警官に目を付けられ、賄賂を要求されるが、それを拒み脅しに屈しない。
そして、大仕事を無事に終えたフランクは、足を洗うことを考えるのだが、レオはそれを許さなかった・・・。
__________

デビュー作にして脚本も兼ねた、単純な犯罪アクションではない、マイケル・マンの軽快な演出、キャリアを積んだジェームズ・カーンの見せる奥深い人間性など、接する機会の少なかった良作に巡り合えたといえる、満足感を味わえる作品。

特に、主人公が結婚を考える女性に拒絶されながらも、自分をさらけ出して、熱心に人生のヴィジョンを語るシーンの、マイケル・マンの演出とジェームズ・カーンの味わいある演技は秀逸だ。

手際よく仕事を済ませる、強盗シーンの無駄のない描写もなかなかいい。

ジェリー・ブラッカイマーも、初期の作品として製作に参加している。

裏社会で生きる身でありながら、自分の描く夢に対する考えや信念を貫き通す、キャリアの中でも指折りの演技を見せる主人公を熱演すジェームズ・カーン、その妻となる女性を地味に演ずるチューズデイ・ウェルド、主人公の師匠で伝説の泥棒ウィリー・ネルソン、主人公の部下兼相棒の若きジェームズ・ベルーシ、マフィアの大ボス、ロバート・プロスキー、その手下トム・シニョレッリ、現役のシカゴ市警の警察官であり、本作のアドバイザーも兼ねて映画デビューし、その後、名バイプレイヤーとなる、マフィアの手下役のデニス・ファリーナ、主人公が所有するバーのバーテンダーでウィリアム・ピーターセンも出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター