きっと ここが帰る場所 This Must Be the Place (2011) 3.33/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世捨て人の様に隠遁生活を送るかつての人気ロック・スターが、父親の死をきっかけにある秘密を探る旅を描く、監督、原案、脚本パオロ・ソレンティーノ、主演ショーン・ペンフランシス・マクドーマンドジャド・ハーシュハリー・ディーン・スタントン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:パオロ・ソレンティーノ
製作
ニコラ・ジュリアーノ

フランチェスカ・シーマ
アンドレア・オキピンティ
原案:パオロ・ソレンティーノ
脚本
パオロ・ソレンティーノ

ウンベルト・コンタレッロ
撮影:ルカ・ビガッツィ
編集:クリスティアーノ・トラヴァリョーリ
音楽
デヴィッド・バーン

ウィル・オールダム

出演
シャイアン:ショーン・ペン

ジェーン:フランシス・マクドーマンド
モーデカイ・ミドラー:ジャド・ハーシュ
ロバート・プラス:ハリー・ディーン・スタントン
メアリー:イヴ・ヒューソン
レイチェル:ケリー・コンドン
ドロシー・ショア:ジョイス・ヴァン・パタン
本人:デヴィッド・バーン
メアリーの母:オルウェン・フエレ
アーニー・レイ:シェイ・ウィガム
アロイス・ランゲ:ハインツ・リーフェン
ジェフリー:サイモン・デラニー
デズモンド:サム・キーリー
リチャード:リロン・レヴォ

イタリア/フランス/アイルランド 映画
配給 Element Pictures
2011年製作 120分
公開
イタリア:2011年10月14日
フランス:2011年8月24日
アイルランド:2012年3月23日
北米:2012年11月2日
日本:2012年6月30日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $142,242
世界 $11,790,979


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アイルランドダブリン
人気絶頂で引退して、20年もの間この地で半隠遁生活を送る元ロック・スターのシャイアン(ショーン・ペン)は、妻ジェーン(フランシス・マクドーマンド)と共に大邸宅で暮らしていた。

周囲から奇異な目で見られながら、シャイアンは、街のロック少女メアリー(イヴ・ヒューソン)と会うのが日課でもあった。

そんなシャイアンは、モールで働く青年デズモンド(サム・キーリー)がメアリーに惹かれていることを知り、仲を取り持とうともする。

シャイアンは、自分の曲に影響されて自殺した、兄弟の墓を毎週訪れていたのだが、その罪悪感で心は沈み、それは癒えることがなかった。

ある日、シャイアンはメアリーに呼ばれ、息子が失踪したことが理解できずに苦しむ、彼女の母親の話し相手を頼まれる。

何も力になれないシャイアンはその場を去り、その後、女性にもてると思えないジェフリー(サイモン・デラニー)の戯言を聞く。

週末にシャイアンは、メアリーやデズモンド、ジェフリーなどを招待して食事をする。

デズモンドの話にメアリーは呆れてしまい、ジェーンは、ジェフリーが女を熟知しているような話に嫌気がさす。

シャイアンは、諦めずに時間をかけて接するようにと、デズモンドに助言する。

自分が、鬱病ではないかと思い始めたシャイアンだったが、ジェーンに慰められる。

そんな時シャイアンは、30年間、会っていない父親が危篤だと知らされる。

シャイアンはジェーンを残し、苦手な飛行機ではなく、航路、祖国アメリカに旅立つ。

ニューヨーク
死に目に会えなかったシャイアンは、父親と対面して、腕に刻まれた数字を確認する。

その後シャイアンは、アーティストとして活動する、地元在住のイギリス人で、ロックバンド”トーキング・ヘッズ”の元メンバー、デヴィッド・バーンに会う。

シャイアンは、自殺に追い込んだ兄弟、曲を書けという妻ジェーンのことなどで混乱する自分の心中を、バーンに動揺しながら語る。

父親の葬儀の際、シャイアンは、墓地に現れた大物だというモーデカイ・ミドラー(ジャド・ハーシュ)の存在を、従兄弟のリチャード(リロン・レヴォ)に知らされる。

シャイアンは、父親が、ナチの残党、アウシュヴィッツ親衛隊隊員アロイス・ランゲ(ハインツ・リーフェン)を追っていたという話をリチャードから聞く。

父親の日記や絵を持参して、ナチ・ハンターのミドラーを訪ねて協力を求めるべきだと、シャイアンはリチャードに助言される。

ミドラーの元に向かったシャイアンだったが、小物である95歳のランゲは死んでいるだろうと言われる。

ランゲ捜索に乗り気でない、大物を追うミドラーに対してシャイアンは、ナチ狩りもショー・ビジネスと同じだと言って皮肉を言う。

それに反論するミドラーは、シャイアンに”ホロコースト”の現実を見せるが、彼は姿を消してしまう。

金融仲介人アーニー・レイ(シェイ・ウィガム)に車を借りたシャイアンは、独りで旅立つ。

ミシガン州、バッド・アックス
シャイアンは、父親が生存を確認したというランゲの妻ドロシー・ショア(ジョイス・ヴァン・パタン)を捜す。

父親のスケッチを基にシャイアンは、ランゲのドロシーを捜しだし、歴史の教師だった彼女の教え子を装い家を訪ねる。

シャイアンは、ランゲが亡くなったことと、孫娘レイチェル(ケリー・コンドン)がいることを知る。

その夜、ドロシーの家に侵入したシャイアンは、手掛かりを探して、レイチェルの息子の小学校の場所を突き止めて旅立つ。

ニューメキシコ州、アラモゴード
ダイナーで働くレイチェルに、シンガーだったことを知っていると言われて親しくなったシャイアンは、彼女の息子のためにプールを設置してあげる。

シャイアンは、アジアにいるレイチェルの父親が、両親と縁を切っていることなど、複雑な家族関係を知る。

更にシャイアンは、レイチェルの祖父は生きていてユタ州に住んでいることを聞く。

レイチェルに求められたシャイアンだったが、結婚していることを伝え、それを拒み翌朝に旅立つ。

途中、車が自然発火して燃えてしまい、シャイアンはレイと約束した”信頼”について考える。

新しい車を手に入れたシャイアンは、その後、大型拳銃を購入する。

ユタ州、ハンツヴィル
地元の老人ロバート・プラス(ハリー・ディーン・スタントン)に声をかけたシャイアンは、ドイツ人の”ピーター・スミス”とい人物について知らされる。

ランゲだと思われる老人の家に侵入し、レイチェルの写真などを見つけたシャイアンは、誰もいないその場で一夜を過ごしてロッジに戻る。

シャイアンは、待ち構えていたミドラーに驚き、ランゲの居場所を知っているという彼と共にその場に向かう。

ランゲに会ったシャイアンは、父親の復讐心に敬意を表すことや、思い出せること全てを聞く。

シャイアンは、ランゲの顔の写真を撮り、父親が彼よりも先に死んだことを悔やむ。

ランゲを全裸にして外に出し、”ホロコースト”を想い起させる状況で放置したシャイアンは、ミドラーと共にその場を去る。

空港に向かったシャイアンは、父親が自分を愛していたことをミドラーに知らされる。

それを信じないものの嬉しく思うシャイアンは、吸わなかったタバコを、その場にいた男性に勧められ、苦手だった飛行機に乗りアイルランドに戻る。

髪をカットして化粧も落としたシャイアンを見て、メアリーの母親は、息子が帰ったものと勘違いする。

母親はシャイアンだと気づき、彼は、ランゲの話を思い出しながら、彼女に微笑みかけて安心させる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アイルランドダブリン
人気絶頂で引退して、半隠遁生活を送る元ロック・スターのシャイアンは、妻ジェーンと共に郊外の大邸宅で暮らしていた。
そんなシャイアンは、30年もの間、会っていない父親の危篤を知らされ、祖国アメリカに向かう。
飛行機が苦手のシャイアンは航路帰国し、結局は父親の死に目には会えなかった。
その後シャイアンは、ナチの残党である、アウシュヴィッツ親衛隊隊員”アロイス・ランゲ”を父親が追っていたことを知る。
ユダヤ人のナチ・ハンター、ミドラーを訪れたシャイアンは、彼の協力を得られないまま、父親の遺した絵や日記を基に、ランゲを捜す旅に出るのだが・・・。
__________

「イル・ディーヴォ」(2008)でカンヌ映画祭の審査員賞を受賞したパオロ・ソレンティーノが、その審査委員長を務めたショーン・ペンと共に作り上げた異色作。

重苦しいとまでは言わないが、異様な雰囲気で始まる作品は、元ロック・スターの主人公が、全くそれにそぐわないナチ狩りを始める辺りから俄然面白くなる。

独特の映像感覚に加えて、心の傷が癒えないまま、淡々と日々を過ごすロック・スターの行動は、どこかユーモラスに描かれている。
その主人公を演ずる、ハリウッド随一の演技派ショーン・ペン自ら主演を希望したということもあり、実社会に馴染めないまま行動する、特異なキャラクターの彼の演技に引き込まれる。

ベテラン、実力者を揃えたキャストも豪華であり、本人役で登場するデヴィッド・バーンウィル・オールダムの音楽もいい。

2011年のカンヌ国際映画祭パルムドールにノミネートされ、”キュメニカル審査員賞”賞作品。

主人公の妻役フランシス・マクドーマンドナチ・ハンターのジャド・ハーシュドイツ人(ナチの残党/ハインツ・リーフェン)を知る老人役のハリー・ディーン・スタントン、主人公と親交のある少女で、U2ボノの娘イヴ・ヒューソン、その母オルウェン・フエレナチの残党の孫娘ケリー・コンドン、その祖母役ジョイス・ヴァン・パタン、本人役デヴィッド・バーン、主人公に車を貸す金融仲介人のシェイ・ウィガム、主人公の知人役サイモン・デラニー、地元の青年サム・キーリー、従兄弟リロン・レヴォなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター