THX 1138 (1971) 2/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジョージ・ルーカス(監督、脚本、編集)の記念すべきメジャー映画のデビュー作。
コンピューター制御の管理社会で、人間としての自由を追い求める男の苦悩を描く、製作総指揮フランシス・フォード・コッポラ、主演ロバート・デュヴァルドナルド・プレザンスドン・ペドロ・コリー他共演のSF映画。


SF


スタッフ キャスト ■

監督:ジョージ・ルーカス
製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ
製作:ローレンス・スターマン
脚本
ジョージ・ルーカス
ウォルター・マーチ
撮影
デヴィッド・マイヤーズ
アルバート・キーン
編集:ジョージ・ルーカス
音楽:ラロ・シフリン

出演
ロバート・デュヴァル:THX-1138
ドナルド・プレザンス:SEN-5241
ドン・ペドロ・コリー:SRT
マギー・マコーミー:LUH-3417
イアン・ウルフ:PTO

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ
アメリカン・ゾエトロープ
1971年製作 86分(ディレクターズ・カット88分)
公開
北米:1971年3月11日
日本:未公開
製作費 $777,777.77
北米興行収入 $2,437,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

25世紀。
コンピューターが完全制御する管理社会の地下都市(シェルター)。

放射性物質の生産労働者THX-1138(ロバート・デュヴァル)は、支給される薬を飲み続けていたが、精神に異常をきたしてしまう。

その理由は、THX-1138のルームメイトのLUH-3417(マギー・マコーミー)が、薬をすり替えていたからだった。

この世界では、人口抑制を目的に、生まれてくる子供は人工的に育てられ、LUH-3417は、それに疑問を抱いての行動だった。

コンピューターが、薬で人間の感情や欲求を制御しようとしていたが、その薬を服用していないHX-1138は、次第に人間本来の体に戻りつつあった。

そして、THX-1138はLUH-3417の求めに応じて、違法と知りながら肉体的欲求を満たしてしまう。

司令部のSEN-5241(ドナルド・プレゼンス)は、THX-1138の異常に気づき、彼をルームメイトにしようとする。

薬を始めれば、自分への思いも消えるというLUH-3417の意見や、同室を執拗に迫るSEN-5241の行動にTHX-1138は苦悩する。

薬物不使用がばれ、作業中に事故を起こしそうになったTHX-1138は、警察に連行される。

同時にTHX-1138は、コンピューターの指示に従わずに、同室を求めたSEN-5241の違法を報告する。

即刻裁判にかけられたTHX-1138は、再起不能と判断されて、収容所に送られたしまう。

薬を投与されて監視されていたTHX-1138は、先に収容所に入れられていたSEN-5241に再会するが、無気力なTHX-1138は、彼を無視する。

殆どの囚人は脱出に無関心だったが、THX-1138は無言のまま、無限に続く白い空間を歩き、SEN-5241と脱出しようとする。

途中2人は、山のような大男SRT(ドン・ペドロ・コリー)に出会う。

SRTは2人を出口に導き、雑踏の中で、SEN-5241は逸れてしまう。

自分のことをホログラムだと言うSRTは、現実に憧れて、幻影から抜け出してきたとTHX-1138に説明する。

指令センターに、居場所を察知されたTHX-1138はSRTと逃亡するが、妊娠していたLUH-3417の胎児が摘出され、彼女は消滅させられていたことを知る。

指令センターはSEN-5241も見つけて彼を捕らえ、THX-1138らは車で逃走するが、SRTは事故を起こしてしまう。

400キロ近い速度で暴走するTHX-1138を、バイクで追うロボット警官は、トンネル作業の足場に激突して転倒する。

車を降りて逃走するTHX-1138に、他の警官が後一歩まで迫るが、彼にかける予算がオーバーして、追跡は中止される。

警察の最後の呼びかけを無視して、地下シェルターから脱出したTHX-1138は、夕陽を見上げ、生命が外界でも生息可能なことを知る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

25世紀。
コンピューターが完全制御する管理社会で、人間は地下都市(シェルター)で生活していた。
放射性物質の生産労働者THX-1138は、ルームメイトのLUH-3417が、支給される薬をすり替えていたため、精神に異常をきたしてしまう。
コンピューターは、薬で人間の感情や欲求を制御しようとしていたのだが、それを服用していないHX-1138は、人間本来の体に戻りつつあった。
そして、THX-1138はLUH-3417の求めに応じて、違法と知りながら肉体的欲求を満たしてしまう。
司令部のSEN-524は、THX-1138の異常に気づき、彼をルームメイトにしようとする。
その後、薬物の不使用が知られ、作業中に事故を起こし逮捕されてしまったTHX-1138は、即刻、裁判にかけられるのだが・・・。
__________

ジョージ・ルーカス南カリフォルニア大学の学生時代に製作した”電子的迷宮/THX1138
4EB
”(1967)に目を付けたフランシス・フォード・コッポラが、彼のラッキーナンバーの”7”から$777,777.77の製作費を提供して製作された作品。

興行的には成功した作品ではなく、もちろん日本では公開すらされなかった。

単純なストーリーなのだが、意味不明というのが大方の意見で、清潔さと統一感を感じる、印象に残る白い画面や、1970年代の初頭に発想された、未来の管理社会の雰囲気などは、新人の低予算映画にしては、見事な仕上がりを見せている。

そのジョージ・ルーカスの創造の世界は、全く違う作風の「アメリカン・グラフィティ」(1973)を経て、「スター・ウォーズ」(1977)でついに開花することになる、才能の片鱗を余すところなく見せてくれる。

クライマックスの、車の暴走シーンもなかなかの迫力で、この年は「ダーティハリー」(1971)も公開されることになる、ラロ・シフリンの音楽も、他の作品とは全く違う雰囲気を味わえて、実に興味深い。

既に10年以上のキャリアを重ねていた主演のロバート・デュヴァル、ベテランの域に達していた名優ドナルド・プレザンスの起用などで作品に重みが加わっている。

その他、ホログラムから抜け出したドン・ペドロ・コリー、主人公のルームメイトで、胎児を残して殺されてしまうマギー・マコーミーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター