007/トゥモロー・ネバー・ダイ Tomorrow Never Dies (1997) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ、第18作。イアン・フレミングの原作ではない作品。
監督ロジャー・スポティスウッドピアース・ブロスナンジョナサン・プライスミシェール・ヨー共演。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:ロジャー・スポティスウッド
製作
マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本:ブルース・フィアスティン
撮影:ロバート・エルスウィット
編集
マイケル・アルカン

ドミニク・フォーティン
音楽:デイヴィッド・アーノルド
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:
シェリル・クロウTomorrow Never Dies

出演
ジェームズ・ボンド:ピアース・ブロスナン
エリオット・カーヴァー:ジョナサン・プライス
ウェイ・リン:ミシェール・ヨー
パリス・カーヴァー:テリー・ハッチャー
ヘンリー・グプタ:リッキー・ジェイ
スタンパー:ゴッツ・オット
ジャック・ウェイド:ジョー・ドン・ベイカー
カウフマン博士:ヴィンセント・スキャベリ
チャールズ・ロビンソン:コリン・サーモン
ローバック提督:ジョフリー・パーマー
M:ジュディ・デンチ
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:サマンサ・ボンド

イギリス 映画
配給
MGM/ユナイテッド・アーティスツ

1997年製作 119分
公開
イギリス:1997年12月12日
北米:1997年12月19日
日本:1998年3月14日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $125,332,007
世界 $333,011,068


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

イギリス諜報部MI6は、 ロシア国境付近での武器マーケットの調査を始めていた。

そこに侵入したイギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)から送られてくる撮影映像を基に、イギリス軍はミサイル攻撃を行う。

しかし、現場に核爆弾が発見され、遠距離のため発射されたミサイルの自爆装置を解除できず、ボンドは、核爆弾を搭載した戦闘機を奪い脱出する。

現場にいたテロリスト、ヘンリー・グプタ(リッキー・ジェイ)も、その混乱の中、暗号機を奪って逃走してしまう。

やがて、南シナ海で、イギリス海軍フリゲート艦が何者かの攻撃を受ける。

フリゲート艦は沈没し、イギリス海軍は、それを中国軍の攻撃と報告するが、同時に中国軍ミグも撃墜されてしまう。

その影には、事件を自ら演出し、スクープとして話題をさらおうとする、メディア王のエリオット・カーヴァー(ジョナサン・プライス)がいた。

カーヴァーは、現場で事件を仕掛けたスタンパー(ゴッツ・オット)に、フリゲート艦の生存者の抹殺を命ずる。

イギリス海軍のローバック提督(ジョフリー・パーマー)は、即刻、海域に艦隊を送り込もうとする。

それに反対するMI6のM(ジュディ・デンチ)だったが、ボンドが持参したカーヴァーの新聞”トゥモロー”が、堂々と”英中交戦”と報じてしまっているのを知らせる。

ボンドは、政府機関よりも早くこの件を知ったカーヴァーを怪しむ。

カーヴァー主催の、全世界に電波を発信する新通信衛星発表パーティーが開催される、ハンブルクに向かうようMはボンドに命ずる。

Mの秘書マネーペニー(サマンサ・ボンド)から、パスポートなどを受け取ったボンドは現地に飛ぶ。

空港のレンタカー係に扮したQ(デスモンド・リュウェリン)から、ボンドは新装備のBMW(750iL)を支給される。

銀行家に扮してパーティーに出席したボンドは、カーヴァーと簡単な挨拶を交わして、既知の間柄であった夫人パリス(テリー・ハッチャー)に再会する。

ボンドが銀行家でないことを見抜いたカーヴァーは、彼を痛めつけるよう部下に命ずる。

しかし、ボンドは相手を倒してコントロールルームに侵入し、カーヴァーのセレモニーを妨害して彼に恥をかかせる。

ボンドの元に妻パリスを向かわせたカーヴァーは、テクノ・テロリストのグプタの調べで、ボンドが諜報員で、パリスと深い関係であったことを知る。

パリスと愛し合ったボンドは、カーヴァーのビルの最上階に秘密の研究所があることを彼女から知らされる。

カーヴァーの研究室に潜入したボンドは、グプタの部屋で暗号機を発見するものの、再び襲われてしまう。

ボンドはそこで、パーティーに出席していた、新華社の記者であるはずのウェイ・リン(ミシェール・ヨー)を見かける。

ビルを抜け出して車(BMW)に戻ったボンドは、カーヴァーから電話を受けるが、彼は暗号機とパリスを奪ったことを承知していた。

ボンドがホテルに戻ると、カーヴァーの手下のカウフマン博士(ヴィンセント・スキャベリ)がパリスを殺害していた。

車(BMW)に隠した”暗号機”を渡すよう、カウフマンに強要されたボンドは、車のリモコンになっている携帯電話を渡し、スタンガン機能で彼を感電させて射殺する。

駐車場に行き、リモコンで車を操作して窓から飛び乗ったボンドは、追ってきたスタンパーの手下達を、BMWの装備を駆使して撃退し逃げ延びる。

南シナ海アメリカ空軍基地。
ボンドは、
CIAのジャック・ウェイド(ジョー・ドン・ベイカー)の協力で、撃沈されたフリゲート艦が沈むベトナム領海に向かう。

沈没したフリゲート艦内で、ボンドは再びリンと出くわすが、スタンパーに捕らえられてしまう。

サイゴンに連れて行かれた二人は、自分達の死亡記事を書くカーヴァーの前に突き出される。

カーヴァーは、イギリス諜報員のボンドと中国外務公安部員リンの正体を見破っていた。

スタンパーに、拷問にかけられそうになったボンドは、リンと協力して隙を見てその場を脱出し、市内をバイクで逃走する。

追ってきたヘリコプターを墜落させた後、リンはボンドを置き去りにしてその場を去る。

リンを追ったボンドは、彼女のアジトで、ステルス艦で中国に向けてミサイルを発射し、戦争を引き起こして、それを自社の独占報道にしようとするカーヴァー計画を知る。

その場所が、ハーロン湾だと気づいた二人は現場に向かい、ステルス艦に潜入するものの、リンがスタンパーに捕らえられてしまう。

スタンパーは、ボンドを殺して、仕掛けられた爆薬を除去したことをカーヴァーに報告する。

近辺にいたイギリス艦隊に対し、中国軍ミグも攻撃態勢に入る。

カーヴァーの企みを知ったMは、ステルス艦を探す命令を艦隊に出すよう、ローバック提督に要請する。

自分が死んだように見せかけたボンドは、グプタを人質に取り、カーヴァーはリンに銃を突きつける。

ミサイルの照準を、北京に合わせたことを知ったカーヴァーは、用のなくなったグプタを殺し、ボンドは反撃してリンを救い出す。

リンが計器を銃撃してステルス艦を航行不能にし、イギリス艦隊の砲撃も始まる。

ボンドはカーヴァーを倒し、ミサイルを爆発させ、スタンパーをステルス艦もろとも大破させる。

スタンパーに、海中に沈められたリンを救い出したボンドは、世界の危機を回避することに成功する。

その後、Mはカーヴァーが自殺したとの声明文を出させる。

そして、ボンドとリンは、救援に来たイギリス艦に応答せず、ステルス艦の残骸上で愛し合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

イギリス諜報部MI6は、 ロシア国境付近での武器マーケットの調査を始めていたが、そこに侵入した諜報員ジェームズ・ボンドは、イギリス軍のミサイル攻撃と共に、現場にあった核爆弾を発見し、それを搭載した戦闘機を奪い脱出する。
その後、
イギリス海軍フリゲート艦が、南シナ海で何者かの攻撃を受け、イギリス側はそれを中国軍の攻撃と報告するが、同時に中国軍ミグも撃墜されてしまう。
実はその影には、事件を自ら演出してスクープとして話題独占を考える、メディア王カーヴァーの存在があった。
不穏な空気が流れ始める中、
イギリス海軍のローバック提督は、海域に艦隊を送り込もうとする。
それに反対する
MI6のMは、カーヴァーの新聞”トゥモロー”が、”英中交戦”と報じてしまっているのを知る。
ボンドは、政府機関などよりも早くこの件を知ったカーヴァーを疑い、Mからの命令を受け、彼が主催する新通信衛星発表パーティーが開催される、
ハンブルクに向かうのだが・・・。
__________

前作「ゴールデンアイ」(1995)のボンド交代が成功し、今回は製作費倍増の1億1000万ドルとなり、前作同様の大ヒットとなったアクション大作。

北米興行収入 $125,332,007
世界 $333,011,068

前年亡くなった007シリーズの生みの親である、アルバート・ R・ブロッコリに捧げられた作品でもある。

注目のボンドカーは、多機能敢然重装備BMW750iLを使用しているが、ボンドが手に入れた設定の愛車として、アストンマーチンDB5が登場するのが嬉しい。

世界遺産ハーロン湾など、シリーズ屈指の美しいアジアを描いた作品でもある。

前作「ゴールデンアイ」(1995)で初登場して好評だったピアース・ブロスナンが、2作目にして完全にボンド役が板についているという感じを受ける。
お馴染みの、クールで人を食ったような言動他、ハード・アクションも見事にこなしている。

メディアの帝王という設定だからと言えばそれまでだが、ジョナサン・プライスが、あまり悪役に見えないのが気になる。
闇黒街のボスのようなボンドの敵役も、このシリーズに合わないのも事実だ。

なんと言っても、出色のキャラクター、ミシェール・ヨーには注目だ。
冷静沈着な知的な美しさに加えて、半端でないアクション、最近のボンドガールの中では群を抜く存在感で、ハリウッドで活躍するNo.1アジア人女優の実力を見せ付けてくれる。

殺してくれと言わんばかりの、大胆な行動をとってしまうカーヴァー夫人テリー・ハッチャー、巨体を活かし、確かに強いが一歩間違えるとただの”でくの坊”に見えなくもないゴッツ・オット、前作に続く同じ役で登場するCIAジョー・ドン・ベイカー、呆気なくボンドに殺されてしまうのが残念な怪優のヴィンセント・スキャベリ、テクノ・テロリストのリッキー・ジェイ、ローバック提督ジョフリー・パーマー、そしてレギュラーのMジュディ・デンチ、Qデスモンド・リュウェリン、マネーペニーのサマンサ・ボンドももちろん登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター