トプカピ Topkapi (1964) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1962年に発表された、エリック・アンブラーの小説”The Light of Day”を基に作製された作品。
世界の秘宝を手に入れようとする百戦錬磨の怪盗の強盗計画を描く、監督、脚本ジュールス・ダッシン、出演メリナ・メルクーリピーター・ユスティノフマクシミリアン・シェルロバート・モーリー他共演による犯罪コメディの秀作。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ジュールス・ダッシン
製作:ジュールス・ダッシン
原作:エリック・アンブラー”The Light of Day”
脚本:モンヤ・ダニシェフスキー

撮影:アンリ・アルカン
編集:ロジャー・ドゥワイヤー
音楽:マノス・ハジダキス

出演
エリザベス・リップ:メリナ・メルクーリ

アーサー・サイモン・シンプソン:ピーター・ユスティノフ
ウォルター・ハーパー:マクシミリアン・シェル
セドリック・ペイジ:ロバート・モーリー
ジェヴァン:エイキム・タミロフ
ジュリオ:ギレス・シーガル
ハンス・フィッシャー:ジェス・ハーン
ハーバック:ティトス・ヴァンディス
ジョセフ:ジョセフ・ダッシン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1964年製作 119分
公開
北米:1964年9月17日
日本:1964年12月


アカデミー賞 ■

第37回アカデミー賞
・受賞
助演男優(ピーター・ユスティノフ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

トルコイスタンブール
女盗賊エリザベス・リップ(メリナ・メルクーリ)は、博物館”トプカピ宮殿”の秘宝”スルターンの短剣”に魅了されていた。

エリザベスは、短剣を手に入れるために、親密な関係でもある泥棒紳士ウォルター・ハーパー(マクシミリアン・シェル)に計画を持ちかける。

ウォルターは、今回の計画では素人を使うことを提案して、発明家のイギリス人セドリック・ペイジ(ロバート・モーリー)を仲間に引き入れ、警報装置を破る秘策を考える。

ギリシャに飛んだエリザベスとウォルターは、歴史家で観光ガイドでもあるイギリス人、アーサー・サイモン・シンプソン(ピーター・ユスティノフ)に目をつけて利用しようとする。

二人は、シンプソンに、高級車をイスタンブールまで運ばせる仕事をさせる。

その日暮らしのシンプソンは、100ドルに釣られてトルコ国境に向かうが、パスポートの期限切れで入国を拒否されてしまう。

さらに、車から武器が発見されたシンプソンは、逮捕されて拘束の身となってしまう。

当局にテロリスト扱いされたシンプソンは、無実を主張するものの、それを証明するために、テロの黒幕を捜し出す協力を強要される。

当局に監視されながら、イスタンブール入りしたシンプソンは、指定されたホテルに向かい、それを待ち構えていたセドリックに車を渡す。

しかし、車が運転手か夫人にしか運転できないことを当局に指摘され、仕方なくセドリックは、シンプソンと共にエリザベスとウォルターの元に向かう。

現れたシンプソンに驚くエリザベスとウォルターは、車が彼しか運転できないということを怪しく思う。

曲芸師ジュリオ(ギレス・シーガル)と怪力ハンス・フィッシャー(ジェス・ハーン)も仲間に入れていたエリザベスとウォルターは、シンプソンの背後を警戒する。

シンプソンは、飲んだくれのコック、ジェヴァン(エイキム・タミロフ)から、エリザベスらがロシアのスパイだと聞かされて、当局にそれを知らせる。

それを受けた当局はシンプソンと接触し、エリザベスらがスパイだという詳しい情報を要求する。

エリザベスらは”トプカピ宮殿”を下見して、セドリックが、短剣の展示ケースの合鍵を作る。

最終的な段取りをしている最中、コックのジェヴァンとフィッシャーが揉め事を起こして、フィッシャーが両手の指を潰してしまう。

シンプソンは、盗み聞きした計画を当局に知らせるが、フィッシャーの代わりに計画に加担させられ、報酬1万ドルを提示される。

エリザベスとウォルターは、シンプソンから当局に監視されていることを知らされ、ウォルターは車に隠された武器を使わずに、計画を実行する方法を考える。

計画実行が決まり、オイル・レスリング”ヤールギュレシ”の会場で当局をまいたウォルターらは、”トプカピ宮殿”に向かう。

ウォルター、シンプソン、ジュリオは、エリザベスとセドリックが灯台に向かった合図を見て、博物館に侵入する準備を始める。

エリザベスとセドリックは、灯台の光が、博物館に侵入しようとするジュリオに当たらぬよう細工をする。

ジュリオは、短剣のケースを頭上から持ち上げて、偽物と摩り替え脱出するが、内部に小鳥が侵入してしまう。

ウォルターらは、見世物小屋のジョセフ(ジョセフ・ダッシン)の協力で、無事”トプカピ宮殿”からレスリング会場に戻り、エリザベスらと合流する。

エリザベスらは当局の取調べを受けるが、シンプソンが当局に渡すのを止めたメモが見つかる。

小鳥が博物館に侵入して警報を鳴らしてしまったことから、エリザベスらは逮捕され、投獄されてしまう。

出所日の前日、エリザベスらはクレムリンロマノフ王朝の秘宝を奪う計画を立て、その後、仲間達とモスクワに向かう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

トルコの”トプカピ宮殿”秘蔵の”スルターンの短剣”を狙う、女盗賊エリザベス・リップは、親密な関係の泥棒紳士ウォルターに計画を持ちかける。
ウォルターは、イギリス人の発明家セドリックを仲間に引き入れ、警報装置を破る秘策を考える。
その後、エリザベスとウォルターは、歴史家で観光ガイドでもあるイギリス人のシンプソンを雇う。
しかし、シンプソンは、あることがきっかけで当局に目をつけられてテロリスト扱いされてしまい、スパイの役目を強要される。
そして、予定通り、エリザベスらの計画は実行されるのだが・・・。
__________

大真面目な強盗劇と、ユーモラスなキャラクターを巧みにマッチングさせ、後に妻となる名コンビ、メリナ・メルクーリを主演に、絶妙な演出を見せる、ジュールス・ダッシンの快心作。

第37回アカデミー賞では、ピーター・ユスティノフが助演男優を受賞した。

イスタンブール世界遺産である”トプカピ宮殿”他の、風光明媚なロケーションが素晴らしい効果を上げている。

資料がないので不明なのだが、”トプカピ宮殿”の屋根のシーンなどは、実際に撮影したとしか思えない、セットでは表現不可能と思えるほどの見事さだ。

その背後に見えるボスポラス海峡マルマラ海金角湾など、パノラマのように見せてくれる景色も実に美しい。

人を惹き付ける魅力ある女性、怪盗を演ずるメリナ・メルクーリは、オーラを感じさせる独特の雰囲気で登場する。

容姿から滲み出る、ユーモラスなイメージが、作品内容に合っているピーター・ユスティノフ、プレイボーイ風ではあるが、冷静な計画実行者マクシミリアン・シェル、愉快な発明家ロバート・モーリー、出色の怪演を見せる、酔いどれコックのエイキム・タミロフ、曲芸師ギレス・シーガル、怪力のジェス・ハーンジュールス・ダッシンの息子ジョセフ・ダッシンが見世物小屋の青年役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター