トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン Transformers: Dark of the Moon (2011) 3/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハリウッド最強のヒットメイカー、スティーヴン・スピルバーグマイケル・ベイのコンビによる、スーパー・ヒット・シリーズ第三作。
主演シャイア・ラブーフロージー・ハンティントン=ホワイトリーケヴィン・ダンジョン・タトゥーロパトリック・デンプシージョン・マルコヴィッチジョシュ・デュアメルフランシス・マクドーマンド他共演。


アクション/アドベンチャー

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・ベイ
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ

マイケル・ベイ
ブライアン・ゴルドナー
製作
ドン・マーフィー

トム・デサント
ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ
イアン・ブライス

脚本:アーレン・クルーガー
撮影:アミール・モクリ
編集
ロジャー・バートン

ウィリアム・ゴールデンバーグ
ジョエル・ネグロン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
主題歌:リンキ・ンパークIridescent

出演
サム・ウィトウィッキー:シャイア・ラブーフ
カーリー・スペンサー:ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
シーモア・シモンズ:ジョン・タトゥーロ
ダッチ:アラン・テュディック
ロン・ウィトウィッキー:ケヴィン・ダン
ジュディ・ウィトウィッキー:ジュリー・ホワイト
ディラン・グールド:パトリック・デンプシー
ブルース・ブラゾス:ジョン・マルコヴィッチ
ジェリー・ワン:ケン・チョン
ウィリアム・レノックス:ジョシュ・デュアメル
ロバート・エップス:タイリース・ギブソン
シャーロット・メアリング:フランシス・マクドーマンド
モーシャワー将軍:グレン・モーシャワー
デミトリ:エリヤ・バスキン
本人:エドウィン”バズ”オルドリン

アメリカ 映画
配給 MGM

パラマウント・ピクチャーズ
2011年製作 154分
公開
北米:2011年6月29日
日本:2011年7月29日
製作費 $195,000,000
北米興行収入 $352,390,543
世界 $1,123,746,996


アカデミー賞 ■

第84回アカデミー賞
ノミネート
音響編集・録音・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

惑星サイバトロン。
平和を維持していた金属生命体、自由を守るオートボットと独裁を企てるディセプティコンの間で戦争が勃発する。

劣勢のオートボットは敗北が近づき、秘密の物体を載せた一隻の宇宙船が惑星から脱出しようとするが、攻撃を受けてその希望も消える・・・。

1961年、バージニア州、ラングレー
NASA長官は、月面に、ある物体が激突したことを伝えられる。

それは、ペンタゴン国防長官に知らされて、謎の飛行物体がに墜落したことは、ケネディ大統領に報告される。

大統領は、ソ連が調査を始めたことを知り、直ちに探査計画を実行することを発表する。

1969年7月16日。
進められていた”アポロ計画”は、アポロ11号によって月面着陸のミッションが実行される。

ニール・アームストロングマイケル・コリンズエドウィン”バズ”オルドリンの三人の搭乗員はをめざし、順調に飛行を続ける。

7月20日。
船長アームストロングは、人類で初めて月面に立ち、続いて船外に出た月着陸船操縦士オルドリンと共に、墜落した飛行物体の調査を始める。

政府は、着陸地点”静かの海”がの裏側(ダークサイド)に入ったことで、交信が断絶状態になったこととし、両飛行士に物体内の状態を調べさせる。

そしてアームストロングは、巨大な金属の顔を発見し、生命体がいた可能性を報告する。

その後、三人の宇宙飛行士は無事に地球に帰還し、司令船からは極秘物質が入ったケースが持ち出される。

現代。
大学を卒業したものの、政府関係者及び当局に監視されていた関係で、未だ就職先が決まらないサム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)は、イギリス大使館員をしていたカーリー・スペンサー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)の家で彼女と同棲していた。

二度も地球を救ったサムは、オバマ大統領から勲章を貰い、政府から受けた学費で卒業するものの、相変わらず就職活動を続ける日々を送っていた。

そんな時、予定より早く、両親ロン(ケヴィン・ダン)とジュディ(ジュリー・ホワイト)が訪ねてきたため、サムは焦ってしまう。

地球上は、エネルゴン探知機が各都市を守り、長距離防衛システムが上空を監視し、オートボットは、平和を維持するために、秘密攻撃部隊”NEST”と共に、地球の問題解決に手を貸す極秘活動を続けていた。

ウクライナ
NESTの指揮官であるウィリアム・レノックス大佐(ジョシュ・デュアメル)は、サイバトロンに関する情報を入手する。

レノックスは、オートボットと共にチェルノブイリで調査を始める。

現地に到着し、ある金属物体を見つけたレノックスらだったが、ワーム型の巨大ディセプティコン、ドリラーに襲われる。

オートボットのオプティマスが、現われたショックウェーブを撃退し、持ち去られようとした物体が、オートボットの宇宙船のエンジンだと分かる。

バンブルビーが任務で不在だったため、故障した愛車の代わりに両親に送られ、各社を面接するサムだったが、感触は良くない。

航空宇宙産業のアキュレッタ・システムズ社副社長ブルース・ブラゾス(ジョン・マルコヴィッチ)の面接を受けたサムは、気が進まないままに採用が決まる。

ワシントンD.C.、NEST秘密本部。
任務を終えてオートボットらと帰国したレノックスは、国家情報長官シャーロット・メアリング(フランシス・マクドーマンド)の訪問を受ける。

オプティマスは、情報を自分達と共用する約束だったことをメアリングに問い、”物体”を、なぜ人間が持っていたかを追求する。

メアリングは、それを知る者として、NASAの創設時の指揮官と、初めてに行ったバズ・オルドリンを紹介し、1960年代の宇宙計画の目的を説明し始める。

月面での調査は極秘事項とされ、ソ連が行った無人探査で、発見した”燃料棒”が核物質だと判断し、チェルノブイリでそれを使用しようとしたのだった。

オプティマスは、墜落した宇宙船のシェルターの中にいたはずの、オートボットの指揮官でもあるテクノロジーの発明者”センチネル・プライム”の存在を語り始める。

ディセプティコンよりも先に、それを見つける必要があることを伝えるオプティマスは、直ちにに向かうことをメアリングに提案する。

カーリーの勤務する会計会社に彼女を訪ねたサムは、社長のディラン・グールド(パトリック・デンプシー)から気軽に声をかけられる。

カーマニアのグールドに、そのコレクションを見せられたサムは、彼が、信頼以上にカーリーを頼っているのが気になり苛立つ。

に向かったオプティマスは静かの海に到着し、宇宙船アーク内で、生命反応のないセンチネル・プライムを救出し、”柱”と共に連れ地球に戻る。

アフリカ
メガトロンは、チェルノブイリの罠にはまったオートボットが、アーク内の物体を回収したことを、サウンドウェーブから報告される。

サウンドウェーブは、用済みとなった者達を抹殺するようメガトロンから命ぜられる。

アキュレッタのメール係として働き始めたサムは、現われたカーリーが、グールドから”メルセデスSLS AMG”を贈られたことを知り、再びショックを受ける。

その後サムは、ディセプティコンのスパイだった、同僚社員のジェリー・ワン(ケン・チョン)から、”ダークサイド・オブ・ザ・ムーン”という言葉と共に、オートボットを助けるための情報を強引に渡される。

ワンは、侵入していたサウンドウェーブに、自殺に見せかけられ、ビルから落下し死亡する。

サウンドウェーブはサムにも襲い掛かるが、それを逃れた彼は、カーリーと共にNEST本部のレノックスの元にに向かう。

入り口で、自分の話を信じてもらえないサムだったが、そこにバンブルビーが現われて、レノックスの元に案内される。

レノックスはサムから事情を聞き、彼の同僚が月観測衛星に関与していたことなどを、メアリングに伝える。

オプティマスに収納されている、マトリックスのパワーによりセンチネルは復活し、宇宙の体系を変えてしまう”柱”についての説明を始める。

センチネルは、柱は、全ての物を運べる超時空移動が可能なスペース・ブリッジとなり、自分だけが操作できるそれが、ディセプティコンに渡った場合は地球が滅びることを伝える。

協力する希望をメアリングに拒まれたサムは、ベストセラー作家となった元セクター7の捜査官シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ)に連絡を入れる。

サムから”、アポロ計画”に、隠された秘密があると聞かされたシモンズは、彼に協力して行動を開始する。

それには、ブラゾスも興味を示して情報提供に協力し、ワンが、の裏側を観測することを妨害していたことなどが分かる。

それにより、ディセプティコンが何かを探しているのではなく、隠していたのだろうとシモンズは考える。

サムと共に暮らすオートボットのブレインズは、1972年にソ連が有人宇宙飛行を中止し、その飛行士がアメリカに逃亡したことをシモンズらに伝える。

カーリーは、あえて危険に挑むサムを理解できず、彼の元を去って行く。

ソ連の元宇宙飛行士デミトリ(エリヤ・バスキン)らに接触したシモンズとサムは、彼らから、ディセプティコンが柱を回収した”ルナ計画”の証拠写真を見せられる。

サムは、ディセプティコンがセンチネルを生かしておいたことで、全てが罠だったことを見破り、回収した5本の柱の他に数百本それがあることをメアリングに知らせる。

ディセプティコンに襲われたサムらは、何とかNEST本部に戻るが、センチネルは突如として同胞に攻撃を加え、アイアンハイドを殺害する。

前の戦争に勝ち目のないことを知ったセンチネルは、メガトロンと手を組んだのだった。

センチネルは本部内で暴れ回り柱を奪って逃走し、メアリングは、それをオプティマスの責任にして責める。

その後メガトロンは、リンカーン記念館に陣取り、センチネルは、”リフレクティング・プール”上で柱を作動させてスペース・ブリッジにより、月面のディセプティコン軍団を移動させる。

カーリーの元に向かったサムは、彼女を屋敷に招待していたグールドが、ディセプティコンの協力者だと知らされる。

サムはカーリーを人質に取られ、監視装置をつけられて、オプティマスの行動を知らせるよう報告される。

そして、ディセプティコンの脅迫に屈した人類は、オートボットの追放を決め、サムは、その搬送に使う宇宙船ザンディウムをメアリングに見せられる。

サムはその場で、NASA職員となった、元NESTのロバート・エップス(タイリース・ギブソン)に再会する。

負傷していたシモンズは、NEST本部でメアリングと会い、只ならぬ仲だったことを互いに思い出す。

オプティマスに別れを告げようとするサムは、彼がどうやって反撃するかを聞きだそうとする。

しかし、オプティマスは、人類の決断に従うことを告げて、バンブルビーもサムとの別れを惜しみ、ザンディウムで宇宙に飛び立っていく。

ザンディウムからブースターが切り離された直後、宇宙船は撃墜されてしまう。

ハイテクに強いシモンズの執事ダッチ(アラン・テュディック)は、グールドに連れ去られたカーリーが、シカゴの”トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー”のペントハウスにいることを突き止め、サムはエップスの協力でその場に向かう。

その頃カーリーは、センチネルが柱を使い、サイバトロンを地球に転送しようとしていることをグールドに知らされる。

役目を終えたグールドは、メガトロンに追い払われ、彼は生き延びるために彼らに従うしかなかったのだが、シカゴ市内へのディセプティコンの攻撃は始まる。

サムとエップスはシカゴに到着し、その惨状を見て愕然とする。

エップスの制止を振り切り、単独でカーリーを救い出そうとしたサムだったが、ディセプティコンの攻撃を受ける。

そこに、ディセプティコンの企みを知っていたオートボット軍団が現われて敵を倒し、サムに、地球を去ったように見せかけたことを伝える。

バンブルビーが操縦するディセプティコンの戦闘機に乗り、”トランプ・タワー”に侵入したサムは、サウンドウェーブに攻撃されながらもカーリーを救い出す。

グールドは、メガトロンらにオートボットの存在を知らせ、撃墜された無人機の通信装置を復活させたエップスが、NEST本部と交信に成功する。

カーリーが、”ホチキス・グールド・ビル”にコントロール装置があることを伝え、レノックスは、死を覚悟して大部隊を率いシカゴに向かう。

サムやエップスらは、あるビルから”ホチキス・グールド・ビル”を攻撃しようとするが、そのビルが倒壊させられそうになる。

ショックウェーブが現われ、ドリラーの攻撃を受けてビルは隣のビルに倒れる。

サムらはそちらのビルに飛び移り、現われたオプティマスがドリラーを倒す。

センチネルは、世界中のディセプティコンに柱を起動させるように指令をだす。

エップスらとはぐれたサムとカーリーは、スタースクリームに襲われ、到着していたレノックスと合流して相手を倒す。

センチネルは”スペース・ブリッジ”を起動させ、バンブルビーは捕らえらキューは殺されてしまう。

バンブルビーも殺されそうになるが、ディセプティコンの戦艦に侵入していたホィーリーとブレインズの、破壊工作による落下物で混乱する中、その隙に反撃する。

レノックスは、エップスらと協力してショックウェーブら5体のディセプティコンに攻撃を仕掛け、サムと共に駆けつけたオートボットが加勢する。

センチネルは転送を開始してしまうが、現われたオプティマスがそれを阻止し、二体は一騎打ちとなる。

オプティマスは、ディセプティコンの戦闘機の攻撃を受けそうになるが、発射された”トマホーク”ミサイルがそれを撃墜する。

グールドが、センチネルの指示で柱を再起動させようとするが、サムがそれを阻止ししようとする。

しかし、グールドは柱を再起動してしまい転送が始まるものの、カーリーが全てを支配するのはセンチネルだとメガトロンに告げる。

センチネルは、オプティマスを傷つけて叩きのめすが、そこにメガトロンが現われて攻撃を仕掛ける。

サムは、グールドを倒して柱をバンブルビーらに破壊させて、サイバトロンの転送を阻止する。

オプティマスは、片腕でメガトロンを破壊し、瀕死のセンチネルの息の根を止める。

サムは、無事だったカーリーに寄り添って愛を確かめ合い、バンブルビーが二人の結婚のために、指輪用に自分の部品を提供する。

生き残ったオートボットと、戦い抜いたレノックスやエップスらは、お互いを称え合う。

そしてオプティマスは、自分達が地球と人間を見捨てないことを誓う。

シモンズはメアリングを抱き寄せて、新たなる未来の始まりを語る。

しかしメアリングは、厚かましいシモンズを逮捕するよう部下に命じ、彼は喜んで服役することを告げる。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「トランスフォーマー」(2007)
・「トランスフォーマー:リベンジ」(2009)
・「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(2011)
・「トランスフォーマー/ロストエイジ」(2014)
・「トランスフォーマー/最後の騎士王」(2017)

*(簡略ストー リー)

1961年、アメリカは月面に飛行物体が墜落したことを確認し、探査を始めていたソ連に対抗し、ケネディ大統領は、有人月探査の”アポロ計画”の実行を決意する。
1969年、アポロ11号の月着陸成功により、地球外生命体の存在の可能性を確認したアメリカ政府は、その後も探査を続け、その内容は極秘事項となる。
現在、大学を卒業したものの、政府機関などに監視されていたことで、就職が決まらないサム・ウィトウィッキーは、不本意ながら航空宇宙産業のアキュレッタ・システムズに採用される。
同じ頃、ソ連が手に入れていた、オートボットの宇宙船のエンジンを回収したオプティマスと秘密攻撃部隊”NEST”は、国家情報長官メアリングを中心に、本件を協議する。
オプティマスは、月面に墜落した宇宙船内にいるはずの、自分の前任者で、オートボットの指揮官”センチネル・プライム”の救出作戦を実行する。
しかし、それは、ディセプティコンのメガトロンが、地球絶滅を企むために仕掛けた、巧妙な罠だった・・・。
__________

物語は成熟し、そろそろ飽きてくるかと思いきや、”アポロ計画”が、月面に墜落した謎の飛行物体探査のための計画だったという設定に、冒頭から引き込まれる。

おまけに、”アポロ11号”の月着陸船操縦士エドウィン”バズ”オルドリン本人の登場は、”アポロ計画”自体の真実を疑う声が実際にある中で、よく出演に同意したものだと驚くばかりだ。

シリーズが進むに連れ、次第に進歩していく革新的映像技術の素晴らしさは言うまでもなく、その点は、手放しで楽しめる見事な仕上がりとなっている。

多くの登場人物を満遍なく活躍させる、マイケル・ベイの無駄のないシャープな演出も冴えている。

映画の中で、破壊されることの少ないシカゴの壊滅シーンも凄まじい迫力だ。

しかし、相変わらず批評家などの評価は低く、ラジー賞でも主要部門全てにノミネートされている。

そんなことはどこ吹く風、北米では前作を下回った興行収入は約3億5200万ドルだったが、なんと全世界では約11億2400万ドルという、シリーズ中ダントツの大ヒットとなった。

第84回アカデミー賞では、音響編集、録音、視覚効果賞にノミネートされた。

豪華キャストも注目で、ようやく大人っぽくなった主人公を演ずるシャイア・ラブーフ、その恋人で、どうしても前作までのヒロイン、ミーガン・フォックスと比較してしまう、やや物足りないロージー・ハンティントン=ホワイトリー、お馴染みのシリーズの顔で、ベストセラー作家になっているジョン・タトゥーロ、その執事アラン・テュディック、主人公の両親ケヴィン・ダンジュリー・ホワイト、ディセプティコンに加担する実業家パトリック・デンプシー、主人公を雇う航空宇宙産業関連企業副社長をユーモラスに演ずるジョン・マルコヴィッチ、同社社員ケン・チョン、NEST指揮官ジョシュ・デュアメル、元同僚タイリース・ギブソン国家情報長官を貫禄で演ずるフランシス・マクドーマンド、NEST司令官のグレン・モーシャワーソ連の元宇宙飛行士役エリヤ・バスキンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター