トゥルーライズ True Lies (1994) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

主演のアーノルド・シュワルツェネッガーフランス映画の”La Totale”(1991)を気に入り、盟友ジェームズ・キャメロン(製作、監督、脚本)に企画を提案したリメイク作品。
機密機関諜報員と妻が、テロリストの陰謀に巻き込まれながら戦いを挑む姿を描く、ジェイミー・リー・カーティスティア・カレルトム・アーノルド他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ジェームズ・キャメロン
製作
ジェームズ・キャメロン

ステファニー・オースティン
製作総指揮
ロバート・シュライヴァー
ローレンス・カザノフ
原案
クロード・ジディ“La Totale!”
シモン・ミシェル

ディディエ・カミンカ
脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:ラッセル・カーペンター
編集
コンラッド・バフ

マーク・ゴールドブラット
リチャード・A・ハリス
音楽:ブラッド・フィーデル

出演
アーノルド・シュワルツェネッガー:ハリー・タスカー
ジェイミー・リー・カーティス:ヘレン・タスカー
ティア・カレル:ジュノ・スキナー
トム・アーノルド:アルバート”ギブ”ギブソン
アート・マリック:サリーム・アブー・アジス
グラント・ヘスロヴ:ファイザル
ビル・パクストン:サイモン
エリザ・ドゥシュク:デイナ・タスカー
チャールトン・ヘストン:スペンサー・トリルビー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1994年製作 140分
公開
北米:1994年7月15日
日本:1994年9月
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $146,282,411
世界 $378,882,411


アカデミー賞 ■

第67回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

機密機関”オメガ・セクター”の諜報員であるハリー・タスカー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、相棒アルバート”ギブ”ギブソン(トム・アーノルド)やファイザル(グラント・ヘスロヴ)ら援護チームと共に、スイスの武器商人の邸宅から、コンピュータの情報を盗み出すことに成功する。

ワシントンD.C.
帰国したハリーは自宅に戻るが、家族にも正体を明かせない彼は、コンピュータのセールスマンということになっていた。

ハリーの妻のヘレン(ジェイミー・リー・カーティス)と娘デイナ(エリザ・ドゥシュク)は、出張が続き、家を留守にする機会の多い彼に不満を感じていた。

ハリー達が手に入れた情報から、武器商人がテロリストに1億ドルの資金を提供したことがわかる。

そこで、ハリーの上司のスペンサー・トリルビー(チャールトン・ヘストン)は、資金の流れについての確たる証拠を求める。

スイスで会った古美術商ジュノ・スキナー(ティア・カレル)への、金の流れを知ったハリーは彼女に接触する。

その後、ハリーは自分の誕生日祝いをする、ヘレンとデイナの待つ自宅に帰ろうとするが、尾行されていることに気づき、ショッピング・モールに向かう。

ハリーは、追ってきた男(アート・マリック)の手下に襲われるが、敵を次々と倒す。

現れた男の銃撃を逃れ、その後、逆に彼を追跡するものの逃げられてしまう。

翌日ハリーは、襲われた相手が、極悪非道のテロリストのリーダー、サリーム・アブー・アジス(アート・マリック)だということを知る。

一方、法律事務所に勤めるヘレンが、謎の男サイモン(ビル・パクストン)と密会していることを知ったハリーはショックを受け、テロリストの捜査そっちのけで彼女の行動を探る。

国家機密に関わるスパイ気取りのサイモンが、女目当ての中古車ディーラーと知ったハリーは、ヘレンを呼び出していた彼のコンテナハウスを襲う。

ヘレンを拘束したハリーは、正体がばれぬよう彼女を尋問し、夫を愛し裏切っていないことを証言させる。

さらに、ハリーはヘレンが刺激のある生活を望んでいることを知る。

そこでハリーは、自分達の調査に協力してある人物とホテルで会うことを条件にヘレンを解放し、サイモンに脅しをかける。

翌日、ホテルにヘレンを呼び出したハリーは、謎の男に扮して観察するものの、彼女に叩きのめされてしまう。

ハリーが正体を明かしたその時、踏み入ってきたアジスの手下に、彼はヘレンと共に捕らえられてしまう。

空港に連れて行かれたハリーとヘレンは、待ち構えていたジュノにプライベート・ジェットに乗せられ眠らされる。

フロリダ沖合いの、アジスらのアジトに連れて行かれた二人は、古代の遺跡に隠した核弾頭を、アメリカ本土に持ち込み爆破させるのが狙いだということを知らされ、ヘレンはハリーがスパイだと知り激怒する。

ハリーを使い、脅迫ビデオを撮ったアジスは、核弾頭の起爆装置を作動させ、島から本土に突入しようとする。

拷問されそうになったハリーは隙を見て脱出するが、ヘレンはアジスに捕らえられ、核弾頭と共に本土に向かう。

ギブに救助されたハリーはヘレンを追い、到着した”AV-8B/ハリアーⅡ”が核弾頭を積んだ車を攻撃する。

ヘレンは、運転手が撃たれ暴走するリムジンの中で、ジュノと格闘になり彼女を叩きのめす。

その後、ハリーがヘリでリムジンに近づき、ヘレンを救い出す。

核弾頭は海上で爆発するが、逃亡したアジスはハリーの娘デイナを人質に捕り、別の核弾頭と共に高層ビルに立てこもる。

デイナを救い出すため、ハリーは”ハリアー”でダウンタウンに向けて飛び立っていく。

その頃デイナは、起爆装置のキーを盗み逃亡し、アジズがそれを追い、脅迫ビデオの撮影班に扮したファイザルが、彼の手下を射殺する。

デイナは到着したハリーのハリアーに飛び乗り、アジスもそれに続く。

アジズはバランスを崩し、空対空ミサイル”AIM-9/サイドワインダー”に引っかかり、ハリーは彼をミサイルごと発射させ爆死させる。

1年後。
諜報員になったヘレンは、ハリーと共に任務に就く。

パーティー会場で、懲りずに女性に近づいていたサイモンを見つけた二人は、彼を追い払い、ギブの指示を無視してタンゴを踊る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

機密機関の諜報員ハリー・タスカーは、国際的武器商人からテロリストに巨額な資金が流れたことを突き止める。
家族にも自分の正体を知られていないハリーは、妻へレンが浮気をしていると思い込み、テロリストの捜査を後回しにして彼女の同行を調査する。
それが誤解だと分かったハリーだったが、ヘレンと共にテロリストのアジズに捕らえられてしまう。
アジズは、古代遺跡に隠した核弾頭をアメリカに持ち込み、爆破させる計画をハリーに知らせる。
隙を見て逃亡したハリーはテロリストを倒し、捕らえられたヘレンを救い、核爆発阻止のためにアジズらを追う・・・。
__________

アクションに、古典的なコメディの要素を取り入れた、まずまず見応えある作品。

巨額の製作費1億1000万ドルが話題になり、北米興行収入は約1億4600万ドル、全世界では約3億8000万ドルの大ヒットとなった。

終盤のハリアーⅡの登場などは斬新なアイデアで、パロディ的に見れば、冒頭の007タッチの展開も面白味はある。

第67回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

ターミネーター2」(1991)でトップ・スターの地位を築き、「ラスト・アクション・ヒーロー」(1993)の失敗を挽回しようと奮闘したシュワルツェネッガーだが、全編コメディアンという感じで通しているのは、作品の雰囲気からして致し方ないところかもしれない。

コメディアンのセンスとしては、妻役で大活躍するジェイミー・リー・カーティスの方が上手という感じで、体を張った演技で熱演している。

ジェームズ・キャメロン作品の常連であるビル・パクストンも、スパイを装い女性を口説こうとする冴えない中古車ディーラーを、コミカルに演じている。

オメガ・セクターの幹部、アイパッチが良く似合うチャールトン・ヘストンの出演が嬉しかった。

顔立ちがシュワルツェネッガーと似ているので、親子のようにも見えた。

テロリストに加担する謎の美女で美術商のティア・カレル、主人公の同僚トム・アーノルドグラント・ヘスロヴ、テロリストのリーダー、アート・マリック、主人公の娘エリザ・ドゥシュクなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター