暴走特急 Under Siege 2: Dark Territory (1995) 3/5 (6)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1992年に公開された「沈黙の戦艦」の続編で、製作も兼ねるスティーヴン・セガールが再び主人公を演ずる、エリック・ボゴシアンキャサリン・ハイグルモリス・チェストナットエヴェレット・マッギル他共演のサスペンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ジェフ・マーフィー
製作
スティーヴン・セガール

スティーブ・ペリー
アーノン・ミルチャン

製作総指揮:ゲイリー・W・ゴールドステイン
脚本
リチャード・ヘイテム

マット・リーヴス
撮影:ロビー・グリーンバーグ
編集:マイケル・トロニック

音楽:ベイジル・ポールドゥリス

出演
ケイシー・ライバック:スティーヴン・セガール

トラヴィス・デイン:エリック・ボゴシアン
サラ・ライバック:キャサリン・ハイグル
ボビー・ザックス:モリス・チェストナット
マーカス・ペン:エヴェレット・マッギル
トム・ブレーカー:ニック・マンキューゾ
ベイツ提督:アンディ・ロマーノ
スタンリー・クーパー将軍:カートウッド・スミス
ガーザ大佐:デイル・ダイ
傭兵1:ピーター・グリーン
傭兵2:パトリック・キルパトリック
傭兵3:スコット・ソワーズ
パティマ:アフィフィ・アラオウィー
スコッティ:ジョナサン・バンクス

リンダ・ギルダー大尉:ブレンダ・バーキ
デヴィッド・トリリング大尉:デヴィッド・ジャノプロス
ライバックのカフェのコック:ロイス・D・アップルゲート

ウィリアムズ大佐:レン・T・ブラウン
ジム:D・C・ダグラス
バーテンのケリー:サンドラ・テイラー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1995年製作 99分
公開
北米:1995年7月14日
日本:1996年1月20日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $50,024,083
世界 $104,324,083


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ペンタゴン
アメリカ空軍
少将スタンリー・クーパー(カートウッド・スミス)は、”ATAC”最新技術評価部で高性能衛星兵器”グレイザー1”のテストを視察して満足する。

クーパーとスタッフのリンダ・ギルダー大尉(ブレンダ・バーキ)と
デヴィッド・トリリング大尉(デヴィッド・ジャノプロス)らは、開発者だが解雇されたトラヴィス・デイン(エリック・ボゴシアン)が、車で湖に転落したことなどを話す。

デインの遺体は発見されていなかったが、クーパーはスタッフ達の労を労う。

コロラド州、デンバー
海軍特殊部隊”SEALs” 部隊長のケイシー・ライバック(スティーヴン・セガール)は、引退してカフェのシェフになっていた。

ライバックは、事故で亡くなった軍人だった兄の娘サラ(キャサリン・ハイグル)と駅で落ち合い、ロサンゼルス行きの列車に乗る。

その列車には、愛し合うギルダーとトリリングも乗車していた。

コロラド空軍基地・捜索救助隊。
マーカス・ペン(エヴェレット・マッギル)ら傭兵集団は、司令室を襲いヘリコプターを奪う。

打ち解ける雰囲気でないサラに、兄との考えの違いから疎遠だったことをライバックは正直に話す。

サラはライバックに心を開き、仲良くすることを約束する。

ポーターのボビー・ザックス(モリス・チェストナット)は、サラに惹かれて接近するが、ライバックに護身術を教わっていた彼女に投げ飛ばされてしまう。

その後、列車は急停車し、待ち構えていた傭兵のスコッティ(ジョナサン・バンクス)は、線路に降りた機関士を射殺して車内にいた傭兵1(ピーター・グリーン)にそれを知らせる。

傭兵1は銃を乱射し、仲間達が列車に乗り込みその場を制圧する。

調理車両にいたライバックは、傭兵の一人を叩きのめして外に放り出す。

到着したペンは、列車内に荷物を運び込み発車させる。

ペンと行動を共にする生存していたデインは、愛し合っていた同僚ギルダーとトリリングに声をかけ二人は拘束される。

自分が死んだと見せかけていたデインは、ある計画を実行しようと考え、車内放送で乗客に警告する。

”グレイザー1”を制御しようとするデインは、ギルダーとトリリングからアクセスコードを聞き出そうとする。

二人は拷問されてアクセスコードを教えてしまい、デインは、信号が検出されないよう移動しながら”グレイザー1”を制御しようとする。

システムに侵入したデインは、”グレイザー1”にアクセスすることに成功する。

冷蔵庫に隠れていたライバックは、その場から脱出して車両の屋根に上り、窓を覗きサラの無事を確認する。

ギルダーとトリリングは用無しとなり、列車から突き落とされる。

車内を警戒するペンは、全ての入り口と窓を封鎖する。

デインは”ATAC”本部をシステムから外し、”グレイザー1”を完全に制御して移動させる。

ライバックは開いていた貨物室の入り口から車内に入り、その場にボビーが隠れていたことを知る。

ペンタゴンのクーパー将軍は、異常事態となったことでギルダーとトリリングを捜すようCIAのトム・ブレーカー(ニック・マンキューゾ)に指示する。

デインは、中国の肥料工場だと言われている実は化学兵器施設を標的にして地震を起こそうとする。

ライバックは通信手段を考え、その場に武器があるかをボビーに調べさせる。

クーパー将軍は中国が攻撃されたことに気づくが、何も手立てがなかった。

ライバックは車両を移動するが、通信回線は切断されていた。

デインは、ペンタゴンを攻撃すると警告し、10億ドルを要求する。

クーパーとブレーカーは、現れたベイツ提督(アンディ・ロマーノ)とガーザ大佐(デイル・ダイ)に現状を報告し、解雇したデイルがシステムを制御していることを伝える。

ライバックは銃を手に入れ、通信装置を見つけてカフェに連絡しようとする。

ペンタゴンは先手を打ち”F-117ステルス攻撃機で”グレイザー1”を攻撃するが、それは違う衛星だった。

旅客機を撃墜したデインはペンタゴンと連絡を取り、地下原子炉を破壊することを予告する。

ボビーの元に戻ったライバックは、彼に銃を渡して撃ち方を教え、先頭車両に向かう。

サラは、軍人として英雄でもあるライバックが助けに来ることを信じる。

ペンは侵入者に気づき部下に調べるよう伝え、ライバックは現れた傭兵を殺す。

屋根を伝って機関室にたどり着いたライバックは、傭兵らに気づかれて銃撃戦となり、敵を次々と倒す。

ライバックは銃弾を受けて姿を消し、ペンは侵入者を始末したと考えるが、ライバックは車両の下に身を潜めていた。

その後、ペンは侵入者が外部と通信したことに気づき、それを行ったのがライバックであることを知る。

ライバックを知るペンは、彼が”SEALs”の部隊長でテロ対策の専門家であることをデインに伝える。

ペンは、傭兵達がライバックの部下であったため、彼を恐れていることを警戒し、なぜ彼がこの列車に乗っていたかを考え、同伴者がいると確信してそれを探す。

ライバックに恋人か子供の同伴者がいることが分かったペンは、サラに近づくものの彼女は乗務員だと答える。

サラが持っていた父親の”海軍十字章”に気づいたペンは、彼女を連れ去る。

ライバックはその場にあった物で爆破物を作り、制御装置の設置された場所でそれを爆破させる。

混乱の隙にボビーがプログラムCDを奪い、それをライバックに渡す。

ライバックは襲い掛かってきた傭兵と共に列車から転落し、崖から落ちそうになる。

列車を止めたペンは、ライバックに加勢して逃げたポーターを捕らえるよう指示する。

ライバックは現れた傭兵を二人倒し、ボビーも一人を撃ち殺す。

ペンは線路に落ちていたCDを見つけて列車を発車させ、ボビーはそれに飛び乗るものの、ライバックはその場に取り残される。

崖から這い上がり車を奪ったライバックは列車を追う。

ペンタゴン
再びシステムは起動しデインが攻撃の秒読みを始めたことを知ったベイツ提督は、ライバックからのFAXを受け取ったカフェのコック(ロイス・D・アップルゲート)の連絡を受ける。

ベイツ提督は、約20名の武装集団がロサンゼルス行きの列車を乗っ取り、その場でデインがシステムを制御していることを知る。

その列車に乗っているライバックからの連絡だと知らされたベイツ提督に、ガーザ大佐は好都合だと助言する。

ベイツ提督は、列車を攻撃するために”F-117”を発進させる。

車で山道を暴走するライバックは、列車に追いつき飛び乗る。

ボビーは傭兵1に見つかり殺されそうになるが、ライバックが現れ敵を倒す。

10億ドルの入金を確認したデインは、列車の進路を変えて300万リットルの石油を積んだ貨物車と衝突させようとする。

それを知ったベイツ提督は”F-117”二機に攻撃命令を出すが、デイルはその一機を撃墜する。

衝突のことを知ったライバックは、ボビーと共に攻撃を仕掛け銃撃戦が始まる。

無線を奪ったライバックは、ペンに連絡してサラを連れ戻しに向かうことを伝える。

乗客が乗った車両を切り離したライバックは、ボビーを到着したヘリコプターに向かわせる。

追ってきた傭兵一人を倒したボビーは、パイロットに銃を向ける。

攻撃が近付き、”グレイザー1”を捜していたベイツ提督は、ある人工衛星を攻撃するよう命ずる。

ライバックは、サラと共に待ち構えていたペンの元に現れる。

サラに手榴弾を握らせたペンは、銃を捨てたライバックに近づく。

ナイフだけで戦うことになった二人は格闘となり、ライバックはペンを叩きのめす。

サラは、逃げようとするデインに手榴弾を離すと言って脅す。

デインはそれを無視してその場を離れ、現れたライバックは手榴弾をデインの方向に転がす。

ライバックは、爆破で負傷したデインが持っていた制御装置を銃で撃ちぬく。

その瞬間に制御が回復して”グレイザー1”が確認され、爆破撃墜される。

列車は鉄橋の上で正面衝突して大破するが、その直前にサラは脱出してボビーが乗るヘリに救助される。

ライバックは後方車両に向かい、ヘリの梯子にしがみつく。

ヘリに乗り込んだライバックは、ドアを閉めて追ってきたデイン振り落す。

ライバックはペンタゴンに連絡して、人質が無事であることを伝え、それを知ったベイツ提督らは歓喜の声を上げる。

その後、ライバックとサラは、兄、そして父親の墓参りをする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

コロラド州、デンバー
海軍特殊部隊”SEALs” 部隊長のケイシー・ライバックは、事故死した兄の娘サラと共にロサンゼルス行きの列車に乗る。
高性能衛星兵器”グレイザー1”の開発者でありながら解雇され、事故を起こし消息不明となっていたデイルは、狂暴なペン率いる傭兵集団と共に衛星システムを制御しようとする。
信号をキャッチされないよう、移動するライバックらの乗る列車を襲い制圧したデインらは、”グレイザー1”の制御に成功し、ペンタゴンに連絡を入れ10億ドルを要求する。
それに気づいたライバックは、身を潜めながらポーターのボビーの協力を得て、サラを救いデインの陰謀を阻もうとするのだが・・・。
__________

前作「沈黙の戦艦」(1992)の内容には全く触れないまま、無敵の主人公”ケイシー・ライバック”が、姪の命を救い悪を倒そうとする激しい戦いが展開するハード・アクションとしてまずまず楽しめる。

しかし、既に前作あたりからデビュー当時の衝撃的な格闘アクションがやや影を潜め、今一物足りなさを感じていたスティーヴン・セガール・ファンも多いはずで、その後も活動を続ける彼が、一級作品主演として登場してくれないのは淋しいばかりだ。

凶悪な敵に対して素手で立ち向かい圧倒するシーンも少なく、列車を舞台にした派手なアクションばかりが目立つのもよろしくない。

とは言え、まだまだスティーヴン・セガール人気の余韻は残っている時期で、北米興行収入は約5000万ドル、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

陰謀を企むエンジニアのエリック・ボゴシアン、主人公の姪役で、撮影当時15~16歳だったその後スターとなるキャサリン・ハイグル、主人公に協力するポーターのモリス・チェストナット、凶悪な傭兵のリーダー、エヴェレット・マッギルCIAニック・マンキューゾペンタゴンで指揮を執る提督アンディ・ロマーノ空軍少将カートウッド・スミス海軍大佐デイル・ダイ、傭兵ピーター・グリーンパトリック・キルパトリックスコット・ソワーズジョナサン・バンクス、衛星兵器のシステム・エンジニア、ブレンダ・バーキなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター