アンダーワールド Underworld (2003) 3.44/5 (32)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

何世紀も続くヴァンパイア族と狼族の争いを描く、原作、監督レン・ワイズマン、彼と翌年結婚するケイト・ベッキンセイル主演、 スコット・スピードマンシェーン・ブローリーマイケル・シーンビル・ナイ他共演による人気ホラー・アクション・シリーズの第1作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:レン・ワイズマン
製作総指揮
スキップ・ウィリアムソン

ヘンリー・ウィンタースターン
テリー・マッカイ
ジェームズ・マクウェイド
ロバート・ベルナッチ
製作
ゲイリー・ルチェシ

トム・ローゼンバーグ
リチャード・S・ライト
原作
ケビン・グレヴィオー

レン・ワイズマン
ダニー・マクブライド
脚本:ダニー・マクブライド
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
編集:マーティン・ハンター
音楽:ポール・ハスリンジャー

出演
セリーン:ケイト・ベッキンセイル

マイケル・コーヴィン:スコット・スピードマン
クレイヴン:シェーン・ブローリー
ルシアン:マイケル・シーン
ヴィクター:ビル・ナイ
カーン:ロビー・ジー
エリカ:ソフィア・マイルズ
レイズ:ケビン・グレヴィオー
ジンゲ:アーウィン・レダー
アメリア:ジータ・ゴロッグ
アダム・ロックウッド:ウェントワース・ミラー

アメリカ 映画
配給 スクリーン・ジェムズ

2003年製作 121分
公開
北米:2003年9月19日
日本:2003年11月29日
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $51,970,700
世界 $95,708,460


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ヴァンパイアとライカン(狼男)は、長きに渡り激しい戦いを繰り広げていた。

しかし、600年前にライカンのリーダー、ルシアンが倒され、ヴァンパイアの勝利は目前と思われていた。

ヴァンパイアのデス・ディーラー(処刑人)セリーン(ケイト・ベッキンセイル)は、手強いライカンを警戒する。

 

ある日セリーンは、不審な行動をするライカンの2人組レイズ(ケビン・グレヴィオー)らを仲間と追い、地下鉄での激しい銃撃線を繰り広げて1人を倒し、地下道の奥からのライカンの声を聞く。

ライカンの集団の前に、ルシアン(マイケル・シーン)が現れ、単なる野獣と化すだけの者達を一喝する。

地下鉄で敵の紫外線弾を手に入れたセリーンは、それをアジトの屋敷に持ち帰り、武器担当のカーン(ロビー・ジー)に見せる。

即反撃するべきだというセリーンだったが、リーダー代行のクレイヴン(シェーン・ブローリー)から、”復活式”が近づく中、軽率な動きはできないことを伝える。

地下鉄の声を聞いたセリーンは、ライカンが地下に潜んでいることを指摘し、とりあえずそれを確認する許可を得るが、彼女はその捜索から外される。

クレイヴンは、3長老の一人アメリア卿(ジータ・ゴロッグ)の使者を迎える準備を、セリーンにさせるよう部下エリカ(ソフィア・マイルズ)に指示する。

3長老の一人ヴィクター(ビル・ナイ)なら、即行動を開始すると考えるセリーンは、地下鉄で戦った二人を捉えた写真から、彼らがある男を追っていたことを突き止める。

セリーンとの戦いで傷を負ったレイズは、追っていた男マイケル・コーヴィン(スコット・スピードマン)のことを、敵に知られかかをルシアンに問われが、それは不明だった。

その頃、セリーンは、写真の男”マイケル・コーヴィン”の所在を突き止めて、クレイヴンの指示を無視して屋敷を出る。

マイケルの部屋で、現れた彼を捕え、なぜ追われていたかを問い詰めたセリーンは、ライカンの襲撃を受ける。

その場を逃れたマイケルは、待ち構えていたルシアンに咬まれてしまい、彼は血を採取する。

セリーンは、マイケルを助けて車で逃走するが、ルシアンに追われて傷を負ってしまう。

ルシアンを振り切ったセリーンだったが、気を失って事故を起こし、車は水中に落下してしまう。

車から脱出したマイケルは、意識のないセリーン蘇生して傷を治療する。

アジトに戻ったルシアンは、医師のジンゲ(アーウィン・レダー)にマイケルの血を渡す。

ルシアンは、二日後の満月には、マイケルがライカンになり仲間に加わることをジンゲに伝える。

意識の戻ったセリーンは、マイケルを屋敷に連れて行き、それを知ったクレイヴンは激怒して彼女を責める。

エリカが、人間のマイケルに興味を持ち様子を見ていたが、彼がライカンに咬まれていることを知る。

敵意を感じたエリカは殺気立つが、目覚めたマイケルは屋敷から逃走する。

クレイヴンは、エリカにマイケルを追うよう指示し、彼はセリーンへの怒りを抑えられない。

孤立するセリーンは、武器担当のカーンから、開発した硝酸銀弾を装着した銃を渡されて試射する。

セリーンは、ルシアンの死と、彼を殺したというクレイヴンの言葉を疑う。

その頃、実はルシアンと通じていたクレイヴンが、彼と密会していた。

古文書を読んだセリーンは、ルシアンの死の証拠となる腕の刻印の皮を持ち去り、それと同じ印を、自分を襲った男が付けていたことを思い出す。

勤務先の病院に向かい、同僚に治療を頼んだマイケルだったが、警備員を呼ばれてその場から逃げる。

ルシアンが生きていることを確信したセリーンは、早急にヴィクターを復活させることが必要だと判断すして、それを実行する。

その後、マイケルは屋敷に現れてセリーンを呼び出し、二人はその場を離れる。

セリーンからヴィクターの復活を知らされたクレイヴンは、エリカからも、マイケルが咬まれ、ライカンになることを知らされる。

マイケルがライカンに咬まれたことに気づいたセリーンは、自分の身に何があったのかを問う彼に、戦いに巻き込まれたたと伝える。

動揺するマイケルに、ライカンに追われる理由を知りたいだけだとセリーンは付け加える。

同じ頃、ヴィクターはクレイヴンの前に現れ、復活させられた理由を聞く。

ヴィクターは、セリーンを呼ぶようにクレイヴンの伝えるが、他の長老が復活していない、掟が破られた状況を知る。

マイケルに事情を説明したセリーンは、彼が満月で変身することを伝えて拘束し、自ら命を絶つための銃を渡して屋敷に戻る。

クレイヴンに責められたセリーンは、彼の考えを聞き入れずに、ヴィクターの元に向かう。

ルシアンの生存を確信するセリーンだったが、ヴィクターはその確証を得るための行動は、クレイヴンに任せることを彼女に伝える。

ヴィクターは、掟を破ったセリーンを処分することを決めて、彼女を監禁する。

セリーンは、ルシアンの皮を剥ぐ勇気があったのかをクレイヴンに問うが、彼は必ず自分の思い通りになると言ってその場を去る。

しかし、既にルシアンは行動を開始し、アメリアはライカンに襲われる。

セリーンは、クレイヴンの企みを知ったエリカによって解放され、屋敷を脱出してマイケルの元に向かう。

マイケルは、ライカンの襲撃で連れ去られるが、セリーンは、ジンゲを捕らえる。

満月となり、変身しかけたマイケルは、注射によりそれを抑えられる。

完全に復活したヴィクターは、現れたクレイヴンの無能さを責めて罵倒するが、そこに、ジンゲを連れたセリーンが戻る。

ジンゲは、自分達の目的が、ヴァンパイアとライカンの交配であり、ウィルスに感染した結果、不死者となった、ハンガリーの将官”アレクサンドル・コルヴィナス”の子孫マイケルの血を求めたことを明かす。

ルシアンの生存とクレイヴンの裏切り、そして、純血のヴァンパイアの血を求めているルシアンは、アメリアかヴィクターの血を自分に注射して、両種のパワーを併せ持つ存在になろうとしていたのだった。

ヴィクターは、アメリアが襲われて血を抜かれてしまったことを知りジンゲを殺す。

セリーンに疑ったことを謝罪したヴィクターは、マイケルを抹殺した時に、罪は許されることを伝える。

ルシアンの元に連れて行かれたマイケルは、血を抜かれながら、遥か昔、奴隷であったルシアンが、ヴァンパイアであった妻を、自分の娘であるにも拘わらずヴィクターらに処刑されたことを知らされる。

そこにクレイヴンが現れるが、セリーンやカーンらの襲撃を受ける。

ルシアンは抵抗しようとするが、クレイヴンに硝酸銀弾を撃ち込まれてしまう。

セリーンはマイケルの拘束を解き、ヴィクターが皆殺しを考えていることを伝え、その場から逃れようとする。

しかし、マイケルはクレイヴンに硝酸銀弾を撃たれてしまい、セリーンを連れ去ろうとする。

それを拒むセリーンに、クレイヴンは、彼女の家族を殺したのはヴィクターだということを伝える。

ヴィクターは、処刑した自分の娘に生き写しのセリーンには、手を出さなかったのだ。

その時、瀕死のルシアンがクレイヴンに傷を負わせ、セリーンに、マイケルを最強の者にするために咬めと指示する。

ルシアンは、それを阻止しようとする従兄弟クレイヴンに、自分を殺せと言って挑発する。

クレイヴンはルシアンを射殺してその場を去り、現れたヴィクターがセリーンをマイケルから引き離し、彼を叩きのめす。

ヴィクターは、家族を殺したことを認め、種を守るために、異種の生命を宿した娘を殺さなければならなかった理由をセリーンに伝える。

剣を抜き、マイケルに止めを刺そうとしたヴィクターだったが、変身した彼と一揆打ちとなる。

二人は激しい戦いを繰り広げ、セリーナが、劣性だったマイケルに加勢してヴィクターを倒す。

殺害されたジンゲの血が、眠っているもう一人の長老マーカスの元にしたたり落ち、混血種となって目覚める。


解説 評価 感想 ■

参考:
アンダーワールド(2003)
アンダーワールド:エボリューション(2006)
アンダーワールド:ビギンズ(2009)
アンダーワールド 覚醒(2012)

*(簡略ストー リー)
長きに渡り続いたヴァンパイア族とライカン/狼族の戦いは、ライカンのリーダー、ルシアンの死でヴァンパイアの勝利が目前と思われていた。
ヴァンパイアの処刑人セリーンは、ライカンの動きを察して交戦となり、敵がある男を追っていることに気づく。
実は生存していた、ルシアンと通じている、彼の従兄弟でヴァンパイアのリーダー代行クレイヴンは、セリーンの身勝手な行動を非難する。
セリーンはそれを無視して、ライカンに追われていた男マイケルの元に向かう。
ライカンに襲われた二人だったが、マイケルがルシアンに咬まれて血を採取されてしまう。
その場を逃れたセリーンとマイケルだったが、彼は、ライカンに変身してしまうことを知る。
その後セリーンは、ルシアンが生きていることを確信し、事態打開のために掟を破り、長老の一人ヴィクターを復活させようとするのだが・・・。
__________

レン・ワイズマン自身による発想、人間社会とは異なる世界“アンダーワールド”で繰り広げられる壮絶な戦いを、彼の世界観を貫いて描いた意欲作。

ゴシック調で統一されたダークなイメージ、登場人物や衣装など、それほど新鮮味があるわけではないが、解り易い”対決”の構図やテンポの良い演出などで、飽きずに楽しめる作品には仕上がっている。

アクションンも想像以上のものでもないが、激し過ぎると、他の同類作品と区別し難くなる考えもあったのか、意図的に抑えたようにも思える。

それほど巨額の制作費でもないので、そのあたりは致し方ないところだろうか。
(2200万ドル)

北米興行収入は約5200万ドル、全世界でも約9600万ドルと、まずまずのヒットとなった。
シリーズ化はされるが、その後の作品も、並のヒットに留まっている。

共演者マイケル・シーンとの間に娘がいたケイト・ベッキンセイルは、翌年、彼と別れて、監督レン・ワイズマンと結婚している。
身長は170cmあるが華奢な彼女は、熱演はするものの、時々銃を持つ手も目標が定まらずといったようなところはご愛嬌だろうか。

ドラマのキーマンで、混血種となる青年スコット・スピードマン、ヴァンパイアのリーダー代行で、狼族と通じていたシェーン・ブローリー、彼の従兄弟である狼族ライカンのリーダー、マイケル・シーン、ヴァンパイアの長老ビル・ナイ、武器担当ロビー・ジー、同僚ソフィア・マイルズ、狼族のケビン・グレヴィオー、医師アーウィン・レダー、ヴァンパイアの長老ジータ・ゴロッグなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター