Uターン U-Turn (1997) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1997年に発表された、ジョン・リドリーの小説”Stray Dogs”を基に製作された作品。
マフィアの金を持ち逃げした男が、立ち寄った田舎町で巻き込まれるトラブルを描く、監督オリヴァー・ストーン、主演ショーン・ペンジェニファー・ロペスニック・ノルティホアキン・フェニックスビリー・ボブ・ソーントンパワーズ・ブースジョン・ヴォイトクレア・デインズリヴ・タイラー共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:オリヴァー・ストーン
製作総指揮:ジョン・リドリー
製作
クレイトン・タウンゼント

ダン・ハルステッド
原作:ジョン・リドリー
脚本:ジョン・リドリー
撮影:ロバート・リチャードソン
編集
ハンク・コーウィン

トーマス・J・ノードバーグ
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
ボビー・クーパー:ショーン・ペン

グレース・マッケンナ:ジェニファー・ロペス
ジェイク・マッケンナ:ニック・ノルティ
トビー・N・タッカー/TNT:ホアキン・フェニックス
ダレル:ビリー・ボブ・ソーントン
ヴァージル・ポッター保安官:パワーズ・ブース
盲目の男:ジョン・ヴォイト
ジェニー:クレア・デインズ
セルゲイ:リア・ヴォルコー
アーカディ:ヴァレリー・ニコレイエフ
バス停留所の女性:リヴ・タイラー
エド:ボー・ホプキンス
バイカー:アブラハム・ベンルービ
フロー:ジュリー・ハガティ
バス停留所の切符売り:ローリー・メトカーフ

アメリカ 映画
配給
トライスター・ピクチャーズ

Phoenix Pictures
1997年製作 124分
公開
北米:1997年10月3日
日本:1998年6月13日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $6,633,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アリゾナ州。
カリフォルニアに向かうため、街道を走行中のボビー・クーパー(ショーン・ペン)は、車のラジエター・ホースが破れ、最寄の町スペリアの修理工場に向かう。

ダレル(ビリー・ボブ・ソーントン)という修理工に車を預けたボビーは、バッグを持って荒廃した町の大通りに向かう。

戦争で目を失ったという男(ジョン・ヴォイト)に、自販機の飲み物をせがまれたボビーは彼にコーラを与える。

その町にそぐわない女性グレース・マッケンナ(ジェニファー・ロペス)を見かけたボビーは、彼女に声をかけ家に誘われる。

ボビーは、マフィアからの借金を返済せず逃亡中であり、彼らに締め上げられた際に左手の指を2本切り取られていた。

シャワーを浴びた後、グレースに誘惑されたボビーは彼女と愛し合おうとする。

しかし、そこにグレースの夫ジェイク(ニック・ノルティ)が現れ、彼はボビーを殴り倒し追い出してしまう。

その後、街道を歩いていたボビーは、ジェイクの車に拾われ、保険金を掛けてあるグレースを殺す計画などを聞かされ町まで送られる。

食料品店で強盗に襲われたボビーは、現金入りのバッグを奪われ、店主が犯人に発砲したため、金はショットガンの銃撃で粉砕されてしまう。

ダレルの元に向かったボビーは、車を必要以上にいじられた上に150ドルを請求されてしまう。

ボビーは150ドルを工面するために必至になり、借金の相手アーカディ(ヴァレリー・ニコレイエフ)にまで連絡を入れ居場所を教えてしまう。

逆に脅されたボビーは電話を切り、レストランで若い女性ジェニー(クレア・デインズ)に声をかけられる。

それを見た、ジェニーの恋人トビー・N・タッカー/TNT(ホアキン・フェニックス)がボビーに言いがかりを付ける。

そこに、保安官ヴァージル・ポッター(パワーズ・ブース)が現れたため、TNTはジェニーを連れて店を出る。

何もかも嫌気がさしたボビーは、ジェイクの話を思い出し、不動産業を営む彼のオフィスに向かう。

若いグレースに、弄ばれているのが我慢ならないジェイクは、ボビーに殺人を依頼し、彼の借金分1万3000ドルで手を打つことになる。

グレースを誘い出したボビーは彼女を殺せず、抱こうとするがそれも出来なかった。

ジェイクが母親の愛人だったことと、自分も彼から虐待を受けたことをグレースはボビーに話す。

ボビーはグレースに同情し、彼女とカリフォルニアに向かおうとする。

ジェイクが、10万ドル以上隠していることをグレースは知っていたため、彼を殺し現金を奪う提案をボビーにする。

ボビーはその気になれず、その場を去り歩いて町に戻る。

盲目の男のたわ言を聞いたボビーは、その後ジェニーに捉まり、そしてTNTが現れる。

ボビーとTNTは言い合いになるが、そこにポッター保安官が現れ、TNTは家に帰るよう言われて引き下がる。

保安官の車でダレルの元に向かったボビーは、食料品店の強盗事件の際、若い男がいたことを聞かされる。

ジェイクとすれ違い様に言葉を交わした保安官は、ボビーが来て以来、強盗が起き、ジェイクの妻グレースが姿を消したことなどを話し探りを入れる。

ダレルに会ったボビーは、修理代を更に50ドル上乗せされ憤慨する。

ボビーはダレルと遣り合うが、逆に脅されトランクから拳銃を取り出そうとする。

トランクがダレルにこじ開けられているのに気づいたボビーは激怒し、その場を離れバスで町を出ようとする。

しかし、所持金が足りずバスのチケットを買えないボビーは、バス停留所の切符売り(ローリー・メトカーフ)を脅しチケットを手に入れる。

アーカディの命令で、ボビーを探しに来たセルゲイ(リア・ヴォルコー)は、大通りで彼を見つけるがポッター保安官に車を止められてしまう。

セルゲイに気づいたボビーは、それを見て安心するが、TNTに殴り倒されてしまい、その後ジェニーも現れる。

しかし、バスのチケットをTNTが破り捨てたため、ボビーは彼を叩きのめしてしまう。

ボビーは家に帰っていたグレースに電話をして、ジェイクから金を奪い彼を殺すことを伝える。

グレースはそれを承知し、その夜、裏口を開けてボビーを待つことにする。

盲目の男の”予言”を聞いた後、ボビーはジェイクの家に向かい侵入する。

しかし、ジェイクがそれに気づき、ダレルを裏で操っていた彼がボビーの拳銃で彼を脅す。

ボビーは、グレースにそそのかされたと言って、彼女を200ドルで殺すことを約束する。

部屋にいたグレースは、斧を持ってボビーを待ち構え叫び声を上げる。

それを聞いたジェイクは、グレースの部屋に行きボビーが倒れているのを確認し、彼女を抱き寄せる。

その時、背後からボビーがジェイクに忍び寄り彼を襲うが抵抗に遭ってしまう。

ジェイクの背中にグレースが斧を振りかざし、二人は彼に止めを刺す。

その後、床下の金庫の現金約20万ドルを手にした二人は、ジェイクの遺体の横で愛し合う。

ダレルから車を受け取ったボビーは、グレースの元に戻るが、バッテリーケーブルを外したはずの彼女の車が見当たらない。

ボビーは騙されたと思うが、グレースは身支度して現れ、二人はジェイクの遺体をトランクに積み、町から逃亡する。

しかし、後を追ってきたポッター保安官に車を止められ、ボビーは、保安官と関係を持っていたグレースが、自分を利用していたことを知る。

更に、グレースがジェイクの実の娘だということを暴露したポッターは、彼女の怒りを買い射殺される。

二人の遺体を山中に運び捨てようとしたボビーは、信用できないグレースから銃を奪い彼女と別れようとする。

遺体を捨てた後、グレースはボビーも道路脇の川辺に突き落とす。

グレースはその場を離れようとするが、ボビーが車のキーを抜いてあったため、息のある彼を助けようとする。

ボビーは自分を助けに来たグレースを絞め殺し、這い上がり車のエンジンをかける。

しかし、その瞬間、ラジエター・ホースが再び破れてしまい、傷だらけのボビーは絶望する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

マフィアの借金を持ち逃げしたボビー・クーパーは、車の故障である田舎町に立ち寄る。
やる事なす事、全てが裏目に出るボビーは、現金を強盗事件で失ってしまい、こともあろうに、借金の相手に居場所を教えてしまう。
町で出会った女グレースの、不動産業者の夫ジェイクから、妻の殺人を請負ったボビーだったが、結局、彼女を殺すことが出来なかった。
逆にグレースと手を組み、ボビーはジェイクの隠し持っている大金を奪うことになる。
二人はジェイクを殺して金を奪うが、グレースの裏切りを知ったボビーは、彼女を騙して殺害し、現金を独り占めして逃げようとするのだが・・・。
__________

冒頭、車が故障して、ある町に向かおうとする主人公は、”Uターン可能”という”余所者は出て行け”という皮肉を込めた看板を見つつも、仕方なくその町に向かう。
それを発端に、町の住民達に振り回され、殺人事件にまで巻き込まれる男の不運を、ユーモアも交えて描いた、オリヴァー・ストーン異色の不条理サスペンス・ドラマ。

残念ながら、豪華なスタッフやキャストが揃いながら、映画自体の評価は低く、北米興行収入もわずか660万ドルと、全く振るわなかった作品。

同じオリヴァー・ストーンの「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(1994)風でもある、目まぐるしく変わるカメラアングルや映像を駆使した、工夫の見える作品で、受け狙いを排除した遊び心溢れる作風が見所の作品でもある。

調子の外れたエンニオ・モリコーネの音楽も愉快であり興味深い。

徹底的についていない男、やり手の悪党風に見えて、実は結構、気弱なところもあり、さらに人情味も見せる、ステップアップを始めた頃のショーン・ペンの演技も見ものだ。
bbbbb
悲劇のヒロインを装い、魔性の女の本性を現すジェニファー・ロペス、その夫でもあり、実は父親でもあった男ニック・ノルティ、主人公に何度も言いがかりを付ける町のチンピラ役のホアキン・フェニックスとその恋人のクレア・デインズ、言われなければ彼とは分からない怪演を見せる整備工のビリー・ボブ・ソーントン、大金と女(J・ロペス)を狙うパワーズ・ブース、意味不明な盲目の男ジョン・ヴォイト、バス停留所の切符売りローリー・メトカーフ、客リヴ・タイラー、レストランのウエイトレスのジュリー・ハガティ、客ボー・ホプキンスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター