バレンタインデー Valentine’s Day (2010) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

バレンタインデーに愛を求め確かめ合おうとする男女の恋愛模様を描く、監督ゲイリー・マーシャル、出演ジェシカ・アルバアシュトン・カッチャーパトリック・デンプシージェニファー・ガーナーブラッドレイ・クーパージュリア・ロバーツジェイミー・フォックス他豪華スター競演によるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:ゲイリー・マーシャル
製作総指揮
トビー・エメリッヒ

サミュエル・J・ブラウン
マイケル・ディスコ
ダイアナ・ポコーニイ
製作
マイク・カーツ

ウェイン・アラン・ライス
原案
キャサリン・ファゲイト

アビー・コーン
マーク・シルヴァースタイン
脚本:キャサリン・ファゲイト
撮影:チャールズ・ミンスキー
編集:ブルース・グリーン
音楽:ジョン・デブニー

出演
モーリー・クラークソン:ジェシカ・アルバ

リード・ベネット:アシュトン・カッチャー
ハリソン・コープランド:パトリック・デンプシー
ジュリア・フィッツパトリック:ジェニファー・ガーナー
パメラ・コープランド:キャサリン・ラ・ナサ
ホールデン・ウィルソン:ブラッドレイ・クーパー
ケイト・ヘイゼルタイン:ジュリア・ロバーツ
ショーン・ジャクソン:エリック・デイン
ケルヴィン・ムーア:ジェイミー・フォックス
カーラ・モナハン:ジェシカ・ビール
ジェイソン・モリス:トファー・グレイス
リズ・カラン:アン・ハサウェイ
エドガー・パディントン:ヘクター・エリゾンド
エステル・パディントン:シャーリー・マクレーン
アレックス・フランクリン:カーター・ジェンキンス
グレイス・スマート:エマ・ロバーツ
ポーラ・トーマス:クイーン・ラティファ
ウィリー・ハリントン:テイラー・ロートナー
フェリシア・ミラー:テイラー・スウィフト
スーザン・モラレス:キャシー・ベイツ
アルフォンソ・ロドリゲス:ジョージ・ロペス
エディソン・ヘイゼルタイン:ブライス・ロビンソン
レイニー:ミーガン・スリ
怒ったドライバー:ジョー・マンティーニャ

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ

ニュー・ライン・シ ネマ
2010年製作 124分
公開
北米:2010年2月12日
日本:2010年2月12日
製作費 $52,000,000
北米興行収入 $110,476,776
世界 $216,485,654


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロサンゼルス
バレンタインデーの朝、生花店”シエナ・ブーケ”を経営するリード・ベネット(アシュトン・カッチャー)は、恋人のモーリー・クラークソン(ジェシカ・アルバ)にプロポーズして、それを受け入れられる。

リードは、それを親友のジュリア・フィッツパトリック(ジェニファー・ガーナー)と店で働くアルフォンソ・ロドリゲス(ジョージ・ロペス)に知らせ祝福されて花市場に向かう。

プロデューサーのスーザン・モラレス(キャシー・ベイツ)に、路上インタビューを命ぜられ市場を取材中のTVのスポーツ・リポーターのケルヴィン・ムーア(ジェイミー・フォックス)は、その場に居合わせたリードにインタビューする。

小学校教師ジュリアは、恋人で医師のハリソン・コープランド(パトリック・デンプシー)からプレゼントを貰う。

結婚51年目の老夫婦エドガー・パディントン(ヘクター・エリゾンド)とエステル(シャーリー・マクレーン)は、もう贈らないと約束していたにも拘らず、それを破りプレゼントを交換する。

ジュリアはリードの店に立ち寄り、出張してしまったハリソンの元に行くべきだと助言される。

しかし、ハリソンは出張と偽り、妻パメラ(キャサリン・ラ・ナサ)や子供達の待つ自宅に戻る。

アメリカ陸軍大尉ケイト・ヘイゼルタイン(ジュリア・ロバーツ)は、ロサンゼルス行きの機内で、隣に座ったホールデン・ウィルソン(ブラッドレイ・クーパー)に話しかけられるが、彼女は興味を示さない。

エドガーの孫エディソン(ブライス・ロビンソン)は、憧れの女性で、学校の担任ジュリアに贈る花をリードの店で注文する。

オフィスビルの郵便係として働くジェイソン・モリス(トファー・グレイス)は、今日がバレンタインデーだとは知らずに、恋人のリズ・カラン(アン・ハサウェイ)に何も用意していないことに気づく。

そのビルの、エージェントのポーラ・トーマス(クイーン・ラティファ)に雇われたリズは、実はテレフォン・セックスのオペレーターのアルバイトをしていた。

ポーラのクライアントである、落ち目のプロ・フットボーラー、ショーン・ジャクソン(エリック・デイン)は、広報担当のカーラ・モナハン(ジェシカ・ビール)をエージェントとの打ち合わせに呼び出す。

エディソンのベビーシッターで、高校生のグレイス・スマート(エマ・ロバーツ)は、ボーイフレンドのアレックス・フランクリン(カーター・ジェンキンス)と、バレンタインデーのその日に初体験をする約束をしていた。

グレイスの親友フェリシア・ミラー(テイラー・スウィフト)は、ボーイフレンドのウィリー・ハリントン(テイラー・ロートナー)にプレゼントを渡すが、初体験はお預けにする。

エージェントのポーラとカーラとで、打ち合わせをしたショーンは、引退も考慮した考える時間を貰うことにする。

その後、打ち解けたケイトとホールデンは、彼女と楽しい時を過ごし、自分の心を読まれてしまう。

市場のインタビューを見たハリソンは、リードの店に向かいジュリアと妻パメラに贈る花を注文する。

それを受けたリードは、ジュリアがハリソンに騙されているのに気づいてしまう。

昼休みにグレースの家に向かったアレックスは、裸で彼女を迎える準備をする。

そこにグレースの母親が帰ってきてしまい、アレックスは言い訳をして裸のまま逃げ出していく。

リズに、バレンタインデーを忘れていたことを謝ったジェイソンは、夜のデートを約束する。

その直後にリズは、ポーラの回線を使い、私用でテレフォン・セックスのオペレーターをしていたことがばれてしまうが、解雇は免れる。

アルフォンソが花の配達中に、考え事をしていたショーンの車にぶつけられてしまう。

相手がフットボーラーのショーンと分かったアルフォンソは、その場を丸く治めて配達に向かうが、後部ドアを壊されていたために、エディソンのものを含め、道路に花が落ち散乱してしまう。

リードがアルフォンソに呼ばれて、何とかハリソンの花を授業中のジュリアの元に届け、二人は教室を出る。

エディソンは自分の花でないこと知り気落ちし、リードは喜ぶジュリアに真実を話そうとする。

そこに、自分の花が届かないと、エディソンがリードに言い寄り、ジュリアが間に入るものの、子供達が騒ぎ始めたために彼女は教室に戻ってしまう。

バレンタインデーに恋人もいないカーラは、パーティーを催そうとするが出席者が一人も集まらず、それを親友ジュリアに伝え愚痴をこぼす。

家に立ち寄ったリードは、身支度をしていたモーリーから、結婚は出来ないと別れ話を切り出されてしまい、彼はそれに納得してその場を立ち去る。

気持ちを入れ替え、親友ジュリアがハリソンの元に向かおうとするの止めようとするリードは、空港に急行する。

搭乗ゲートでジュリアを見つけたリードは、ハリソンが既婚者だと知らせるが、彼女はそれを信じない。

モーリーが出て行った事もジュリアに知らせたリードは、彼女に自分と同じ思いをさせたくないことを伝える。

しかし、ジュリアはハリソンに会うためにサンフランシスコに向かってしまう。

街頭インタビューを続けていたケルヴィンは、ショーンが緊急会見を開くことを知り、カーラのオフィスに向かう。

今夜のパーティーのことで落ち込むカーラを、ケルヴィンは慰めながら会見でショーンに質問する許可を得る。

グレースに連れられて帰宅したエディソンは、ジュリアが毎年バレンタインデーの日にはパーティーに出席することを知り、家を抜け出してしまう。

その間エステルは、かつて浮気をしたことをエドガーに告白し、彼はショックを受けてしまう。

サンフランシスコの病院に着いたジュリアは、ハリソンが既婚者だと確認し、彼が妻と食事をするレストランを知る。

その頃、ショーンの記者会見が始まり、彼は自分がゲイだと告白する。

その後、カーラがケルヴィンを質問者として指名し、ショーンは引退についてを問われ、それを否定する。

ロサンゼルスに戻ったジュリアは、バレンタインデーの夜を楽しもうとするハリソンとパメラがと約したレストランに現われて、テーブル担当に扮し、彼に嫌味を言って立ち去る。

ホテルのレストランで待ち合わせをしたジェイソンとリズだったが、彼女は自分の”アルバイト”を話そうとする。

仕事を終えたリードは、アルフォンソにん、夫婦円満の秘訣は、親友と結婚したことだと言われる。

ロサンゼルスに到着したホールデンは、ダウンタウンに向かうケイトを、自分の運転手に送らせて別れを告げる。

リズは、生活苦のためにテレフォン・セックスのアルバイトをしていることをジェイソンに話すが、彼はそれを理解できず、その場を立ち去ってしまう。

映画”Hot Spell”のハリウッド墓地での上映会に、一人で向かったエドガーは、チケットが完売したため入場を断られる。

その場にいたジェイソンが、リズと別れて余ったチケットを一枚エドガーに譲り一緒に入場する。

インド料理のレストランで、一人でパーティーをしていたカーラの元にジュリアが現れ、彼女はハートの飾り物をバットで殴り怒りぶつける。

エディソンを捜していたグレースは、リードの車に乗った彼を見かけて後を追う。

その頃、ジュリアとカーラのパーティーに、恋人に裏切られた親友や、ケルヴィンも現れる。

エディソンは、ジュリアのパーティーが開かれている店に着き、後を追ってきたグレースに、意中の女性に自分で花を渡すことを告げる。

その頃、映画上映会場にエステルが現れてエドガーを捜し、スクリーンの前で二人は愛を確かめ合う。

それを見た観客は二人に拍手を贈り、ジェイソンもリズの元に向かう。

パーティーが盛り上がっている最中、エディソンがジュリアに花を渡しに現れる。

ジュリアは、花を渡す相手は、レストランのオーナーの娘で、クラスメイトのレイニー(ミーガン・スリ)の方が相応しいのではと、エディソンに優しく語り掛ける。

エディソンは、レイニーが自分のことを好きで、自分も彼女を想っていた事に気づき、花をレイニーに渡す。

グレイスは、その店で配達係のアルバイトをしているアレックスに、焦らずに愛を深めることを伝え二人はキスをする。

そして、ホールデンは恋人ショーンの元に向かい、パーティー会場からスタジオに戻り、彼の会見についてコメントして、番組を終えたケルヴィンの元にカーラが現れる。

ジェイソンはリズのアパートに向かい、相手の全てを受け入れる努力をすることを彼女に告げて、二人は愛し合う。

店を閉めたリードの元にジュリアが現れ、お互い慰め合うつもりでキスをするがしっくり来ない。

ケルヴィンとカーラもスタジオで愛を語り合い、同じ頃、ベッドで寝ていたエディソンの元に、母親ケイトが帰ってくる。

そして、リードとジュリアは、期待通りのキスをして愛を確かめ合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

2月14日、ロサンゼルス
生花店を営む青年リードは、恋人のモーリーにプロポーズし、彼女はそれを受け入れる・・・。
小学校教師ジュリアは、恋人ハリソンが出張したことを親友リードに伝える。
ジュリアは、リードの助言でハリソンを追うことにする・・・。
50年以上連れ添った老夫婦エドガーとエステル、飛行機で知り合ったホールデンと陸軍大尉ケイト、テレフォン・セックスのバイトをするエージェントの受付係リズとメールボーイのジェイソン、テレビ・リーターのケルヴィンと、プロ・フットボーラーの広報担当カーラ、高校生カップルのアレックスとグレイス、同じくウィリーとフェリシア、そして担任教師ジュリアに思いを寄せる少年エディソンは、それぞれのバレンタインデーを迎えるのだが・・・。
__________

殆どがトラブルとなり、何らかの関係でつながっている、8組+αのカップルの群像劇であり、豪華スター競演ということもあり大いに話題になった作品。

目まぐるしい展開で繰り広げられる、とにかく”忙しい”ストーリーで、70代も半ばを迎えたゲイリー・マーシャルにとっては苦心の作品
でもある。

北米興行収入は約1億1000万ドル、全世界では約2億1600万ドルのヒットとなった。

次々とビッグネームが登場する展開は面白味はあるのだが、人物描写が単調なせいかややくどい感じがする。

シャーリー・マクレーンが、52年前の自身の出演作”Hot Spell”の上映スクリーンの前で、自分の出演シーンに合わせて、夫ヘクター・エリゾンドに愛を語るシーンなども、ファンとしては嬉しいのだが押し付けがましい気もする。

エンドロールで、ジュリア・ロバーツがリムジンの運転手に、”ロデオドライブで嫌な目に遭った”というギャグは、ゲイリー・マーシャル作品「プリティ・ウーマン」(1990)の一シーンのことを差しているイタズラである。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター