バニラ・スカイ Vanilla Sky (2001) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1997年公開のスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」の、ハリウッド版リメイク作品。
若き実業家が友人の連れの女性に心奪われたため女友達に嫉妬されて事故に遭い、夢と現実の狭間で後遺症に苦しむ姿を描く、製作、監督、脚本キャメロン・クロウ、製作、主演トム・クルーズペネロペ・クルスキャメロン・ディアスティルダ・スウィントンカート・ラッセルティモシー・スポール心理ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■

監督:キャメロン・クロウ
製作総指揮:ビル・ブロック 他
製作
トム・クルーズ

ポーラ・ワグナー
キャメロン・クロウ
脚本
アレハンドロ・アメナバール

マテオ・ギル
キャメロン・クロウ
撮影:ジョン・トール
編集
ジョー・ハッシング

マーク・リヴォルシー
音楽:ナンシー・ウィルソン

出演
トム・クルーズ:デヴィッド・エイムス
ペネロペ・クルス:ソフィア・セラノ
キャメロン・ディアス:ジュリー・ジアンニ
ジェイソン・リー:ブライアン・シェルビー
カート・ラッセル:カーティス・マッケイブ医師
ティモシー・スポール:トーマス・ティップ
ノア・テイラー:エドモンド・ヴェンチュラ
ティルダ・スウィントン:レベッカ・ディアボーン
マイケル・シャノン:アーロン
スティーヴン・スピルバーグ:本人

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2001年製作 136分
公開
北米:2001年12月14日
日本:2001年12月22日
製作費 $68,000,000
北米興行収入 $100,614,858
世界 $203,388,341


アカデミー賞 ■

第74回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞:ポール・マッカートニー

” Vanilla Sky”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

父親の後を継いだニューヨークの大手出版社のオーナー、デヴィッド・エイムス(トム・クルーズ)は、一夜を共にした女友達ジュリー・ジアーニ(キャメロン・ディアス)を、自宅である高級アパートに残し出社する。

作家で友人のブライアン・シェルビー(ジェイソン・リー)を、愛車マスタングに乗せて自社ビルに到着したデヴィッドは、自分を蹴落とそうとする役員達の会議に顔を出す・・・。

デヴィッドの誕生パーティー。
ブライアンの同伴者のソフィア・セラノ(ペネロペ・クルス)に、一目惚れしてしまったデヴィッドは、やや煙たく感じ始めてきたジュリーの目を気にしながら、彼女に接近する。

パーティーを抜け出し、デヴィッドはソフィアのアパートに向かい、語り合いながらお互いの似顔絵を描き始める。

デヴィッドの描いた自分に感激したソフィアは、彼に心を許すものの、語り合っただけで一夜を過ごす。

出社しようとしたデヴィッドはジュリーに捉まり、彼女に言いくるめられ、付き合わされてしまう。

ソフィアとのことを嫉妬し、ジュリーは次第に興奮しながら、デヴィッドを友人以上に考えて愛していることを告げ、車のスピードを上げて自爆する。

ジュリーは死亡し、重傷を負ったデヴィッドは、3週間昏睡状態が続いた後、一命は取り留めるものの、美しい顔は醜く崩れ体は歪んでしまう。

回復後も出社しないデヴィッドに、顧問弁護士のトーマス・ティップ(ティモシー・スポール)が、役員達に会社を奪われる危機を伝える。

ソフィアにも会えず、社会復帰ができないデヴィッドは、金に糸目はつけずに、最高の形成外科医に治療を頼む。

治療困難を主張する医師は、デヴィッドに”義顔(マスク)”を渡す。

そしてデヴィッドは、意を決して素顔でソフィアに会いに行き、彼女は彼の現実を受け入れる。

クラブで、ソフィアやブライアンと待ち合わせて、楽しんだ3人だったが、自暴自棄気味のデヴィッドに、ブライアンは以前のように接しない。

さらにデヴィッドは、ブライアンとソフィアが愛し合っていると思い込んだまま、彼女のアパートの近くの路上で酔いつぶれてしまう。

翌朝、デヴィッドを見つけたソフィアは、彼に、以前の自分を見失わないようにと励まし、アパートに連れて行く。

その後デヴィッドは、最新の手術を受けて元通りの顔が甦り、ソフィアとの愛を深めていく。

ある夜デヴィッドは、鏡の前の自分の顔が崩れている夢を見る。

自分の顔を確かめてベッドに戻ったデヴィッドは、ジュリーと寝ていることを知り、彼女は自らをソフィアと名乗る。

気づくと、デヴィッドは、ジュリーを暴行して警察に捕まり、弁護士ティップの面会を受けていた。

ブライアンは、ジュリーは死んだと言い放ち、意味不明の言動を繰り返すデヴィッドを見限ってしまう。

レストランで見知らぬ男エドモンド・ヴェンチュラ(ノア・テイラー)に声をかけられたデヴィッドは、彼から何かの”契約”を交わしたと告げられ、ソフィアと名乗るジュリーに会う。

次の瞬間、ソフィアがデヴィッドの前に現れるものの、彼は再びジュリーとベッドを共にしていた。

そして、取り乱したデヴィッドはソフィアを殺害し、逮捕されてしまう。

夢と現実の区別がつかなくなっていたデヴィッドは、獄中で精神科医カーティス・マッケイブ(カート・ラッセル)のセラピーを受ける。

”エリー”という謎の人物に気をかけながら、マッケイブは、ジュリーを粗末に扱った罪悪感から、ソフィアがジュリーに入れ替わったと分析し、デヴィッドは精神錯乱状態だと判断する。

デヴィッドは、テレビに映っていた”LE”が”エリー”だと気づき、役目を終えて去って行く、マッケイブにそれを知らせる。

”LE”が何かを知りに、マッケイブとデヴィッドは、それを開発した会社を訪ね、レベッカ・ディアボーン(ティルダ・スウィントン)から説明を受ける。

”LE”とは、人体をマイナス127度で冷凍保存させる、生命維持装置だったのだ。

デヴィッドは、その”LEの契約”を結び、仮死状態で夢を見ていたのだ。

その後、ヴェンチュラがデヴィッドの前に現れ、150年前に契約が結ばれたことを彼に告げる。

デヴィッドは、道端で酔いつぶれてソフィアに起こされたところから、夢が始ったことを知らされる。

実際には、酔いから目覚めたデヴィッドは、ソフィアとは会わずに、彼女を殺してもいなかった。

デヴィッドは会社の役員達と闘い、ティップが社を彼の物に戻したのだが、デヴィッドは家に引き篭もり”LE”を知り契約を交わしたのだった。

デヴィッドは薬を飲んで自殺し、”LE”の処置を受けた。

現実に戻るか夢の世界を漂うか、デヴィッドは選択を迫られるが、ソフィアとの再会を夢見て現実の世界に飛び込む。


解説 評価 感想 ■

作品のリメイク権を手にしたトム・クルーズが、自ら製作、主演し、オリジナル版でヒロインを演じたペネロペ・クルスが、同じ役で出演している。
またオリジナル作品の監督アレハンドロ・アメナバールが、脚本に参加している。

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
父親の後を継いだ、大手出版社のオーナー、デヴィッド・エイムスは、何不自由ない生活を送っていた。
デヴィッドは誕生パーティーで、友人ブライアンの同伴者ソフィアに一目惚れしてしまう。
女友達ジュリーに飽き始めていたデヴィッドは、彼女の目を気にしながらソフィアに近づく。
ソフィアのアパートに向かったデヴィッドは、互いの似顔絵を描き、語り合っただけで一夜を過ごす。
それに嫉妬したジュリーは、デヴィッドに友人以上の関係を迫りつつ、車のスピードを上げて自爆してしまう。
ジュリーは死亡し、デヴィッドは、昏睡状態から意識は戻るものの、整った顔は醜く崩れ体は歪んでしまう・・・。
__________

夢と現実が交互する場面展開が、複雑かつ微妙に絡み合いながら描かれているのだが、終盤には謎解きのように理解できる、SFファンタジーのように変貌していくロマンスでもある。

本作がきっかけで、急接近した主演のトム・クルーズペネロペ・クルスのロマンスが話題になり、ほぼ同時にトム・クルーズニコール・キッドマンと離婚した。
彼はペネロペ・クルスと交際を続けるが、結局は2004年に破局している。

トム・クルーズは「ザ・エージェント」(1996)以来のコンビとなるキャメロン・クロウを監督に迎え、彼は製作と脚本を兼ね、前作同様、上質な人間ドラマとしても十分楽しめる作品に仕上げている。

第74回アカデミー賞では、主題歌”Vanilla Sky”(ポール・マッカートニー)が、歌曲賞にノミネートされた。

北米で約1億ドル、全世界では2億ドルを超すヒットとなった。

何不自由ない生活に思える反面、どこか満たされない人生を送る青年が出会う、はかなくも短い”現実”のロマンスと、自らが作り上げた夢の狭間で苦悩する姿、”完璧”なメイクで切なく演ずるトム・クルーズは、実に新鮮な演技を見せてくれる。

結局は、現実で愛し合うことはなかったヒロインペネロペ・クルス、ストーカー的な女友達を好演し、ゴールデングローブ賞などにもノミネートされたキャメロン・ディアス、主人公とは対照的な、持てない友人のジェイソン・リー、精神科医カート・ラッセル、顧問弁護士役のティモシー・スポール、”LE”のノア・テイラーティルダ・スウィントン、看守マイケル・シャノン、そして、パーティーで一瞬、スティーヴン・スピルバーグが本人役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター