逃走車 Vehicle 19 (2013) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

南アフリカで手違いで手配されたレンタカーに乗ったアメリカ人が、地元警察が絡む陰謀に巻き込まれる姿を描く、ポール・ウォーカー主演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ムクンダ・マイケル・デュウィル
製作総指揮:ポール・ウォーカー
製作
ライアン・ヘイダリアン

ピーター・サフラン
脚本:ムクンダ・マイケル・デュウィルムクンダ・マイケル・デュウィル
撮影:マイルズ・グッドール
編集:ミーガン・ギル
音楽
ジェームズ・マッテス

ダニエル・マッティ

出演
マイケル・ウッズ:ポール・ウォーカー

レイチェル・シャバング:ナイマ・マクリーン
スミス刑事:ジス・ドゥ・ヴィリエ
警部補:ツェポ・マセコ

アメリカ/南アフリカ 映画
配給 VVS Films

2013年製作 85分
公開
北米:2013年6月14日
南アフリカ:2013年2月7日
日本:2013年2月23日
北米興行収入 $2,145,231


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

2011年、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
アメリカ人のマイケル・ウッズ(ポール・ウォーカー)は、パトカーに追われて逃走する。
__________

暫く前。
現地に到着したマイケルは、別れた妻アンジーに連絡を入れてレンタカーの元に向かう。

手配した車と違うことに気づいたマイケルは、担当者に連絡するものの、ターミナルに戻る必要があると言われたためそのまま走り去る。

マイケルは、右ハンドルと左側通行に戸惑いながら市内に入る。

渋滞にはまったマイケルは、アンジーに連絡して遅れることを伝える。

苛立つマイケルは、グローブボックスの携帯電話に届いた、”誰にも知られるな”というメールに気づく。

その後、車は動き始め、マイケルは車内で拳銃を見つける。

焦るマイケルはスクラップ場で車を止め、かかってきた電話の相手に、車を間違えられたと言った瞬間に切られてしまう。

車を置いてその場を去ろうとしたマイケルは、かかってきた電話に出る。

相手は刑事のスミスで、空港での捜査で、覆面捜査官が使うはずの車だったことをマイケルは知らされる。

手違いだったことを認めたスミスは、車を用意したため、指定した倉庫に向かうようマイケルに指示する。

道に迷ったマイケルは、アンジーに電話をして遅れることを伝え、行き先の場所を教えてもらう。

車が砂地にはまり立ち往生する中、マイケルは後部の荷台に、拘束された女性(ナイマ・マクリーン)がいることに気づく。

女性に飲み物を与え拘束を解こうとしたマイケルは、逃げようとする彼女と揉み合いになる。

マイケルは銃を向けて何者かを問い、女性は彼も仲間だと言って警戒する。

走り始めたマイケルだったが、女性は座席から落ちた拳銃を奪い彼に向ける。

マイケルがスピードを上げて車体が揺れたため、女性は拳銃を手放して暴発し彼の首をかすめる。

尚も逃げようとする女性に警告したマイケルは、スミスからの連絡を受ける。

スミスは、10日前に出所して保釈条件を破り国外に出たマイケルを調べていた。

大使館にいる妻の元に向かうのかを問われたマイケルは、5分以内に来ない場合は逮捕すると言われる。

女性のことを伝えようとしたマイケルは、電話を切られてしまい車を出す。

レイチェル・シャバングだと名乗った女性は、マイケルが何も知らないことを知り、自分が検察局に勤めていることを伝える。

権力者だというベン・ローズの重要な秘密を掴んだと言うレイチェルは、彼が国際的な性的人身売買に関与していることをマイケルに話す。

拉致されたレイチェルは、口封じのために拘束されたということだった。

マイケルがそれを信じないため、レイチェルは、ローズが警察署長であり、自分を殺そうとしていることを知らせる。

半信半疑のまま、レイチェルを黙らせたマイケルは倉庫に到着する。

レイチェルに逃げろと言われたマイケルは、二台の車に追われる。

マイケルはそれを振り切り、二台は事故を起こして大破する。

二人は黒人居住区に向かい、レイチェルが知り合いに助けを求めようとするが無駄だった。

レイチェルの知人の家族も脅迫されたということを聞き、マイケルは大使館員のアンジーに危険が迫っていると考え連絡を入れる。

電話はつながらずに、レイチェルが大使館に連絡して、アンジーが外に出たことを知る。

大使館に急行した二人だったが、アンジーが武装警官に連れ去られようとするのを目撃する。

二人は銃撃されながらその場を去り、アンジーが中に戻ったことを確認するものの、レイチェルが銃弾を受けてしまう。

マイケルは、レイチェルの指示で駐車場に向かい、出血が止まらず助からない彼女を励ます。

瀕死のレイチェルは、二か月前に知った、人身売買組織に関与しているのが警察署長ローズだと証言して、携帯電話に録音させる。

レイチェルは、その犯罪が警察の上層部にまで広がっていることも付け加え、マイケルが立会人となる。

録音を、裁判所の判事に聴かせるようにとマイケルに伝えたレイチェルは息を引き取る。

自分には出来ないと言いながら、レイチェルを車から降ろしたマイケルはその場を離れ、アンジーに電話するもののつながらない。

スミスからの電話を受けたマイケルは、アンジーが大使館の外に出たら捕えることと、自分がレイチェル殺害犯として指名手配されたことを知らされる。

脅されたマイケルは、スミスに心を決めたことを伝えて、電話と所持していた酒を捨ててその場から走り去る。

裁判所に向かう途中、判事の留守番電話にレイチェルの録音証言があるとメッセージを残し、マイケルは現場に急ぐ。

顔が知られていマイケルは、警察を警戒して洗車場に入る。

アンジーに電話をしたマイケルは、楽しい時を過ごした思い出と、自分が殺人犯でないことを必ず証明するという伝言に残す。

路上の若者に頼み車体の色を変えたマイケルは、判事からの電話を受ける。

証言があれば署長を有罪にできると言われたマイケルは、裁判所に来るのは危険だと知らされ、待ち合わせることになる。

その直後に警官に止められたマイケルは、運転中の携帯電話の使用を注意される。

免許証の提示を拒むマイケルは銃を手にするが、車体を塗装した若者達が、パトカーに物を投げたため、警官は彼らを追う。

マイケルは、判事からの電話で、録音を取りに行かせると言われるが、通話中にバッテリーが切れてしまう。

突入するしかないと考えたマイケルは、パトカーに追われながら裁判所に向かう。

その場に到着したマイケルは、既に封鎖されていたためにテレビ・リポーター人質を取り、判事を呼ぶよう警部補(ツェポ・マセコ)に要求する。

現れたスミスはそれを拒むが、マイケルは、リポーターのマイクがつながっていることを知る。

焦ったスミスは、規則違反だという警部補の言葉を無視してマイケルを銃撃する。

マイケルは、銃弾を受けながらレイチェルの証言をマイクに向ける。

病院に搬送されたマイケルは、正義を守った英雄として、ズマ大統領から称賛される。

アンジーは、信じていたマイケルの勇気ある行動に対し、彼を永遠に愛するというコメントを出す。

事件に関与した署長や、警察上層部の者は逮捕される。

マイケルの借りたレンタカーは整備されて、再び空港の駐車場で待機する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
アメリカ人のマイケル・ウッズは、出所したばかりで釈放条件を破り、別れた妻アンジーが勤務するアメリカ大使館に向かう予定だった。
レンタカーが手配されたものと違うことに気づいたマイケルだったが、急いでいる彼はそのまま走り去る。
市内に入り、車内にあった携帯電話に気づいたマイケルは、”誰にも知られるな”という不審なメールを確認する。
その後、拳銃があることに気づいたマイケルは、かかってきた電話の相手に車を間違えたことを伝えるが切られてしまう。
マイケルは再び電話を受け、相手のスミス刑事から、捜査に使う車だったことを知らされ、指定された場所に向かおうとする。
ところがマイケルは、拘束された女性レイチェルが車内に監禁されていたことに気づく。
レイチェルは、マイケルも犯人一味と思い込むのだが、彼女は、警察上層部が絡む犯罪の証拠を掴んでいた検察局の検事だった。
半信半疑のままマイケルは、スミスに指示された場所に向かうのだが・・・。
__________

ワイルド・スピード・シリーズ」などで活躍する人気スター、ポール・ウォーカーが主演ではあるが、北米でも限定で公開されただけの作品。

製作にも参加したポール・ウォーカーの出演がなければ、B級映画として見過ごしてしまったかもしれない。
しかし、ほぼ全編がレンタカーの車内で展開されるワン・シチュエーション的なストーリーと、派手過ぎず現実味のあるカーアクション、主人公の焦りや勇気を捉えるショットなどを生かす描写など、なかなか興味深い。

出所したばかりで別れた妻を追う、アル中気味のダメ男を演ずるポール・ウォーカーが、雑念を捨てて、勇気を示すクライマックスは見応えある。

40歳の若さで交通事故死した、彼のことを想いながら観ると、感慨もひとしおだ。

警察権力の犯罪を暴こうとして、殺害の危機に遭う検事ナイマ・マクリーン、陰謀を指揮する刑事ジス・ドゥ・ヴィリエ、刑事の暴挙を阻止する警部補ツェポ・マセコなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター