ヴェラクルス Vera Cruz (1954) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1948年にバート・ランカスターハロルド・ヘクトと組んで設立した独立プロダクション、ヘクト=ランカスター・プロの作品で、大スターゲイリー・クーパーを招いて製作された、シーザー・ロメロアーネスト・ボーグナインチャールズ・ブロンソン他共演による西部劇の大作にして一級の娯楽作品。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:ロバート・アルドリッチ
製作
ジェームズ・ヒル

ハロルド・ヘクト
バート・ランカスター
脚本
ローランド・キビー

ジェームズ・R・ウェブ
撮影:アーネスト・ラズロ
編集:アラン・クロスランドJr.
音楽:ヒューゴー・フリードホーファー

出演
ベン・トレーン:ゲイリー・クーパー

ジョー・エリン:バート・ランカスター
マリー・デュヴァール伯爵夫人:デニーズ・ダーセル
アンリ・ド・ラボルデール侯爵:シーザー・ロメロ
ニナ:サラ・モンティエル
ドネガン:アーネスト・ボーグナイン
ピッツバーグ:チャールズ・ブロンソン
テックス:ジャック・イーラム
ダネット大尉:ヘンリー・ブランドン
ラミレス将軍:モリス・アンクラム
マクシミリアン皇帝ジョージ・マクレディ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1954年製作 93分
公開
北米:1954年12月25日
日本:1955年4月17日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $9,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

南北戦争直後のメキシコ
マクシミリアン皇帝による外国支配に対し、革命軍が反乱を起こし、 稼ぎ場所となった動乱の地に、アメリカの元兵士や無法者が流れこんだ。

戦争で財産をなくし、メキシコにやって来た元大佐ベン・トレーン(ゲイリー・クーパー)は、無法者のジョー・エリン(バート・ランカスター)に出会う。

エリンから馬を買ったトレーンは、それが軍隊から盗んだ馬だと知らされ、二人は軍に追われることになる。

トレーンが落馬した隙に、エリンは彼の金を奪い逃げようとする。

しかし、エリンは逆に、トレーンに銃を向けられて置き去りにされる。

ある町に立ち寄ったトレーンは、エリンの仲間と思われる、無愛想な男達に因縁をつけられる。

それに動じないトレーンは、そこに現れたエリンと、互いの腕を認め合い、金儲けのために手を組むことにする。

そしてトレーンは、エリンの仲間、ドネガン(アーネスト・ボーグナイン)、ピッツバーグ(チャールズ・ブロンソン)、テックス(ジャック・イーラム)らと行動を共にすることになる。

その後トレーンは、アメリカ人に襲われそうなメキシコ娘ニナ(サラ・モンティエル)を助けるが、彼女に財布を盗まれてしまう。

エリンは、そこに居合わせた、マクシミリアン皇帝側のフランス人貴族アンリ・ド・ラボルデール侯爵(シーザー・ロメロ)に、加勢するよう誘われる。

そこに、革命軍のラミレス将軍(モリス・アンクラム)も現れ、彼からも仲間に加わるよう要請される。

貧しい革命軍の大儀のために戦うよう、トレーンとエリンを説得するラミレスは、彼らを包囲して威嚇する。

しかし、エリンが革命派の子供達を人質に取ったため、ラミレスは仕方なく退却する。

結局、トレーンとエリンは皇帝側につき、ラボルデールにメキシコシティの宮殿に案内される。

マクシミリアン皇帝(ジョージ・マクレディ)に紹介されたトレーンとエリンは、自分達の銃の腕前を披露する。

皇帝は、以前、護衛に失敗した軍のダネット大尉(ヘンリー・ブランドン)に不安を抱えていた。

そこで皇帝は、フランスに帰国するマリー・デュヴァール伯爵夫人(デニーズ・ダーセル)を、ヴェラクルス港に送り届けるのを、5万ドルでトレーンとエリンらに任せる。

ラボルデールも加わり、トレーンとエリンはマリーの美しさを気にしながら先を急ぐが、二人は彼女の馬車が、荷馬車より重いことに気づき不審に思う。

その夜、トレーンとエリンは、馬車の中に隠されていた、ヨーロッパ皇帝の軍隊を雇う資金300万ドルの金貨を見つけてしまう。

二人にマリーも加わり、その金貨を奪おうと企むが、ラボルデールに、それを気づかれてしまう。

途中、革命軍に襲われた一行だったが、トレーンとエリンは馬車を守り難を逃れる。

騒ぎの最中、幌馬車に忍び込んだニナが、ピッツバーグらに見つかってしまう。

トレーンがニナを助け、ラボルデールはヴェラクルス行きを希望する彼女の同行を許可する。

エリンは、自分達の企みに気づいているような言動の、ラボルデールを気にする。

その後。ニナを助けたトレーンは、次第に彼女に惹かれていく。

次の町に立ち寄った一行だったが、ラボルデールは、マリーが裏切ろうとしていることをダネットに伝える。

マリーも、トレーンとエリンを裏切り、金貨を独り占めにしようとする。

しかし、エリンがそれを見抜き、彼女を巻き込んで、金貨を乗せる船を奪うことを企む。

しかし、金貨は、マリーを連れたラボルデールに奪われ、それを追ったトレーンとエリンらだったが、彼らの行動を不審に思っていた仲間達が、二人に銃を向ける。

しかし、残された馬車に金貨はなく、一行は革命軍に包囲されてしまう。

ラミレス将軍と取引したトレーンは、10万ドルの報酬で彼らに加勢することにする。

そしてエリンは、ラボルデールの策略に気づいていたトレーンが、故郷の土地のために、自分を裏切り金貨を略奪しようとしていたことを知る。

ヴェラクルスの要塞に到着したラボルデールは、マリーを紳士的に拘束する。

翌日、トレーンとエリンは、革命軍と共に要塞に突入して激しい戦いを繰り広げる。

トレーンは、革命軍の愛国心に心を動かされ、彼らのために、本気で金貨を取り戻す気になるが、エリンは、当然のごとく金貨を奪い取ろうとする。

ダネットやラボルデールを倒し、マリーと金貨を奪って逃げようとするエリンは、それを革命軍に渡そうとするトレーンと、決闘でけりをつけることになる。

二人は同時に銃を抜くが、一瞬トレーンの銃撃が早く、エリンの体は崩れ落ち息絶える。

そして、友情に似た仲にもなりかけた、エリンの銃を投げ捨てたトレーンは、マリーと軽く視線を交わし、二ナの元に歩み寄る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

メキシコの内乱を利用して荒稼ぎしようとする、アメリカ人の元軍人ベン・トレーンと、無法者のジョー・エリンは手を組み、マクシミリアン皇帝側につく。
帰国のためヴェラクルスに向う伯爵夫人マリーの護衛を5万ドルで請負ったトレーンとエリンは、馬車に、軍資金300万ドルが隠されているのを知り、それを奪おうとする。
マリーと手を組んだトレーンとエリンだったが、それを阻止しようとするラボルデール侯爵との駆け引きと、皇帝側と革命軍との戦いに巻き込まれていく・・・。
__________

男臭さとアクションに加え、セットの豪華さや女優陣の美しさなど、ロバート・アルドリッチのシンプル且つ切れ味鋭い演出も光る見応え十分の作品。

ヒューゴー・フリードホーファーの、ドラマの緊張感や決闘シーンを盛り上げる音楽も印象に残る。

ゲイリー・クーパーを主演で持ち上げてはいるものの、真っ白な歯をむき出しにした不敵な面構えや、粗暴で野蛮なキャラクターでクーパーを圧倒する、バート・ランカスターの魅力は出色である。

賞金稼ぎとして登場するクーパーも半悪人だが、実は故郷復興のための資金集めが目的で、革命軍の正義感に心を動かされるところなどは、いかにも彼らしい役どころで、メキシコ娘に心惹かれたりもする、人間味溢れるガンマンを好演している。

二人が見せるガンさばきや、簡潔であるにも拘らず、緊張感あるクライマックスの対決は、西部劇史上に残る決闘シーンと言っても過言でない。

共演のシーザー・ロメロの、用意周到な強かさ、デニーズ・ダーセルサラ・モンティエルの際立つ美しさ、また対照的に野蛮な無法者アーネスト・ボーグナイン、まだ端役の若き日のチャールズ・ブロンソンジャック・イーラム、軍大尉ヘンリー・ブランドン、革命軍将軍モリス・アンクラムマクシミリアン皇帝ジョージ・マクレディなどの多彩な顔合わせも見所だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター