デッド・シティ2055 Vice (2015) 2.9/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

レプリカントを制御した犯罪都市を作った起業家とその場を捜査する刑事との戦いを描く、主演トーマス・ジェーンブルース・ウィリスアンビル・チルダーズ他共演、監督ブライアン・A・ミラーによるSFアクション。


SF

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ブライアン・A・ミラー
製作
ランドール・エメット
ジョージ・ファーラ
アダム・ゴールドワーム
脚本
アンドレ・ファブリツィオ
ジェレミー・パスモア
撮影:ヤロン・レヴィ
編集
ポール・ハーブ
リック・シェイン
音楽:ハイブリッド

出演
ロイ・テデスキー:トーマス・ジェーン
ジュリアン・マイケルズ:ブルース・ウィリス
ケリー:アンビル・チルダーズ
クリス:ジョナサン・シェック
エヴァン・ランド:ブライアン・グリーンバーグ
メリッサ:シャーロット・カーク
マシューズ刑事:ライアン・オナン
ライナー:コリン・エッグレスフィールド
カザンスキー:ドン・ハーヴェイ
ジェームズ:ブレット・グランスタッフ
プルマン巡査:ジェシー・プルエット
ステイシー:リディア・ハル
スティーヴ:タイラー・J・オルソン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2015年製作 96分
公開
北米:2015年1月16日
日本:2015年5月23日
製作費 $10,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
近未来。
巨大企業を率いるジュリアン・マイケルズ(ブルース・ウィリス)は、富裕層を対象にした、レプリカント(人造人間)を相手に犯罪や欲求を満たす行為が合法化されたリゾート都市“VICE(ヴァイス)”をオープンさせた。

しかし、VICEで犯罪の魅力にとり憑かれた者達は、外の世界でも凶悪犯罪を起こし、刑事のロイ・テデスキー(トーマス・ジェーン)は、その件を調べていた。

旅立つことを決意していたバーテンダーのケリー(アンビル・チルダーズ)は、カウンターで寂しげにしている男性エヴァン・ランド(ブライアン・グリーンバーグ)に声をかける。

仕事を終えたケリーは、友人メリッサ(シャーロット・カーク)と帰ろうとする。

二人は、付きまとう男スティーヴ(タイラー・J・オルソン)に絡まれ、メリッサは射殺されケリーも絞殺される。

VICEのレプリカントだったケリーとメリッサは、エンジニアのライナー(コリン・エッグレスフィールド)により再生されて記憶は消される。

翌朝、いつものようにメリッサに起こされたケリーは、異変を感じる。

上司カザンスキー(ドン・ハーヴェイ)から、ジュリアンが納める税額が市の半分であるため大目に見ていると言われ、なぜ彼の周辺を調べるのかと訊かれたロイは、レプリカント以外に人間が犠牲になっていることを伝える。

仕事中に前夜の記憶が戻ったケリーは取り乱し、遠隔操作で処置不能だと知らされたジュリアンは、彼女を連れて来るよう指示する。

ライナーに処置されたケリーは、過去の記憶が断片的に甦って取り乱して暴れ始め、衝撃でその場は爆発し、彼女は脱出する。

現場に現れたロイは、同僚の忠告も聞かずに内部を調べようとする。

システムが故障したため、ケリーを捜すことができないとジュリアンに報告した部下のクリス(ジョナサン・シェック)は、外部に漏れたら大問題になると言われる。

ロイが現れたため対応したジュリアンは、今回の爆破はテロによる被害であることを伝える。

ジュリアンを牽制するロイは、その場を見て回る許可を得る。

バーに入ったケリーは、VICE再開のめどなどについて語るジュリアンのインタビューをテレビで確認する。

店を出た後、付きまとう男に襲われそうになったケリーは、現れたクリスから助けに来たと言われる。

男を射殺したクリスは、逃げたケリーを追うよう部下に指示する。

廃墟に向かったケリーはクリスらに追い詰められるものの、車の屋根に飛び降りて逃走する。

その現場に向かったロイは、同僚のマシューズ刑事(ライアン・オナン)から情況を聞き、被害者が、バーで絡んだ女性と関係していることを知らされる。

記憶をたどりある場所に向かったケリーは、働いていたバーの客だったエヴァンが現れたために驚き、追跡装置であるIDブレスレットを外してもらう。

その場が教会であると言われたケリーは、病気で亡くなったエヴァンの妻が自分と同じ顔をしていることに気づき、デザインしたと彼に言われる。

署に戻ったロイは、同僚のステイシー(リディア・ハル)の協力で、VICEの爆破事件の映像をチェックし、システムに侵入して映像をカットした者がいることに気づく。

そこにカザンスキーが現れ、命令を無視してVICEに向い、ジュリアンに会ったロイを責める。

映像の件をカザンスキーに話したロイは、捜査を止める気のないことを伝えてその場を去る。

撃たれて死んだ男のDNAを調べたマシューズは、5年前に死亡した”ミシェル・ランド”という女性のDNAが出たことをロイに知らせ、親族がエヴァン・ランドだと伝える。

亡くなった妻を想い自分を作ったとエヴァンに言われたケリーは、VICEのことも尋ねる。

ケリーは、レプリカントの記憶を制限するジュリアンが、警察を買収して許可を得た人工知能を管理していることを知る。

最後の日にケリーが描いた絵から教会の場所を突き止めたクリスは、そこが、デザイナーであるエヴァンの住所であることをジュリアンに知らせる。

危険が迫るためにケリーを逃がそうとするエヴァンは、セントヘレナに向かう手配をすることを彼女に伝える。

その場にロイが現れ、対応したエヴァンは、”エヴァン・ランド”と女性のことを訊かれて知らないと答える。

ロイに脅されたエヴァンはケリーに助けられ、そこに武装した者達が現れて銃撃戦になる。

エヴァンとケリーはクルマで逃走し、ロイは相手を倒す。

報告を受けたジュリアンは、ケリーを捜しているロイを監視するようクリスに指示する。

教会内を調べたロイは、マシューズからの情報で、エヴァンがジュリアンの部下だったことを知る。

その場にあった女性の写真を撮影してマシューズに送ったロイは、ケリーがセントヘレナに逃亡を計画していることに気づく。

エヴァンとケリーは、逃亡を助けてくれるハッカーのジェームズ(ブレット・グランスタッフ)の元に向かう。

ジェームズは、現在のケリーの情報を消去し、”ジェニファー”という別の女性にして、船でセントヘレナに向かう手配をする。

熱探知されない車をジェームズから借りたエヴァンとケリーは、その場を去る。

教会にいるロイの会話を傍受したジュリアンは、ケリーの情報が消去されたことを知る。

データベースに書き足されたものから調べることをマシューズに指示したロイは、セントヘレナを検索条件にして、送った写真で顔認証するようにと伝える。

車で走り去ったロイを、ジュリアンは部下に尾行させる。

マシューズから連絡を受けたロイは、セントヘレナ行きの貨物船の乗客名簿にある女性が、62番埠頭から20分以内に出航すると言われる。

埠頭に到着していたエヴァンとケリーに銃を向けたロイだったが、ジュリアンの部下に襲われる。

銃弾を受けたエヴァンは、船に乗るようケリーに指示し、彼女の顔を見て”ミシェル”と呟きながら息を引き取る。

ロイから、このまま逃げるなら止めないが、自分に協力してVICEを葬るかの選択を迫られたケリーは、戦う決意をする。

ジェームズの元に向ったケリーは、アップグレードとVICEの予約を頼む。

レプリカントの記憶を復元できるプログラムをジェームズから渡されたロイは、アップグレードされたケリーと共にVICEに向かう。

受付を済ませたケリーは、ロイを残してビル内に向い、警備員を殺す。

ジュリアンに銃を向けたケリーだったが撃つことができず、レプリカントが人間を殺す危険性を考え、安全装置を加えたと言われる。

銃を奪われたケリーは、ジュリアンに殴られて拘束される。

コントロール・ルームに押入ったロイは、プログラムをホストコンピューターに接続するよう指示し、レプリカントが異常行動を起こしVICE内は混乱する。

レプリカントが逆に客を襲い始めたことを知ったカザンスキーは、緊急体制を敷く。

ロイらがVICEのシステムを破壊したことを知ったジェームズは驚く。

ジュリアンは、レプリカントの強制終了するようクリスに指示する。

クリスを射殺したロイはケリーを解放するが、ジュリアンに撃たれてしまう。

ケリーから銃を受け取ったロイは、ジュリアンを射殺する。

ビルから出たケリーはメリッサと再会し、ロイは、彼女らを現実の世界に迎い入れる。

死んだはずのジュリアンは、レプリカントだったために再起動して目を開く。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
近未来。
巨大企業を率いるジュリアン・マイケルズは、富裕層を対象にした、レプリカント(人造人間)を相手に犯罪や欲求を満たす行為が合法化されたリゾート都市“VICE(ヴァイス)”をオープンさせた。
しかし、VICEで犯罪の魅力にとり憑かれた者達は、外の世界でも凶悪犯罪を起こし、刑事のロイ・テデスキーは、その件で捜査を進めていた。
ある日、レプリカントのケリーの記憶消去が不完全だったことから、異変が起きた彼女はVICEを脱出して反乱分子となる。
ケリーの存在に気づいたロイが彼女を捜し始めたため、ジュリアンは二人を追うのだが・・・。
__________

人気スターのトーマス・ジェーンブルース・ウィリスの共演が注目のSFアクション。

残念ながら、二人の出演がなければスルーしてしまっただろうという内容で、有名なSF映画数作を足して割ったような新鮮味のないストーリー、平凡なアクションなどB級映画としか言いようのない作品。

全米公開されたとも言えない作品で、拡大公開もされず、商業的にも大失敗に終わった。

時々このような作品があるのだが、一流のスターを使っても、スタッフ他がそれなりの場合、駄作に仕上がってしまうというパターンの典型のような作品だ。

巨悪を倒すために捜査を続けるはみだし刑事トーマス・ジェーン、犯罪都市を運営する起業家ブルース・ウィリス、彼を倒すために戦いを挑むレプリカントのアンビル・チルダーズ、ジュリアン(ブルース・ウィリス)の部下ジョナサン・シェック、ヒロインの逃亡に協力するレプリカントのデザイナー、ブライアン・グリーンバーグ、レプリカントのシャーロット・カーク、主人公に協力する刑事ライアン・オナン、VICEのエンジニア、コリン・エッグレスフィールド、主人公の上司ドン・ハーヴェイ、ヒロインの逃亡に手を貸すハッカーのブレット・グランスタッフ、警官ジェシー・プルエットとリディア・ハル、暴漢のタイラー・J・オルソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター