バージニア Virginia (2010) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

息子と暮らすシングルマザーと妻子のいる保安官との関係を中心に、周囲の人々の抱える問題と苦悩を描く、製作ガス・ヴァン・サント、主演ジェニファー・コネリーエド・ハリスエマ・ロバーツ他共演、監督、脚本ダスティン・ランス・ブラックによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ダスティン・ランス・ブラック
製作総指揮
ガス・ヴァン・サント

ヤードリー・スミス
製作
スコット・J・ブルックス

クリスティーン・ヴェイコン
ホップウッド・デプリー
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
撮影:エリック・アラン・エドワーズ
編集
ジョン・デヴィッド・アレン

ベアトリス・シスル
音楽:ニック・ウラタ

出演
バージニア・ニコラス:ジェニファー・コネリー

リチャード”ディック”ティプトン:エド・ハリス
ジェシー・ティプトン:エマ・ロバーツ
ベティ:キャリー・プレストン
エメット・ニコラス:ハリソン・ギルバートソン
ロザンナ・ティプトン:エイミー・マディガン
マックス:トビー・ジョーンズ
ジョシュ・ティプトン:アレックス・フロスト
ウィリー:バリー・シャバカ・ヘンリー
デイル:ポール・ウォルター・ハウザー
ウィテカー:ヤードリー・スミス

アメリカ 映画
配給 Entertainment One

2010年製作 111分
公開
北米:2012年5月18日
日本:未公開
製作費 $
北米興行収入 $12,728


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

バージニア州、バージニアビーチ
ある事件が起きる。
バージニア・ニコラス(ジェニファー・コネリー)は、保安官のリチャード”ディック”ティプトン(エド・ハリス)に抱きかかえられながら家を出てパトカーに乗せられる。

スーツケースを持って逃げるバージニアの息子エメットは、パトカーが近づいたために身を隠す。

バージニアは、車内にいた看護師ウィリー・リッグス(バリー・シャバカ・ヘンリー)に、エメットと共に町から逃げようとしたことを伝え話を始める。

1年前。
上院議員を目指すリチャードは、妻がいる身でバージニアと浮気をしていた。

バージニアが16歳の時に学校に放火した時からリチャードとの関係は続き、その間にエメットが生まれるが、彼の父親は誰か分からなかった。

エメットは、リチャードの娘ジェシーと惹かれ合っていたいた。

桟橋で働いていたバージニアは、カウンセラーのウィテカー(ヤードリー・スミス)から肺の腫瘍のため入院を勧められるものの、それを無視して自分が妊娠したと思い込む。

広告の生物学の授業で、耳の形が遺伝することを知ったエメットは、バージニアとリチャードの耳を調べる。

その結果を知ったエメットは、自分がバージニアとリチャードの子ではないということをジェシーに手紙で知らせる。

体調がすぐれずに家を出られなくなったバージニアは、解雇されてしまう。

エメットは、桟橋を所有するマックス(トビー・ジョーンズ)からバイトに誘わて働き始める。

敬虔なクリスチャンである父るリチャードの影響を受けていたジェシーは、エメットとの関係に躊躇していたが、その後、二人は親密になる。

バージニアは、その後もウィテカーの治療の勧めを拒み続ける。

そんなバージニアは、妊娠したことをリチャードに伝えるが、彼はそれを受け入れない。

リチャードは選挙資金を流用し、バージニアに口止め料として毎週数百ドルを送っていた。

そんなリチャードは、桟橋の観覧車の模様が良くないことで、知事の訪問がキャンセルになることを知る。

女装趣味のマックスを囮捜査で逮捕したリチャードは、彼の条件を聞き入れて観覧車の模様を変えることを納得させる。

ジェシーの家に招待されたエメットは、彼女の母親ロザンナ(エイミー・マディガン)を紹介される。

リチャードに呼ばれたエメットだったが、自分を見下す彼に銃を向けて敵意を見せて立ち去る。

その後、ジェシーも信仰心が薄れエメットとの付き合いを優先するようになる。

エメットは、リチャードの指示で、同じ警察官の息子ジョシュ(アレックス・フロスト)に痛めつけられる。

バージニアは、リチャードの子を妊娠していることをエメットに話し、口止め料を貯めてサンフランシスコに行く計画もあることを伝える。

選挙活動も大詰めとなり、手紙が来なくなったため、エメット共に演説会会場に向かったバージニアだったが、リチャードに相手にされない。

秘書から、手紙はリチャードの指示で止められたことを知ったバージニアはショックを受ける。

エメットはバージニアを励まして、町を出ることを提案してリチャードを憎む。

バージニアは、腹部を膨らませて人前に出て、リチャードの子供を産むと人々に言いふらす。

エメットはジェシーと結婚することを決めて、バージニアから指輪を受け取る。

バージニアは、結婚資金などのために銀行の融資を受けようとするものの、それを断られる。

拳銃を手に入れようとしたバージニアはその許可が下りず、エメットの友人デイル(ポール・ウォルター・ハウザー)に頼むものの同じだった。

エメットが隠してあった拳銃を見つけたバージニアは、銀行を襲うものの失敗に終わる。

その後、隣人で銀行員のベティ(キャリー・プレストン)の証言により犯人が男だったという情報を参考にしたリチャードは、銃を手に入れようとしたデイルと、現場に落ちていた靴などからマックスを逮捕する。

エメットは、家族に近づくなとリチャードに脅されながらも、ジェシーと結婚するためバージニアと共にアトランティック・シティに向かう。

現地に着いたエメットとジェシーは、バージニアに祝福されながら結婚式を挙げる。

バージニアは、かつて世話になった看護師ウィリーを訪ねて小児病院に向かう。

ウィリーがいないことを知ったバージニアは取り乱し、エメットとジェシーと共に町に戻る。

その後、バージニアはベッドから起き上がれなくなり、心配するエメットは、ベティから、彼女が銀行を襲ったことを知らされる。

ベティは、バージニアの肺の病気についても知っていたことをエメットに伝え、彼は金が必要になる。

エメットは、桟橋の遊技場のレジの金を奪うことを考えて、釈放されたマックスに匿われていた逃亡したデイルと共に計画を練る。

ロザンナは、バージニアがリチャードの子を身籠ったことや、彼が淫らな行為をしていたことを知り愕然とする。

エメットとデイルは集金所を襲い、その場のリチャードの演説会場で抗議をしていたマックスが事件に気づき騒ぎになる。

拳銃を持っていたデイルは駆け付けたジョシュに撃たれ、マックスは動揺する。

バージニアはモルモン教の教会員を呼び、信者になる儀式を受けようとする。

ロザンナは、睡眠薬を飲みビニール袋をかぶり自殺しようする。

家に戻ったエメットは、教会員をクローゼットに閉じ込める。

銃を持ったエメットに驚くバージニアは、警察が家を包囲したというベティからの電話を受ける。

エメットは、外からの警官の説得を無視して逃亡しようとする。

ジェシーが部屋に入ってきたため、ロザンナは自殺を思い止まる。

バージニアは、教会員の服を脱がし、それを着て逃げるようエメットに指示する。

エメットと共に教会員に祝福されたバージニアは、リチャードからの電話を受ける。

ロザンナはジェシーに現金を渡し、旅立つ娘を抱きしめる。

バージニアは、教会員に扮装させたエメットに別れを告げて人質と共に二人を外に出す。

エメットが犯行時に着ていたドレスを着たバージニアは、リチャードがエメットに気づいたことを知り発砲する。

警官隊の一斉射撃を受けたバージニアは銃弾を受けて、リチャードに抱きかかえられながらパトカーに乗せられる。

その場から逃走したエメットは、パトカーに気づき身を隠す。

バージニアは、エメットを守れなかったことを後悔して、車内にいたウィリーにそれを伝える。

ウィリーはそれを否定し、リチャードが事件を選挙に利用しようとするものの、ロザンナが夫の淫らな行為の証拠品を、知事が訪れるバーベキュー会場に飾るだろうという考えをバージニアに伝える。

そして、エメットはジェシーと共にパトカーでその場を逃れ、海辺の家で子供も生まれて幸せに暮らすことをウィリーはバージニアに語り、彼女を眠らせる・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

バージニア州、バージニアビーチ
シングルマザーのバージニア・ニコラスは、高校生の息子エメットと暮らしていた。
上院議員を目指す保安官と関係を持っていたバージニアは、肺病を患いながら桟橋の遊技場で働いていたものの体調不良が続き解雇されてしまう。
その頃エメットは、リチャードの娘ジェシーと親密になる。
バージニアは病気を隠し、リチャードの子供を身籠ったという嘘をつく。
選挙への影響を考えたリチャードは、資金を流用してバージニアに口止め料を払う。
そしてエメットは、そんなリチャードに対して、次第に敵意を抱くようになる・・・。
__________

ミルク」(2008)でアカデミー脚本賞を獲得したダスティン・ランス・ブラックの監督、脚本作品であり、同作の監督ガス・ヴァン・サントが製作に参加している。

父がモルモン教の宣教師であるブラックは、大学時代にゲイであることをカミングアウトしているのだが、そんな自身の思いや体験が生かされた内容となっている。

冒頭のシーンを意識して観ていないとラストの意味が理解し難いので注意が必要。

淡々と進む内容ではあるが、実力派スターの競演により、終盤に何かを期待させる。
そして迎えるクライマックスでの、サスペンス・タッチの展開は興味深い。

お嬢様的な雰囲気もあるジェニファー・コネリーが、ふしだらで頑固なシングルマザーを熱演し、その愛人となる保安官を演ずるエド・ハリスが、重厚な演技で支える。

主人公の息子(ハリソン・ギルバートソン)との人生を選ぶ保安官の娘エマ・ロバーツ、主人公の隣人役キャリー・プレストンエド・ハリス夫人であり、終盤で存在感を示す彼の妻役を演ずるエイミー・マディガン、桟橋の遊戯施設の所有者トビー・ジョーンズ、保安官の息子役アレックス・フロスト、主人公の心の支えだった看護師役のバリー・シャバカ・ヘンリー、エメット(H・ギルバートソン)の友人ポール・ウォルター・ハウザー、主人公のカウンセラー役で製作にも参加しているヤードリー・スミスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター