バーチュオシティ Virtuosity (1995) 3.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

近未来を舞台にした、バーチャルの世界から現れたアンドロイドと妻子をテロリストに殺された元警官との戦いを描く、主演デンゼル・ワシントンケリー・リンチラッセル・クロウルイーズ・フレッチャーウィリアム・フォーサイスウィリアム・フィクトナー共演、監督ブレット・レナードによるSFアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ブレット・レナード
製作:ゲーリー・ルチェシ
脚本:エリック・バーント
撮影:ゲイル・タッターサル
編集
B・J・シアーズ

ロブ・コブリン
音楽:クリストファー・ヤング

出演
パーカー・バーンズ:デンゼル・ワシントン

マディソン・カーター:ケリー・リンチ
シド6.7:ラッセル・クロウ
エリザベス・ディーン:ルイーズ・フレッチャー
ダリル・リンデンメイヤー博士:スティーヴン・スピネラ
ウィリアム・コクラン:ウィリアム・フォーサイス
ウィリアム・ウォレス:ウィリアム・フィクトナー
クライド・レイリー:ケヴィン・J・オコーナー
マシュー・グライム:クリストファー・マレー
カリン・カーター:ケイリー・クオコ
リング・アナウンサー:マイケル・バッファー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1995年製作 106分
公開
北米:1995年8月4日
日本:1996年6月8日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $24,048,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

近未来、ロサンゼルス
警察のテクノロジー研究センター”LETAC”のダリル・リンデンメイヤー博士(スティーヴン・スピネラ)は、犯人追跡をバーチャル訓練する装置と、アンドロイド(人工知能生命体)シド/バージョン6.7(ラッセル・クロウ)を開発する。

所長のエリザベス・ディーン(ルイーズ・フレッチャー)は、警察の安全を守るための訓練として、囚人パーカー・バーンズ(デンゼル・ワシントン)を使って行っていたが、トラブルが発生しリンデンメイヤーにその責任を追求する。

元警官のバーンズは、自分の妻子を殺したテロリストのマシュー・グライム(クリストファー・マレー)を殺害して服役中だった。

バーンズの元上司ウィリアム・コクラン本部長(ウィリアム・フォーサイス)は、現実に戻った彼を励まし力を貸すことを約束する。

リンデンメイヤーは、科学者クライド・レイリー(ケヴィン・J・オコーナー)に、ナノ・テクノロジーを使ったアンドロイドの培養を提案する。

リンデンメイヤーは、シドのコアをバーチャル上の美女だと思い込んでいるレイリーに渡してしまう。

そして、シドはアンドロイドとして現実の世界に現れて、レイリーを殺害し、ガラスで再生可能な自らのパワーを確かめる。

警察はシドを捕らえるためにバーンズを呼び出し、彼は発信機を体内に埋め込まれる。

実験にも立ち会った、犯罪心理学者マディソン・カーター(ケリー・リンチ)が、シドの捜索とバーンズ監視のため行動を共にすることになる。

シドは、殺人鬼”チャールズ・マンソン”を真似した殺人を犯し、バーンズの妻子を殺した、グライムの人格などもインプットされていることが分かる。

あるナイトクラブで、シドが人質をとって立て篭もり、それを知ったバーンズとカーターは現場に急行する。

無差別に客を殺すシドは、現れたバーンズに銃撃されるのだが、パトカーを奪い逃走する。

ガラスを利用して再生できる体のシドは、砕けた窓ガラスを飲み込み傷口を治し逃げ延びる。

コクランの元に向かったバーンズは、シドの手口や挑発の仕方が、妻子の命を奪ったグライムと酷似していることを知らせる。

同席していた”LEATAC”のディーン所長と補佐ウィリアム・ウォレス(ウィリアム・フィクトナー)は、シドが現実の世界で進化していることを伝える。

街に現れたシドが、格闘技のイベントに興味を持ったことを知ったバーンズは、会場から電車で逃亡しようとした彼を追い、乗客を射殺してしまう。

自分は殺していないと言うバーンズを信じ、カーターが被害者は背後から撃たれたことを確認してコクランに伝える。

護送車をシドが襲いバーンズを解放するが、埋め込まれた発信機の操作で30秒以内に死ぬことを知らされる。

シドは、バーンズが護送員を殺して逃亡したように見せ掛け、それを知ったディーン所長とウォレスは、発信機でバーンズを殺す準備をする。

バーンズは、シドが自分を逃がしたことをカーターに知らせ、彼女はそれと発信機のことをコクランに伝える。

それを聞いたコクランは、ウォレスがバーンズを抹殺するのを阻止する。

その頃、シドはテレビ局を占拠して番組を放映し、カーターの娘カリン(ケイリー・クオコ)が人質にとられている姿が映し出される。

それを知ったカーターは取り乱すが、バーンズが必ず助けると約束し、彼女に全ての電話回線を遮断させる。

バーンズは、シドが人に注目されるのことを目的としていることを見抜き、駆けつけた警官隊の攻撃を振り切りスタジオに向かう。

シドと一騎打ちになったバーンズは、彼にダメージを与えるが、ガラスの破片でシドの体は再生しようとする。

しかし、バーンズはシドのコアを取り出し、彼の機能を止めてしまう。

リンデンメイヤーを捕らえたカーターが現れるが、カリンの居場所が分からない。

バーンズとカーターは、それを知るために”LEATAC”の装置を利用してバーチャルの世界に入り込み、カリンの居場所を突き止める。

目的を達したバーンズとカーターを、コクランは現実に戻そうとする。

カーターが戻ったところで、リンデンメイヤーがコクランを殺害し、バーンズが戻れないままバーチャルの世界が崩壊しかける。

しかし、カーターがリンデンメイヤーを射殺し、バーンズを現実に戻し、彼は装置を停止してしまう。

バーンズとカーターは、仕掛けられた爆薬と共に捕らわれていたカリンの元に向かい、爆破寸前で彼女を助け出す。

そしてバーンズは、シドのコアを屋上から投げ捨て破壊する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

警察の研究機関が開発したバーチャル訓練装置の中から、シド6.7というアンドロイドが現実の世界に出現する。
妻子をテロリストに殺されたため、その犯人を殺し服役中の元警官である囚人パーカー・バーンズが、シドを捕らえるために呼び出される。
バーンズは、犯罪心理学者のカーターの監視の下で、シドの捜索を始める。
しかし、シドはバーンズの妻子殺しの犯人などの人格をインプットされ、彼を執拗に挑発する・・・。
__________

冒頭のデンゼル・ワシントンの登場場面で、その近未来警官の制服姿に違和感があり、お決まりの現実とかけ離れた日本文化の描写は、滑稽としか言いようがない。

これは、デンゼル・ワシントンにしては外した作品かと思いきや、早々に彼らしい演技を見せ始める。

バーチャル装置及び、アンドロイドの最新テクノロジーと、生身の人間の肉弾戦が見もののアクション作品ではあるが、演技派デンゼル・ワシントンが、心に傷を負った元警官を、派手さだけでなく重厚に演じている。

1990年代に入り、オーストラリアの映画界で実力を発揮し、いよいよハリウッドで才能を開花さようとしていたラッセル・クロウの、破天荒なアンドロイド役の躍動感ある怪演は今見るとかなり新鮮だ。

か弱い心理学者に見えた序盤から、逞しい母に変貌して主人公をサポートするケリー・リンチ、その娘ケイリー・クオコ、研究所長のルイーズ・フレッチャー、その補佐ウィリアム・フィクトナー、ヴァーチャル装置の開発者役スティーヴン・スピネラ、主人公を擁護する警察本部長ウィリアム・フォーサイス、科学者のケヴィン・J・オコーナー、そして、リング・アナウンサー役でお馴染みマイケル・バッファーも登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター