ブッシュ W. (2008) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

”名門”という家系を背負い放蕩息子で厄介者扱いされながら、二代前の父ジョージ・H・W・ブッシュに続き第43代アメリカ大統領にまで上り詰めたジョージ・W・ブッシュの反省を描く、監督オリバー・ストーン、主演ジョシュ・ブローリンエリザベス・バンクスジェームズ・クロムウェルエレン・バースティンリチャード・ドレイファススコット・グレンタンディ・ニュートン他共演によるコメディ・タッチのドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:オリバー・ストーン
製作
モリッツ・ボーマン

ビル・ブロック
脚本:スタンリー・ワイザー
撮影:フェドン・パパマイケル
編集
ジョー・ハッシング

ジュリー・モンロー
アレクシス・チャヴェス
音楽:ポール・カンテロン

出演
ジョシュ・ブローリンジョージ・W・ブッシュ

エリザベス・バンクスローラ・ウェルチ・ブッシュ
ジェームズ・クロムウェルジョージ・H・W・ブッシュ
エレン・バースティンバーバラ・ブッシュ
リチャード・ドレイファスディック・チェイニー
スコット・グレンドナルド・ラムズフェルド
タンディ・ニュートンコンドリーザ・ライス
ジェフリー・ライトコリン・パウエル
トビー・ジョーンズカール・ローヴ
ブルース・マッギルジョージ・J・テネット
ステイシー・キーチ:アール・ハッド
デニス・ボウトシカリスポール・ウォルフォウィッツ

ジェシー・ブラッドフォード:サッチャー
マイケル・ガストントミー・フランクス

ノア・ワイリードン・エヴァンス
ヨアン・グリフィズトニー・ブレア
コリン・ハンクス:スピーチ・ライター

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2008年製作 129分
公開
北米:2008年10月17日
日本:2009年5月16日
製作費 $25,100,000
北米興行収入 $25,534,493
世界 $29,434,429


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

2002年1月。
一般教書演説の原案を閣僚と討議する、第43代アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュ(ジョシュ・ブローリン)は、イランイラク北朝鮮の3カ国を、”悪の枢軸”と名指しすることを決める。
__________

1966年。
ジョージ・H・W・ブッシュ下院議員(ジェームズ・クロムウェル)と同じイェール大学に入学したブッシュは、度重なる問題行動で父親を悩ませていた。

その後、ブッシュは故郷テキサスの石油会社に勤めるが、長続きしなかった。

1971年。
何をやってもまともに務まらない息子を、父ブッシュは優秀な弟ジェブと比較し、夢ばかり追わずに現実的になるよう忠告し、失望感を露にする。
___________

副大統領ディック・チェイニー(リチャード・ドレイファス)とランチをとっていたブッシュは、彼に父ブッシュに比べて決断力の鈍さなどを指摘されるが、ブッシュはそれを意に介さない。
__________

1972年。
アルコール依存症となり、相変わらずトラブルを起こすブッシュを、父ブッシュは見限ろうとする。

しかし、息子がハーバード・ビジネス・スクールに受かったことを知った母バーバラ(エレン・バースティン)は、彼を認めてあげるよう夫を説得する。

1977年。
”神のお告げ”を聞いたというブッシュは、仲間とポーカーをしている最中に家業を継ぐと言い出し、下院議員選挙に立候補することを宣言する。

そして、ブッシュは、あるバーベキューパーティーでジュニア・ハイスクールの同窓生でもある、図書館で司書をしているローラ・ウェルチ(エリザベス・バンクス)と出会う。

ローラ民主党員だと知ったブッシュだったが、彼は一目で彼女が気に入る。

選挙戦をサポートしたローラだったが、ブッシュ民主党の対立候補ケント・ハンスに約6000票差で敗れてしまう。

1986年。
既にローラと結婚し2人の娘にも恵まれていたブッシュは、石油企業に戻っていた。

ブッシュは、副大統領の父ブッシュの大統領選出馬に伴い、ワシントンD.C.で父の選挙運動活動の支援を始める。

そして、40歳を過ぎたブッシュは、神に救いを求めて改心する。

1988年。
積極的に選挙活動を展開するブッシュを、父ブッシュは見直し始める。

父の当選をほぼ確実にして、選挙参謀のカール・ローヴ(トビー・ジョーンズ)は、ブッシュには人の心を掴む才能があることを見抜く。

しかし、ブッシュは父を超えられないというジレンマに悩み、自分が何をしても十分だと父は思わないと、ローラに愚痴をこぼす。
__________

イラク攻撃を主張するチェイニー副大統領や、国防長官のドナルド・ラムズフェルド(スコット・グレン)と、国連核査察の結果を待つ穏健派のコリン・パウエル国務長官(ジェフリー・ライト)は対立する。

ブッシュは、サダム・フセインを叩きのめすことを最優先させ、パウエル国務長官に国連を説得するよう命ずる。
__________

1990年。
MLBテキサス・レンジャーズのオーナーになっていたブッシュは、コミッショナーになる夢は捨て、現状維持で満足するべきだと、大統領の父ブッシュに説得される。

1991年。
湾岸戦争における”砂漠の嵐”作戦が終結して、ブッシュ大統領はサダム・フセインに止めを刺さずに軍を撤退させる。

1992年。
ブッシュ大統領は再選に失敗し、失意の父をブッシュは慰めるが、敗因はフセインの息の根を止めなかったからだと言い放つ。

テキサス州知事に立候補することに決めたブッシュだったが、同時にフロリダ州知事選に立候補する、弟ジェブの足をひっぱり兼ねない事態を、両親は心配する。

1994年。
劣勢を挽回し見事に州知事に当選したブッシュは、弟ジェブが落選したために手放しで喜べない父ブッシュから、一応は祝福される。

1999年
ブッシュは、”大統領選に出馬しろ”という神の啓示を受けたことを、恩師である牧師アール・ハッド(ステイシー・キーチ)に告げる。
____________

2003年。
イラクに対する、国連及びブッシュの強硬政策に反対する、反戦デモが各国で起きる。

ブッシュは、同盟国であるイギリストニー・ブレア首相(ヨアン・グリフィズ)に、イラクに対し断固として戦をしかけることを告げる。

3月17日。
そして、ブッシュはサダム・フセインに対し、48時間以内の国外退去を求める、最後通牒を告げることを決め、祈りを捧げる。

3月19日。
その要求に応じないフセインに対し、ブッシュイラクに軍を派兵し開戦(イラク戦争)を発表する。

開戦の戦果に湧き上がるホワイトハウスで、ブッシュは、閣僚達と得意満面の笑顔を浮かべる。

5月1日。
ブッシュは、空母エイブラハム・ リンカーン艦上で、”大規模戦闘の終結宣言”を行う。

しかし、大量破壊兵器が一向に見つからず、ブッシュは苛立ちを隠せない。

ブッシュは、CIAの調査で大量破壊兵器がないことを断言され、弟ジェブのための家名を汚したと父ブッシュに責められる悪夢にうなされる。

記者会見で、今回のイラク戦争の意義を唱えるブッシュは、記者からの”911以降最大の過ちは?”という質問に口籠もってまう。

適切な答えを返せないまま、執務室に戻ったブッシュは、その夜、野球の試合を見ながら思いにふける。

心の拠り所である野球場で、センターを守っていたブッシュは、バッターの放った打球を捕らえようとするが、ボールは彼の視界から消えてしまう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

名門ブッシュ家の長男ジョージ・W・ブッシュは、父親のジョージ・H・W・ブッシュと同じくイェール大学に入学するものの、問題行動ばかり起こし、下院議員の父を悩ませる。
ブッシュは、ブッシュを優秀な弟ジェブと比較し、絶望感を露にする。
社会に出たブッシュは、石油会社勤めも長続きせず、アルコール依存症となるものの、ハーバード・ビジネス・スクールに入り、母バーバラの後押しで、父の信頼を得ようとする。
1977年、そんなブッシュは、”神のお告げ”を聞き、家業を継ぐ決心をして、下院議員選への立候補宣言をするのだが・・・。
__________

家柄や父親の影を背負い、母親譲りの気性の激しさと奔放さで、要所要所で人並外れた才能を発揮したブッシュの人となりは、アメリカではよく知られているのだが、日本人の目からすると、ショッキングで衝撃的な感じさえする。

オリバー・ストーンらしい、皮肉を込めた社会派ドラマ風の仕上がりでもあるのだが、同名の父との”確執”を極端に描き、”W.”(原題)を強調してその人物像をコミカルに描いている。

似過ぎないまでも、時折見せる表情が本人と瓜二つの場面もあり、閣僚をはじめ、本人達の雰囲気がよく出ている。
かなりの部分で史実に忠実でもあり、あえて伝記映画に徹したのかは不明なのだが、オリバー・ストーン作品にしては、それほど堅苦しくない、軽快な演出が印象的だ。

批評家の受けはまずまずだったが、意外にも観客の評価は低く、上映館数が少なかったこともあり、残念ながら興行的には失敗に終わっている。

北米興行収入 $25,534,493
世界 $29,434,429

大統領=人格者のように捉えてしまい、経歴や人柄を余り知らないで見ると、実に人間味のある、身近な存在に思えてしまう主人公ブッシュを、当時、めざましい活躍で注目のジョシュ・ブローリンが、迫真の演技で熱演している。

ブッシュ夫人ローラエリザベス・バンクス、父ブッシュジェームズ・クロムウェル、母バーバラエレン・バースティンチェイニー副大統領のリチャード・ドレイファスラムズフェルド国防長官のスコット・グレンライス国家安全保障問題担当・大統領補佐官タンディ・ニュートンパウエル国務長官ジェフリー・ライトブッシュの盟友のカール・ローヴトビー・ジョーンズブッシュが改心するきっかけを作る牧師ステイシー・キーチジョージ・J・テネットCIA長官のブルース・マッギルイラク戦争の司令官であるトミー・フランクス将軍マイケル・ガストンイギリス首相トニー・ブレアヨアン・グリフィズ、そして、スピーチ・ライター役でコリン・ハンクスも出演しているという豪華キャストも注目だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター