ウェイトレス Waitress (2007) 4/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

田舎町のダイナーでウェイトレスとして働く女性の、妊娠による戸惑いをなどを乗り越えながらの自立を描く、監督、脚本、出演エイドリアン・シェリー、主演ケリー・ラッセルネイサン・フィリオンジェレミー・シスト他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:エイドリアン・シェリー

製作:マイケル・ロイフ
製作総指揮
トッド・キング
ジェフ・ローズ
ダニエル・レンフルー
ロバート・バウアー
脚本:エイドリアン・シェリー
撮影:マシュー・アーヴィング
編集:アネット・デイヴィー
音楽:アンドリュー・ホランダー

出演
ジェナ・ハンターソン:ケリー・ラッセル
ジム・ポマター医師:ネイサン・フィリオン
アール・ハンターソン:ジェレミー・シスト
ベッキー:シェリル・ハインズ
ドーン:エイドリアン・シェリー
ジョー:アンディ・グリフィス
オギー:エディ・ジェイミソン
カル:リュー・テンプル
フランシーヌ・ポマター:ダービー・スタンチフィールド

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2007年製作 104分
公開
北米:2007年5月25日
日本:2007年11月17日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $19,067,630
世界 $22,179,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アメリカ南部の田舎町。
”ジョーズ・パイ・ダイナー”のウェイトレス、ジェナ・ハンターソン(ケリー・ラッセル)は、同僚のベッキー(シェリル・ハインズ)とドーン(エイドリアン・シェリー)に予想外の妊娠を知らせ、これで夫のアール(ジェレミー・シスト)から逃げられないと思うと憂鬱になる。

店ではパイ作りの天才だったジェナは、家庭では夫のアールに虐げられ、脱出計画を考えていたのだった。

ベッキーとドーンに慰められたジェナは、迎えに来たアールと共に家に向かう。

いつものように全てを支配しようとするアールの態度に我慢しながら、帰宅したジェナは、彼に資金援助を頼む。

2か月後のパイ・コンテストの出場を希望していたジェナだったが、アールはそれに反対し、出る必要はないと言われる。

就寝後、ジェナは貯めていた現金を隠す。

翌日、パイを持参して産婦人科医に向かったジェナは、自分を取り上げてくれた医師が引退したことを新任のジム・ポマター医師(ネイサン・フィリオン)から知らされて戸惑いながら、彼に挨拶する。

望まない子なのだが産むことをポマターに伝えたジェナは、持参したパイを彼に渡し、検査の結果、妊娠は間違いないことを知らされる。

ダイナーに遅刻したジェナは、店長のカル(リュー・テンプル)に小言を言われながら、ベッキーと共に仕事を始める。

店のオーナーであるジョー(アンディ・グリフィス)の対応をしたジェナは、口うるさい彼から”バッド・ベイビー・パイ”を注文される。

妊娠をジョーに知られたジョナは、それをカルに秘密にしてほしいと伝える。

ブラインドデートのドーンのためにメイクをしてあげたジェナは、パイ・コンテストの賞金2万5000ドルで、自分の店を開くことを提案される。

ベッキーにもいい案だと言われたジェナは、ドーンにバス停まで送ってもらう。

その場にポマターが現れ、車が故障したためバスを使ったと言う彼と話したジェナは、ダイナーでウェイトレスをしていることを伝える。

新作のパイを考えているとジェナに言われたポマターは、先日のパイも彼女が作ったと知り、パイ・コンテストに出れば必ず優勝すると伝えて、その美味しさを絶賛する。

ポマターの結婚指輪を気にしながら、大学時代に通っていたパイ店の話を聞いたジェナは彼に親しみを感じる。

帰宅したジェナはアールに求められ、仕方なく愛し合う。

翌日、デートして気に入らなかった相手オギー(エディ・ジェイミソン)が店に現れたため、ドーンは戸惑う。

席に座ったオギーに注文を聞いたジェナは、ドーンから最悪の男だったと言われる。

結婚まで迫られたと言うドーンは、仕方なくオギーの席に向かい、気味が悪いので死んでしまえと罵ってしまう。

オギーが泣き出してしまったため、ドーンは謝罪する。

出血があったのでポマターの診察を受けたジェナは、心配ないと言われる。

それで話は終わりだったためにジェナは、このためになぜ呼んだのかとポマターに尋ね、その理由は答えられないと言われる。

気分を害したジェナは、優しい言葉だけを口にするポマターに不満を伝えてその場を去る。

バッグを忘れたジェナは戻り、それを手にして出て来たポマターに抱きついてキスしてしまう。

気持ちが昂る二人は燃え上がり、人目やアールの嫉妬を気にするジェナはポマターに送ってもらう。

放心状態のジェナの顔が口紅だらけだったため、ジョーは彼女の不貞に気づき注意する。

ベッキーとドーンから妊婦読本をプレゼントされたジェナは、お腹の子に対する愛情はないと伝える。

旅立つ決意をしたジェナだったが、バス停でアールに見つかってしまい、パイ・コンテストに向かおうとしたと言うものの信じてもらえない。

アールが暴力を振るうため、ジェナは妊娠したことを伝える。

驚いたアールは、コンテストの後に話すつもりだったと言うジェナに行かせないと伝え、子供より自分を愛する努力をするよう強要する。

ジェナは、仕方なくそれを約束する。

1か月ぶりにクリニックに向かったジェナは、ポマターの超音波検査を受け、先月のことを謝罪する彼から関係を絶つと言われるものの、二人は求め合ってしまう。

連絡をよこさなかったことへの不満を伝えたポマターは、情事兼診察の約束をしてジェナを帰す。

その後、戸惑いながらもジェナは、今までの暗い気持ちが払拭されて希望が持てるようになる。

ドーンがオギーと付き合い始めたことを知ったジェナは驚き、カルに妊娠したことを伝える。

それを知っていたカルは、仕事さえしてくれれば問題ないとジェナに伝える。

ジョーのテーブルに向かったジェナは、不倫は人生をダメにすると忠告される。

厨房に向かったジェナは、ベッキーとカルが抱き合っている現場を目撃してしまい、それが以前から言っていた彼女の秘密だったことを知る。

不倫は最低な行為で皆を不幸にするとベッキーに伝えたジェナは、ポマターが来たことをドーンから知らされる。

ポマターのテーブルに向かったジェナは、密会を止めることを伝えてその場を去る。

カルに幸せであるかを確かめたジェナは、幸せだと言われたためにポマターのテーブルに戻ろうとするが、彼の姿はなかった。

迎えに来たオギーと出掛けるドーンの幸せそうな姿を見つめながら、ジェナはベッキーに謝罪する。

カルを愛するかは別として、病気の夫の看病に疲れている自分が、誰かのために生きているという思いに幸せを感じると、ベッキーはジェナに伝える。

翌朝、アールが出勤した後で訪ねて来たポマターを招き入れたジェナは、パイの作り方を教えてほしいと言われる。

パイを作りながら、ジェナとポマターは愛を確かめる。

特注のパイ皿をポマターからプレゼントされたジェナは、感激する。

ドーンとオギーの結婚式がダイナーで行われ、ジェナやベッキーらは二人を祝福する。

ジョーと踊ったジェナは、ただのウェイトレスで終わることなく、正しい道を進みやり直すよう助言される。

その場に現れたアールは、怒りを露わにしながらジェナを家に連れ帰り、現金を隠していたことを追及する。

裏切られたと言って泣き出すアールに、子供のためのものを買うために貯めていたことをジェナは伝え、彼の理解を得る。

仕方なく、旅立つための資金だった現金をアールに渡したジェナは、ベビー・ベッドなどを買いお腹の子を恨む。

ポマターの診察を受けたジェナは、自分の人世を全て消し去り一緒に逃げたいことを伝える。

それに同意したポマターだったが、ジェナが産気づいたため病室に連れて行く。

現れたアールに挨拶したポマターはその場を去り、ジェナは、手術するために入院していたジョーからお見舞いのカードを受け取る。

ジョーは、け婚式の際、店で暴言を吐いたアールを説教してその場を去る。

その後、研修医である妻フランシーヌ(ダービー・スタンチフィールド)をポマターから紹介されたジェナは、出産の準備に入る。

子供など欲しくないと叫びながら苦しむジェナは、無事に女の子を出産する。

子供を抱いたジェナは感激し、寄り添うアールを見限り、離婚すると言って、自分の前から消えるよう伝える。

アールの暴言も全く耳に入らないジェナは、子供にルルという名前を付けて今後のことを語りかける。

入院費を払わないアールのせいで退院させられることを、迎えに来たベッキーとドーンから知らされたジェナは、術後の状態が悪いジョーが昏睡状態だと知らされる。

回復の見込みがないことを知ったジェナはショックを受け、ジョーから渡されたカードを確認し、自分の似顔絵と共に入っていた27万450ドルの小切手を見て驚く。

退院するジェナは、二人のことを考えると別れるのが最善であることをポマターに伝えてチョコパイを渡す。

ベッキーとドーンにポマターと不倫していたことを話したジェナは、もう終わったと言ってルルを抱いてその場を去る。

その後、パイ・コンテストで優勝したジェナは、成長するルルと共にパイを焼き続ける。

”ルルズ・パイ”を開店したジェナは、ベッキーとドーン、そしてルルと共に幸せを実感する。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アメリカ南部の田舎町。
”ジョーズ・パイ・ダイナー”のウェイトレス、ジェナ・ハンターソンは、パイ作りに関しては天才的だったが、夫アールに虐げられる日々を送り、自立することを考えていた。
そんなジェナは予定外の妊娠をしてしまい、同僚のベッキーとドーンにだけは話して産婦人科に向かう。
新任のポマター医師の診察を受けたジェナは、彼の優しさに触れて惹かれてしまう。
喜べない妊娠、自分を支配しようとするアールなどで苦悩する家出することもできないジェナは、ポマターとの時間に安らぎを感じて関係を持ってしまうのだが・・・。
__________

脚本、出演を兼ねるエイドリアン・シェリーの演出が高い評価を得た作品なのだが、公開半年前に彼女が殺害される事件が起き本作が遺作となった。

天才的なパイ作りの才能を持つ女性のサクセス・ストーリーかと思いきや、夫に虐げられる彼女の苦悩から産婦人科医と不倫に走る混沌とするドラマ展開になる。
望まない妊娠で悩む主人公だったが、新しい命の誕生で人生に対する考えが変わり自立するまでを、ユーモアを交えてハートウォーミングに描く快作に仕上がっている。

主人公の気持ちを表現する様々なパイの描写など、エイドリアン・シェリーの女性的な描写も興味深い。

子供など欲しくないと言いながら出産した我が子を抱いた瞬間、全てが吹っ切れた主人公が、夫を見限り捨てるクライマックスは実に痛快だ。

パイ作りに関しては並外れた才能を持ちながら、男運に恵まれず苦悩する主人公を好演するケリー・ラッセル、彼女と愛し合う産婦人科医のネイサン・フィリオン、傲慢な主人公の夫ジェレミー・シスト、主人公を励ます同僚シェリル・ハインズエイドリアン・シェリー、ダイナーのオーナーで、主人公に的確な助言をする、愛すべきキャラクターを演ずる大ベテランのアンディ・グリフィス、ドーン(エイドリアン・シェリー)と結婚するエディ・ジェイミソン、ダイナーの店長リュー・テンプル、ポマター(ネイサン・フィリオン)の妻ダービー・スタンチフィールドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター