ウォー・ゲーム Wargames (1983) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人間に代わり導入されたミサイル発射用スーパー・コンピューターの防衛システムに高校生がアクセスしてしまい、ゲームか戦争か区別できなくなったシステムの混乱を回避するまでを描く、監督ジョン・バダム、主演マシュー・ブロデリックダブニー・コールマンジョン・ウッドアリー・シーディ他共演によるコメディ・タッチのサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・バダム
製作総指揮:レオナード・ゴールドバーグ
製作:ハロルド・シュナイダー
脚本
ウォルター・F・パークス

ローレンス・ラスカー
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
編集:トム・ロルフ
音楽:アーサー・B・ルービンスタイン

出演
デヴィッド・ライトマン:マシュー・ブロデリック

ジョン・マッキトリック博士:ダブニー・コールマン
スティーブン・フォルケン博士:ジョン・ウッド
ジェニファー・マック:アリー・シーディ
パット・ヒーリー:ジュアニン・クレイ
ジャック・ベリンジャー将軍:バリー・コービン
ジム・スティング:モーリー・チェイキン
ジェリー:ジョン・スペンサー
スティーヴ・フェルプス:マイケル・マドセン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1983年製作 112分
公開
北米:1983年6月3日
日本:1983年12月24日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $79,568,000


アカデミー賞 ■

第56回アカデミー賞
・ノミネート
脚本・撮影・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ジェリー(ジョン・スペンサー)とスティーヴ・フェルプス(マイケル・マドセン)の2人が、吹雪の中、ある民家に到着する。

そこは、秘密のミサイル発射基地で、交代要員のジェリーとスティーヴは、ミサイル発射の指示を受ける。

コロラド州、NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)。
演習だった今回のミサイル発射指令で、人間が発射を躊躇してしまう場合があるということが実証される。

ジョン・マッキトリック博士(ダブニー・コールマン)は、対ソ連報復作戦プランである”ウォー・ゲーム”をプログラムされたスーパーコンピューター”WOPR”を導入し、発射要員を外すことをベリンジャー将軍(バリー・コービン)や政府高官に提言する。

シアトル
高校生のデヴィッド・ライトマン(マシュー・ブロデリック)は、学校で問題ばかり起こす生徒だった。

しかしデヴィッドは、コンピューターにかけては天才的な才能を発揮する少年だった。

生物の授業で不合格を言い渡されたデヴィッドは、クラスメイトのジェニファー・マック(アリー・シーディ)を家に誘い、学校のコンピューターに侵入して、自分とジェニファーの成績を変えてしまう。

しかしジェニファーは、デヴィッドの不正を非難して、成績を戻させ帰宅する。

デヴィッドはジェニーファーの成績を再び”A”に戻してしまい、その夜、”プロトヴィジョン社”が新型コンピューターを発売することを知る。

デヴィッドは、プロトヴィジョン社内のコンピューターに侵入し、プログラムを入手しようとする。

翌日、ジェニファーは気が変わり、デヴィッドに成績を変えてもらおうとするが、彼から既に変更してあると聞き、それを確かめようとする。

あるコンピューターに侵入してしまったデヴィッドは、そこに”全面細菌戦争”と表示されていたのに驚いてしまう。

大学のジム・スティング(モーリー・チェイキン)に意見を求めたデヴィッドは、それが軍関係のコンピューターであると知り、表示された最初の文字、”フォルケンの迷路”をヒントに調査を始める。

そしてデヴィッドは、フォルケン(ジョン・ウッド)が国防総省のコンピューターの専門家で、誤りを修復するプログラムを開発したが、1973年に死亡していることを知る。

ジェニファーの閃きで、例のコンピューターのパスワードが、フォルケンの息子”ジョシュア”だと気づいたデヴィッドは、ついに目標のコンピューター(WOPR)にアクセスすることに成功する。

デヴィッドは、プログラム”ジョシュア”と、”全面核戦争”のゲームを始めてしまう。

その頃、NORADでは緊急警報が鳴り、レーダーがミサイルを探知したという報告を受けたベリンジャー将軍は、大統領に連絡を入れる。

ゲームの途中、デヴィッドがコンピューターの電源を落とすと、NORADの監視システムがダウンする。

何者かが外部から侵入し、シュミレーションをしていることに気づいたベリンジャー将軍は、それがシアトルで行われたことを知らされる。

翌日のニュースを見て、危うく核戦争が回避された事件は、自分達のゲームが原因だと知ったデヴィッドとジェニファーは、逆探知を恐れて二度とアクセスしないことに決め、証拠を廃棄しようとする。

しかし、ジョシュアはデヴィッドをフォルケンだと思い込み、さらに彼がプログラムした”核戦争”は、進行中だということを伝える。

そして、デヴィッドはFBIに拘束されてNORADに連行され、マッキトリック博士は、ソ連が警戒態勢に入ったことを知る。

マッキトリックはデヴィッドの拘束を解き、ただのゲームだと言う彼に黒幕がいないかを確かめる。

デヴィッドは、マッキトリックのオフィスのコンピューターからジョシュアに質問するが、依然”ウォー・ゲーム”は進行していた。

さらにデヴィッドは、ジョシュアが、生きているフォルケンの秘密の住所に連絡を取ったことを知るが、スパイ容疑で逮捕されてしまう。

拘束されていた部屋から逃げ出し、視察団に紛れ込んでNORADから脱出したデヴィッドは、ジェニファーの助けを借り、コロラドからオレゴンの秘密の住所に向かう。

フォルケンの居場所に着いたデヴィッドとジェニファーは、妻子を事故で亡くしたフォルケンが、生きる希望を無くし、ひっそりと暮らしていることを知る。

核戦争でも必ず勝てると信ずる、軍を去ったフォルケンは、彼の考えたシュミレーションが進行していることを伝える、デヴィッドの話しにも耳を貸さなかった。

フォルケンは、遅かれ早かれ必ず起きる核戦争で、人類は一瞬にして滅んだ方が幸せだと言い放つ。

それに同調できないデヴィッドとジェニファーは、その場を立ち去ろうとする。

しかし、デヴィッドに心を動かされたフォルケンは、2人を連れてNORADに向かう。

ソ連のミサイル発射の報告を受け、ベリンジャー将軍は警戒レベル”1”を発令し戦闘体勢に入る。

NORADに着いたフォルケンらは、現在進行中の出来事が、コンピューターの作った幻影だということをベリンジャー将軍に伝える。

将軍は、それを考慮しながらミサイルの着弾を見つめる。

コンピューターの着弾表示にも拘らず、各地からは異常なしという報告が入り、フォルケンの言うことが正しかったことが証明される。

しかし、ジョシュアは、自ら実際のミサイル発射指令を出してしまい制御不能となる。

デヴィッドはジョシュアとゲームを始め、次々とパスコードを解いていく。

○Xゲームを始めたデヴィッドは、ジョシュアにいくらやっても勝負がつかないことを悟らせる。

そしてジョシュアは、勝つためには、何もしないことだということに疑問を持ちながら、フォルケンをチェスに誘う。

そして、ベリンジャー将軍は警戒レベルを”5”に戻す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

コロラド州。
NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)。
演習で行ったミサイル発射指令で、人間が発射を躊躇してしまう場合があるということが実証される。
マッキトリック博士は、対ソ連報復作戦”ウォー・ゲーム”をプログラムされた、スーパー・コンピューターの”WORP”を導入することを軍上層部や政府高官に提言する。
コンピューターの扱いには、天才的な才能を発揮する、シアトルに住む高校生デヴィッド・ライトマンは、新型コンピューターを開発した会社”プロトヴィジョン”の社内システムに侵入してしまう。
デヴィッドが侵入してしまったコンピューターには”全面細菌戦争”と表示され、その後、彼は”WORP”にアクセスしてしまう・・・。
__________

高度なコンピューター・ゲームなどがはやりだしていた時代に、機械が支配する社会の恐ろしさや、冷戦下の米ソの緊迫した状態を描き、核戦争の無益さを痛烈に皮肉った、固い話がテーマの作品でもある。

しかし、戦争とゲームを組み合わせた、テレビ・ゲームのような映像と解説、ジョン・バダムの軽快な演出と、シンプルで巧みな脚本により、物語は実に分かり易く、大人から子供まで誰もが楽しめて、そして学べる痛快作に仕上がっている。

第56回アカデミー賞では、脚本、撮影、録音賞にノミネートされた。

デビュー2作目にして初主演作の、若きマシュー・ブロデリック(撮影時20歳)の登場で、一見”キッズ・ムービー”風に始まるのだが、初期の家庭用コンピューターの扱い方や、自暴自棄気味のシステム開発者の心を動かし、核戦争を阻止しようとする彼の行動は実に頼もしい。

NORADに、スーパーコンピューター導入を提案する博士ダブニー・コールマン、システムの開発者のジョン・ウッド、主人公を支える快活な少女アリー・シーディNORADの司令官バリー・コービン、ミサイル発射の交代要員でデビュー作のジョン・スペンサーマイケル・マドセンも出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター