俺たちは天使じゃない We’re No Angels (1955) 4.25/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アルベール・ユッソンフランスの舞台劇”La Cuisine des Anges”の、アメリカ版舞台劇”My Three Angels”(1953)の映画化。
クリスマスを舞台に、気の毒な一家を幸せにして”天使”のようだと感謝される脱獄囚達の行いをコミカルなタッチで描く、監督マイケル・カーティスハンフリー・ボガートアルド・レイピーター・ユスティノフ共演の心温まるコメディの秀作。


コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・カーティス
製作:パット・ダカン
戯曲:アルベール・ユッソン(“La Cuisine des Anges”)
脚色:ラナルド・マクドゥーガル
撮影:ロイヤル・グリグス
美術
ハル・ペレイラ
ローランド・アンダーソン
編集:アーサー・P・シュミット
音楽:フレデリック・ホランダー

出演
ハンフリー・ボガート:ジョゼフ
アルド・レイ:アルバート
ピーター・ユスティノフ :ジュールス
ジョーン・ベネット:エメリー・デュコテル
ベイジル・ラスボーン:アンドレ・トロシャール
レオ・G・キャロル:フェリックス・デュコテル
グロリア・タルボット:イザベル・デュコテル
ジョン・スミス:アルノー
ジョン・ベアー:ポール・トロシャール

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1955年製作 105分
公開
北米:1955年7月7日
日本:1955年9月2日
製作費 $1,685,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1895年、クリスマス・イヴ、フランスギアナデビルズ島
監獄を脱獄したジョゼフ(ハンフリー・ボガート)、アルバート(アルド・レイ)、ジュールス(ピーター・ユスティノフ )は、港町カイエンヌにたどり着く。

三人は追っ手をかわし、出会った若い船医アルノー(ジョン・スミス)から封筒を盗み、入っていた手紙の届け先の雑貨店のフェリックス・デュコテル(レオ・G・キャロル)を訪ねることにする。

ジョゼフらは、雨漏りを直すと言ってフェリックスに雇ってもらうが、店の物を奪い必要ならば彼の家族を殺すことも考える。

お人好しのフェリックスは、従兄アンドレ・トロシャール(ベイジル・ラスボーン)のパリの店を任されていたが、業績を上げられずに、この町に追いやられていた。

手紙を読んだフェリックスは、アンドレと甥のポール(ジョン・ベアー)が、伝染病の発生した船で足止めされていることを知り衛生局に向かう。

アンドレが、店の帳簿を調べに来るということでフェリックスは慌ててしまう。

デュコテル家の一人娘イザベル(グロリア・タルボット)は、心寄せていたポールが、造船会社の令嬢と婚約したという手紙の内容を知り失神してしまう。

その様子を見ていたジョゼフらは、イザベルを介抱しようとするが、彼女の母エメリー(ジョーン・ベネット)は、三人の存在を知り驚いてしまう。

しかし、エメリーは親切な三人に感謝して、詐欺師だが接客のうまいジョゼフ、女性への暴行犯アルバートの、妻を殺したジュールスらが役に立つ囚人だと気づく。

店の帳簿をチェックしたジョゼフは、戻ってきたフェリックスにその内容の酷さを指摘する。

家族が哀れになった三人は、盗みを止めて引き上げようとするが、フェリックスは、世話になった彼らをクリスマス・イヴの夕食に招待する。

夕食の準備をしていた三人は、アルバートが、自殺をほのめかすイザベルの心を和ませ、彼女を幸せな気分にさせる。

ジョゼフは盗んできた七面鳥を料理し、イザベルから優しい言葉をかけられた三人は、気分良く夕食を迎えることになる。

そして、給仕役となった三人は、家族に料理を振る舞い、感謝された彼らは、フェリックスとエメリーから温かい心遣いを渡される。

家族への感謝の気持ちに、三人は感傷的になってしまい、とても彼らを殺す気になれなかったが、ジョゼフは心を鬼にして逃げるために計画を実行しようともする。

そんな時、船を下船したアンドレとポールが到着し、眠ろうとしていたフェリックスを驚かせる。

横柄なアンドレはその場を仕切り始め、イザベルにポールとの仲を諦めさせるようフェリックスに伝える。

クリスマスにも拘らず、アンドレが翌日、帳簿を調べると言い出したため、フェリックスは慌ててしまう。

フェリックスを気の毒に思ったジョゼフは、帳簿を偽造しようとするが、就寝前に目を通すと言って、アンドレがそれを寝室に持ち去ってしまう。

その後、三人はイザベルを急き立て、ポールを口説き落とさせようとする。

しかし、二人が庭で語り合っているところを、アンドレに見つかってしまう。

ジョゼフらはアンドレを脅しにかかるが、デタラメな帳簿を確認したポールと共に彼は部屋に戻ってしまう。

アルバートが持っていた毒蛇で、アンドレを殺そうとした三人だったが、真っ先に自分達が疑われると考え思い留まる。

しかし、アンドレは三人が持っていた蛇のカゴを見つけ、中味には気づかず、彼らが盗んだ物だと決め付け、自分の部屋に持ち帰ってしまう。

そして、アンドレは蛇に噛まれて死んでしまい、ジョゼフは遺言書を偽造し、フェリックスに遺産が渡るようにする。

その後、三人はアンドレの遺体を誰かに確認させようとするが、それがなかなかうまくいかない。

さらに、毒蛇の行方が分からなくなってしまい、三人は慌てて探し回る。

ジュールスが、目覚めたポールをアンドレの部屋に行かせることに成功し、彼が死んでいるのを確認させる。

三人とエメリー、そしてフェリックスもそれを知り、夫妻は死亡証明書を貰いに行く。

アンドレの死を歓迎する意地の汚いポールは、ジョゼフが偽造した遺言書を見つけて燃やしてしまう。

欲が出たポールは、アンドレの財産を奪おうと企むが、逃げた蛇に噛まれて死んでしまう。

出かけていたイザベラが戻り、アンドレの死を知らされて、ポールのことは諦めたことを三人に伝える。

そこに、死亡した者がいると聞いて船医のアルノーが現れる。

ジュゼフ達は、ポールの遺体を発見して失神したイザベルをアルノーに介抱させる。

そして三人は、イザベルとアルノーの結婚をお膳立てして、フェリックス一家に幸福をもたらす。

三人は店の服を拝借して、戻ってきたフェリックスとエメリーに感謝して別れを告げる。

逃亡しようとする三人だったが、世の中のごたごたに巻き込まれることのない、監獄に戻ることにするのだった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

デビルズ島の監獄を脱獄した囚人ジョゼフ、アルバート、ジュールスは、船医アルノーから手紙を盗み、その届け先のフェリックスの雑貨店に向かう。
人の好いフェリックスは囚人の三人に仕事を与えるが、彼らは金品を奪い、必要ならば一家殺害までも考える。
しかし、三人はフェリックスや家族が、店を任されている従兄のアンドレに振り回されていることを知り、気の毒に思う。
三人の囚人が、親切で役に立つことを知ったフェリックスの妻エメリーと娘イザベルは、彼らと親交を深めていく。
フェリックスは、そんな三人をクリスマス・イヴの食事に招待し、幸せな一時を過ごす。
その直後、意地の悪いアンドレと甥のポールが現れ、三人は家族のために、彼らを懲らしめようとするのだが・・・。
__________

1989年に、ロバート・デ・ニーロショーン・ペンデミ・ムーアの出演でリメイクされた。

カサブランカ」(1943)以来、12年振りにハンフリー・ボガートとコンビを組んだマイケル・カーティスが、巧みな脚本と主人公らのユーモアセンスを大いに生かし、切れのいい演出を見せる、彼の晩年の代表作とも言える。

クリスマス・イヴに、強盗殺人目的で忍び込んだ脱獄囚が一家の災難に遭遇し、改心してその家族を助けるものの、結局はシャバよりも監獄の方が、まともな人間が多いことに気づくという、とてつもなく大胆な、皮肉を込めたストーリーだ。

主演のハンフリー・ボガートは、プライドを捨て・・・というか、ダンディー又はハードボイルド・タッチの作品より、彼はこのような役を好んでいたように思えて仕方ない。

なんと、本作で彼はピンクのエプロン姿まで披露する、サービス精神旺盛なところを見せてくれる。

同じような汚れ役、「黄金」(1948)や「アフリカの女王」(1951)などでは、異常者のような役もこなしているが、いずれも生き生きと演じている。

相棒の脱獄囚、ポパイのような腕っ節の強い男アルド・レイと、金庫を開ける時の仕草が、絶妙であり実に可笑しいピーター・ユスティノフ も、とぼけた悪党をユーモラスに演じている。

母親役の美しいジョーン・ベネット、意地の悪い従兄役で、シャーロック・ホームズ役者として有名なベイジル・ラスボーン、名優で人の好い雑貨店主レオ・G・キャロル、初な娘グロリア・タルボット、船医の好青年士官ジョン・スミス、顔に似合わずあくどい青年ジョン・ベアーなど、多彩な顔ぶれも見逃せない。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター