ときめきサイエンス Weird Science (1985) 3.28/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

冴えない高校生2人が、コンピューターで創造した美女と共に巻き起こす騒動を描く、製作ジョエル・シルバー、監督、脚本ジョン・ヒューズ、主演アンソニー・マイケル・ホールイラン・ミッチェル=スミスケリー・ルブロックビル・パクストン他共演のコメディ。


コメディ

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ヒューズ

製作:ジョエル・シルバー
原作:ECコミックWeird Science
脚本:ジョン・ヒューズ
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集
クリス・レベンゾン
マーク・ワーナー
音楽:アイラ・ニューボーン

出演
ゲイリー・ウォレス:アンソニー・マイケル・ホール
ワイアット・ダネリー:イラン・ミッチェル=スミス
リサ:ケリー・ルブロック
チェット・ダネリー:ビル・パクストン
デビー:スザンヌ・シュナイダー
ヒリー:ジュディ・アロンソン
イアン:ロバート・ダウニーJr.
マックス:ロバート・ラスラー
ロード・ジェネラル:ヴァーノン・ウェルズ
ディノ:ジョン・カペロス
ミュータントのバイカー:マイケル・ベリーマン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1985年製作 94分
公開
北米:1985年8月2日
日本:1986年7月12日
製作費 $7,500,000
北米興行収入 $23,834,050
世界 $38,934,050


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シカゴ
冴えない高校生のゲイリー・ウォレス(アンソニー・マイケル・ホール)とワイアット・ダネリー(イラン・ミッチェル=スミス)は、当然、女の子に相手にされるわけがなく、イアン(ロバート・ダウニーJr.)やマックス(ロバート・ラスラー)にからかわれているだけだった。

両親が留守中のワイアットの家に泊まったゲイリーは、映画”フランケンシュタイン”をテレビで見て、美女を作りだすことを思いつく。

ワイアットのコンピューターで、早速、作業を始めたゲイリーは、様々な要求を出して理想の女性を創造しようとする。

その時、落雷がコンピューターを直撃する異常状態となり、ゲイリーとワイアットの前に、完璧な美女(ケリー・ルブロック)が現れる。

美女に何をしたいか訊かれたゲイリーとワイアットは、彼女と共にシャワーを浴びて、出かけることになる。

リサと名付けられた美女は、パーティーに行くと言って、車でクラブに向かう。

魔法のように、大人と証明する身分証を出したリサは、それをゲイリーとワイアットに渡して楽しむ。

酔ってしまったゲイリーを連れて家に戻ったワイアットは、兄チェット(ビル・パクストン)から母親に全て話すと言われて脅され、口止め料を要求される。

泥酔状態のゲイリーを寝かしたワイアットは、リサにキスされて夢見心地になる。

翌朝、目覚めたワイアットは、部屋が片付いていることに気づき、昨夜のことは夢だったと考える。

しかし、リサがいること知ったゲイリーとワイアットは、チェットにバレないようにする。

モールでゲイリーとワイアットをからかったイアンとマックスは、現れたリサ心を奪われて彼女を追う。

リサに声をかけたイアンとマックスは、ゲイリーとワイアットがポルシェで迎えに来たために驚く。

イアンとマックスは、ゲイリーといちゃつくリサから、今夜、開くパーティーに誘われる。

両親が留守中のためパーティーを開くことに反対するワイアットだったが、リサは彼の意見を訊こうとしない。

ゲイリーの家を訪ねたリサは、両親にパーティーのことを話し、それを許そうとしない父親に銃を向けて納得させる。

その後、父親は、ゲイリーのことを忘れてしまう。

ワイアットの家でパーティーの準備を済ませ、来客を待っていたリサは、大挙して現れた人々を歓迎する。

イアンとマックスも、ガールフレンドのヒリー(ジュディ・アロンソン)とデビー(スザンヌ・シュナイダー)を伴って現れる。

デビーとヒリーからリサのことを訊かれたゲイリーとワイアットは、彼女が自分達の”女”だと答える。

イアンとマックスにゲイリーとワイアットのことを訊かれたリサは、自分は二人のものだと答える。

ゲイリーとワイアットが冴えない嫌われ者だと言うイアンとマックスに、きっと二人を見直すとリサは伝える。

外食をしていたワイアットの祖父母は、孫に会って行こうとする。

イアンとマックスは、リサをデビーとヒリーと交換してほしいとゲイリーとワイアットに頼み、秘密を守ることを約束する。

ゲイリーの写真を妻から見せられた父親だったが、馬鹿げた話をすると言って相手にしない。

ゲイリーとワイアットは、コンピューターでリサを作った方法をイアンとマックスに教えて、それを試す。

再び落雷があり異常事態が起きた後で現れたリサは、自分達のしたことを自慢しようとしたゲイリーとワイアットを戒める。

美女を作りだすことに失敗したゲイリーとワイアットは、人形を忘れたことに気づき、その代わりに巨大なミサイルが出現してしまう。

そこに現れたワイアットの祖父母は驚き、対応したリサが、ワイアットとゲイリーが自分をコンピューターで作ってくれたことを話す。

ゲイリーとワイアットを呼んだリサは、祖父母を仮死状態にしてキッチンの戸棚に隠してあることを知らせる。

ミュータントのバイカー(マイケル・ベリーマン)やロード・ジェネラル(ヴァーノン・ウェルズ)を出現させたリサは、ゲイリーとワイアットに彼らを追い払うよう指示する。

仕方なくそれに従ったゲイリーとワイアットは、デビーとヒリーが痛めつけられそうになったため、ロード・ジェネラルに立ち向かう。

ロード・ジェネラルに銃を向けたゲイリーは、デビーとヒリーを解放させて彼らを追い払う。

自分達がヒーローになれると言うゲイリーは、銃が、リサが持っていた水鉄砲だったことをワイアットに知らせるが、実弾が発射されたために驚く。

パーティは終わり、ワイアットは、ヒリーからキスしてほしいと言われる。

デビーからリサのことを訊かれたゲイリーは愛していると答えるが、姉弟愛だと伝え、理想の女性だが、今度、作るときは君だと言ってデビーにキスする。

翌朝、猟から戻ったチェットは、家の中がメチャクチャだったために驚きワイアットを捜す。

デビーとベッドに寝ていたゲイリーに銃を向けたチェットは、別の部屋でヒリーと寝ていたワイアットに、何をしたのか問い詰める。

コンピューターで作ったリサが暴れたと言い訳するワイアットを懲らしめたチェットは、彼女なら全て解決できると言われる。

ゲイリーとワイアット、デビーとヒリー、そしてリサを問い埋めたチェットは、意識を失った祖父母が戸棚に隠されていることを知り驚く。

ゲイリーとワイアットにデビーとヒリーを送るよう指示したリサは、チェットと話をつけようとする。

見たことは全て忘れるようにとリサに言われて脅されたチェットは、それに従う気はなかった。

フェラーリでデビーを送ったゲイリーは、スピードを出し過ぎてパトカーに追われるものの、踏切で振り切る。

ヒリーを家に送ったワイアットは、彼女にキスして愛を伝える。

デビーを送ったゲイリーも愛を確かめ合う。

醜い姿に変えられたチェットは、ゲイリーとワイアットをいじめないことをリサに約束させられる。

チェットは、戻って来たゲイリーとワイアットに、今までしてきたことを謝罪する。

ゲイリーとワイアットは、あのままでは流石にチェットが可哀そうだとリサに伝えるが、30分で元に戻ると言われる。

恋人ができたことをゲイリーとワイアットから知らされたリサは、自分の役目は終わったと言って、涙しながら二人に別れを告げる。

リサは姿を消し、家やチェットも元通りになり、ワイアットの両親が帰宅する。

その後、高校の体育の授業が始り、コーチとして現れたリサは、生徒達に腕立て伏せ20回を命ずる。

リサの悩殺ポーズを見た男子生徒達は、失神してしまう。


解説 評価 感想
1950~1953年に”ECコミック”に連載された”Weird Science”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
シカゴ
冴えない高校生のゲイリー・ウォレスとワイアットは、コンピューターで理想の女性を作りだそうとする。
落雷の衝撃を受けたコンピューターは完璧な美女を作りだし、ゲイリーとワイアットは彼女をリサと名付ける。
同級生のイアンとマックスにからかわれるゲイリーとワイアットを見ていられないリサは、二人を人気者にするためにパーティーを開く。
リサに背中を押されながらパーティーを開いたゲイリーとワイアットは、想像以上の大騒ぎになり焦ってしまう・・・。
__________

ジョン・ヒューズが、同年の青春ドラマの秀作「ブレックファスト・クラブ」(1985)に続き監督と脚本兼ねた作品。

コンピューターで創造された完璧な美女と、彼女にサポートされながら冴えない高校生活を脱しようとする少年二人が巻き起こす騒動を描き、SFとファンタジーの要素も合体させた楽しい内容に仕上がっている。

今だから”冷静”に観られるが、自分も若かったせいか、前年の「ウーマン・イン・レッド」(1984)でも同様、全てが整った美女ケリー・ルブロックの美しさに魅了され、胸ときめかせたことを思い出す。
ケリー・ルブロックは、2年後に、まだ無名だったスティーヴン・セガールと結婚した(一男二女、1996年に離婚)。

その後、活躍するビル・パクストンロバート・ダウニーJr.、そしてヴァーノン・ウェルズなどが脇役で出演する、豪華な共演陣も注目したい。

冴えない高校生を愉快に演ずるアンソニー・マイケル・ホール、その友人で、共にガールフレンドをゲットできるイラン・ミッチェル=スミス、二人をサポートする謎の美女を魅力的に演ずるケリー・ルブロック、主人公らをいじめるワイアット(イラン・ミッチェル=スミス)の兄ビル・パクストン、主人公と惹かれ合う仲になるスザンヌ・シュナイダー、ワイアットと惹かれ合うジュディ・アロンソン、主人公らをからかう同級生ロバート・ダウニーJr.ロバート・ラスラー、リサ(ケリー・ルブロック)が主人公らの勇気を試すために登場させる悪党ヴァーノン・ウェルズマイケル・ベリーマン、クラブの客ジョン・カペロスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター