ギルバート・グレイプ What’s Eating Gilbert Grape (1993) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

外出できないほどの肥満体の母親や障害のある弟の世話のために、田舎町に留まるしかない生活を送る青年の苦悩や家族愛を描く、製作総指揮、監督ラッセ・ハルストレムジョニー・デップジュリエット・ルイスメアリー・スティーンバージェンレオナルド・ディカプリオジョン・C・ライリー他共演によるヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

監督:ラッセ・ハルストレム
製作総指揮
ラッセ・ハルストレム
アラン・C・ブロンクィスト

製作
メイア・テペル

バーティル・オールソン
デイヴィッド・マタロン
脚本:ピーター・ヘッジス
撮影:スヴェン・ニクヴィスト
編集:アンドリュー・モンドシェイン

音楽
アラン・パーカー

ビョルン・イスファルト

出演
ギルバート・グレイプ:ジョニー・デップ
ベッキー:ジュリエット・ルイス
ベティ・カーヴァー:メアリー・スティーンバージェン
アーニー・グレイプ:レオナルド・ディカプリオ
ボニー・グレイプ:ダーレーン・ケイツ
エイミー・グレイプ:ローラ・ハリントン
エレン・グレイプ:メアリー・ケイト・シェルハード
タッカー・ヴァン・ダイク:ジョン・C・ライリー
ボビー・マックバーニー:クリスピン・グローヴァー
ケン・カーヴァー:ケヴィン・タイ
ベッキーの祖母:ペネロペ・ブランニング

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1993年製作 117分
公開
北米:1993年12月17日
日本:1994年8月20日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $10,032,765


アカデミー賞 ■

第66回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アイオワ州、エンドーラ。
何も変わらない小さな田舎町で、ギルバート・グレイプ(ジョニーデップ)は、家族の面倒を見ながら平凡な毎日を送っていた。

父親の建てた家を修理しながら、町の食料品店で働き、知的障害の弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)の世話をするのがギルバートの役目だった。

姉のエイミー(ローラ・ハリントン)は母親代わり、妹エレン(メアリー・ケイト・シェルハード)は15歳、兄は家を出ていたが、母親ボニー(ダーレーン・ケイツ)は、17年前に父親が死んで以来、女で一つで頑張ったものの、今では200キロを超す肥満で、7年間も家から出たことがなかった。

アーニーはもうすぐ18歳になるが、毎年、町に現れるトレーラー・ハウスの集団を楽しみにしていた。

ギルバートの店は、郊外に出来たスーパーの影響で客足が減りつつあった。

そんなある日ギルバートは、店の得意客で、彼に目を付けている中年女性ベティ・カーヴァー(メアリー・スティーンバージェン)に配達で呼ばれる。

アーニーを車に置き、ギルバートはベティに迫られ、それに応えようとする。

しかし、彼女の夫ケン(ケヴィン・タイ)が帰宅してしまい、ギルバートは慌てて帰ろうとする。

ギルバートはケンの目を気にするが、目を離すと、町の給水塔に登ってしまうアーニーが、警察に助けられようとしていることに気づく。

町の人々が集まり、ギルバートの説得でアーニーは塔を降りるが、ギルバートは常習犯として警官に説教される。

ギルバートは、面倒を起こすが、かわいい弟アーニーを四六時中監視することが日課ではあるものの、自分の自由を奪われ悩むこともあった。

友人のタッカー(ジョン・C・ライリー)やボビー(クリスピン・グローヴァー)らと過ごすのが、そんなギルバートの唯一の楽しみだった。

ある日ギルバートは、トレーラー・ハウスの故障で町に滞在している少女ベッキー(ジュリエット・ルイス)をで見かける。

店に買い物に来たベッキーを、トレーラー・ハウスに送り届けたギルバートは、彼女が気になる存在になるのだが、ベティの視線を気にしてしまう。

母ボニーは体が重すぎて不自由な身であり、居間から動こうとしないため、ギルバートは床が抜け落ちそうになっているのに気づく。

タッカーの協力で、居間の下の地下室を木材で補強しようとしたギルバートだったが、そこは父親が自殺した場所であり、アーニーは近づこうとせず手伝おうともしない。

言うことを聞かないアーニーの世話や、彼に優しく接しない妹エレンに嫌気がさしたギルバートは、ベッキーの元を訪ねてみる。

ギルバートは、ベッキーと祖母(ペネロペ・ブランニング)に歓迎され、放浪の旅を続ける彼女らと、自由になれない自分の生活とを比べながら会話を弾ませる。

その後ギルバートは、アーニーを入浴させて眠らせることを思い出し、一旦家に戻り弟の様子を見ただけで、彼は再びベッキーの元に向かう。

夜までベッキーと話し込み、帰宅してそのまま眠ってしまったギルバートは、翌朝、一晩中、浴槽にいたアーニーに気づく。

ギルバートはアーニーに謝り、母ボニーは最近様子がおかしい息子の行動を気にする。

店でベティの配達を頼まれたギルバートだったが、彼女にからかわれ、保険会社を経営する夫ケンのオフィスに行くことになってしまう。

ベティとのことを責められると思っていたギルバートだったが、ケンは、彼に保険の勧誘をしたかっただけで、家でトラブルを起こした妻ベティの元に、2人で向かうことになる。

いつも町にいて、どこにも行かないから選んだと、ベティに言われたギルバートはショックを受け、その場を立ち去る。

その後、ケンは心臓発作を起こし、子供用プールで溺れて死亡してしまう。

ボビーやタッカーは、多額の保険金を狙った、ベティの犯行ではないかなどと噂をする。

ベッキーと夢について話し込んでいたギルバートは、アーニーが再び給水塔に登ってしまったのに気づく。

再三の警告を無視するアーニーは、警察に拘留されてしまい、母ボニーは彼のために、人目も気にせずに警察に出向き息子を取り戻す。

人々は、ボニーの巨体を興味深げに見て嘲り笑うが、ベッキーは彼女の勇気を称え、ギルバートに母親に会わせてくれるように頼むものの彼は気が重かった。

ベティは夫の葬儀を済ませ、ギルバートに別れを告げて町から去って行く。

アーニーの誕生パーティーが近づき、彼はベッキーを招待する。

自分の誕生日に興奮するアーニーは、いつになくはしゃぎ回り、エイミーの作ったケーキを台無しにしてしまう。

ギルバートは、仕方なく郊外のスーパーにケーキを買いに行く。

あれ以来、水を怖がり入浴をしようとしないアーニーに手を焼き、ギルバートは、思わず彼に手を上げて家を飛び出してしまう。

町境に向かったギルバートは、思い直して引き返すが、ショックを受けたアーニーは、ベッキーの元に向かう。

ベッキーが、アーニーに優しく接する姿を見たギルバートは、弟を見捨てようとしたことを後悔する。

ギルバートは、父の自殺で過食症になった母親のことや、自分の置かれている現状をベッキーに正直に話し、やがて2人は結ばれる。

アーニーの誕生日の日、帰宅したギルバートは、彼に歩み寄り固く抱きしめ、家族はそれを温かく見つめる。

ギルバートは心配させた母に謝り、パーティーに現れたベッキーを紹介する。

車が直ったベッキーは旅立つことになり、ギルバートは、彼女に別れを告げて再び元の生活に戻る。

母ボニーは居間を離れて2階の寝室に向かい、アーニーを呼ぶよう子供達に伝える。

ベッドに横たわったボニーは、アーニーの呼びかけにも答えずに息を引き取る。

ボニーの遺体の運搬に困ったギルバートは、家財を家から運び出し、母親を眠らせたまま家に火を放つ。

そして1年後、アーニが19歳の誕生日を迎えようとしていた時、ギルバートは彼を連れて町を出る決心をする。

ベッキーのトレーラー・ハウスを待つギルバートは、”僕らはどこへ”と質問するアーニーに、”どこへでも”と答える。

やがてベッキーが現れ、ギルバートとアーニーは彼女達と旅立つ。


解説 評価 感想 ■

1991年に発表された、ピーター・ヘッジスの同名小説”What’s Eating Gilbert Grape”(原題)の映画化。

*(簡略ストー リー)

小さな田舎町で平凡な毎日を送るギルバート・グレイプは、父親の建てた家を修理しながら、町の食料品店で働き、知的障害の弟アーニーの世話をしていた。
ギルバートは、姉、妹そして、体重が200キロを超すため、家から7年間も出たことがない母親ボニーと暮らしていた。
そんなギルバートは、店の得意客の中年女性ベティに、関係を迫られていた。
目を離すと、給水塔に登ってしまうアーニーは、常習犯として警察に度々、説教されていた。
かわいい弟アーニーを、四六時中監視することが日課だったギルバートなのだが、自分の自由を奪われてしまい悩むこともあった。
ある日、アーニーが毎年、楽しみにしている、トレーラー・ハウスの集団が現れる。
ギルバートは、車の故障で滞在していた少女ベッキーに出会い、親交を深め気になる存在になるのだが・・・。
__________

町から出られない兄弟が騒ぎを起こす場所が、そびえ立つ給水塔というところなど、逃げ場のない主人公の心中を、ラッセ・ハルストレムは、多くの象徴的場面で表現し、苦悩する青年の心を見事に描き切っている。

淡々と進む物語ではあるが、家族のために青春を犠牲にする青年と、自由に放浪する少女との出会い、その生活を見て、夢や希望を抱くものの、旅立つ彼女と別れた直後、主人公は”現実”へと引き戻される・・・。
その、自宅の家が映し出されるショットなども、青年の心情を映し出す素晴らしい映像となっている。

優しさや希望を感じる、アラン・パーカー(同名監督とは別人)とビョルン・イスファルトの音楽も心に残る。

シザーハンズ」(1990)の好演により、いよいよブレイクの予感を感じるジョニー・デップが演技派としての実力を開花させた作品ではあるが、何といっても、まだ10代のレオナルド・ディカプリオの名演が印象的だ。

今、本作をじっくり見直しててみると、その後、アイドルに仕立て上げられそうになったディカプリオが、実力派俳優に成り得た才能が十分に窺える。

悶々とした日々を過ごす、主人公の兄弟を温かく見守り、抑えた演技ながら存在感を示し好演するジュリエット・ルイス、主人公の不倫相手であり、夫の死をきっかけに町を出る女性メアリー・スティーンバージェン、一家のお荷物と感じながらも、母親としての役目を果たすダーレーン・ケイツ、母親代わりの姉役ローラ・ハリントン、妹役のメアリー・ケイト・シェルハード、主人公の友人ジョン・C・ライリークリスピン・グローヴァー、妻の不倫に気づかず死亡するケヴィン・タイなど、素朴な登場人物それぞれが実にいい雰囲気で演じている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター