ワイルドシングス Wild Things (1998) 3.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

高校で人気者の指導カウンセラーによる女子高生レイプ事件の裏に仕組まれた陰謀を描く、製作総指揮、主演ケビン・ベーコンマット・ディロンネーブ・キャンベルデニス・リチャーズビル・マーレイロバート・ワグナージョン・マクノートン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・マクノートン
製作総指揮:ケビン・ベーコン
製作
ロドニー・リバー

スティーブン・A・ジョーンズ
脚本:スティーブン・ピーターズ
撮影:ジェフリー・L・キンボール
編集:エレナ・マガニーニ
音楽:ジョージ・S・クリントン

出演
レイ・デュケ:ケビン・ベーコン

サム・ロンバート:マット・ディロン
スージー・トーラー:ネーブ・キャンベル
ケリー・ヴァンライアン:デニス・リチャーズ
ケン・ボウデン:ビル・マーレイ
サンドラ・ヴァンライアン:テレサ・ラッセル
グロリア・ペレーズ:ダフネ・ルービン=ヴェガ
トム・バクスター:ロバート・ワグナー
ルビー・トーラー:キャリー・スノッドグレス

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1998年製作 108分
公開
北米:1998年3月20日
日本:1999年1月
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $29,753,944


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

フロリダ
高校の人気者で、指導カウンセラーのサム・ロンバート(マット・ディロン)が、生徒ケリー・ヴァンライアン(デニス・リチャーズ)をレイプする事件が起きる。

ケリーの母親で、富豪の未亡人サンドラ(テレサ・ラッセル)は、直ちに警察に被害届けを出す。

地元警察のレイ・デュケ刑事(ケビン・ベーコン)とグロリア・ペレーズ(ダフネ・ルービン=ヴェガ)は、ケリーの事情聴取を始める。

ペレーズは、直感でケリーの狂言ではないかと疑うのだが、ロンバートの女好きなどを理由に、彼の容疑は深まる。

街の実力者であるサンドラに対して、勝ち目はないと諦めつつも、ロンバートは弁護士ケン・ボウデン(ビル・マーレイ)の元に向かう。

ボウデンと話をつけたロンバートだったが、ヴァンライアン家の弁護士トム・バクスター(ロバート・ワグナー)から圧力をかけられ、当然、交際していた彼の娘に近づくなと警告される。

その後、サンドラが差し向けた男にロンバートは襲われて脅され、苦悩の日々を送る。

その後、デュケとペレーズは、ケリーの同級生であるスージー・トーラー(ネーブ・キャンベル)に呼び出され、彼女もロンバートにレイプされたことを知らされる。

ロンバートの容疑は固まり、彼は逮捕されて留置場に入れられてしまう。

そして裁判は始まるが、証人のスージーの、ロンバートに対する不審な行動をボウデンが指摘して彼女を追及する。

その結果スージーは、ロンバートの冷たい態度への仕返しで、自分とケリーがレイプされたと嘘をついたことを告白する。

さらにスージーは、ロンバートと関係のあったサンドラに嫉妬したケリーが、計画に乗ったことも証言する。

ロンバートは無罪になるが、裁判費用のために家まで売ってしまった彼は手放しで喜べない。

しかし、ボウデンは名誉棄損でサンドラを訴え、賠償金を請求できると豪語する。

そして、ロンバートとサンドラの示談が成立し、ボウデンは850万ドルの小切手を受け取りロンバートに渡す。

その夜、モーテルに戻ったロンバートは、実はサンドラから金を奪うために企んだ計画の成功を、ケリーとスージーとで祝い、三人で一夜を楽しむ。

事件は解決したかのように見えたが、それを疑ったデュケは、母親サンドラが死ぬまでは手が出せない、自分の信託預金を狙ったケリーとロンバートの企みだったと推理し、ペレーズにそれを話す。

そしてデュケは、全てを知っていることをケリーとスージーに告げ、裏切り者が必ず出るはずだと警告して探りを入れる。

動揺したスージーは、ケリーの元に向かいロンバートに連絡を入れるが、つけていたデュケがその一部始終をビデオに撮る。

デュケは、検事に三人の陰謀を訴えるが聞き入れられず、その矢先に、スージーはケリーに誘い出されてロンバートに撲殺されてしまう。

行方が分からなくなったスージーが、殺されたと考えるデュケは、海岸で折れた歯と血痕を見つける。

デュケの捜査に疑問を感じながら、ペレーズはロンバートを監視するよう命ぜられる。

それをロンバートに知られたペレーズは、彼から、ケリーが母サンドラとスージーを殺そうとしていたことを知らされる。

ペレーズはそれをデュケに伝え、彼はケリーの元に向かうが、二人は揉み合いになる。

デュケはケリーに肩を撃たれ、仕方なく彼女を射殺してしまう。

その後デュケは、正当防衛は認められたものの、罷免されて年金も剥奪されてしまう。

そして、ケリーがスージーを殺したことで事件は解決するが、実は計画に乗っていたデュケは、ロンバートのいるカリブに向かう。

ヨットで海に出た二人だったが、ロンバートはデュケを海中に振り落とす。

デュケはヨットに這い上がりロンバートに襲い掛かるが、死んだはずのスージーが現れて、デュケを水中銃で撃ち殺す。

その頃、デュケを疑い始めていたペレーズは、スージーの母親ルビー(キャリー・スノッドグレス)から、デュケが汚い手口で男を殺したことを聞き出す。

ヨットでは、スージーがロンバートに毒を飲ませ彼を始末する。

そしてスージーは、ルビーらに手数料を払い現れたボウデンから現金を受け取る。

スージーが立ち去った後、ボウデンは飲み物を口にする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

人気者である、高校の指導カウンセラーのサム・ロンバートは、女子生徒のケリーをレイプした罪で起訴されてしまう。
しかし、それが、ロンバートに相手にされなかった腹いせだったことが、共謀者スージーの証言で明らかになる。
ロンバートは釈放され、弁護士ボウデンの働きで、ケリーの母親サンドラから賠償金の850万ドルを受け取ることになる。
事件は解決したかに見えたが、実はロンバートと関係を持っていたケリーとスージーの、大金を手に入れる陰謀だった。
その陰謀に気づきかけた、地元警察の刑事レイ・デュケは、三人を牽制しながら捜査を始めるのだが・・・。
__________

人気スターのケビン・ベーコンが、製作を兼ねて主演した作品で、これでもかというほど二転三転する展開と、セクシー・シーンも交え、気の利いたギャグやユーモアも楽しめる、娯楽サスペンスに仕上がっている。

エンドロールで、陰謀の裏舞台が明らかにされるという、奇抜なアイデアも注目だ。

主役ではあるがサポート役的に登場するケビン・ベーコンが、一気に悪役に変貌するクライマックスは、なかなか盛り上がる。

高校の人気指導カウンセラー、用意周到な切れ者のような役柄のマット・ディロンが、陰謀の影で、IQ200という”黒幕”ネーブ・キャンベルに操られているという展開も面白い。

結局は、現金を手に入れるために利用されていた富豪令嬢デニス・リチャーズ、その母親テレサ・ラッセル、ミステリアスなドラマの中でも、彼らしいユーモアで楽しませてくれる弁護士役のビル・マーレイ、冷静な捜査をする刑事ダフネ・ルービン=ヴェガ、富豪夫人の顧問弁護士役のロバート・ワグナー、その他キャリー・スノッドグレスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター