ウィンブルドン Wimbledon (2004) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

引退間近の落ち目のテニス・プレイヤーと有望女子選手との出会い、そしてウィンブルドンでの2人の奮闘を描く、監督リチャード・ロンクレイン、主演キルステン・ダンストポール・ベタニーサム・ニールジョン・ファヴロージェームズ・マカヴォイ他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:リチャード・ロンクレイン
製作
ティム・ビーヴァン

ライザ・チェイシン
エリック・フェルナー
メアリー・リチャーズ
製作総指揮:デブラ・ヘイワード

脚本
アダム・ブルックス
ジェニファー・フラケット

マーク・レヴィン
撮影:ダリウス・コンジ
音楽:エドワード・シェアマー

出演
キルステン・ダンスト:リジー・ブラッドベリー
ポール・ベタニー:ピーター・コルト
サム・ニール:デニス・ブラッドベリー
ジョン・ファヴロー:ロン・ロス
ニコライ・コスター=ワルドー:ディーター・プロール
オースティン・ニコルズ:ジェイク・ハモンド
バーナード・ヒル:エドワード・コルト
エレノア・ブロン:オーガスタ・コルト
ジェームズ・マカヴォイ:カール・コルト
アマンダ・ウォーカー:カントリー・クラブの女性

イギリス/フランス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ
StudioCanal
2004年製作 97分
公開
イギリス:2004年9月24日
フランス:2004年10月20日
北米:2004年9月17日
日本:2005年4月23日
製作費 $31,000,000
北米興行収入 $17,001,133
世界 $41,512,007


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

過去にデビスカップに出場して、シングルスに2度優勝したことのある、イギリスのベテラン、テニス・プレイヤー、ピーター・コルト(ポール・ベタニー)は、世界ランキングが119位にまで落ち込んでいた。

ピーターは、今負けることよりも、引退後に何をしていいか分からず悩んでいた。

カントリー・クラブのコーチを引き受けることになったピーターだったが、父エドワード(バーナード・ヒル)と母オーガスタ(エレノア・ブロン)の元で何不自由なく裕福に育ち、スポーツ選手としてのハングリー精神に欠けていた。

ウィンブルドン選手権に、特別推薦枠で出場できることになったピーターは、ホテルで、アメリカ人有望女子選手リジー・ブラッドベリー(キルステン・ダンスト)の部屋と、自分の部屋を間違え恥をかいてしまう。

ピーターは、テレビインタビューを受けるリジーが気になり、彼女も練習コートでピーターに声をかける。

コーチである、父デニス(サム・ニール)の視線に動揺するピーターを見て、リジーは、彼がプレッシャーに弱いことを知る。

いよいよ大会が始まり、ピーターはティーンエージャーの選手と対戦することになるが、彼の弟でお調子者のカーリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、兄の対戦相手に賭けてしまう。

ベテランらしい展開で、初戦を突破したピーターは、ホテルに戻り、リジーからの誘いを受け、彼女の部屋へと向かう。

試合の緊張をほぐすつもりのリジーは、軽い気持ちでピーターに言い寄り、2人はベッドを共にする。

翌日ピーターは、前夜に”スタミナ”を使い過ぎて、プレーに全く精彩がなく、試合を諦めかけてしまう。

しかし、この大会を最後に引退を決意していたピーターは、リジーの声援を受けて踏ん張り、フレンチ・オープン王者に逆転勝ちする。

ピーターは、次の対戦相手が、親友であるドイツ人選手ディーター・プロール(ニコライ・コスター=ワルドー)だと知り、心中複雑な思いになるが、それよりも、リジーの父デニスの”防御線”が気になる。

デニスの目を盗み、リジーとのひと時を過ごすピーターは、彼女に以前から興味があり声をかけたかったことを告白される。

リジーの”魔力”のおかげか、ピーターはディーターにストレート勝ちし、元エージェントのロン・ロス(ジョン・ファヴロー)が、突然、姿を現し儲け話を持ってくる。

売り込むなら今しかないとロンに言われたピーターは、スポーツメーカーのパーティーでリジーに会う。

リジーとの仲が噂される強豪選手ジェイク・ハモンド(オースティン・ニコルズ)が、ピーターと一緒の彼女を侮辱したため、ピーターは彼を殴り倒す。

マスコミやデニスから逃れたピーターとリジーは、彼の別荘に向かい、そこに居た弟カールを追い出して、満ち足りた一日を過ごす。

しかし、カールが2人の写真や居場所をマスコミに売ってしまい、デニスが現れリジーは試合に勝つことに専念し、ピーターの元を去ってしまう。

準々決勝、劣勢のピーターは、相手の負傷を転機に逆転勝ちする。

勝気で恐れを知らないリジーも勝ち進み、ピーターは、同じクライアントの彼女の住所をロンから聞き出して、深夜にその宿舎に侵入する。

翌日、安定したショットを放ち試合をリードするピーターだったが、マッチポイント寸前で転倒し、背中を痛めてしまう。

ピーターは痛みに耐えて勝利するが、リジーは集中力を欠き敗れてしまい、彼に八つ当たりして突き放してしまう。

傷心のピーターは実家に帰り、両親やカールに励まされ、現役最後の試合に挑む。

試合前のインタビューで、マスコミに書き立てられていることは事実でなく、自分がリジーを傷つけてしまったと語るピーターの姿を見たリジーは、帰国を取りやめて試合会場に向かう。

そしてピーターは、リジーと関係のあったジェイクと共にセンターコートに現れ決勝が始まる。

圧倒的な破壊力を持つサーブを要するジェイクに、全く歯が立たないピーターは窮地に立たされるが、雨で試合が中断してしまう。

ロッカールームに戻ったピーターを、リジーが迎え、彼に愛を告げる。

さらに、試合に自信をなくしていたピーターに、リジーは相手の癖を見破る秘訣を教えて、彼をコートに送り出す。

甦ったピーターはエースを連発して挽回するが、ついにジェイクのマッチポイントになる。

しかし、ピーターは粘り、試合は最終セットに突入する。

ピーターは逆に試合の主導権を握るが、試合後のリジーとのことや、今まで自滅してきたプレーが頭を過ぎりミスも出始める。

そして、マッチポイントを迎えたピーターのショットがアウトと判定され、彼は抗議して警告されてしまう。

雑念を捨て、集中したピーターは、ついに勝利して奇跡を起こす。

ピーターは、観客席の家族の元に向かい、リジーを見つけて永遠の愛を誓い、2人は固く抱き合う。

2人は結婚して子供も生まれ、ピーターは引退後に始まった人生に、この上ない幸福感を感じる。

そしてリジーは、USオープンに2度、さらにウィンブルドンでも優勝する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

過去に実績を持つ、イギリスのベテラン、テニス・プレイヤー、 ピーター・コルトは、現在の世界ランキングが119位にまで落ち込み、引退も考えていた。
そんなピーターは、ウィンブルドン選手権に特別推薦枠で出場できることになる。
ピーターは滞在先のホテルで、アメリカ人有望女子選手のリジー・ブラッドベリーの部屋と自分の部屋を間違え恥をかいてしまうが、双方、相手が気になる存在になる。
初戦を突破したピーターだったが、彼がプレッシャーに弱いことを知ったリジーは、緊張をほぐすつもりで彼を誘いベッドインする。
その後、ピーターはリジーの助けもあり勝ち進むが、彼女の父でコーチのデニスの視線が気になる。
そして、大会が進むにつれ、2人の関係はマスコミで話題となってしまい・・・。
__________

テニス・プレイヤーが登場する作品はあるが、4大大会のウィンブルドンを舞台にしたところが新鮮で、ファンならずとも楽しめる、爽やかに描かれた作品でもある。

超一流には見えないが、ポール・ベタニーキルステン・ダンスト他の、プレイヤーとしての仕草やプレイ振りもなかなか見事だ。

決めゼリフのように、シーンの終わりで度々登場するジョークも笑える。

異様な雰囲気を漂わせる役が多いポール・ベタニーは、長身でスリムな体系を生かし、テニス・プレイヤーのイメージや、スポーツ選手にしてはひ弱で、ガッツが足りない感じもうまく表現している。

逆に、いかにもアメリカ娘らしい勝気な女子選手を演ずるキルステン・ダンストの、美し過ぎずに健康的なところもスポーツ選手らしい。

親友でもあり、ライバルのニコライ・コスター=ワルドー、主人公を、娘から排除しようとするサム・ニール、調子のよいエージェント、ジョン・ファヴロー、決勝での対戦相手オースティン・ニコルズ、ピーター(P・ベタニー)の両親バーナード・ヒルエレノア・ブロン、そして、この後、活躍を始める、軽い役で登場するジェームズ・マカヴォイも弟役で共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター