レーサー Winning (1969) 2/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ヨーロッパを舞台にした、F1レースを描いた「グランプリ」(1966)やル・マン24時間レースの「栄光のル・マン」(1971)などと並ぶ、その時代に流行ったモーター・スポーツ映画。
主演ポール・ニューマンジョアン・ウッドワードロバート・ワグナー共演、監督ジェームズ・ゴールドストーン


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト ■

監督:ジェームズ・ゴールドストーン
製作: ジョン・フォアマン
脚本:ハワード・ロッドマン
撮影:リチャード・ムーア
美術・装置
アレクサンダー・ゴリツェン
ジョン・J・ロイド
ジョン・マッカーシー
ジョージ・マイロ
衣装デザイン:イデス・ヘッド
編集
エドワード・A・ビエリー
リチャード・C・メイヤー
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
ポール・ニューマン:フランク・キャプア
ジョアン・ウッドワード:エローラ
ロバート・ワグナー:ルーサー・アーディング
リチャード・トーマス:チャーリー
デヴィッド・シェイナー:レオ・クロフォード
クルー・ギャラガー:ラリー・モアチェック
カレン・アーサー:ミス・デイリー・クイーン
バリー・フォード:レス・バティニュー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1969年製作 123分
公開
北米:1969年5月22日
日本:1969年10月11日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

優勝したレースの祝賀会を終えたレーシング・ドライバーのフランク・キャプア(ポール・ニューマン)は、レンタカー事務所で働くエローラ(ジョアン・ウッドワード)と知り合う。

離婚したエローラは、息子チャーリー(リチャード・トーマス)と母親と3人暮しだった。

その後、フランクとエローラは愛し合うようになり、満ち足りた時を過ごす。

息子チャーリーとも打ち解けたフランクは、やがてエローラに求婚し二人は結婚する。

レーサー仲間のルーサー”ルー”アーディング(ロバート・ワグナー)と共に、インディ500に出場することになったフランクは、連戦が続き、離れ離れになっていたエローラを呼び寄せる。

レーシングマシーンを提供するレオ・クロフォード(デヴィッド・シェイナー)が、フランクとルーに必勝を約束させたため、彼らはレースのことしか頭になかった。

その後、エローラは次第にフランクに対し不満を抱き始め、ルーに誘われ、それを受け入れてしまう。

フランクは、二人が愛し合う現場を目撃してしまい、エローラの元を去っていく。

予選が始まり、好タイムが出ないフランクはリタイアしてしまい、ポールポジション目前のルーは、アクシデントにみまわれる。

オーナーのクロフォードは、不調のフランクのマシーンにルーを乗せようとする。

母エローラのとった行動を許せず、家出してきたチャーリーと話し合ったフランクは、実の親子以上の絆で結ばれた彼に、ルーに勝つことを約束して家に送り返す。

翌日、ルーに自分の車は譲ったものの、復調したフランクは好タイムをたたき出し、その日の予選では、トップのタイムをマークする。

チャーリーとは、気心知れた付き合いをするフランクだったが、エローラとの溝は依然として埋まらなかった。

そしてレース当日、万全の準備でレースに挑んだフランクはスタートを切る。

スタート直後、大クラッシュが発生して、何台も巻き込む事故が起きるが、フランクとルーは無事だった。

フランクは平静を保ちレースは再開され、序盤に上位を確保して周回を重ねる。

ルーがトップを奪い後続車を引き離し、フランクは2位の車に迫る。

しかし、ルーは再びマシンを壊してリタイヤしてしまう。

最終ラップ、トップに並びかけるフランクは、第4コーナーを回りトップを抜き去り、僅差でチェッカー・フラッグを受ける。

素直に勝利を喜べないフランクは、優勝祝賀パーティーを早々に切り上げてしまう。

フランクは謝りに来たルーを殴り倒し、エローラの元に向かい、レースと車漬けの人生にうんざりしたことを彼女に伝え、やり直す決心をする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

レーシング・ドライバーのフランク・キャプアは、離婚して、息子チャーリーと母親と暮らす女性エローラと知り合う。
二人はその後、愛し合うようになり、満ち足りた時を過ごし、チャーリーとも打ち解けたフランクは、エローラに求婚し二人は結婚する。
レーサー仲間のルーと共に、インディ500に出場することになったフランクは、連戦が続き離れ離れになっていたエローラを呼び寄せる。
しかし、フランクの頭には、勝利に執着しレースのことを考えることしかなかった。
エローラの心は次第にフランクから離れ始めて、ルーに誘われた彼女は、それを受け入れてしまう。
フランクは、二人が愛し合う現場を目撃してしまい、エローラの元を去っていく。
そして、予選が始まるものの、フランクはタイムが出ないまま、ポールポジション目前のルーにマシーンを譲ることになる。
そんな時フランクは、母エローラのとった行動を許せずに、家出してきたチャーリーとの絆を深め、ルーに勝つことを約束して、翌日の予選に挑む・・・。
__________

ポール・ニューマンの人気と魅力に頼り過ぎの感じは否めず、ストーリーやレースの映像なども無難に仕上がってはいるが、今一パンチが足りない。

ポール・ニューマンジョアン・ウッドワード夫妻の共演が話題にもなったが、批評家、観客共に評価はあまり高くなかった作品で、ポール・ニューマン作品にしては、ごく平凡な仕上がりの作品とも言える。

しかし、過酷なトレーニングを積んだポール・ニューマンは、本作をきっかけに大変なレーシング・マニアとなり、実際にドライバーとして、1977年のデイトナ24時間レースで5位、ル・マン24時間レース(1979年)では、2位に入る成績を残している。

そのポール・ニューマンは、インディ500には優勝するものの、レースや車では、自らの人生が満たされないことを悟る主人公を好演してはいる。

ジョアン・ウッドワードは抑えた演技で、夫の愛や平凡な暮らしを望む女性を演じている。

主人公を裏切るレーサー仲間ロバート・ワグナー、義父となる主人公を慕うリチャード・トーマス、レーシング・チームのオーナー、デヴィッド・シェイナー、そのメカニック役のクルー・ギャラガーなどが共演し、ボビー・アンサーなど、実際のレーサーなども特別出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター