トリプルX XXX (2002) 3.24/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世間の注目を浴びるため、法律を犯してまでも”エクストリームスポーツ”を続ける型破りな男が、NSA(アメリカ国家安全保障局)の任務を受け東欧のテロリストとの戦いに挑む姿を描く、監督ロブ・コーエン 、製作総指揮、主演ヴィン・ディーゼルサミュエル・L・ジャクソン他共演のアクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ロブ・コーエン
製作:ニール・H・モリッツ

製作総指揮
ヴィン・ディーゼル
トッド・ガーナー
アーン・L・シュミット
脚本:リッチ・ウィルクス
撮影:ディーン・セムラー
編集
クリス・レベンゾン
ジョエル・ネグロン
ポール・ルーベル

音楽:ランディ・エデルマン

出演
ヴィン・ディーゼル:ザンダー・ケイジ
サミュエル・L・ジャクソン:オーガスタス・ギボンズ
アーシア・アルジェント:イレーナ
マートン・チョーカシュ:ヨーギ
マイケル・ルーフ:トビー・リー・シェイヴァース
リッキー・ミューラー:ミラン・ソーヴァ
ダニー・トレホ:エル・ジェフ
トム・エヴェレット:ディック・ホチキス上院議員
トーマス・イアン・グリフィス:ジム・マクグラス
ペトル・ヤクル:コルヤ
レイラ・アルシーリ:ジョーダン・キング
イヴ:J.J.

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2002年製作 124分(DC 132分)
公開
北米:2002年8月9日
日本:2002年10月26日
製作費 $85,000,000
北米興行収入 $141,204,016
世界 $277,448,382


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
NSA(アメリカ国家安全保障局)、秘密情報部。
ヨーロッパで活動中の諜報員が殺され、その直前にある情報が送られてきた。

それが旧ソ連の生化学兵器”静かな夜”に関する情報であることを報告したオーガスタス・ギボンズ(サミュエル・L・ジャクソン)は、極悪犯人グループ”アナーキー99”を叩く手段として、ある男を送り込もうとする。

カリフォルニアサクラメント
ディック・ホチキス上院議員(トム・エヴェレット)の車を盗んだ、法律破りの”エクストリームスポーツ”狂ザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)は、車を橋から突き落とし自分はスカイダイビングで逃走する。

ギボンズに連行され、テストされたザンダーはコロンビアに移送されるが、麻薬組織のエル・ジェフ(ダニー・トレホ)に捕らえられ、拷問されそうになる。

それを逃れ、突然、現れた政府のヘリコプター攻撃をかわしたザンダーの前に、ギボンズが現れる。

最終テストに合格したザンダーは、ギボンズに終身刑の代わりに協力を強要され、”XXX” というコードネームを付けられる。

チェコプラハ
地元警察の刑事ミラン・ソーヴァ(リッキー・ミューラー)に接触したザンダーは、”アナーキー99”のリーダーであるヨーギ(マートン・チョーカシュ)のディスコで彼に会う。

彼をザンダー・ケイジだと知ったヨーギは、ファンでもある”エクストリームスポーツ”のカリスマを歓迎する。

フェラーリ10台の調達をヨーギに依頼したザンダーは、特殊装備の工作員が派遣されるという、ギボンズからの連絡を受ける。

ギボンズが派遣したトビー・リー・シェイヴァース(マイケル・ルーフ)から、ザンダーは特殊装備を支給される。

フェラーリの取引場所でソーヴァがドジを踏み、ザンダーはヨーギと彼を追う。

ザンダーは、ソーヴァを銃撃(血糊弾)して、ヨーギの信頼を得る。

ヨーギの大邸宅に招かれたザンダーは、彼の愛人であるイレーナ(アーシア・アルジェント)を気にしながら屋敷の様子を窺う。

イレーナが、ヨーギに恨みを持つことを知ったザンダーは、自分が工作員だということを彼女に話すものの信じてもらえない。

ヨーギはザンダーが工作員だと言う知らせを受け、彼と食事中のイレーナにそれを知らせ、ザンダーを罠にかける指示を出す。

イレーナはザンダーの話を信じ、彼と協力し合うことにするが、ザンダーは何者かに捕らえられてしまう。

オペラハウスに連れて行かれたザンダーは、そこにいたギボンズから任務を解かれるが、イレーナを見捨てられずにそれを拒否する。

ヨーギの屋敷に侵入したザンダーは、地下にある生化学兵器”静かな夜”の研究室の情報を手に入れる。

不要となった科学者達を抹殺しヨーギは、侵入していたザンダーに気づき、彼を追わせるものの取り逃がしてしまう。

隠れ家に帰ったザンダーは、ヨーギに寝返ったゾーヴァに銃口を向けられるが、イレーナが現れゾーヴァを倒す。

実はイレーナもロシアの工作員で、ギボンズから彼女を残して帰国するよう、ザンダーは命令を受ける。

”静かな夜”をアハブ(推進装置)に搭載し発進させることを知ったザンダーは、ポンティアックGTOをシェイヴァースに重装備させ、敵の要塞に突入する準備を始める。

ザンダーは単独で雪山にダイビングして、雪崩を起こし、城(要塞)を監視している通信塔を破壊する。

その後、ザンダーはヨーギの部下に捕らえられ、正体がばれていたイレーナと共に殺されそうになるが、そこに警察が乱入する。

”静かな夜”を搭載したアハブを発進させたヨーギをザンダーは倒すが、30分でプラハは死の街と化してしまうことがわかる。

ザンダーは、シェイヴァースが改造したポンティアックGTOで、イレーナとヴルタヴァ川を進む”静かな夜”を追う。

”静かな夜”は、水と反応して無害なガスになることを知っていたザンダーは、アハブに乗り移ろうとする。

ギボンズはプラハを諦め、川で”静かな夜”を爆破しようとして、空軍に出撃命令を出す。

アハブにモリを撃ちパラシュートで飛び乗ったザンダーは、発射の起動を始めた”静かな夜”とアハブを水中で爆発させる。

命を落としたかに見えたザンダーだったが、水中から姿を現し救出される。

ザンダーは、イレーナとボラボラ島でのバカンスを楽しんでいたが、そこにギボンズから、NSAへの正式採用の報告と、新たな事件の連絡が入る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
NSA(アメリカ国家安全保障局)。
ヨーロッパで活動中の諜報員が殺され、旧ソ連の生化学兵器”静かな夜”に関する情報を入手したオーガスタス・ギボンズは、極悪犯人グループ”アナーキー99”を壊滅させるため、ある男を送り込もうとする。
ギボンズは、法律破りの”エクストリームスポーツ”狂ザンダー・ケイジを連行する。
テストされたザンダーは、ギボンズに、終身刑の代わりに協力を強要され、”XXX” というコードネームを付けられ、チェコプラハに向かう。
そしてザンダーは、”アナーキー99”のリーダー、ヨーギに接触し、組織壊滅のために行動を開始するのだが・・・。
__________

アメリカ、南米、そしてメインの戦いの舞台となるチェコプラハと、世界各国を巡るスケール感のあるハード・アクション、ロブ・コーエンの切れのいい演出は見応え十分。

特にクライマックスで登場する、プラハの美しい街並みとヴルタヴァ川での追跡シーンは、映像的にも新鮮で迫力がある。

なんと言っても、地道な活躍を続けていた主演のヴィン・ディーゼルを、アクション映画のトップスターの地位に押し上げた作品でもある。

8500万ドルの製作費をかけた超大作は、アメリカ国内はもとより全世界でヒットして、約2億7700万ドルの興行成績をあげた。

北米興行収入 $141,204,016

2005年に続編が製作されたが、ヴィン・ディーゼルの主演交代の影響もあり失敗作に終わる。

いかにもというような、彼らしく異様な雰囲気で登場する謎のNSA工作員サミュエル・L・ジャクソン、美しきロシア人のスパイ、アーシア・アルジェント、犯罪組織を率いるマートン・チョーカシュ、重装備の工作員のマイケル・ルーフプラハの警察官リッキー・ミューラー、悪役ならばこの人、コロンビアの麻薬組織の首領ダニー・トレホ、主人公に車を盗まれる上院議員トム・エヴェレットなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター