【レビューを書く】 

ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ Yankee Doodle Dandy (1942)


4.38/5 (39)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アメリカを代表するエンターテイナーであり作曲家のジョージ・M・コーハンの半生を描く、製作ジャック・L・ワーナーハル・B・ウォリス、監督マイケル・カーティス、主演ジェームズ・キャグニージョーン・レスリーウォルター・ヒューストン他共演のミュージカル。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督:マイケル・カーティス

製作
ジャック・L・ワーナー
ハル・B・ウォリス
製作総指揮:ウィリアム・キャグニー
脚本
ロバート・バックナー
エドモンド・ジョセフ
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
編集:ジョージ・エイミー
音楽:ジョージ・M・コーハン

出演
ジョージ・M・コーハンジェームズ・キャグニー
メアリー・コーハン:ジョーン・レスリー
ジェリー・コーハン:ウォルター・ヒューストン
サム・ハリスリチャード・ウォーフ
フェイ・テンプルトンアイリーン・マニング
ディーツ:ジョージ・トビアス
ネリー・コーハン:ローズマリー・デ・キャンプ
ジョジー・コーハン:ジーン・キャグニー
エディ・フォイSr.エディ・フォイJr.
ノラ・ベイズフランシス・ラングフォード
シュワブ:S・Z・サカール
A. L.アーランガージョージ・バービア
劇場の支配人:ウォルター・キャトレット
マダム・バーソルディ:オーデット・マーティル
エド・オールビーマイナー・ワトソン
ジョージ・M・コーハン(13歳):ダグラス・クロフト
ジョジー・コーハン(12歳):パッツィー・リー・パーソンズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1942年製作 126分
公開
北米:1942年5月29日
日本:1986年12月27日
北米興行収入 $11,800,000


アカデミー賞
第15回アカデミー賞

・受賞
主演男優(ジェームズ・キャグニー
録音・ミュージカル音楽賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ウォルター・ヒューストン
原案・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1937年。
復帰公演である、”ロジャーズ&ハート”のミュージカル”I’d Rather Be Right”でフランクリン・D・ルーズベルト大統領を演じたジョージ・M・コーハンジェームズ・キャグニー)は、楽屋に現れた妻メアリー(ジョーン・レスリー)から、素晴らしい演技だったと言われる。

プロデューサーのサム・ハリスリチャード・ウォーフ)から、ホワイトハウスからの招待状が来ていることを知らされたジョージは、悪い予感がする。

ワシントンD.C.
雨の中、歩いてホワイトハウスに向かったジョージは、ルーズベルト大統領に会い、60年近く前の話を始める。
__________

ボードヴィリアンのジェリー・コーハン(ウォルター・ヒューストン)は、共に舞台に立つ妻ネリー(ローズマリー・デ・キャンプ)の出産がきになり、劇場から抜け出して彼女の様子を見に行く。

町では独立記念日のパレードが行われ、それに参加していた兵士に事情を話したジェリーは、馬車で自宅に送ってもらう。

ネリーが無事に男の子を出産したことを知ったジェリーは喜び名前を考え、独立記念日の産まれなので、”ジョージ・ワシントン”とアイルランド系ということでマイケルにして、”ジョージ・マイケル・コーハン”と名付ける。

実際には7月3日生まれだが、ジョージとその家族は7月4日生まれと主張した。

ジェリーを送ってきた兵士は、男の子だと知らされて祝砲を放ち、驚いたジョージは泣きだしてしまう。

7歳の時に独立記念日が誕生日でないことを知ったジョージは、その後に産まれた妹ジョジーと両親と共に、西部開拓ショーの巡業をした。

1891年にはどん底を経験した家族は”Peck’s Bad Bo”に出演し、13歳にも拘わらず、大受けしてスター気取りのジョージダグラス・クロフト)を、両親は叱ろうとする。

町の子供達に恨まれて殴られたジョージは、いい経験になったと話す父ジェリーから、今のままでは仲間外れになり、この世界で長く生きていくことはできないと言われる。

両親の助言を聞き入れたジョージは、心を入れ替えることを約束する。

楽屋に大物興行主のエド・オールビーマイナー・ワトソン)が訪ねてくることを知り驚いたジェリーは、ネリーと二人だけで話を聞く。

ジェリーは、独立記念日に初演を迎える、エディ・フォイSr.ら一流のボードヴィリアンのショーへの出演依頼を受ける。

それを陰で聞いていたジョージは口を出し、独立記念日は自分の誕生日だとオールビーに伝えて、家族をの才能を評価しない興行主だと言って彼を侮辱してしまう。

それ以上、話をする気がないオールビーはその場を去り、憤慨したジェリーはジョージを折檻する。

その後も巡業は続き、10年の歳月が過ぎる。

母ネリーの父親役も演ずるようになったジョージは、成長したジョジー(ジーン・キャグニー)とジェリーと共に活躍を続ける。

ジョージの舞台を観た女優志願のメアリーは、彼の楽屋に向かう。

自分を大ベテラン役者だと思う18歳のメリーが売り込むために、ジョージはそのまま老人を演じて対応する。

楽屋に現れた若い女優とジョージがデートの話をするために驚いたメアリーは、その場で踊って見せる。

自分が見本を見せると言うジョージは立ち上がり、見事なステップを披露する。

老人を労わるメアリーはジョージの汗を拭いあげるのだが、しわが消えたために驚き、彼は、どの興行主を紹介しようかと言いながらメイクの髭などを外す。

動揺するメアリーが、何も食べずに7回も自分のショーを観てくれたことを知ったジョージは、彼女を食事に誘い、デートの約束をした女優には飽きたと言ってカツラも外す。

更に驚いたメアリーは取り乱しそうになり、ジョージは彼女を落ち着かせる。

どの劇場でも好評だったコーハン・ファミリーは、順風満帆だった。

メアリーと付き合い始めたジョージは、リハーサルなしで彼女を舞台に立たせ、自分の曲を歌わせる。

ジェリーとニューヨーク公演の契約をしようとした劇場の支配人(ウォルター・キャトレット)は、メアリーの歌声に気づき、出演者を勝手に変えたことを知り幕を下ろすよう指示する。

それを制止するジョージと揉めた支配人は、業界から締め出すと言って話を聞き入れない。

メアリーに無礼な態度で接する支配人に憤慨したジョージは、彼に乱暴したために家族と共に契約を切られる。

その後、苦しい時代だったがニューヨークに残ったジョージは、作曲などを続けるものの、誰も曲を受け入れてくれなかった。

芸能事務所のディーツ(ジョージ・トビアス)に追い払われたジョージとメアリーは、同じ目に遭ったハリスと出会うものの、その場では話はしなかった。

マダム・バーソルディ(オーデット・マーティル)の下宿に戻ったジョージは、劇場でトラブルばかり起こす自分が家族に迷惑をかけていると言う芸人仲間に対し、家族は常に行動を共にすると伝えて自分を擁護する両親の話を聞いてしまう。

ディーツが投資してくれることになったと言って家族を安心させたジョージは、自分は忙しくなるので三人で舞台にでていてほしいと伝える。

家族と別行動をとったジョージは、仕事を探し回るものの見つからなかった。

あるバーで、投資家のシュワブ(S・Z・サカール)と話すハリスに近づいたジョージは、ディーツが最高のミュージカルだと言っていたと彼に伝える。

ハリスの話を半信半疑で聞いていたシュワブは、ジョージの話が気になり、ディーツのオフィスに向かおうとするハリスを引き留める。

しかし、シュワブがやや興味を失ったため、ジョージは、”Yankee Doodle Boy”を編曲したことをハリスに伝える。

再びそれに興味を示すシュワブに曲を聴かせたジョージは、ハリスと自分に投資してもらえることになる。

互いの名前も知らなかったジョージハリスは、その場で自己紹介して手を組むことになる。

ブロードウェイ・ミュージカル”Little Johnny Jones”は成功を収め、大魚を逃がしたディーツは悔しがる。

ジョージの活躍を喜ぶジェリーは、ネリーとジョジーとの巡業にも満足していたが、自分達を呼び戻す息子から電報を受け取りブロードウェイに向かう。

家族4人の舞台は復活し、どのショーも成功する。

メアリーのために”Mary Is a Grand Old Name”を作曲したジョージは、大女優のフェイ・テンプルトンアイリーン・マニング)に主役を頼むためにハリスと共に劇場に向かう。

フェイは、興行主のA. L.アーランガージョージ・バービア)から、ジョージハリスを紹介される。

ジョージのショーに興味のないフェイは、不躾な彼の態度と言葉に気分を害し、出番だと言って席を外す。

第一幕を終えたフェイは、人を引き付ける才能があるジョージと組むことをアーランガーから勧められるものの、その気になれない。

楽屋で待っていたジョージに驚いたフェイは、ブロードウェイから自宅までが45分だと聞いたので作ったと言う、自分に捧げる曲の楽譜を見せられる。

聴いてみる気になったフェイジョージが歌う曲が気に入り、ハリスから、”メアリー”という曲もあると言われて興味を示す。

それは使えないと言うジョージは戸惑い、自らその曲をピアノで弾くフェイは満足する。

同じ頃メアリーも、ジョージが自分のために作曲してくれた曲を気分よく歌っていた。

そこに戻ったジョージは気まずい思いをしながら、花束とプレゼントをメアリーに渡す。

メアリーが一日中、曲を歌って歌ことを知ったジョージは、フェイの出演に気乗りしないことを伝える。

大女優のフェイに出演してもらいたいメアリーは、どんな要求でも受け入れるべきだとジョージに伝える。

自分の曲をフェイに歌わせると言っても驚かないメアリーは、花束を受け取った時にそれは分かったとジョージに伝える。

1906年1月1日。
ニュー・アムステルダム・シアター”で”Forty-five Minutes from Broadway”初演され、自分に歌わせたかったと言うジョージと結婚したメアリーは、フェイは歌を、自分は作者を選んだと彼に伝える。

”George Washington, Jr.”が上演されている劇場の前で、舞台を批判するエディ・フォイSr.エディ・フォイJr.)と話したジョージは、彼と意気投合してバーに向かう。

1912年。
大スターとなったジョージは、メアリーと共に新年を迎えて幸せを実感する。

夢だった農場で暮らす両親を訪ねたジョージは、ジョジーが結婚を決めたことを知る。

家族四人の舞台が1人欠けることで戸惑うジョージだったが、最高の結婚行進曲を贈ることをジョジーに約束して祝福する。

その夜、家族の前で4人組を解散する気はないと伝えたジョージは、父ジェリーから、自分達が引退すると言われる。

納得しないジョージだったが、ジェリーら三人の気持ちは変わらなかった。

家族は、用意されたケーキとプレゼントでジェリーの誕生日を祝う。

皆に感謝したジェリーはジョージからの手紙に気づき、それを読む。

ジョージの感謝の気持ちが綴られた内容には、今後は共同経営者として、所有する劇場などの権利の半分を譲ると書かれていた。

ネリーは涙し、ジェリーは、ジョージの優しさに対し妻の分も含めて感謝する。

新しい試みとして上演した”Popularity”が不評だと知ったジョージは、それを家族で観てきたジェリーの率直な意見を聞く。

内容がよくなかったというジェリーの正直な感想を聞いたジョージは、忘れることだと言って家族と共にクラブに向かう父に、30分後に行くと伝えてハリスと話す。

自分を批判し続ける批評家に対抗するため、舞台は好評だという広告を出すことを考えるジョージだったが、大衆を欺くことになると言うハリスから、失敗を認めるようにと助言される。

その意見を聞き入れて、人々の同情を買うような言葉を広告に掲載しようとしたジョージだったが、客船”ルシタニア”がドイツUボートに撃沈される事件が起きる。

その後、世の中は激変してアメリカは第一次大戦に参戦し、ジョージは軍に志願する。

39歳のジョージは年齢制限で入隊を拒否されるが、舞台の芸人が兵士よりも体力を使うことを証明するために、その場で見事なステップを披露する。

それを認められたジョージだったが、慰問で貢献してほしいと言われて諦める。

建物の外で演奏する軍楽隊のメロディを聴いたジョージは曲が浮かび、”オーヴァー・ゼア”を作曲して慰問活動に情熱を注ぐ。

オーヴァー・ゼア”はアメリカの軍歌として親しまれ、戦場へ向かう兵士達を励ました。

戦後、ブロードウェイに戻ったジョージは、古き良きアメリカを描いた。

母ネリーと妹のジョジーは亡くなり、老いた父ジェリーは農場で暮らしていた。

ジェリーの危篤の知らせを受けたジョージは、メアリーとハリスと共に農場に向かう。

意識を失わずに息子を待っていたジェリーは、到着したジョージに見守られながら息を引き取る

その後、ジョージハリスは15年間に及ぶコンビを友好的に解消する。

父の死により4人組が消滅したジョージは、舞台や観客の反応に興味が亡くなり、メアリーと共に行きたかった場所への旅をしたいことをハリスに伝える。

自分達の関係は損得だけの仲ではなかったと言うハリスは、今後も友人でいたいことをジョージに伝える。

法律がどうだろうと、自分の半分はこのオフィスにあるとハリスに伝えたジョージは、記者達の前で二人で握手してポーズをとる。

メアリーと共に世界を旅したジョージニューヨークに戻り、農場で静かに暮らした。

ある日、庭にいたジョージは、車で通りがかった若者達が、自分や曲などを知らないため、時代の変化と老いを感じる。

父は何代にも渡って広く知られていたとメアリーに話すジョージは、年老いても舞台を続けていたからだと言われる。

ハリスから、主役の企画があるという連絡を受けたとメアリーから知らされたジョージは、その気がないことを彼女に伝える。

いい役であり、ハリスを助けてほしいと言うメアリー自身も出演を望んでいるため、ジョージはそれを承諾し支度をしようとする。

メアリーからもうできていると言われたジョージは、自分を説得することを、彼女がハリスに約束していたことを知る。

実は全て知っていたと笑いながら話すジョージは、ハリスからの電話を下の部屋で聞いていたため、即刻、彼に承諾の電話をしたことをメアリーに伝える。

1937年。
I’d Rather Be Right”は上演され、フランクリン・D・ルーズベルト大統領を演じたジョージは、再び脚光を浴びる。
__________

ホワイトハウス
そして、電報が届きこの場にいることを話すジョージは、ルーズベルト大統領から、芸能人では初となる”議会名誉黄金勲章”が授与されることを知らされる。

国家に命を捧げたわけでもないと言って恐縮するジョージに対し、国への貢献は様々だと大統領は伝える。

自分の歌はアメリカの魂の象徴だと言われたジョージは、納得して勲章を受け取り、両親と妹も感謝しているだろうと大統領に伝える。

大統領と芸人が話し合えるこの国は大丈夫だと伝えたジョージは、互いの幸運を祈りその場を去る。

歴代大統領の肖像画が壁に飾られる階段を、ジョージは軽やかなステップを踏みながら下りる。

門を出たジョージは、行進する兵士達と人々が”オーヴァー・ゼア”を歌う姿を見つめる。

隊列に加わったジョージは、兵士から歌詞を忘れたのかと言われ、覚えていると答えて歌いながら行進する。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1937年。
復帰公演でルーズベルト大統領を演じたジョージ・M・コーハンホワイトハウスに呼ばれ、大統領に生い立ちを話し始める。
ボードヴィリアンの父ジェリーと母ネリー、妹のジョジーと家族四人で巡業を続けたジョージは、苦しい時代も乗り越えて活躍する。
女優志願のメアリーと付き合い始め、プロデューサーのサム・ハリスと手を組みブロードウェイに進出したジョージは成功する。
巡業を続けていた家族を呼び寄せて四人組を復活させたジョージは、人々の心を捉えて頂点を極めるのだが、戦争の暗い影が迫る時代となる・・・。
__________

ブロードウェイを所有していた男”と言われた、アメリカを代表するエンターテイナーであり作曲家のジョージ・M・コーハンの半生を描く、ワーナー・ブラザーズが総力を結集して製作した作品。

ジェームズ・キャグニーの弟ウィリアム・キャグニーが製作総指揮を担当している。

ヨーロッパでは戦争が続き、真珠湾攻撃直前に撮影が始まった本作は、戦意高揚映画の代表作であり、アメリカの愛国心そのものが描かれた内容であり、興行的にも大成功した。

本作の音楽を担当したジョージ・M・コーハンは、本作公開の半年後に他界している。

第15回アカデミー賞では、作品賞以下8部門にノミネートされ、ジェームズ・キャグニーが主演男優を、また録音、ミュージカル音楽賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ウォルター・ヒューストン
原案・編集賞

1993年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。
また、1998年にアメリカ映画協会アメリカ映画ベスト100の第100位に選出した。

当時のアメリカ人であれば誰でも知っている名曲が随所に登場する作品であり、舞台の様子も十分に時間をとってあるため、ミュージカル映画の醍醐味を生かした見事な作品に仕上がっている。

また、マイケル・カーティスのきめ細やかな演出により、ヒューマン・ドラマとしても十分に楽しめる内容となっている。

戦意高揚、愛国的描写に尽きる内容であるためか、日本では、本国から44年遅れた1986年に公開された。

主人公と同じく、国民的な大スターであるジェームズ・キャグニーの演技は圧巻で、ボードヴィリアン出身の彼の軽やかなステップには見惚れてしまう。
小柄ではあるが圧倒的な存在感で迫る彼の力強い演技に、当時のアメリカ国民がどれだけ励まされたかが窺い知れる見事な演技であり、各方面で絶賛された。

ジェームズ・キャグニーは、メルヴィル・シェイヴルソン監督、ボブ・ホープ主演の”The Seven Little Foys”(1955)でもジョージ・M・コーハンを演じている。

常に明るく、苦労しながら成功する主人公を見守る妻ジョーン・レスリー、芸能一家を支える主人公の父親を印象深く演ずるウォルター・ヒューストン、主人公と組み苦楽を共にするプロデューサー、サム・ハリスリチャード・ウォーフ、大女優フェイ・テンプルトンアイリーン・マニング、主人公の才能を評価しないプロデューサーのジョージ・トビアス、主人公の母親ローズマリー・デ・キャンプ、その娘ジーン・キャグニージェームズ・キャグニーの実妹)、父エディ・フォイSr.を演ずるエディ・フォイJr.、歌手で女優のノラ・ベイズフランシス・ラングフォード、主人公に投資するS・Z・サカール、興行主A. L.アーランガージョージ・バービア、同じくエド・オールビーマイナー・ワトソン、主人公を追い払う劇場の支配人ウォルター・キャトレット、下宿の女主人オーデット・マーティル、13歳の主人公ダグラス・クロフト、その妹パッツィー・リー・パーソンズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。