ヤングガン2 Young Guns II (1990) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1988年に公開された「ヤングガン」の続編。
前作はビリー・ザ・キッド他の無法者誕生秘話を描いた物語で、本作はその後日談からビリーの死に関する謎めいた展開が加わった内容。
出演エミリオ・エステヴェスキーファー・サザーランドルー・ダイアモンド・フィリップスクリスチャン・スレータージェームス・コバーン他共演、監督ジョフ・マーフィによるアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ジョフ・マーフィ
製作総指揮
ジョー・ロス

ジェームズ・G・ロビンソン
ジョン・フスコ
製作
アービー・スミス

ポール・シッフ
脚本:ジョン・フスコ
撮影:ディーン・セムラー
編集:ブルース・グリーン
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
ビリー・ザ・キッド/ウィリアム・H・ボニーエミリオ・エステヴェス

ジョシュア・ゴードン”ドク”スカーロックキーファー・サザーランド
ホセ・チャベス・Y・チャベスルー・ダイアモンド・フィリップス
デイヴ・ルダボークリスチャン・スレーター
パット・ギャレットウィリアム・ピーターセン
ヘンドリー・ウィリアム・フレンチ:アラン・ラック
ジョン・チザムジェームス・コバーン
トム・オフォリアードバルサザール・ゲティ
アシュマン・アプソン:ジャック・キーホー
カーライル保安官補:ロバート・ネッパー
ジョン・W・ポー:ヴィゴ・モーテンセン
ジェーン・グレートハウス:ジェニー・ライト
ルー・ウォレス知事:スコット・ウィルソン
チャールズ・フェイレン:ブラッドリー・ウィットフォード
ビーヴァー・スミス:トレイシー・ウォルター

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1990年製作 104分
公開
北米:1990年8月1日
日本:1990年11月10日
北米興行収入 $44,143,410


アカデミー賞 ■

第63回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞
ジョン・ボン・ジョヴィBlaze of Glory


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1950年。
原野に現れた”ビル・ロバーツ”という老人が、呼び出した弁護士チャールズ・フェイレン(ブラッドリー・ウィットフォード)に奇妙な話しをする。

ロバーツは、70年3ヶ月前に約束された知事からの恩赦を受けたいと語り、自分はウィリアム・H・ボニーで、またの名を”ビリー・ザ・キッド”だと伝える。

パット・ギャレットに殺されたはずのビリー・ザ・キッドが、生きているはずのないと言い張るフェレインに、老人は語り始める・・・ 。
__________

1879年。
リンカーン郡の戦争”を生き抜き、デイヴ・ルダボー(クリスチャン・スレーター)とパット・ギャレット(ウィリアム・ピーターセン)と行動を共にしていたビリーは、各地で犯罪を重ねていた。

ニューメキシコ準州フォート・サムナー
酒場の主人ビーヴァー・スミス(トレイシー・ウォルター)の情報で、ルー・ウォレス知事(スコット・ウィルソン)が、無法者を批判していることをビリーは知る。

リンカーン郡
東部で教師をしていたジョシュア・ゴードン”ドク”スカーロック(キーファー・サザーランド)は捕らえられ、かつての仲間ホセ・チャベス・Y・チャベス(ルー・ダイアモンド・フィリップス)と再会する。

ビリーは、ウォレス知事と密会することになり、牛泥棒についての証言を条件に、恩赦を受けられることを約束される。

約束は守られることなく、ビリーは拘束されるものの、その場を逃れる。

スカーロックチャベスらが、リンチに遭うのは必至だったのだが、自警団に扮したビリーが彼らを救い出す。

ビリーに賛同できないスカーロックは、メキシコに向かうと言う彼らと別行動を取ろうとするが、既に追っ手が近づていることから、 彼らに仕方なく同行する。

フォート・サムナー
仲間を集めるはずが当てが外れてしまったビリーは、農夫ヘンドリー・ウィリアム・フレンチ(アラン・ラック)や少年トム・オフォリアード(バルサザール・ゲティ)を仲間に引き入れる。

しかし、気まぐれなビリーの言動に疑問を感じ始めていたギャレットは、彼の元を去って行く。

その後ビリーらは、リンカーン郡の戦争で恩人タンストールを支援した大牧場主ジョン・チザム(ジェームス・コバーン)の元に向かう。

チザムは、ならず者に成り下がったビリーらを罵倒するものの、逆に脅しをかけられる。

そのため、チザムウォレス知事と手を組み、ビリー抹殺のため、ギャレットリンカーン郡の保安官に、破格の報酬で任命するものの彼は迷う。

それを引き受けることにしたギャレットは、新聞の発行人であるアシュマン・アプソン(ジャック・キーホー)を雇い同行させ、今回のビリー捜索の件を記録に残そうとする。

その後、肉牛業者協会のジョン・W・ポー(ヴィゴ・モーテンセン)などが、ギャレットの捜索隊に加わることになる。

ビリーらは、ギャレットが保安官になったことを知り、それを受けて立つという意思の痕跡を残して先を急ぐ。

ビリーらは、ジェーン・グレートハウス(ジェニー・ライト)の売春宿に現れるが、カーライル保安官補(ロバート・ネッパー)と町民らに包囲されてしまう。

先住民のチャベスを引き渡せば、町民が満足すると提案に来たカーライルを、ビリーは先住民に見せかけて外に追い出す。

町民はカーライルを射殺してしまい、それはビリーらの仕業として、到着したギャレットに報告される。

ギャレットは、ビリーに協力したジェーンの店に火を放ち、彼女は町を捨てる。

ビリーらを追い詰めたギャレットだったが、牽制した程度で相手の動向を探る。

一行を追ったギャレットは、原野で彼らに銃弾を浴びせ、トムがそれを受けて命を落とす。

トムの死で動揺したスカーロックは、ビリーを責めて立ち去ろうとするが、ギャレットらが襲い掛かる。

スカーロックはポーの銃弾を受け、激しい銃撃戦が始まり、ついにビリーは捕らえられる。

チャベスらは逃げ延びるが、この場で決着をつけようとしたスカーロックは、勇敢に敵に立ち向かい命を落とす。

リンカーン郡に連れ戻されたビリーは、裁判の結果、死刑が言い渡されるが、ジェーンの手助けで再び逃亡する。

ルダボーメキシコに逃れ、傷を負ったチャベスとヘンドリーは、フォート・サムナーに現れたビリーと再会する。

死を悟ったチャベスはその場を去り、ビリーの前にギャレットが現れ、彼は銃を抜き銃声が響き渡る。

ビリーは葬られるが、ギャレットの馬はなくなっていた。
__________

老人ロバーツは、嫌いな者の馬は盗まないとフェイレンに語り、ギャレットは最高の仲間だったと言い残して立ち去る。

その後、ロバーツは、ニュー・メキシコ州知事の前に姿を現すが、彼がビリーだとは認められず、28日後に亡くなる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

老人ロバーツは、原野に弁護士を呼び出し、自分が70年前に恩赦を受けられるはずだった”ビリー・ザ・キッド”だと言って、当時を語り始める・・・。
リンカーン郡の戦争”を生き抜いたビリーは、仲間のルダボーギャレットと行動を共にし、無法者としてその名を知られていた。
ニューメキシコ準州ウォレス知事は、ビリーや、かつての仲間達を捕らえて連れ戻そうとしていた。
そんなビリーは、ウォレス知事と密会と密会することになり、恩赦の約束を得る。
しかし、その約束は果たされず、ビリーは拘束されてしまう。
捕らえられた、ビリーのかつての仲間スカーロックチャベスらがリンチに遭うことは必至だったのだが、拘束を逃れたビリーが彼らを救い、メキシコに向かおうとする。
ギャレットは、ビリーの無軌道な行動に疑問を感じ離脱し、彼らは恩人のタンストールを支援した、大牧場主チザムの元に向かう。
チザムは、無法者に成り下がったビリーらを侮辱するのだが、逆に脅されてしまう。
そこでチザムは、ウォレス知事と手を組み、ビリーを捕らえるため、なんとギャレットを破格の報酬で保安官に任命するのだが・・・。
__________

前作同様、正統派西部劇ファンとしては、やや不満足な作品ではあるが、ならず者の若者の達が、権力に屈せず立ち向かう姿は実に痛快だ。

伝説の男”ビリー・ザ・キッド”が生きていた・・・?
という設定で始まる冒頭も興味深く、その時点から、物語はファンタジックに展開する。

フラッシュバックのシーンは、史実を基にしたストーリーで描かれ、その後も長く生き続けるスカーロックチャベスが命を落とし、曖昧なまま終わるビリーの死を、新たな解釈とした脚色も面白い。

第63回アカデミー賞では、出演もしているジョン・ボン・ジョヴィの“Blaze of Glory”が歌曲賞にノミネートされた。

ビリー・ザ・キッドを豪快に演ずるエミリオ・エステヴェス、命を落とすスカーロック役のキーファー・サザーランド、同じくチャベスルー・ダイアモンド・フィリップスルダボークリスチャン・スレーターパット・ギャレットウィリアム・ピーターセン、仲間に加わる農夫アラン・ラックジョン・チザムジェームス・コバーン、実際は亡くなった時は少年ではないトム・オフォリアードバルサザール・ゲティ、新聞発行人ジャック・キーホー、保安官補ロバート・ネッパーギャレットと共に、ビリーらの追跡に加わるヴィゴ・モーテンセン、売春宿の主人、ビリーに加担するジェニー・ライトルー・ウォレス知事のスコット・ウィルソン、老人から話を聞くブラッドリー・ウィットフォード、ビリーに加担する酒場の主人のトレイシー・ウォルター、そしてジョン・ボン・ジョヴィが、捕らえられる収容者の一人として登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター