ユー・ガット・メール You’ve Got Mail (1998) 3.91/5 (33)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1937年に上演されたミクロス・ラズロの舞台劇”Parfumerie”を映画化したエルンスト・ルビッチの名作「街角の店(桃色の店)」(1940)のリメイク。
大型書店チェーンの御曹司と小さな書店の経営者の女性が、ライバルとは知らずにインターネットのメールのやり取りをしていたことから始まる運命的なロマンスを描く、製作、監督、脚本ノーラ・エフロン、主演トム・ハンクスメグ・ライアングレッグ・キニア他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ノーラ・エフロン
製作
ノーラ・エフロン

ローレン・シュラー・ドナー
製作総指揮
ジュリー・ダーク
G・マック・ブラウン
デリア・エフロン

原作:ミクロス・ラズロParfumerie
脚本
ノーラ・エフロン

デリア・エフロン
撮影:ジョン・リンドリー
編集:リチャード・マークス
音楽:ジョージ・フェントン

出演
ジョー”NY152”フォックス:トム・ハンクス

キャスリーン”ショップガール”ケリー:メグ・ライアン
フランク・ナバスキー:グレッグ・キニア
パトリシア・イーデン:パーカー・ポージー
バーディ・コンラッド:ジーン・ステイプルトン
ジョージ・パパス:スティーヴ・ザーン
クリスティーナ・プラッカー:ヘザー・バーンズ
ネルソン・フォックス:ダブニー・コールマン
スカイラー・フォックス:ジョン・ランドルフ
ケヴィン・スキャンロン:デイヴ・シャペル
アナベラ・フォックス:ハリー・ハーシュ
マシュー・フォックス:ジェフリー・スカペロッタ
ジリアン・クイン:カーラ・シーモア
モーリーン:ケイト・フィネラン
ヴェロニカ・グラント:デボラ・ラッシュ
チャーリー:マイケル・バダルコ
ミランダ・マルグリース:ビーネ・コックス
ビンス・マンシーニ:ブルース・ジェイ・フリードマン
セーラ・マンシーニ:アン・フルーカス
ローズ:サラ・ラミレス

ヘンリー:ハワード・スピーゲル
シドニー・アン:ジェーン・アダムス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1998年製作 119分
公開
北米:1998年12月18日
日本:1999年2月11日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $115,821,495
世界 $250,821,495


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
キャスリーン・ケリー(メグ・ライアン)は、左翼的な脱近代主義者で”The New York Observer”の記者である恋人フランク・ナバスキー(グレッグ・キニア)と暮らしていた。

出社するフランクを送り出したキャスリーンは、いつものようにパソコンのメールを確認する。

”You’ve Got Mail!”

その言葉に微笑むハンドルネーム”ショップガール”のキャスリーンは、インターネットのチャットで知り合った相手”NY152”からのメールが届いていることを知り内容を確認する。

30代のジョー・フォックス(トム・ハンクス)は、出版社を経営するパトリシア・イーデン(パーカー・ポージー)と愛犬ブリンクリーと共に暮らしていた。

ジョーも、職場に向かったパトリシアが部屋を出ことを確認して、パソコンに向かいメールをチェックする。

”You’ve Got Mail!”

ハンドルネーム”NY152”のジョーは、”ショップガール”から送られてきたメールを確認する。

ジョーとキャスリーンはいつものメールチェックを済ませ、心地よい気分でアパートを出る。

アッパー・ウエスト・サイド
大型ディスカウント書店をチェーン展開する”フォックス・ブックス”の3代目のジョーは、同僚で友人でもあるケヴィン・スキャンロン(デイヴ・シャペル)と、建設中の新店舗で打ち合わせをする。

キャスリーンは、その近所にある亡き母親から譲り受けた、小さな児童書店”街角の店”を経営していた。

店を開けたキャスリーンは、店員クリスティーナ・プラッカー(ヘザー・バーンズ)とメールの相手との関係も浮気になるかなどを話す。

そこに店員のジョージ・パパス(スティーヴ・ザーン)とバーディ・コンラッド(ジーン・ステイプルトン)も現れて”街角の店”は開店する。

父親ネルソン(ダブニー・コールマン)と祖父スカイラー(ジョン・ランドルフ)のオフィスに向かったジョーは、新店舗周辺のライバル店のことなどを話す。

ジョーは、老舗の児童書店(キャスリーンの店)についてなどを伝え、スカイラーは、その店のかつての女店主と親交があったことなどを語る。

今は娘がオーナーだというその小さな書店を、ネルソンは一応、気の毒に思う。

ジョーとキャスリーンは、ライバル関係など知らずにメール上で楽しい会話を楽しむ。

翌日、ジョージが開店間近の”フォックス・ブックス”に気づき、キャスリーンとクリスティーナとでその店舗の外観を見に行く。

ジョージとクリスティーナはショックを受けるが、キャスリーンは、大きなだけで店員には本の知識もなく、サービスが違うと言って気にせず、その考えをバーディにも伝える。

帰宅後、フォックスに勝つ自信を伝えフランクに励まされたキャスリーンは、同じタイプライターを何台も手に入れる彼に飽きれてしまう。

週末。
ジョーは所有するボートで、祖父の娘アナベラ(ハリー・ハーシュ)と父の息子マシュー(ジェフリー・スカペロッタ)を預かることになっていた。

義母であるマシューの母ジリアン・クイン(カーラ・シーモア)と言葉を交わしたジョーは、ボートに乗りたがらない子供達を連れて街に出かける。

読書会を開催していた”街角の店”に立ち寄りキャスリーンと話したジョーは、アナベラが叔母でマシューが弟である複雑な家庭の事情を説明する。

キャスリーンの名前を聞いたジョーは、身元がばれないようにファーストネームだけを教える。

ジョーは、店の方針を語るキャスリーンの話を聞き、彼女が独身であることを知る。

数日後、”フォックス・ブックス”は開店して店内は客で賑わい、”街角の店”の売り上げはその影響を受ける。

相変わらず楽観的なキャスリーンは、店の様子を窺っていた作家で友人のミランダ・マルグリース(ビーネ・コックス)に、閉店するのではないかと心配される。

新作のサイン会も迫るミランダは、応援すると言ってキャスリーンを励まし、フランクにも記事を書かせることを提案する。

その件をフランクに話しながら、キャスリーンは作家クラブに向かう。

その場にいたジョーは、キャスリーンに気づき彼女を避けようとする。

ドリンク・テーブルでキャスリーンに話しかけられてしまったジョーは、多くを語らずにその場を離れる。

出席者に、ライバルの”ジョー・フォックス”と話していたと言われたキャスリーンは驚いてしまう。

ジョーに近づきフォックス一族だったことを確かめたキャスリーンは、先日の来店はスパイをするためだったのかを問う。

それを否定するジョーは、キャスリーンと嫌みの言い合いになり、現れたフランクには、小規模店を潰す”フォックス・ブックス”の経営方針を批判する。

フランクは、皮肉を込めてよく眠れるかをジョーに問い、現れたパトリシアは睡眠薬の話を始める。

その場を離れようとしたフランクだったが、記事のことをパトリシアに褒められて気分を良くして本の出版を勧められる。

帰宅したジョーは眠れないため、今夜の自分の態度についてなどを”ショップガール”にメールする。

キャスリーンも嫌な男についてを書き、”NY152”から会う提案をされて戸惑ってしまう。

その後、街で互いを見かけたジョーとキャスリーンは会うことを避ける。

ところが、スーパーのレジで現金専用の列に並んでしまったキャスリーンは、手持ちの現金がなくて困ってしまう。

その場にいたジョーに助けてもらったキャスリーンは戸惑う。

クリスマスが近づき、バーディは、”フォックス・ブックス”でミランダのサイン会が開かれることを知り、キャスリーンも焦り始める。

キャスリーンは”NY152”に助言を求め、ジョーは、”マットレスで組め”という映画”ゴッドファーザー”のセリフを伝える。

それが”戦え”という意味だと知ったキャスリーンは、作家クラブでもジョーから”ゴッドファーザー”のことを言われていたため、男は皆それが好きだと考える。

死ぬ気で戦えと”NY152”に助言されたキャスリーンは、帰宅したフランクに”マットレスで組め”を実行すると伝える。

フランクは驚きもせず、”ゴッドファーザー”だろ?と答える。

翌日からキャスリーンは、大型店”フォックス・ブックス”を批判する運動を始め、フランクの記事や客達に支えられ、街頭で演説しテレビでも取り上げられる。

明らかにキャスリーンの味方をする、メディアの偏向報道などをジョーは気にする。

テレビのトーク・ショーに出演したフランクは”街角の店”を擁護するが、司会者のシドニー・アン(ジェーン・アダムス)を意識しているのが見え見えで、彼女も好意を示しているとキャスリーンに指摘されてしまう。

活動の反応が思わしくないことで困惑するキャスリーンは、”NY152”にまだ会う気があるか尋ねる。

”ショップガール”と会う決断をしたジョーは、待ち合わせのカフェまでケヴィンに付き添ってもらう。

緊張するジョーはケヴィンに相手を確認してもらうものの、その女性が自分を批判する”キャスリーン・ケリー”に似ていると言われる。

美人だとは認めるがキャスリーンのような女はご免だと言うジョーは、その女性が彼女だと確認してショックを受けその場を去る。

”NY152”を待っていたキャスリーンは、ジョーが現れたために焦ってしまう。

席に着いたジョーを迷惑に思うキャスリーンだったが、彼は探りを入れながら皮肉を言い始める。

二人は言い争いになり、自分の店は母親の思い入れがあるが”フォックス・ブックス”は金儲けしか考えないと言われたジョーは、何も答えずに席を立つ。

ジョーを傷つけてしまい後味の悪いキャスリーンは、帰宅してメールをチェックするが、”NY152”からのメッセージがなかっため、着替えもせずに眠ってしまう。

翌日、ジョーはその件をケヴィンに聞かれるものの忘れようとする。

キャスリーンは、なぜ”NY152”が来なかったのかクリスティーナと考え、カフェの近くで殺人犯が逮捕されたことをジョージから知らされる。

犯人が”NY152”だと言うジョージとクリスティーナの意見を否定するキャスリーンは、帰宅後に、これなかった理由をメールで確かめようとする。

代わりに来た男性(ジョー)を傷つけたとしたら自分を許せないと言うキャスリーンのメールを見たジョーは、一度は回線を切るものの、行けなかった理由を書こうとする。

言い訳を考えたジョーは、それを止めて素直に謝罪し、全ては自分が悪いことを伝える。

クリスティーナとバーディの家に向かったキャスリーンは、店を閉めることを伝え、バーディに勇気ある決断だと言って励まされる。

インテル”の持ち株が3倍以上に値上がったため自分は裕福だと言うバーディは、スペインの独裁者と愛し合ったことなども話す。

キャスリーンと映画を観に行ったフランクはその話を聞き、独裁者がフランシスコ・フランコ将軍であると決めつけ、そんな男と愛し合ったと言うバーディの考えを批判する。

母親代わりのバーディを擁護するキャスリーンは、フランクの言葉に気分を害して席を立つ。

映画館を出たフランクは冷静になり、キャスリーンに対し愛情がなくなったことを伝える。

同じ考えだったキャスリーンは気分がほぐれ、フランクが例のトーク・ショーのシドニーと良い関係であることを知る。

自分はと聞かれたキャスリーンは、相手は夢の中の世界にいることを伝え、帰宅後、フランクはアパートを去る。

商品の処分を始めたキャスリーンは、閉店後に”フォックス・ブックス”に立ち寄る。

本を探していた客に店員が対応できないことを知ったキャスリーンは、代わって的確なアドバイスをする。

それを見ていたジョーは、タクシーでアパートに向かう途中、店を閉めるキャスリーンが、世間では注目されていることをパトリシアから知らされる。

キャスリーンの勧める本は必ず売れると評判で、彼女の知識などを生かし雇う考えを、パトリシアはジョーに伝える。

ジョーとパトリシアはアパートのエレベーターに乗るものの、故障して閉じ込められてしまう。

アパートの住人ヴェロニカ・グラント(デボラ・ラッシュ)とエレベーター・ボーイのチャーリー(マイケル・バダルコ)と共に1時間もその場で過ごしたジョーは、傲慢なパトリシアの態度を見てキャスリーンが愛しくなる。

エレベーターから出ることができたジョーはパトリシアと別れ、アパートを出て愛犬ブリンクリーを連れてボートに向かう。

42年間営業を続けた店を手放す日、キャスリーンは、母親の思い出を胸にその場を去る。

父ネルソンがジリアンと別れたことを知り、ジョーは彼のボートで過ごす。

ジリアンが子守の女性モーリーン(ケイト・フィネラン)と出て行ったことなどを聞いたジョーは驚き、自分もパトリシアと別れたことをネルソンに伝える。

ネルソンに、ハートを刺激するような女性に出会ったことがあるかを問われたジョーは、翌日キャスリーンのアパートに向かう。

キャスリーンは、入り口でジョーを追い払おうとするが、彼は住人と共に建物に入ってしまう。

風邪だと言って断ったキャスリーンだったが、ジョーがドアのベルを鳴らしたために驚き、仕方なく彼を招き入れる。

お見舞いに来たと言うジョーに、キャスリーンはパトリシアからのオファーのことなどを伝える。

帰ろうとしないジョーは、ジョージから聞いたと言って、キャスリーンにお気に入りのデイジーを渡し花瓶に入れる。

二人はカフェでの話になり、ジョーは自分が悪かったことを伝え、出店の件はビジネスだと言って理解を求める。

ビジネスなら何をしてもいいのか、自分は仕事を人とのつながりだと考えているとキャスリーンは語る。

それを認めたジョーは、友達になりたいことをキャスリーンに伝える。

ジョーは返事をしないキャスリーンに、カフェで待っていた男性にはその後に会ったのかを尋ねる。

会っていないという答えに対し、愛しているならその努力をするべきだと言われたキャスリーンは、相手を知らないと伝える。

相手との接触はインターネットで、”You’ve Got Mail!”で始まる付き合いだろうと指摘したジョーは、驚くキャスリーンにもう一度会うべきだと助言する。

それに反論しようとするキャスリーンの言葉を遮り、ジョーは協力することを伝える。

ジョーは、春になることでもあるし、早く風邪を治すようにと言い残しその場を去る。

その後キャスリーンは、”NY152”に会いたいというメールを送り、ジョー(NY152)はそれに同意する。

ジョーは”スターバックス”にいたキャスリーンと話し、相手とのやり取りについて聞き、既婚者か確かめることを勧める。

キャスリーンはそれを”NY152”に尋ね、ジョー(NY152)は相手の考えを見透かしているような答えをする。

ジョーは、相手が既婚者とは認めなかったというキャスリーンに、太っていて想像とは違う男性だと考えるべきだと忠告する。

あくまで素敵な男性だと主張するキャスリーンは、相手のハンドルネームを聞かれて”NY152”と答え、ジョーに152歳の老人だとからかわれる。

他にもおかしな男だと例を出されたキャスリーンは、152の素晴らしいものを持つ男性だと言い張り、152が住所だとしたらダサイ話だと言い切る。

実はそれが住所だったジョーはショックを受け、ボートを所有する男性も嫌いだと言われてしまう。

ジョーは、”ジョニ・ミッチェル”の歌がお気に入りだとキャスリーンがメールに書いたことを思いだし、自分はその歌が苦手だと言って仕返しをする。

本を書き始めたキャスリーンの話を聞いたジョーは、そのきっかけが”NY152”だとも知る。

よく出くわすとキャスリーンに言われたジョーは、土曜の昼にその辺で会うことを約束して彼女と別れる。

ジョー(NY152)はキャスリーンにメールし、土曜の午後4時に”リバーサイド・パーク”で会う約束をして、愛犬ブリンクリーも連れて行くことを伝える。

土曜日。
昼にジョーとランチをしたキャスリーンは、”NY152”と4時に”リバーサイド・パーク”で会うことを知らせる。

キャスリーンを送ったジョーは、店のことがなくて普通に出会っていたら、直ぐに誘い一生のことまで考えただろうと伝える。

戸惑うキャスリーンは答えを返すことができず、約束を破った男は許せるのに、なぜ自分の小さな過ちを許せないのかを聞かれる。

店を奪ったことが理由なのか・・・
許してほしいと言うジョーに対し言葉がないキャスリーンは、動揺したままアパートに戻り、着替えをして再び出かける。

リバーサイド・パーク”。
”NY152”を待つキャスリーンは、ブリンクリーを追いながら現れたジョーの姿に驚く。

ジョーがメールの相手だったことに気づいたキャスリーンは、いつもとは違う真剣な眼差しで歩み寄る彼を見つめながら涙を堪える。

ハンカチを取り出したジョーは、”泣かないで、ショップガール”と言いながら彼女の涙を拭う。

キャスリーンは、”あなたでよかった、ずっと、そう願っていた”と言って、ジョーと抱き合いキスをする。

ジョーは、邪魔をするブリンクリーを払いのけながら、キャスリーンをいつまでも抱きしめる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
大型ディスカウント書店をチェーン展開する”フォックス・ブックス”の3代目ジョー・フォックスは、老舗の小さな児童書店”街角の店”の経営者キャスリーン・ケリーと、お互いを知らぬままインターネットのメールで語り合う仲だった。
ある日、祖父と父親の幼い子供達を連れて”街角の店”に立ち寄ったジョーはキャスリーンに出会い、彼は立場上身元を隠す。
その後、作家クラブで再会した二人だったが、キャスリーンは、ジョーが近所に大型店を出店するライバルだと知り驚く。
二人はいがみ合い、メール相手がジョーとは知らぬままキャスリーンは彼に助言を求めてしまう・・・。
________

めぐり逢えたら」(1993)でコンビを組んだ製作、監督、脚本のノーラ・エフロン、トップ・スターのトム・ハンクスメグ・ライアンの共演が話題になった作品。

当時の一般市民にとっての最先端技術、インターネットのメールによって結ばれる男女の恋物語ではあるが、1940年に製作された名作でオリジナルの「街角 桃色の店」に敬意を評してか、どこか古風な味わいが実に心地よい仕上がりの作品。

人は好いが苦労知らずのチェーン店の3代目と、書店経営者ではあるが、やや幸薄い雰囲気の女性、二人のロマンスは成立することは分かっていても、それに至るまでの複雑な関係が興味深く描かれている。

度々登場する”ゴッドファーザー”の話が、ファンにはたまらない演出だ。
”マットレスで組め”(戦え、争いが始まる)というセリフは、日本人で即理解できたらかなりの映画通で、それをアメリカ人の男なら誰でも知っているとことを軽妙し表現する、ノーラ・エフロンの玄人受けする脚本が絶妙だ。

オール・ロケを生かしたニューヨークの季節の移り変わりや、様々なタイプのキャラクターの登場なども実に楽しい。

主人公二人の恋の行方と、誰もが涙するラストの盛り上がり、幸福感の余韻がいつまでも漂うエンドロールの間は、当然、席を立つ気になれない・・・。

興行収入は北米で約1億1600万ドル、全世界では約2億5100万ドルのヒットとなり万人に受けたとのだが、批評家他の評価はそれほど高くはなかった。

オリジナルの「街角の店(桃色の店)」(1940)のオマージュ的な良さが伝わる作品で、エルンスト・ルビッチに敬意を表しルビッチ・タッチ”を明らかに意識している、主人公二人の表情だけで感情を伝える描写なども印象に残る。

反発あり、歩み寄りありの主人公二人を演ずるトム・ハンクスメグ・ライアンの息はピッタリで、喜怒哀楽全てを見事に表現する両者の表情がとにかく素晴らしい。
実際には40歳を過ぎていたトム・ハンクスと30代後半のメグ・ライアンは若々しい。

ヒロインの恋人を愉快に演ずるグレッグ・キニア、主人公の恋人パーカー・ポージー、”街角の店”の店員ジーン・ステイプルトンスティーヴ・ザーンヘザー・バーンズ、主人公の父親ダブニー・コールマン、その妻カーラ・シーモア、その息子ジェフリー・スカペロッタ、祖父ジョン・ランドルフ、その娘ハリー・ハーシュ、主人公の友人で同僚のデイヴ・シャペル、子守ケイト・フィネラン、主人公のアパートの住人デボラ・ラッシュ、エレベーター・ボーイのマイケル・バダルコ、作家ビーネ・コックス、作家ブルース・ジェイ・フリードマン、スーパーのレジ係サラ・ラミレス、テレビのトーク・ショーの司会ジェーン・アダムスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター