ズーランダー NO.2 Zoolander 2 (2016) 3/5 (11)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2001年に公開された、ベン・スティラー製作、原案、監督、脚本、主演によるファッションモデル界を舞台にしたコメディ「ズーランダー」の続編。
有名人の謎の死の捜査に協力を求められた引退していたカリスマ・ファッションモデルの活躍を描く、製作、原案、監督、脚本、主演ベン・スティラーオーウェン・ウィルソンウィル・フェレルペネロペ・クルスクリステン・ウィグ他共演のコメディ。


コメディ

ベネディクト・カンバーバッチ / Benedict Cumberbatch 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ベン・スティラー

製作
ベン・スティラー
スチュアート・コーンフェルド
スコット・ルーディン
クレイトン・タウンゼント
製作総指揮:ジェフ・マン
キャラクター創造
ドレイク・セイザー
ベン・スティラー
脚本
ジャスティン・セロー
ベン・スティラー
ジョン・ハンバーグ
ニコラス・ストーラー
撮影:ダニエル・ミンデル
編集:グレッグ・ヘイデン
音楽:セオドア・シャピロ

出演
デレク・ズーランダー:ベン・スティラー
ハンセル・マクドナルド:オーウェン・ウィルソン
ジャコビム・ムガトゥ:ウィル・フェレル
ヴァレンティーナ・ヴァレンシア:ペネロペ・クルス
アレクザーニャ・エイトーズ:クリステン・ウィグ
VIP:フレッド・アーミセン
マチルダ・ジェフリーズ:クリスティーン・テイラー
デレク・ズーランダーJr.:サイラス・アーノルド
イーヴィルDJ:ジャスティン・セロー
ドン・アタリ:カイル・ムーニー
カティンカ・インガボコヴィナナーナ:ミラ・ジョヴォヴィッチ
トッド:ネイサン・リー・グレアム
オール:ベネディクト・カンバーバッチ
フィリッポ捜査官:ジョン・デイリー
モーリー:ジェリー・スティラー
旅行者:エイミー・スティラー
羊飼い:マダリーナ・ダイアナ・ゲネア
村の賢人:ハル・ヤマノウチ
マオリ人の戦士:アントニオ・テ・マオホ
”Old and Lame”ショーの出席者:ジョー・ジョナス
”Old and Lame”ショーの出席者:オリヴィア・マン
”Old and Lame”ショーの出席者:ルイス・ハミルトン
アダム:アレキサンダー・スカルスガルド
イヴ:カーリー・クロス
ヘアードレッサー:ミーカ
DJ:スクリレックス
ナタルカ:ジョーダン・ダン
セダクトレス:クリスティナ・ヘンドリックス
SMガール:アリアナ・グランデ
スキップ・テイラー:ジョン・マルコヴィッチ
ドン・アタリの関係者:アンディ・ディック
本人:ジャスティン・ビーバー
本人:ジム・レーラー
本人:クリスチャン・アマンプール
本人:ヴァレンティノ
本人:ナタリー・モラレス
本人:ドン・レモン
本人:マット・ラウアー
本人:ビリー・ゼイン
本人:キーファー・サザーランド
本人:スーザン・ボイル
本人:ナオミ・キャンベル
本人:ウィリー・ネルソン
本人:ケイティ・ペリー
本人:スティング
本人:ニール・ドグラース・タイソン
本人:トミー・ヒルフィガー
本人:エイサップ・ロッキー
本人:マーク・ジェイコブス
本人:アレキサンダー・ワン
本人:M・C・ハマー
本人:ジェーン・ポーリー
本人:アナ・ウィンター
本人:ケイト・モス
本人:ケイティ・クーリック
本人:ソレダッド・オブライエン
本人:レニー・クラヴィッツ
本人:デミ・ロヴァート
本人:スーザン・サランドン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2016年製作 102分
公開
北米:2016年2月12日
日本:未公開
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $28,837,120
世界 $55,969,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ローマ
何者かに追われるジャスティン・ビーバーは、スティングの家に向い助けを求める。

追い詰められたジャスティン・ビーバーは、自分を殺しても仲間が”選ばれし者”を守ると呟きながら、無数の銃弾を受ける。

瀕死のジャスティン・ビーバーは、携帯電話で自撮りをして、皆に別れを告げて共有のアイコンを押し息絶える。

インターポール、ファッション課。
フィリッポ捜査官(ジョン・デイリー)は、ヴァレンティーナ・ヴァレンシア(ペネロペ・クルス)に、ジャスティン・ビーバーの死を知らせる。

1年で6人目の人気ポップスターの死を疑問に思ったヴァレンティーナは、全員が最期に同じ表情をしていることに注目する。

その意味が分かる者が、男性ファッションモデル界のトップスターだったデレク・ズーランダー(ベン・スティー)であると考えるヴァレンティーナだったが、彼の消息は不明だった。

2001年。
ズーランダーの”子ども学習センター”が川に崩れ落ち、ズーランダーと息子は無事だったが、妻マチルダ・ジェフリーズ(クリスティーン・テイラー)は死亡した。

ライバルのモデル、ハンセル・マクドナルド(オーウェン・ウィルソン)は、燃える梁の下敷きになり、顔に一生残る傷を負ってしまった。

建物倒壊の理由は、ズーランダーが、建設材料に模型と同じ材料を使用したことが原因だと考えられた。

2003年。
デザイナーのジャコビム・ムガトゥ(ウィル・フェレル)は、マレーシア首相暗殺未遂の罪で、ファッション刑務所での終身刑2階の判決を受ける。

共犯のモデル事務所社長のモーリー(ジェリー・スティラー)が証言し、見返りに証人保護プログラムを求めた。

2006年。
ズーランダーが父親失格であることが問題視され、児童保護局はデレクJr.を自宅で保護し、州の施設に収容した。

2009年。
モデル引退を宣言したズーランダーは、身を隠して名前も”エリク・トゥーランダー”に変えることを発表する。

2016年。
デレク・ズーランダーを知るものは殆どいなくなる。

ニュージャージー州最北部。
雪深い山小屋で暮らしていたデレクは、訪ねて来たビリー・ゼインから、DVDとあるものを受け取る。

ファッション界の女帝アレクザーニャ・エイトーズ(クリステン・ウィグ)から、モデルとしてローマに招待されたデレクは、デザイナーはドン・アタリ(カイル・ムーニー)だと言われる。

それを断ったデレクだったが、息子を取り戻すチャンスでもあるとビリー・ゼインから言われ、ローマに向かう決心をする。

マリブ地域。
砂漠にいたハンセルは家に戻り、乱交相手のナタルカ(ジョーダン・ダン)やキーファー・サザーランドら全員から妊娠したことを知らされて動揺する。

そこにビリー・ゼインが現れ、ハンセルにDVDとアレクザーニャのメッセージを渡す。

ローマ
空港で出くわしたデレクとハンセルは、迎えに来たドン・アタリのソーシャルメディア担当VIP(フレッド・アーミセン)の案内でホテルに向かう。

その頃ヴァレンティーナは、デレクがローマに姿を現したことをフィリッポから知らされる。

人間の排泄物で作られたというホテルの部屋に案内されたデレクとハンセルは、昔には戻れないことを確認する。

マスクを取るようにとデレクから言われたハンセルはそれを拒むが、思い切ってそれを外し、目の下のわずかな傷を見せる。

デレクはその傷に驚き、マスクを付けるようにと言うが、気持ちがスッキリしたハンセルは、カリスマ・モデルに戻ることが自分自身を見つける方法だと思える。

デレクもそれに同意し、二人はドン・アタリの元に向かう。

産廃山の医療ゴミ処理施設でショーをするとドン・アタリから言われたデレクとハンセルは、会場に向かう。

デレクとハンセルは、世界で最も有名なスーパーモデルのオール(ベネディクト・カンバーバッチ)をドン・アタリから紹介される。

アレクザーニャが現れ、”Old and Lame”ショーは始り、デレクとハンセルはステージに登場する。

空中から現れたオールに鞭打たれ、プルーンの溶液を頭上から浴びせられたデレクとハンセルは、ステージを下りて、大恥をかいたことを悔しがる。

二人は、現れたアレクザーニャから、史上最大のファッション・イベントである、有名人気デザイナーが勢揃いする”インクレディボール”に招待したいと言われる。

ドン・アタリは興奮するが、デレクは、息子を取り戻すどころの話でなくなったために、ハンセルと違い乗り気になれない。

そこにヴァレンティーナが現れ、インターポールのファッション課であることをデレクに伝える。

ヴァレンティーナから、ジャスティン・ビーバーを殺した犯人逮捕への協力を要請されたデレクは、それを断り再び世の中から姿を消そうとする。

インターポールが息子を捜すことを約束するとヴァレンティーナから言われたデレクは、ハンセルに説得される。

ヴァレンティノ”のブティックの地下にある本部にデレクとハンセルを案内したヴァレンティーナは、ジャスティン・ビーバーが死ぬ直前に撮った表情を見せる。

何かのメッセージではないかと言うヴァレンティーナは、1990年代のCM”命の水”のキメ顔だとデレクから言われる。

それをチェックしたヴァレンティーナは、”命の水”を詳しく調べるようフィリッポに指示する。

デレクから約束を守るようにと言われたヴァレンティーナは、デレクJr.が、ピッコロ・クリータス養護施設にいることを伝える。

それがローマにあるため、都合がよ過ぎることを不審に思ったヴァレンティーナは、エイトーズの者達を信じてはいけないと言ってデレクに忠告する。

ピッコロ・クリータス養護施設。
ハンセルと共に息子を捜したデレクは、それが自分とは全く似ていない太った子(サイラス・アーノルド)だったためにショックを受ける。

現実を受け入れるべきだとハンセルに言わラたデレクは、泉に現れたマチルダの亡霊からも、息子を愛するようにと言われる。

校長に気をつけるようにとマチルダから忠告されたデレクは、現れた校長(ジャスティン・セロー)から話しかけられる。

校長の許可を得たデレクは、デレクJr.を連れて街に向うものの、親子の溝は埋まらない。

ホテルの部屋でスーザン・サランドンらと楽しんでいたハンセルは、そこに現れてショックを受けたキーファー・サザーランドに見限られてしまう。

ヴァレンティーナに呼ばれたデレクとハンセルは、”命の泉”を分析した結果、それが”若さの泉”だと分かり、アレクザーニャが売り出して巨万の富を得ようとしていることを知らされる。

そこに再び不審な電話があり、それに出たハンセルは、真夜中に”サン・ピエトロ大聖堂”に来るようにと指示される。

スティングのファンなのかと言うデレクの言葉に対し、自分の手本だと伝えたハンセルは、ジャスティン・ビーバースティングの家の前で殺されたことをヴァレンティーナから知らされる。

サン・ピエトロ大聖堂
スティングに会ったハンセルは感激し、デレクとヴァレンティーナは、”若さの泉”についての歴史を語るスティングから、モデルの元祖スティーヴ直系の子孫が”選ばれし者”であることを知らされる。

それが息子だと言われたデレクは、危険が迫っていることを知りジュニアを保護しようとする。

養護施設に向かったデレクらは誰もいないことを確認し、校長が、2001年のデレク洗脳事件の犯人イーヴィルDJだったことが分かる。

イーヴィルDJは、ムガトゥとカティンカ・インガボコヴィナナーナ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と共謀して2001年に逮捕された。

カティンカは消息不明で、イーヴィルDJは偽造パスポートで入国し、彼らはローマでデレクJr.を誘拐し、黒幕のムガトゥが動こうとしていることが分かる。

EUファッション刑務所。
ハンセルとヴァレンティーナと共に孤島に向かったデレクは、単独で刑務所内に入る。

ムガトゥと対面したデレクは、襲われて拘束服を着せられて鎖につながれ、ムガトゥのマスクを被せられる。

デレクのマスクを被ったムガトゥは難なく刑務所を脱出して、ヘリコプターで到着した部下トッド(ネイサン・リー・グレアム)に迎えられる。

ムガトゥはエイトーズのビルに到着し、ヘリのローターにつかまっていたハンセルもその場に侵入する。

アレクザーニャに迎えられたムガトゥは、現れた超人気デザイナーだと言うドン・アタリを罵倒して殺す。

その場に隠れていたハンセルは、デレクを助け出したヴァレンティーナに電話して、その様子を知らせる。

デレクJr.の元に向かったムガトゥが、彼を太らせてから殺そうとしていることを、ハンセルはデレクに電話で伝える。

ヴァレンティーナは、デレクと共に泳いで現場に向かう。

部屋に忍び込んだハンセルは、生贄にされることをデレクJr.に伝える。

インクレディボール。
会場に着いたムガトゥの車にしがみついていたハンセルは、ローマに戻っていたデレクとヴァレンティーナから連絡を受ける。

その場が”カラカラ浴場”だと分かったヴァレンティーナは、バイクと服を奪い会場に向かう。

到着したアナ・ウィンターの行動を不審に思ったデレクとヴァレンティーナは、彼女を追って裏口の通路に入る。

秘密の入り口を見つけたデレクとヴァレンティーナはハンセルと出くわし、生贄の儀式が行われる場所に侵入する。

ムガトゥが現れ、デレクJr.に剣を向けるが、デレクが襲い掛かる。

デレクはムガトゥを突き倒し、デレクJr.に愛していることを伝える。

ムガトゥの放ったナイフを避けるためにキメ顔”マグナム”で対抗しようとしたデレクだったが、頬にそれを受けてしまう。

デレクは、倒壊した子供学習センターを建設したのがムガトゥの会社だったことを知らされる。

デレクJr.に父親であることを認められたデレクは、生贄の血が必要だとヴァレンティノアナ・ウィンタートミー・ヒルフィガーマーク・ジェイコブスらから言われる。

騒然となったその場を鎮めたムガトゥは、”若さの泉”は存在せず、自分がファッション界を支配するために企んだことを伝える。

ジャスティン・ビーバーを殺したのも世の中のためだと言うムガトゥは、爆弾を用意して地下の溶岩の中に投げ入れようとする。

ハンセルがムガトゥに襲い掛かるが、ナイフを渡そうとしたデレクは、それをハンセルの脚に刺してしまう。

ヴァレンティーナがムガトゥに銃を向けるが、現れたアレクザーニャに襲われる。

アレクザーニャのマスクを剥がしたヴァレンティーナは、カティンカだった彼女と格闘になる。

ムガトゥが投げた爆弾を、デレクがマグナムで制止させてハンセルに協力を求める。

パワーの限界を感じたハンセルだったが、現れたスティングから自分の父親だと言われ、二人で爆弾にパワーを集中させる。

デレクとデレクJr.も加わり、そのパワーで、爆弾はムガトゥを直撃して爆発する。

喜び合うデレクは、ナタルカらを呼び寄せておいたことをハンセルに伝える。

ハンセルは、皆の子の父親になる覚悟ができたことを伝えるが、キーファー・サザーランドが流産したことを知り、家族になることが大切だと言って彼を慰める。

惹かれ合うようになっていたデレクとヴァレンティーナはキスしようとする。

二人は、母マチルダも許しているとデレクJr.から言われる。

マチルダの許しを得たデレクは、ムガトゥがブログで一部始終をライブ中継していたため、再び自分とハンセルの人気がブレイクしたことを知らされる。

溶岩に飛び込んでしまったデレクとハンセルは、入院してから6週間後に完治して復活する。

ヴァレンティーナはデレクと結婚し、水着モデルとなり、キャリアアップ・センターの建設に着工する。

完全復活したハンセルは、10人の子を持つ理想の父親となる。

パリのショーではデレクJr.が大人気となり、デレクとハンセルと共にファッション界を席巻する。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ローマで、ジャスティン・ビーバーが何者かに殺される。
インターポール、ファッション課の捜査官ヴァレンティーナは、ジャスティン・ビーバーが死の直前に残した表情をヒントに捜査を始める。
引退して身を隠していた元カリスマ・ファッションモデルのデレク・ズーランダーは、ファッション界の女帝、アレクザーニャからのメッセージを受けてローマに向かい、現地でライバルのハンセルと出くわす。
デレクがローマに現れたことを知ったヴァレンティーナは、彼にジャスティン・ビーバーの事件捜査の協力を求め、その見返りとして離れ離れになった息子デレクJr.を捜すことを約束するのだが・・・。
__________

ベン・スティラー製作、原案、監督、脚本、主演による抱腹絶倒のナンセンス・コメディ「ズーランダー」の15年振りの続編。

冒頭で、引退して身を隠し息子と離れ離れになり、世の中から忘れ去られた主人公の、前作からの15年間が紹介される。

多くのスターや有名人が登場することで話題になった前作は、期待されたほどヒットした作品ではなかった。
主人公を演ずるベン・スティラー他がキャリアアップして大物スターになり、前作を上回るキャスティングの豪華さにも拘わらず、本作は前作以上に評価が低く、北米興行収入は約2900万ドル、全世界でも約5600万ドルという、失敗作と言っていい結果に終わった。

物語も単調でベン・スティラーの演出に切れもなく、有名人のオンパレードに目移りするだけという内容であり、それ以外に面白味もない。

試練を乗り越えて息子捜しと犯罪事件解決のために協力する主人公のベン・スティラー、彼を支えるライバルだったカリスマ・ファッションモデルのオーウェン・ウィルソン、主人公らと対決するデザイナーのウィル・フェレルインターポール、ファッション課の捜査官ペネロペ・クルス、同じくジョン・デイリー、ファッション界の女帝クリステン・ウィグ、デザイナーのカイル・ムーニー、そのソーシャルメディア担当フレッド・アーミセン、亡霊として登場する主人公の亡くなった妻クリスティーン・テイラー、主人公の息子サイラス・アーノルド、彼を保護していた養護施設の校長に扮する犯罪者ジャスティン・セロー、その仲間ミラ・ジョヴォヴィッチ、ムガトゥ(ウィル・フェレル)の部下ネイサン・リー・グレアム、世界最高のファッションモデル、ベネディクト・カンバーバッチなどが共演している。

*その他の出演者
モーリー:ジェリー・スティラー
旅行者:エイミー・スティラー
羊飼い:マダリーナ・ダイアナ・ゲネア

村の賢人:ハル・ヤマノウチ
マオリ人の戦士:アントニオ・テ・マオホ
”Old and Lame”ショーの出席者:ジョー・ジョナス
”Old and Lame”ショーの出席者:オリヴィア・マン
”Old and Lame”ショーの出席者:ルイス・ハミルトン
アダム:アレキサンダー・スカルスガルド
イヴ:カーリー・クロス
ヘアードレッサー:ミーカ
DJ:スクリレックス
ナタルカ:ジョーダン・ダン
セダクトレス:クリスティナ・ヘンドリックス
SMガール:アリアナ・グランデ
スキップ・テイラー:ジョン・マルコヴィッチ
ドン・アタリの関係者:アンディ・ディック
本人:ジャスティン・ビーバー
本人:ジム・レーラー
本人:クリスチャン・アマンプール
本人:ヴァレンティノ
本人:ナタリー・モラレス
本人:ドン・レモン
本人:マット・ラウアー
本人:ビリー・ゼイン
本人:キーファー・サザーランド
本人:スーザン・ボイル
本人:ナオミ・キャンベル
本人:ウィリー・ネルソン
本人:ケイティ・ペリー
本人:スティング
本人:ニール・ドグラース・タイソン
本人:トミー・ヒルフィガー
本人:エイサップ・ロッキー
本人:マーク・ジェイコブス
本人:アレキサンダー・ワン
本人:M・C・ハマー
本人:ジェーン・ポーリー
本人:アナ・ウィンター
本人:ケイト・モス
本人:ケイティ・クーリック
本人:ソレダッド・オブライエン
本人:レニー・クラヴィッツ
本人:デミ・ロヴァート
本人:スーザン・サランドン


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター